うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

長野県塩尻市を中心に活動している、うつ病の当事者・家族のピアサポートグループ『ガレージとーく』です。

代表の長谷川と申します。わたしは、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業し、その後自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。発病から8年が経ち、ようやく寛解から回復したと言える状態になりました。

このたび、自らのうつ病の経験から、うつ病の方の症状改善・復職・社会復帰を力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ『ガレージとーく』を立ち上げることになりました。

「うつ病の方の症状改善・復職・社会復帰を力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けました。

『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、車の車庫、修理工場を意味する「ガレージ」から、心のメンテナンスをする場をイメージして、ピアサポートグループ名は『ガレージとーく』と名前を付けました。

リカバリー(Recovery)は通常の意味では回復であり、精神疾患(うつ病)の回復の意味もあるのですが、ここで言うリカバリーの意味は「人が精神疾患(うつ病)からもたらされた破局的な状況を乗り越えて成長するという、その人の人生における新しい意味と目的を発展させることである」ことを言います。

近年うつ病の方が増えてきており、再発を繰り返しなかなか社会に復帰できない人たちが増えてきています。うつ病は再燃・再発率が高く、また悪化すれば最終 的には死(自殺)にいたる可能性もある恐い病気です。 うつ病を回復させることは勿論、再発させないようにするスキルを身につけることが必要です。

一方で、うつ病になる前の生き方がベストであるとは限らないのではないか?うつ病になったからこそ見直せる、そんなチャンスを持つことが出来たのではとも思うのです。たとえうつ病になっても、復帰できる仕組みを構築しそれを広めたい、そしてそれはうつ病になってしまった前よりも素晴らしいと思える人生になる。『うつリカバリーエンジン』は、より豊かな人生の歩みを始められるよう全力で支援したいと思います笑顔
NEW !
テーマ:

障害年金の等級判定に関する新たなガイドライン~2016年9月1日スタート~

障害年金の等級判定の新たなガイドラインが本年9月1日から施行されることとなりましたので、お知らせいたします。障害年金については、支給・不支給の判定に地域差が大きいことが問題になっていました。厚生労働省はこれを是正するとして、ガイドラインを新たに作成していましたが、2016年9月1日からこのガイドラインが導入されることとなりました。

 

■詳しくは厚生労働省ウェブサイトの下記ページをご覧ください。

『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』の策定及び実施について(2016年7月15日付)

 

リンク→r http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000130041.html

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

第36回ミーティング開催のお知らせです

まだ梅雨明けはしていませんが、連日暑い日が続いていますね暑っ暑い日が続くと「夜よく眠れない」「何だか食欲がない」という日が続く事ってありますよね。慢性的な疲労感を感じることもあり、「暑いから夏バテかな?」と思いがちです。食欲不振や不眠症状、集中力の低下など、夏のうつ症状は、夏バテの症状ととてもよく似ています。これらの症状に加えて思考がまとまりずらかったり、明確な原因がないにも関わらず落ち込んだ気分が続いたりする場合には要注意注意それは単なる夏バテではなく「季節性のうつ症状」である可能性があります。

 

夏のうつ症状の原因は、エアコンの効いた室内と外との気温差による自律神経の乱れ。また、暑さによって運動をしなくなると、ストレスを和らげる「セロトニン」の分泌が少なくなり、うつ症状をさらに悪化させてしまうことがあるようです。

冷房を上手に使う、十分な睡眠時間を確保する、水分をこまめに補給する、しっかり栄養を摂ることが重要なようです。夏うつを予防して、気持ち良く夏蚊取り線香を乗り切りましょうファイト

 

うつ病を患いながら「辛いときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語り合いませんか話す

■日時:2016年8月21日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203
■参加対象:うつ病のご本人やご家族
■定員:8名 残席あと6席
■参加費:500円(会場費・運営費として)
■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください 

■お問い合わせ:リンク [お問い合わせ] よりお願いいたします

リンク  アクセス|えんぱーく

リンク ご案内チラシ(PDF:667KB)


 

■塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203やじるし

会議室203

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
心の病や障害を持つ仲間同士を「ピア」と呼び、今全国各地で様々な活動が生まれ、育ちつつあります。『ガレージとーく』は、 長野県塩尻市で活動する、うつ病の当事者や家族を対象としたピアサポートグループの場です。うつ病の仲間同士で、ワイワイガヤガヤ話をして交流することで、日々の生活や仕事、求職活動の中で生きづらさを抱えつつも、より良い生活ができるために共に支え合う集まりです。

『ガレージとーく』という名前は、任意団体『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、「ガレージ」には、車庫、修理工場の意味があるので、心のメンテナンスをする場をイメージして、名前を付けました。

分かち合い自体は治療に直接繋がるわけではありませんが、同じ体験を持つ人たちと出会い、不安な気持ちを吐き出し、病気に関する情報を共有することで不安や孤独からの解放につながります。また、社会資源(障害者総合支援法、障害者手帳、障害年金など)や社会復帰(復職、リワーク、デイケア)の情報は残念なことに、必要な人・必要な時に十分行き渡っていないのが実情です。『ガレージとーく』ではこれらの話題についてはもちろん、薬や症状、生活習慣、物事の考え方など、うつ病の人にとって有益な話題も取り上げていこうと考えています。

月に一度、毎月第三日曜日に開催を予定していますので、お気軽にご参加ください。

尚、運営事務局は、「任意団体うつリカバリーエンジン」にあります。


参加対象の方
気分障害(うつ病・双極性障害)、不安障害(パニック障害・強迫性障害・全般性不安障害・社交不安障害など)の当事者やそのご家族を参加対象としています。それ以外の疾患や障害をお持ちの方や専門職などの支援者の方の参加については、事前にご相談ください。


『ガレージとーく』の取り組み、代表の長谷川のインタビューやうつ病闘病記などが放映されました。

●放映日時:2014年4月10日(木)
●メディア名:テレビ信州 (TSB) 「TSB NEWS 報道ゲンバ」





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。