うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

長野県塩尻市を中心に活動している、うつ病の当事者・家族のピアサポートグループ『ガレージとーく』です。

代表の長谷川と申します。わたしは、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業し、その後自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。発病から8年が経ち、ようやく寛解から回復したと言える状態になりました。

このたび、自らのうつ病の経験から、うつ病の方の症状改善・社会復帰(復職・再就職)・リカバリーを力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ『ガレージとーく』を立ち上げることになりました。

「力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けました。

『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、車の車庫、修理工場を意味する「ガレージ」から、心のメンテナンスをする場をイメージして、ピアサポートグループ名は『ガレージとーく』と名前を付けました。

『リカバリー(Recovery)』は、当初は「回復」、つまり病気が終わることとして使われていた言葉ですが、現在では、「疾患を持ちながらも、希望を抱き、自分の人生に責任をもって意味のある人生を生きること」という意味で使われるようになりました。

『リカバリー(Recovery)』とは、「働くこと」や「社会で役割を持つこと」など、やりたいことや、こうなりたいという目標に向かって計画を立て、スモールステップで課題を達成する体験をしていくことを意味しています。小さな経験の積み重ねが、ゆっくりと自信を持つこと、自己評価を高め、意欲や生きがいを、自分の人生を手に取り戻していくという事です。

近年うつ病の方が増えてきており、再発を繰り返しなかなか社会に復帰できない人たちが増えてきています。うつ病は再燃・再発率が高く、また悪化すれば最終
的には死(自殺)にいたる可能性もある恐い病気です。 うつ病を回復させることは勿論、再発させないようにするスキルを身につけることが必要です。

一方で、うつ病になる前の生き方がベストであるとは限らないのではないか?うつ病になったからこそ見直せる、そんなチャンスを持つことが出来たのではとも思うのです。たとえうつ病になっても、復帰できる仕組みを構築しそれを広めたい、そしてそれはうつ病になってしまった前よりも素晴らしいと思える人生になる。『うつリカバリーエンジン』は、より豊かな人生の歩みを始められるよう全力で支援したいと思います笑顔
NEW !
テーマ:

長野県精神保健福祉センターが発行する 「精神保健福祉ハンドブック2016(第8版)」の自助グループ掲載ページ(P.120)に、うつ病のピアサポートグループ「ガレージとーく」が掲載されました。

 

「精神保健福祉ハンドブック」は、精神障がい者の保健・福祉の充実と拡大を図ることを目的に、県内の精神保健福祉に関係する制度や施設一覧、市町村単独事業の実施状況一覧等をまとめたもので、3年毎に発行しているものです本

 

今回の改訂にあたり、塩尻市福祉課障がい福祉係の方のお力添えもあり、掲載となりました。また、なかなか手に入らないガイドブックも、1冊贈呈していただき、大変嬉しく思います。ありがとうございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第40回ミーティング開催のお知らせです

 

いよいよ12月ですね。クリスマスクリスマスツリーを控えて、街は活気づいていますが、なんと突然の雪⛄️にビックリですビックリ

 

真冬並みの強い寒気の影響で、11月24日には関東甲信の各地で雪が降り、まだ11月なのに、塩尻は8センチの積雪。11月の初雪はよくありますが、積雪っていつ以来なんでしょう!?新聞記事によると、2008年以来8年ぶりに11月に降雪を記録したそうです。暖冬だった昨年に比べると、この冬は寒くて雪も降りそうですねため息

 

雪が降ると、急に寒くなりますよねブルブル。寒いのが苦手なわたしは、ただ寒いというだけで、何となく気分が落ち込んだり気が滅入るブルーことがありますが、皆さんはいかがですか?

 

クリスマス直前ベル&年末の忙しい時期seiかと思いますが、今年のいい締めくくりに、そして来年を気持ちよく迎え、いい一年にするために、今抱えている不安や悩みを解消しに来ませんか

 

うつ病を患いながら「辛いときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語り合いませんか話す

 

■日時:2016年12月18日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室202
■参加対象:うつ病のご本人やご家族
■定員:8名 残席あと3席
■参加費:500円(会場費・運営費として)
■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください 

■お問い合わせ:リンク [お問い合わせ] よりお願いいたします

 

参加対象の方
気分障害[うつ病・双極性障害(躁うつ病)]、適応障害、不安障害をお持ちの当事者やそのご家族を参加対象としています。それ以外の方や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。

 
リンク  アクセス|えんぱーく

 

リンク ご案内チラシ(PDF:880KB)

 

 

■塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室202やじるし

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10月16日に、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第38回ミーティングを行いました。

すがすがしい秋晴れの中晴れ、うつ病などの精神疾患をもつご本人とそのご家族の合計8名の方に、ご参加いただきました。初参加の方は5名でした。

新規の方が5名も居てどうなるか?と不安もありましたが、盛会のうちに終了することができ、ホッとしていますホッまた、松本市、塩尻市はもとより、塩尻から100キロ以上もある、下高井郡山ノ内町からお越しいただいた方も居て、ありがたい限りですありがとう

まずは、今の気分、簡単な病歴、近況に触れながら自己紹介をし、その後、フリートークということで、自由に話してもらいました。現在、会社を休職中で、復職を目指している方や就労はしているけれども、日々の不安や仕事の大変さを感じている方。ご家族が病気で、どう接すれば良いのか分からない、という方もいらっしゃいました。

その後、皆さんから「今日話したいこと」を出し合ってもらい、事前にリクエストがあったものを含め、以下のテーマが挙がりました。皆さんのフリートークの中から“イライラしてしまう”というお話をされる方が多く、“イライラをコントールしたい”という意見が多く出ました。とりあえず下記の4つにまとまりました。
 
■イライラをコントールするにはどうしたら良いか?

■良い医師と出会うには?

■休職から復職に向けて、どうしたら良いか?

■うつ病の家族との接し方(兄弟姉妹)は?


まずは、「イライラをコントールするにはどうしたら良いか?」について、語り合いました。「イライラしたときは、頓服を服用する」「ゆっくりと深呼吸をして、心身をリラックスさせる」などの意見が出ました。

イライラする原因は、人間関係において、人に何かしらの期待をしていたり、周囲の人が自分と同じ常識を持っていると思い込んでいる場合に起こるギャップがあります。こういった考え方を改めてみることも必要ではないか。また、些細なことにイライラしないおおらかな気持ちを持つことも大事ではないか、という意見も出ました。

実は、今回のミーティングの会場の隣の会議室から、かなり大きな声が聞こえていて、そのことで「まさに今イライラしている」という方も居ました。わたしも、隣の声はとても気になっていました。大変申し訳なかったと思いますすみません

次に「良い医師と出会うには?」について語り合いました。「もう長いこと、今の医師に診てもらっているが、停滞した感じもあるので、医者を変えたい」という意見から皆さんの体験を聞きました。「自分が良いと思った医師が、他の人に合うかは分からない」「ネットの情報は少ないが、そもそも情報の正確さに問題がありそう」という意見が出ました。また「こういうクローズなミーティングだからこそ、病院の評判なども聞いてみたい」という意見もありました。

ミーティングではお伝えできなかったのですが、「精神科医療機関の見える化システム」というのがあります。まだまだ未完成かもしれませんが、一度、アクセスしてみてください。

休憩を挟んで後半は、「休職から復職に向けて、どうしたら良いか?について語り合いました。「休職中は図書館に行くなどして過ごすことが多いが、生活リズムを整えることが難しい」「再発予防のために、何をしたら良いのか」「復職・再就職に向けたリワーク施設がない」という意見が出ました。

また、現在就労している方からは、朝起きて仕事に行けず、休んでしまったときの辛さを話してもらいましたが、わたも含めて、「自分もそうなんです」という方が多くいらっしゃいました。

最後に「うつ病の家族との接し方(兄弟姉妹)は?について、ご家族の方からお話していただきました。これはわたしの意見ですが、兄弟同士とはいっても、どこか適度な距離感を保ちながら生活していると思います。兄弟をなんとか救いたいと気負い過ぎると、反対に追い詰めてしまったり、相手を攻撃してしまうため、良い方向に進まないかもしれまん。兄弟同士だからこそ、冷静に判断することが出来るのではないかと思います。あくまでも冷静に、客観的に物事を見て判断し、アドバイスをする。長期的な目線で兄弟を見ていくことが大切なのではないでしょうか。

まだまだ話は続きそうでしたが、終了時間となり、クローズとなりました。

ミーティング終了後に有志のみで、会場のえんぱーく1階にある「Café うぃずの森」でお茶会をしましたわたしを含めて参加者は4名でしたが、ミーティングの延長話から、ミーティングでは話せないプライベートなこともお互い話せて楽しかったです笑顔

今回参加された皆さん、足を運んでいただきありがとうございますまた、今回都合が悪く参加できなかった方も、ぜひ次回のミーティングへの参加をお待ちしております。

次回、第39回ミーティングは、2016年11月20日(日)を予定しています。詳細については、当ブログ内の 案内記事 を参照ください。




引用元:第38回ミーティング終了しました
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月16日に開催した、うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』第38回ミーティングに参加された方へのアンケートの回答から、ミーティングの感想を一部紹介します。

 

 

Q. 本日のミーティングの感想をお聞かせください。また運営について(日時・会場・進行等)、意見やお気づきの点がありましたら、ご記入ください

 

同じ地域に、当事者の方がいることが心強かったです

 

初めての参加でしたので、分からないことも多かったのですが、次回参加することがあれば、もう少し発言できるよう考えをまとめておこうかと思います

 

どんなことに悩んでいるのか?など、少しでも心理状態を知ることができて良かったです

 

働きながら感じる辛さなど、共感できる話が多く、参加して良かったです

 

仕事のことで参考になる話が聞けて良かった

 

ミーティングの雰囲気を知ることができて良かったです。運営の仕方など参考にさせていただきたいと思います

 

いろんな方の意見や考えが聞けて、とても勉強になりました

 

新規の人が多く来てくれたので良かったと思います。リピートしてくれたらもっと良いと思います

 

 

Q. 今後のミーティングで話したいことや聞いてみたいこと

 

普段聞けない、病院などの感想も、ざっくばらんに話せると良いと思いました

 

民間の療法で、自分の体が良い方向へ向かうために行っていること(食事、運動、ストレッチ、生活行動 etc.)

 

辛いときや苦しいときが長い期間に、ホッとできたことがあったとしたら、それはどんなときだったか?

 

バランスの良い食事のとり方

 

 

Q. ストレスを感じるのはどんなとき?

 

仕事中はずっとストレスです

 

時間に追われるとき

 

イレギュラーなことが起きたとき

 

初めての客先に行くとき

 

自分のペースが乱されるとき

 

大声で話す人たち

 

人の目が気になるとき(人からどう思われているか意識するとき)

 

特に仕事場で、嫌いな人と関わらなければならないとき

 

日内変動でふいに

 

楽しい時間を過ごした後、反動で

 

他人と他人の口論

 

運転(荒い人)

 

全く経験のない事や役を持ってこられたとき

 

自分が決めたことができなかったとき

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

弊ブログでも、メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」は、何度か紹介していますが、昨日、発行元である「認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)」を訪問しました。

 

場所は、千葉県市川市にあります。最寄り駅は、JR or 地下鉄都営新宿線の本八幡駅になります。

 

編集長の丹羽大輔さんと、PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)担当の秋山さんとお話をさせていただきました。

 

PNPPは、コンボの、いわば「当事者活動盛り上げ企画」で、「言いっぱなし、聞きっぱなし」のグループを作り、運営し、全国のピアグループとネットワークを作ることを目指すプロジェクトです。

 

今年の1月に、「PNPP@長野」が長野県松本市で開催されたのですが、そちらにわたしも参加した際に、丹羽さんと秋山さんにお会いしました。それ以来の再会になりました。

 

矢印「PNPP@長野」のブログ記事です矢印
 

リンク ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト in 長野

 

コンボは、PNPPをはじめ、ピアサポートグループ支援事業もされていることもあり、わたしも、うつ病のピアサポートグループ「ガレージとーく」の立ち上げに際しては、コンボ主催のフォーラム等に参加し、ノウハウを学びました。昨日は主に、「ガレージとーく」での活動実績についてお話をさせていただきながら、情報交換をしました。

 

また、丹羽さんご自身も、うつ病を患った経験があるとのこと。丹羽さん自身の貴重な体験談を聞かせていただいて、わたしも新たな気付きがありました。

 

コンボの皆さん、ありがとうございましたありがとう

 

今後ともよろしくお願いしますニコ

 

矢印 丹羽さんとパチリshokopon

 


 

リンク こころの元気”届けます―メンタルヘルスマガジン 100号!― - ハートネットTV - 2015年11月17日の放送 - NHK福祉ポータル ハートネット

 

 

『こころの元気+』って何?

「こころの元気+」は、コンボ(認定NPO法人地域精神保健福祉機構)の賛助会員の方にお届けするメンタルヘルスマガジンです。うつ病・統合失調症など精神疾患の方が読んでいる雑誌です。

 

毎月の特集で、精神疾患の方が日常生活をおくるうえで役に立つ情報をお伝えしています。最新の医療的な情報も、第一線の専門家がわかりやすく紹介しています。

 

表紙の写真は読者モデル。体験談もたくさん掲載される読者参加型の雑誌です。

※お問い合わせ・お申し込みは、下記のリンクからどうぞ。

リンク COMHBO地域精神保健福祉機構

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。