5月29日 日曜日 18時開演です。
第51回 ガルボ魅惑の映画音楽
~ガルボと巡るファンタジーの旅~

ファンタジー映画とは何ぞや?
映画は、ドキュメンタリー以外は全てファンタジーの要素を持っていますので、実は曖昧だと思うのですが、現実離れした魔法の世界、三次元に生きている人間達の世界とは別の空間、不思議なおとぎ話。

そのようなイメージで選曲しました。

ちなみにSF(サイエンスフィクション)もファンタジーの一種ですが、宇宙をテーマにしているものを多く指しますね。

耳馴染みの深い曲ばかりを選んでいますので、きっとお楽しみ頂けます。
皆さまのご来場をお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。

AD









去る4月12~14日 沖西さんのヴィオラと私のチェロのメンテナンスの為に、徳島市にある猪子工房さんに行きました。

工房での撮影目的に、川本昭人監督も同行されました。

瀬戸大橋、与島、眉山、鳴門大橋、と風光明媚な場所も巡り、とても有意義な時間でした。

楽器のメンテナンスもしっかりして頂き、鳴りが良くなりましたよ。
弾きこまねば!
AD







去る4月10日 原爆ドームの対岸にある親水テラスにて、アートサロン広島 様主催で「春の水辺のコンサート」が行われました。五つの団体出演者の一つとしてガルボも参加させていただきました。

おりしもこの日は、G7平和会議が行われていて、警戒の厳重な中、和やかにコンサートは進行していきました。

この場所は、言うまでもなく71年前、原子爆弾の惨禍により甚大な犠牲者を出しました。今も埋もれているお骨もありこの場所全体が、墓地と言えます。

ガルボは、今回は犠牲になった人々を追悼する意味を持つ選曲を行いました。

それから、急遽 矢川光則様の扱われている被爆ピアノで演奏できる事になりました。
とても、感慨深い事でした。
もしかすれば、原爆以前の平和な頃にも、この曲を弾かれたかもしれない鍵盤で、当時の音楽を弾くのは、特別な気持ちでした。

アートサロン広島の槙田夫妻様、河本様、矢川光則様、並びにスタッフの皆様。

お越し頂いたお客様。
足をとめて下さった方々。

ありがとうございました。
写真は映像作家 川本昭人様 の映像から頂きました。
AD