うつ病のピアサポートグループ『ガレージとーく』〜うつ病で、語る、つながるミーティング〜

長野県塩尻市を中心に活動している、うつ病の当事者・家族のピアサポートグループ『ガレージとーく』です。

代表の長谷川と申します。わたしは、2004年に仕事のストレスからうつ病を発病し失業し、その後自宅療養の後、再就職するも再燃し、失業を繰り返しました。発病から8年が経ち、ようやく寛解から回復したと言える状態になりました。

このたび、自らのうつ病の経験から、うつ病の方の症状改善・社会復帰(復職・再就職)・リカバリーを力強く支援したいとの思いから、任意団体『うつリカバリーエンジン』を設立し、ピアサポート事業として、ピアサポートグループ『ガレージとーく』を立ち上げることになりました。

「力強く支援するエンジンになりたい」という思いから、任意団体名は『うつリカバリーエンジン』と名前を付けました。

『うつリカバリーエンジン』の「エンジン」から車をイメージすると思いますが、車の車庫、修理工場を意味する「ガレージ」から、心のメンテナンスをする場をイメージして、ピアサポートグループ名は『ガレージとーく』と名前を付けました。

『リカバリー(Recovery)』は、当初は「回復」、つまり病気が終わることとして使われていた言葉ですが、現在では、「疾患を持ちながらも、希望を抱き、自分の人生に責任をもって意味のある人生を生きること」という意味で使われるようになりました。

『リカバリー(Recovery)』とは、「働くこと」や「社会で役割を持つこと」など、やりたいことや、こうなりたいという目標に向かって計画を立て、スモールステップで課題を達成する体験をしていくことを意味しています。小さな経験の積み重ねが、ゆっくりと自信を持つこと、自己評価を高め、意欲や生きがいを、自分の人生を手に取り戻していくという事です。

近年うつ病の方が増えてきており、再発を繰り返しなかなか社会に復帰できない人たちが増えてきています。うつ病は再燃・再発率が高く、また悪化すれば最終
的には死(自殺)にいたる可能性もある恐い病気です。 うつ病を回復させることは勿論、再発させないようにするスキルを身につけることが必要です。

一方で、うつ病になる前の生き方がベストであるとは限らないのではないか?うつ病になったからこそ見直せる、そんなチャンスを持つことが出来たのではとも思うのです。たとえうつ病になっても、復帰できる仕組みを構築しそれを広めたい、そしてそれはうつ病になってしまった前よりも素晴らしいと思える人生になる。『うつリカバリーエンジン』は、より豊かな人生の歩みを始められるよう全力で支援したいと思います笑顔

テーマ:

第38回ミーティング開催のお知らせです

 

シルバーウィークも終われば、本格的な秋突入ですね秋

 

やっと暑い夏が終わるかと思ったら、次から次へと来る台風台風に加え、停滞する秋雨前線による長雨が続いています。台風や低気圧による気圧の変化や急に冷え込んだことによる温度差で、自律神経が乱れて体調を崩す方も多いようです。それに、雨雨が続けば何となく気分も曇りがちになりますよねブルー

 

気温が日に日に下がっていく「降温期」である秋は、昼間は太陽の力で日なたにいるとぬくもりを感じられますが、朝晩はぐっと冷え込む日が多くなります。一日の気温差が8度以上あると、体に大きな影響を与えるとも言われているため、秋シーズンの気温差は特に注意しなければいけないそうです。お互いに体調管理には気をつけましょう

食欲の秋。読書の秋。スポーツの秋。秋にはたくさん言葉がつきますが、あなたはどんな秋にしたいですか?楽しいことを考えるだけでも、元気になりますよポジティブ

 

うつ病を患いながら「辛いときどうしてる?」「うつの大変さ、分かって欲しい」「眠れないときの対処法は?」「そろそろ復職したい」「友人や家族とどう付き合う?」など、悩みや不安がある人、一緒に語り合いませんか話す

■日時:2016年10月16日(日)13:30~16:30
■場所:塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203
■参加対象:うつ病のご本人やご家族
■定員:8名 残席あと5席
■参加費:500円(会場費・運営費として)
■参加申込:リンク [こくちーず] よりお申し込みください 

■お問い合わせ:リンク [お問い合わせ] よりお願いいたします

リンク  アクセス|えんぱーく

リンク ご案内チラシ(PDF:574KB)


 

■塩尻市市民交流センターえんぱーく2F 会議室203やじるし

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月17日に松本市で開催されました「平成28年度ピアサポート研修」に参加しました。主催は「長野県ピアサポートネットワーク」です。

 

第一部:講演会、第二部:シンポジウム、第三部:グループワークという内容でしたが、講演会がとても良い内容でした。

 

第一部:講演会
演題:「対人支援の基本を学ぶ」
講師:夏目宏明氏(長野県精神保健福祉士協会会長)

 

支援とは何か?
「自分の生き様を見てもらい、そこから何かを感じてもらう」
「わたしが、自分のしたい事をして自己実現し、その姿を周りの人にも見てもらい、元気になっていただきたい!」
「自分は花火になろう!」

これもピアサポートの一つの形。

 

…というお話にとても共感しました。(他にも良いお話が聴けましたが、これが一番共感しました)

 

わたし自身、うつ病を発病してから、仕事を失い、お金も失い、友人も失いました。療養の後、再就職を目指す中、病気のことをオープンにすれば、まず不採用。内定が出ていたのに、うつ病を患ったことがバレると内定を取り消されました。

一度うつ病を患うと、住宅ローンも組めません。生命保険の加入も難しくなります。社会からは「うつ病患者は社会人失格、落伍者」だと見られると思いました。

 

また、SNSでも、わたしに対して、「単に、こいつが仕事できない、出来損ないのポンコツってだけの話。うつ病は、甘え。そもそも、うつ病なんて、仮病と同じでしょ(笑)そもそも、病気なの?」というコメントがありました。うつ病=甘えているという偏見はまだまだあるのです。

 

しかしながら、わたしは社会に対して「うつ病をもっと理解してしてもらわないといけない」という強い思いはありません。理解してくれる人、理解できない人、いろいろな人がいるように、理解できない人を理解できない人、理解できる人もそれぞれだと思うからです。それに「他人を変えることはできない」ということです。

 

夏目さんの講演を聴いて、

 

自分は花火になろう!

 

と思い、自信を持つことができました。

 

社会の偏見もあると思います。理解してくれる人も少ないかもしれません。それでも、

 

「うつ病であっても、正々堂々と生きる」

「うつ病であっても、笑って輝ける社会」

 

を目指すには、まずわたし自身が正々堂々と生き、笑って輝かないといけないと思い、日々生きようと思いました。そんなわたしの姿を見て、

 

うつ病になることは決して悪いことではない。視点を変えれば、これまでの自分を今一度見つめなおす時間と機会ができたということはないでしょうか。自分と向き合うことで、『大切にしたい価値観』『強み』『ありたい方向性』を整理し、それらを土台にした自分らしい生き方を構築できれば、『これから』は『これまで』よりも充実した人生になるはず。

 

皆さんがこのことに気づき、自分自身の願いを見つけ、生き生きとした人生をおくって欲しい。そう願っています。

 

花火になるとはどいうことか
・人生を一人ひとりが、夜の砂漠を旅していると例えてみる。
・一人ひとりの人生は、真暗な夜に打ち上がる花火。
・自分自身は、自分の花火は見えない、分からないが、その存在を共に夜の砂漠を歩んでいる人達からは見える。他の人が見て、方向を知り、自分以外にも人生を歩む人がいることを知る。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

厚生労働省では、精神障害及び知的障害の認定の地域差の改善に向けて対応するため、『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』等を策定し、本年9月1日から実施することとしました。

 

リンク 『国民年金・厚生年金保険 精神の障害に係る等級判定ガイドライン』の策定及び実施について |報道発表資料|厚生労働省

 

この件で、信濃毎日新聞から取材を受け、9/1付の朝刊第二社会面(34面)に掲載されました。

 

リンク 個々の状況どう反映 障害年金 支給基準全国一律に | 信濃毎日新聞[信毎web]

 

今回は、社会保険労務士の齋藤京子さんの働きかけにより、新聞掲載になりました。斎藤さん曰く、「目的は、障害年金と新ガイドラインの周知です。ガイドラインについては医師の方もほとんどわかっていないので、少しでも関心を持ってもらいたいと考えています。」とのことでした。

 

わたし自身は、障害年金の給付が今後どうなるのか?ということも気になりますが、障害年金のことが紙面に載ることで、障害者ではない方(健常者)が初めて障害年金のことを知り、「そんな制度は無いほうがよい」などど言い始めるのではないか?ということを一番心配していました。

 

中途半端な知識で障害年金制度を知り、津久井やまゆり園で起きた殺傷事件のように、「障害者はいらない」という考えと同じようなことを思わないかということです。そこは、記者の方へ「生活保護とは違い障害年金は福祉的な手当ではなく、老齢年金同様、国民の権利である」ことにも触れて欲しいと伝えましたが、この内容で十分だったでしょうか…?

 

わたしの実名で顔写真も載ったことで、自分が矢面に立つかもしれないという怖さもありましたが、「長谷川さんは間違ったことをしているわけではありません。むしろ長谷川さんが実名で現状や不安を語られたことにより、記事の内容が読む人に伝わりやすくなっていると思いました。」との感想をいただき、ホッとしていますほっ

 

尚、記事中、『うつ病患者の団体「ガレージとーく」の会員からも』とありますが、「ガレージとーく」はピアサポートグループ=当事者会で会員組織ではないことをお伝えしておきます。

 

また、社会保険労務士の齋藤京子さんより、記事の訂正があると聞いています矢印

 

×「当分の間、等級変更はしないのではなく、

○「当分の間、不支給にはしないの間違いです。等級変更は、今までと同じくあるとのことです。

 

リンク 社会保険労務士さいとう京子事務所|長野県佐久

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。