�u��56�� �K���{�」�f�フ�f���ケ�y�`�A�����J�f�������フ�x�X�g�`�v

���ス��4��29�� �y�j�� �゚��6���ゥ���シ���ッ�カ�サ�Z���^�[�X�^�W�I�ノ�ト�A�w��56���K���{�」�f�フ�f���ケ�y�`�A�����J�f�������フ�x�X�g�`�x ���J�テ�オ�ワ�キ�B

�。���ヘ�A�A�����J�f���フ���ミAFI �フ�I�o�オ�ス�u�A�����J�f�������フ�x�X�g100�v �ゥ���I���キ�ョ���フ�シ�ネ���I�ネ�オ�ト�ィ���ワ�キ�B

�K���{�」�f�フ�f���ケ�y �ニ�オ�ト�ヘ���o���フ�u���b�L�[�フ�e�[�}�v�u�イ�ニ���� �~�Z�X���r���\���v�u�X�^�A�a�カ ���� the man that got away�v�ネ�ヌ���ィ�y�オ�ン�ノ�I
�シ�ノ���ヌ�ア�ゥ�ナ�ィ�ノ�オ�ス�ア�ニ�フ�����シ�ネ�ェ�「�チ�マ�「�ナ�キ�B

�ヌ�、�シ�X�オ�ュ�ィ���「�v�オ�ワ�キ�B

4��29��(�y�j�� �j)18���J��
�シ���ッ�カ�サ�Z���^�[ 2�K�X�^�W�I
AD





去る3月3日 「広島ユネスコ活動奨励賞」を受賞された『ひろしまを語り継ぐ教師の会』のお祝いの会に、お招き頂きました。

こちらで、ずっと活動なさっておられる鳥越不二夫 先生とのご縁です。

鳥越先生とは、ガルボの始まりからずっと応援して下さっている有海光太郎さんからのご紹介でした。

鳥越先生は、ハーモニカを吹かれる方で、同時に被爆者として講話活動もなさっておられます。
この様なご縁で、沖西氏は鳥越先生の体験伝承もする事となりました。

今回のお祝いの会では、私達と鳥越先生のハーモニカ演奏をさせていただきました。
AD




去る2月26日 の『第55回ガルボ魅惑の映画音楽 SF映画の世界』は、無事盛況のうちに終了しました。

今回の個人的な肝いり映画は、1935年のユニバーサル映画 『フランケンシュタインの花嫁』の音楽でした。

フランツ・ワックスマンの作曲ですが、この人は、ヒッチコックの『レベッカ』なとでも、非常にミステリアスなムードの美しい音楽を書いています。

ホラー映画の古典とも言うべきユニバーサルの『フランケンシュタイン』
見事なモンスター創造シーン音楽です。
ずっとティンパニーが心臓の鼓動を打ち続け、その上に雷による電気ショック等の効果音が重なり、モンスターの花嫁となる美しい人造人間のイメージを浮かび上がらせるミステリアスなメロディ。

音楽を聴いているだけでシーンが目の前に広がる素晴らしさ!

今回 ガルボはこれを再現する事を試みました。

他にも、宇宙戦争、トータルリコール 等取り上げました。

それだけでは、風変わりで耳馴染みが少ないといけませんので、挿入されているクラシック音楽も選曲しています。

お楽しみ頂けたと自負しております。

ご来場頂きましたお客様
スタッフの皆さん
ツイッター、フェイスブック、ブログなどで応援、ご紹介下さったお友達の皆さん。

ありがとうございましたm(_ _)m

コンサートの写真は 本田様からお借りしています。
AD