今年の締めくくり、クリスマス当日の12月25日 音楽茶房78さんでのクリスマスコンサートは、無事に終了しました。

さすがに、前々日の23日にクリスマスコンサートをやっておりますので、如何に同じ曲は選曲しません!と言おうとも、どなたも来て下さらなかったらどうしよう。(;ω;)

と思っていましたが、次々と来て下さり、お客様がみんなサンタクロースに見えました!本当に嬉しかったです。

驚いたのは、新聞を見て来て下さった安佐市民病院の真鍋先生ご夫妻。
安佐市民病院のクリスマスコンサートでサクソフォンアンサンブルを聴かせて頂いた直後だったので、余計に嬉しかったです。

このお店ならではの、独特の雰囲気の中、楽しく演奏させて頂きました。

蓄音機によるレコード鑑賞コーナーでは、非常に珍しいドイツ語のきよしこの夜と、ビングクロスビーの楽しいジングルベル!

終了後には、撮影に駆け付けて下さった川本昭人監督と、横川のしゃぶしゃぶ、すき焼きのお店 PAN で舌鼓を打ち、世界平和記念聖堂の静まり返った様子を見に行きました。

良いクリスマスでした。
写真の一部は伊集院様からお借りしています。
AD









去る 12月23日の『ガルボのハッピークリスマス』は無事、盛況のうちに終了しました。

今回は、色々な状況が重なりまして、アレンジやら、クリスマスのお話に付ける音楽の作曲(と、言うほどのこともない即興的な短いフレーズですが)間に合うのかと、心配しておりました。
いつも以上に、ギリギリまで楽譜を書いておりまして、結構大変でした。

クリスマスのお話のBGMは前の晩まで出来ていませんでした。

何事も早く取り掛かれば良いのですが、突発事項も入って来るので、やむおえません。

それでも、お客様が盛り上げて下さったおかげで、楽しいコンサートになったのではないかと、思っています。

毎年、クリスマス音楽も、この世の中には沢山あるので、どんどん刷新して行きたいと思ってます。

内容は、
毎年恒例の、植嶋喜久子さんによる「クリスマスのお話」
Gステラータさんによる ソプラノの歌

また、ラストでは飛び入りで参加して頂いたお客様との『ジングルベル』

来年の干支土鈴のじゃんけん大会 等 でした。

今回も、ツイッター、フェイスブック、ブログ等のSNSで、多くの方々に応援、拡散して頂きました。
心より感謝しています。

ご来場頂きましたお客様。
スタッフの皆様。
ゲスト出演者の皆様。

本当にありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

写真は、本田様、伊集院様 早志様 他からお借りしています。
AD







安佐市民病院での2回目のコンサートでした。去る 12月22日です。

この回では、毎年共演が楽しみな田村看護師長さんのお琴が入りました!
もうお一人、イケメン医師のお琴も加わり、お琴の二本立て。

田村師長さんのお琴は、毎年ジングルベルと、きよしこの夜ですが、本当にお人柄の伝わる暖かい演奏で、ご一緒してて微笑まずにはいられません。

それから、7日に引き続き、真鍋副院長さん率いる看護師さん達のサックスアンサンブル!ピアノも医師です。

写真はありませんがガルボも参加しています。

この日も、入院患者さん達がとても喜んで下さっていました。

1日も早いご回復をお祈りしています。
AD