うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

長野県塩尻市を中心に活動している、うつ病の当事者・家族のピアサポートグループ『ガレージとーく』です。

代表の長谷川と申します。わたしは、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業し、その後自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。発病から8年が経ち、ようやく寛解から回復したと言える状態になりました。

このたび、自らのうつ病の経験から、うつ病の方の症状改善・復職・社会復帰を力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ『ガレージとーく』を立ち上げることになりました。

「うつ病の方の症状改善・復職・社会復帰を力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けました。

『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、車の車庫、修理工場を意味する「ガレージ」から、心のメンテナンスをする場をイメージして、ピアサポートグループ名は『ガレージとーく』と名前を付けました。

リカバリー(Recovery)は通常の意味では回復であり、精神疾患(うつ病)の回復の意味もあるのですが、ここで言うリカバリーの意味は「人が精神疾患(うつ病)からもたらされた破局的な状況を乗り越えて成長するという、その人の人生における新しい意味と目的を発展させることである」ことを言います。

近年うつ病の方が増えてきており、再発を繰り返しなかなか社会に復帰できない人たちが増えてきています。うつ病は再燃・再発率が高く、また悪化すれば最終 的には死(自殺)にいたる可能性もある恐い病気です。 うつ病を回復させることは勿論、再発させないようにするスキルを身につけることが必要です。

一方で、うつ病になる前の生き方がベストであるとは限らないのではないか?うつ病になったからこそ見直せる、そんなチャンスを持つことが出来たのではとも思うのです。たとえうつ病になっても、復帰できる仕組みを構築しそれを広めたい、そしてそれはうつ病になってしまった前よりも素晴らしいと思える人生になる。『うつリカバリーエンジン』は、より豊かな人生の歩みを始められるよう全力で支援したいと思います笑顔

テーマ:
第34回ミーティング開催のお知らせです

新緑木が美しく爽やかな季節になりましたが、間もなく梅雨梅雨がやってきます。関東・甲信地方の平年の梅雨入りは、6月8日だそうですので、第34回ミーティングを開催する頃は、梅雨の真っ只中ではないかと思います。

梅雨に入ると空模様は不安定どんより雨空も曇りがちだと、心も曇りがちに・・・実は梅雨は、うつを悪化させてしまう人が多いのだそうです。

この時季は気圧の変化が激しいために自律神経が乱れたり、湿気が原因で体内に水分が溜まり体を冷やすため、血行や代謝が悪くなり、体の不調へとつながりやすく、人によっては睡眠リズムがくずれたり、自律神経のバランスが乱れたり、気持ちがすっきりしないといった影響を受けるのだそうです辛い

いろいろ手を尽くしてみたけど、 どうしても気分の落ち込みが出てしまう
落ち込む分かっていても、 なんだか気分が滅入るブルーというときは、 「自分の具合が悪いのは天気のせいなんだ」 と割り切ることも大切なようです。

うつ病を患いながら・・・「辛いときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい…」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語りませんか話す

参加する前に聞いておきたいこと、こんなことを話したいというリクエストがありましたら、コメントで投稿をお願いしますよろしく

■日時:2016年6月19日(日)13:30~16:00
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203
■参加対象:うつ病のご本人やご家族
■定員:8名  まだ空きがあります
■参加費:500円(会場費・運営費として)
■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください 
■お問い合わせ:リンク [お問い合わせ] よりお願いいたします

リンク  アクセス|えんぱーく

リンク ご案内チラシ(PDF:1.8MB)

第34回ミーティングチラシ

■塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203やじるし

会議室203



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第33回ミーティング開催のお知らせです

今年の桜桜**ももう散ってしまいましたね。これからは、初夏の風風がさわやかな季節になります手描きふうクローバーそして、いよいよゴールデンウィークに突入です。ですが、この楽しいゴールデンウィークが終わる頃になると、「気持ちが冴えない」「ぐったりと疲れを感じる」といった、心の息切れともいえる症状を感じる人が増えてきます。これがいわゆる「五月病」。五月病は正式な病名ではないのですが、精神科で診断名をつけるならば、「軽度のうつ病」「適応障害」とされる症状が特徴的です。

人は不慣れな環境や、人事異動にともなう周囲の変化など、緊張状態が続く環境に身を置くと徐々にストレスが蓄積していきます。また、持続的で心理的負荷の高い環境では、メンタル不調が起こりやすくなります。「なんとなく気分が落ち込む」「なんとなくダルい」「仕事や家事に集中できない」「眠れない」といった症状が現れてきます。

もし心身の不調を感じたら、とにかく気分転換・リラックスできることをしてみましょ う。趣味に打ち込む、体を動かしてリフレッシュする、たっぷり寝る、完璧主義をやめる、新しい目標を見つける、友人などに話を聞いてもらう…などが良いようです。

うつ病を患いながら・・・「辛いときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい…」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語りませんか話す

参加する前に聞いておきたいこと、こんなことを話したいというリクエストがありましたら、コメントで投稿をお願いしますよろしく

■日時:2016年5月15日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203
■参加対象:うつ病のご本人やご家族
■定員:8名  残席あと3席
■参加費:500円(会場費・運営費として)
■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください
■お問い合わせ:リンク [お問い合わせ] よりお願いいたします

リンク  アクセス|えんぱーく

リンク ご案内チラシ(PDF:1.5MB)

第33回ミーティングチラシ


■塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203
やじるし

会議室203


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月15日に開催する、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第33回ミーティングの告知を、本日付けの「市民タイムス」に掲載していただきました新聞

開催まであと5日ですが、定員8名に対し残席あと7席と、定員に十分余裕がありますので、ぜひ、多くの方のご参加をお待ちしています

■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください

※「市民タイムス」は、長野県の中信地域(松本市、安曇野市、塩尻市、大町市、東筑摩郡、木曽郡、北安曇郡)を対象エリアにして発行している朝刊の地域新聞です。発行部数は約7万部(自社公称)。

「市民タイムス」2016年5月10日

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。