2013-11-29 19:59:40

garden、閉店します。

テーマ:ブログ
gardenが仙台市中心部からすこーし外れた大町に、ひっそりとオープンしたのは遡ること今から10年前、2003年2月のことでした。

震災を機に2度の移転をし、今はLUSHLIFEと壁を隔てて申し訳程度に存在していましたが、11周年を迎えずにその歴史に幕を下ろします。



gardenはSAKURAよりも大人向けの、遊び心あるオトナの女性のお店としてオープンしましたが、当初は鳴かず飛ばずで試行錯誤、売れずに苦しんだ2年間でした。

のちに取り扱い始めたGというブランドが、初めは一点モノやエッジの効いたものを多く作っていてカッコイイと思っていたのですが、ビニール製のトートBAGが爆発的に売れ、そのBAGの柄違いを次から次へと発売するようになりました。キャラクターブランドとして有名になると、そのBAGが欲しいギャル系のお客様からの問い合わせが増え、BAGだけを目当てに来店するお客様が増え、他の商品には見向きもされず、「まるで私達、GのBAG屋さんみたいだね」と溜息をつきながら大量に納品されてくるBAGをさばき、次第にGを愛せなくなっていきました。

愛せないものをお客様に勧めて接客しなくてはならないのってつらいなあ、でも仕事ってこういうものなんだろうな、楽しいばかりが仕事じゃない、お金を稼ぐためにはたとえ自分が好きじゃなくても売れるものを売らなくてはならない時もある。そう割り切ろうと思っていても、次から次へと出る新作の柄を一生懸命見比べてどっちがいいか真剣に悩み、「前の柄がよかった。取り寄せできないんですか」と無茶を言うお客様を見ていると、「どっちでもいいじゃん、似たり寄ったりだよ、こんな流行りものが欲しいなんてバカみたい」と思ってしまう自分がいました。

商品のことだけでなく、お金を払ってくれるお客様のことまで愛せなくなっている。これはまずい。こんな仕事の仕方を続けていいわけがない。けれど今や、うちの稼ぎ柱はGだ。Gなしには売り上げが立たない。こんなやりたくもない仕事を続けなくてはならないのか。リスクを背負う引き換えに、自由に仕事がしたくて自分で経営をしているはずなのに、わざわざやりたくもないことをやるなんて本末転倒。そんな自問自答をしながら、日々の売り上げを立てるので精いっぱいのまま続けていました。

そんな矢先、Gのメーカーが、ウチの売り上げに満足せず、ウチと目と鼻の先にある某百貨店で販売をすると言ってきました。そんなことをされたら、こんな小さな店で誰もわざわざ買わなくなってしまうのに。多くはなくとも、一生懸命売ってきたのに。一気に目が覚めた瞬間でした。
私がGの商品や、Gを欲しがるお客様を愛せていないのと同様に、ウチもGから愛されてなんかいなかったのです。お互いさまもいいところ。

お金を稼ぐのに愛なんか必要ないという人もいると思う。そんなのヌルい、だから大成しないんだと言われると思う。だけど「私は」いやなの。愛のない仕事なんかしたくないの。
売り上げは大事だけど、そこに人と人としての敬意が存在するお金のやり取りでないと、たましいが擦り減ってしまう。
もっと「売れること」に喜びを感じて、「売れるもの」を愛せる性質ならよかったんだけどなあ。ほんと商売向きじゃないなって自分で思う(苦笑

私はGとの取引を即座にやめて、無名でも構わないから自分が心からいいと思えるものを探して、少しづつでいいから好きだと思ってくれるお客様が増えるように地道に接客を続けました。


その結果、いつの間にか、gardenは笑顔の絶えない店になりました。


「この店でファッションの楽しさを知った」「趣味の合う友達ができた」「価値観も人生もすべて変わった」と、たくさんの子たちが笑顔で言ってくれました。


「こんなブッ飛んだ商品を入荷するなんてさすがgarden。他にこんなお店ないです」とお客様から感心されては、「買う人がいなきゃ仕入れられないしつぶれちゃうんだから、そう思うなら買ってよ。このお店がなくなったらいやでしょう?」なんていう無茶な接客もしました。そう言われて笑いながら「責任もって嫁にもらいます」と買ってくれるお客様と、商品と、お店との間には、確かに愛が溢れていました。


けれど蜜月の時は永遠には続きませんでした。


「このお店がなくなったら嫌」と思ってくれる人は、まだ僅かながらいる。けれどもう、決して多くはないだろう。


ファストファッションでまかなえる。バスで片道2800円で東京まで行ける。カジュアルな服でいい。趣味の合う友達はネットで探せる。通販でなんでも買える。接客なんかされなくていい。がんばって高くてトンがった服を買う気合も元気もモチベーションもない(必要なのはお金じゃありません。gardenのお客様はみんな貧乏でした。貧乏なのに買わずにはいられない服バカでした。笑)。


そう言われてしまうと、返す言葉はありません。ううん、「そんなこと言わずに!」と声を張り上げる元気がなくなったんだな。


完全に、時代の波に呑み込まれました。勝ち負けで言うなら負けました。



gardenは役割を終えたな、と感じます。ひとつの時代の終焉を感じます。



苦渋の決断でした。身を切られる思いです。だけど決めたらすっきりしたのは事実。この店を愛しているからこそ、誰からも見向きもされなくなる前に、私まで愛せなくなる前に、葬ってあげたい。



離婚といい、決めたら早いよ私は(笑





昨日のブログを書いていても、「gardenのお客様」というジャンルの濃さをつくづく感じました。

こんな子たちが仙台の街にうじゃうじゃいる時代を作れてよかった。

驕りかもしれないけれど、ひとつのカルチャーだったという自負があります。

TONOに別注したgardenオリジナルネックレスなんて、いったい何人の子がつけてくれていただろう。

ブッ飛んだ格好をして笑っている子たちの笑顔は宝物みたいだったな。





仙台セレクトショップオーナーshihoの酒飲みブログ 【night side】

2007年2月、リプルにて初のファッションショー。




仙台セレクトショップオーナーshihoの酒飲みブログ 【night side】

2008年7月、zepp仙台にて5☆STARのショーに出演




仙台セレクトショップオーナーshihoの酒飲みブログ 【night side】

受注会のたびに大勢のお客様にお越しいただき、たくさんの繋がりや友達ができました。




仙台セレクトショップオーナーshihoの酒飲みブログ 【night side】

忘年会などの飲み会も、いつもたくさんの子が集まってくれて楽しかったなー。




$仙台セレクトショップオーナーshihoの酒飲みブログ 【night side】

おまりー送別会&まいぶーイッセー・サプライズウェディングパーティー

スタッフの送別会とお祝いでこんなに集まってくれるなんて、ほんとありがたい限り!!




多くの人に愛されていて幸せなお店でした。

gardenは2013年12月29日をもって閉店します。

今までほんとうにありがとうございました!




ってことで閉店セールです!!! →garden LAST SALE!!!!!!!

新作も、今までセール対象外だったベリーボタンも安くなってます!!





店頭では、お店の備品(椅子とか什器とか隠れキャラ)もぜーんぶ売ります~(通販はしません) 最後に遊びに来てね!

ちなみに、しげる(gardenヌならわかるあの黒いヤツ)はもう売れました(笑)






*新年は2014年1月10日より、本町店はLUSHLIFEのみで営業再開いたします。よろしくお願いします。(LUSHLIFEは初売りは行いません)


*もちろんSAKURAは変わらず!初売りも1月2日より行います


*文章中のブランド「G」を批判しているわけではありません。私が個人的に魅力を感じなくなってしまったゆえに、その葛藤を書きたかっただけなのであしからず。他にもいろんなブランドとの出会いと別れがあったなー!





大殺界最後にして最大の断捨離だわー。スッキリ新年を迎えたいぜ☆

まいぶーもご挨拶書いてるから見てねん★ →gardenブログ

2010年から2012年にかけてまいぶーがgardenヌ(だけじゃないけど)をスナップし続けたJOINT SNAPもぜひ!
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

shihoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■Re:無題

>シャー
もちろん覚えてるよ、ってゆーかFacebookで少し太った写真も見ましたよw
海外でがんばってるのね!成長ぶりが楽しみ☆
帰ってきた時は遊びに来てね~

7 ■無題

遅くなりましたがお世話になりました。全然会ってないので覚えていますでしょうか?シャーです。
閉店と聞いて驚きました。ぼくが仙台に来てGuildでピロリンと会って、ハンパない店があるから一緒に行こうよと言われ、お洒落の「お」の字も知らなかったぼくがgardenデビューした記憶は忘れもしません。
ぼくの仙台の友達は全員gardenが繋がってできたといっても過言ではありません!!
たっちゃんとうるさくしてごめんなさい。12回払いとかしてごめんなさい。高い服にカラー剤着けてごめんなさい。
そして、お疲れ様でした!ありがとうございました!
まいぶーさんにもよろしくお伝えください。(覚えていたら)
仙台に寄ったら寄ります★

6 ■Re:お疲れ様でした。

>maricoちゃん
まりちゃん&ふきちゃんコンビは3店舗の服をミックスしてバランスよく着てくれていて、本当に自慢のお客様でした。
ありがとう!またフラッと遊びに来てね~


>ますみちゃん
そうなの、最初はG目当てで来始めてくれた子ってすごく多いの!
みんな徐々に「あれー?最近なんか・・・」ってなってったけど(笑)フェイドアウトしないで来続けてくれた子たちもいっぱいいるから。
そういう意味でもgardenの歴史を語る時にに欠かせないブランドだなあと。
ありがとね、こちらこそこれからもよろしくー!


>るるるさん
あら、なんでしょう・・・不信感を与えてしまったことがあったのですね、ごめんなさい。
にもかかわらずそう言って頂けてうれしいです、ありがとうございます!


>ありさ
しげるはぜひありさに買ってもらいたいよねってまいぶーとも言ってたんだけど、通りすがりのおばさまが「ウチの主人もしげるなの」と言って買って行かれました(笑
待ってるねー!


>きんぐ
ありがとう!
久しぶりに会えるの楽しみにしてるよ。待ってるね!!

5 ■わたしの庭、わたしの青春☆

まさか、gardenにさよならを言わなくちゃいけない日が来るなんて...思ってもいなかったですが、心の底から『ありがとう』と感謝の気持ちでいっぱいです。

18歳でSakuraに出逢い、
19歳でgardenに出逢い、
ねーさんに『めんどくさいくそガキ』と呼ばれていた(笑)あたしもも気づけば、30歳になっておりました。

仙台を、日本を離れてみて、gardenの、そしてねーさんの偉大さを思い知ったことはまぎれもない事実です。

つらいとき、寂しいとき、つまんないとき...gardenに行くとなぜか笑顔になれた。
gardenにて並んでいる服を眺めて試着したり、服を買うとき、心は空を飛べそうなくらいにウキウキワクワクしていた。
これからの人生、あんな風に思える空間に出逢うことがまたあるのかな?...

いつだって、どこにいたって、いつもgardenはわたしの庭であり続け、わたしの青春のど真ん中にありました。

さよならをする前に、日本に帰ることになったことにも、なんだか運命を感じます。
帰国したら、すぐにありがとうを言いに行きます!

gardenへの想い&思い出が強すぎて、長文かいてごめんちゃい!ヽ(;´Д`)ノ

4 ■無題

シゲルは、私も欲しかった!
絶対今年中に行きますね(^∇^)

3 ■ありがとうございました。

なんだか読んでいてものすごく懐かしくなりました。
だって、まさにGのことがあって疑問に思うことがあり、しばらくgardenから遠ざかっていたので…
でも、しばらくしてすぐ出戻りましたけどね!
服を好きになるキッカケをいただきました。
これからもファンです。

2 ■うそー(°_°)

gardenが無くなるなんて少しも思って無かった…
あたしがgardenと出会ったのもGでした
その頃はまだとんがっててあまり持ってる人もいなくて、レアだったのにいつのまにか溢れかえってて、急に熱がさめたのでした(笑)
そうしたら、もっともっととんがってる最高にステキな服達に目が行って、すっかりgardenのトリコ(≧∇≦)
あたしの服歴はgardenなくしては語れない!いまだにどれも大好きな服達で断捨離できないです(笑)
gardenが無くなるなんてさみしいけど、これからもずっと大切に着続けます(o^^o)
gardenいままでありがとうございました。
シホさん これからもよろしくお願いします(o^^o)

1 ■お疲れ様でした。

当初、SAKURAにお邪魔することが多かったですが、ボス・シホさんに会ってみたくて恐る恐るGardenに入っていったのを今でもよく覚えています。3店舗無くして今の私はありません。
素敵なお店を作ってくれてありがとうございました。

コメント投稿