いなゆ(改 ブルゾンいなゆ!)のT2ブログ

ガレージT2(テイーツウ)は、ジムカーナ競技をこよなく愛す参加型モータースポーツ応援型チューニングショップです。http://www.garaget2.net/


テーマ:

今週発売になる

REVSPEED誌5月号~~(^0^)

ご注目くださいっベル

 

 

RushFactoryデモカーの86NA

鈴鹿本コース初トライ、2100CC軽量化なしクラス相当車両での

おそらくベストタイム更新リボン

のお話を紹介してくださってます(^0^)

 

>RushFactoryとしてアタックしてるんですがDVDではガレージT2と言われちゃってる。。。(^0^;;;

 

ダンパーを含めて駆動系のセットアップですが

RushFactoryのサーキットアタックとしてT2のおいらも監修サポートはしていますが、現在はガレージT2のノウハウを離れて完全RushFactoryオリジナルとなります。そこにもご注目くださいねっ(^0^)クラッカー

 

 

。。。とはいえ

出てくるのは

 

 

おいらいなゆ!(T2)と柴田ゆーさく選手(ARVOU)の

ストリート業界では

ジムカーナコンビ

と言われてる2人ですが(^0^;;;。。。

 

↓ゆーさく選手は現在GT300のAドライバー。

 

 

 

 

 

ゆーさく選手がアタックした

青86の鈴鹿初チャレンジの動画も掲載しときますっ(笑)。

 

 

REVSPEED誌5月号~~(^0^)

買ってねっベル

*少しですがT2でも販売しています(笑)。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

35GTRの2016年仕様決定

 

パット

吸排気

軽量化....はバッテリー交換のみ(^0^;;

そして純正ECUの書き換え+ブーストアップはEVC

 

ふつーの人がフツーのショップに勧められた時にふつーに車をさわる定番セットですね。。。

(^0^;;;。。。ビックリマーク

スタビだのピロだの補強だのマウントだの一切無し(笑)。

>しつこいようですが、それでも35GTR価格は庶民ジムカニアンなおいらは目ん玉が飛び出ます。。。

 

 

それらを駆使して

RushFactoryがECUとブーストとコントローラーをセッティング。

 

仕上がりは

<tcf1.0>

トルク 83.5Kgm.f

パワー 570.8PS

35GTR前期初期のノーマルパワーは

トルク60Kgm.f

パワー480PS

ですから

ECUセッティングだけで90馬力もあがっている

事になります(^0^;;;。。。

>tcf1.0というのは一切補正をかけない純粋な力計測という事なんです。なんだかスゲー車です。普通ダイナパックでのパワー測定は負荷がかからないため荷重係数も考慮するので値はもっと大きく出しますがRushFactoryはデータセッティングに自信があるようで、いつも一切データに係数をかけていません。

 

 

 

 

こっからはおいらの仕事。

ダンパーは

フロント2回

リア4回

仕様変更をした。

 

ダンパーをセットしている身としては

リアのスプリングレートと減衰の推移がキモでしたね。

 

重くてパワーがあるから

という固定概念より

日産車のアーム設計からくるジオメトリーの考え方

という基本を頭に入れて足を動かしたほうが断然車が曲がる。

LSDもないから極力ホイールスピンがかからない仕様を目指す事にする。

 

最初に「重さ、パワー」からイメージして作った減衰設計から

普通の日産車としてイメージを基本に立ち返った。

合わせてスプリングレートも変更。

 

それらのテスト走行からタイヤの熱の入り方も変わったのでアライメントも2度調整しなおし。

 

 

 

ある程度方向性を読んだところで運よくTC2000の走行会が見つかり

木下みつひろドライバーに試乗いただけた!

木下ドライバーのコメント

「パットが強いですね。リアダンパーのリバンプがある部分から強く出ていて、そことブレーキの効きタイミングが上手くシンクロしない場面に遭遇すると難しさがある。足は全体的には問題は感じない。」

 

データロガーはまさに言葉通りのGの推移をしている。

どこでABSをひろい、どの踏力でドライバーがリリースを開始したかを分析して

パットを適正と思われる踏力のものに変更。

 

 

 

ラストテストは

アタック当日のドライバー

柴田優作ドライバーに1日おつきあいいただいた。

ゆーさくドライバーのコメント

「乗りやすい。全く問題ない。時々ABSは出るからそこを運転で気をつければ。」

この時点でタイムは

1゛00゛185

なにせ駆動系は

足とパット

しか入っていないので

おいらのセットアップ、やれる事はここまでである(笑)。

 

 

あとは

タイヤ様のグリップに祈りをささげる事にした。

 

アタック当日はタイヤにウォーマーをかける。

実はこのタイヤの温度、圧管理が現場では一番の「タイムを出す」キモである。

 

アタック前日、5時間かけてタイヤを温め

適正温度

適正圧

がアタック3周以内にもってこれるようにシュミレーションとデータ取り。

装着してから冷えるまでの時間計測等細かくデータをとってスタンバイをする。

昨年

タイヤ管理では圧調整に失敗し

ドライバーのピットイン時で0.15kpaほど高くアタックさせてしまったためタイムを0.1秒は損をさせた。

今年は失敗は許されない。

 

 

イレギュラーが起きた。

アタック前日の夕方に35GTRにGTウィングがついたのである。

空力は足のセットに影響する。

 

しかし車体に入る小さいウィングだったので

テスト時の最終コーナーの飛び出し姿勢を見ていて

今のままのダンパーで十分対応可能と判断し

当日はアジャスターの変化量でウィングを生かすように対応する事にした。

 

狙うはふつーのラジアルタイヤで59秒台!

チョイスはBS POTENZA RE71Rメラメラ

 

タイヤを温めるのだから簡単に出そうな数字だが

チューニングの少ない車は

その0.1秒を!!!

削るのがものすごく大変なんですね。

 

 

全日本のジムカーナ選手権では

改造範囲の狭いクラスはサイドターンがあるにも関わらず

0.1秒以内に3人入って

入賞できたりできなかったりするのが普通である。

 

 

 

0.1秒の重さ。

 

 

知ってるからこそ本気なんだよ。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

正直今回は

T2とRushFactoryで合同制作している青86

ブリヂストン05DまたはYHのA052を履く前提だったら

1゛01゛999

を狙えたと思う。

打倒スーパーチャージャー車!

のコンセプトはTC2000においては脈々と今も健在。

 

 

 

二兎追うものは一兎も得ず

 

 

しかしタイヤの力でタイムアップするのもなんだか物足りない。

そこで

RushFactory単独のデモカー35GTR

フルノーマルのこの車をどうセッティングしていくかに集中しようと思った。

 

おいらにとっちゃ

現在のジムカーナJAF公認競技では見たことのない大きな車。

未知。

知りたい。

 

 

 

今年はじめ、フルノーマルのこの車を街乗りも一切した事のない状態で初めて借りた。

 

そしておいらはいきなり富士本コースに挑んだ。

 

先入観やフィーリングなんていらない。

本気で車と向き合えるのは

全開からの減速のみ。

 

唯一競技車両としておいらが携わっている大重量車はエボⅩ。

 

動きをイメージしつつ比較事項を考えながら

35GTRという車の長所短所を見出して

駆動系、ブレーキ系のテコ入れする部分を洗い出していく。

 

 

大きな車の割には長所は沢山あった。

純正タービンのトルク感が扱いやすいのだ。

ボールベアリングタービンはアクセルに対してリニアにトルクをついてこさせる。

純正で500馬力弱出ているそうだが普通の人にもコントロールが楽。

このパワーの出方なら足周りのセッティングも難しくなさそうだ。

 

 

 

最大のネガがブレーキだった。

 

 

パットではない。

キャリパーの強度が足りない。。。

本コース3周で踏力にばらつきが起きてくる。

 

35GTRのキャリパーっていくらするんだよ。。。(・・;;;

>エンドレスさんのモノブロックでフロント79万円。。。

 

 

 

 

タイヤホイールも準備しなくちゃならなかった。

テストのタイヤも含めると285/35-20が8本欲しい。

 

いくらするんだよ。。。(・・;;;

>BSさんYHさん共々、1本9万円前後。。。

 

 

 

 

ホイール。。。

長年、おいらのモータースポーツを支えてくださっている

RAYSさんに相談した。

 

最初に欲しいと思ったinsetは一言で却下された。

「タイムアタックでしょ~? ゆうこさん、甘いって!このサイズのこのインセットを履いてください!他のサイズではダメだ。他の35ショップさんはサイズ妥協しませんよ。」

 

inset0。。!?汗って。。。

 

ノーマルボデイでは入らない。

フロントだけでもオーバーフェンダーが必要になる。

 

いくらするんだよ。。。(・・;;;

>ホイール1本12万円超えにオーバーフェンダーつけると。。。

 

 

 

ダンパー!?

35GTRのショップはアラゴスタさんが多いという。

アラゴスタさん買う?あせる

 

いくらするんだよ。。。(・・;;;

>38万円。。。安っ←もう感覚が完全マヒドンッドンッドンッ

 

いや、ここはエリアスポーツさんにひと肌脱いでいただきましょうビックリマーク

エリアダンパーならおいらも一緒に減衰設計からセッティングできるし、悩んだらエリアさんに相談もできる。

 

 

 

いくら35GTRを制作したくても

RushFactoryだってまだ会社ができて3年。

やっとお仕事が軌道に乗ってきたところでそんなに余力なんかない。

おまけに

35GTRの用品価格は35GTR様価格だった滝汗。。。

 

 

 

 

タイムアタック車両制作なんてそもそも無理なんじゃないか?

なんでこんなに高い車でやる必要があるの?

 

一般常識的に

普通の自分が自分に問いかける。

 

 

しかし

そこに車がある。

 

 

車達が速く走れるようにセッティング制作していくのは

もはや仕事なのかライフワークなのか。

 

 

でもやっぱり

お金なんかないんだよーっ(^0^;;;;!

 

お金の壁にバーンと阻まれて挫折しかかる

おいらとRushFactoryに(笑)

 

 

 

そしたらば!!

 

部品の相談をしたほとんどのメーカーさん達が

なんと!

一斉に様々なあの手この手で救いの手を差し伸べてくれた。

メーカーさん達にとって、何が面白かったんだろう(^0^;;。。。(滝汗)

もう感謝としか言いようがない。頭が下がります。

 

 

 

結果

すごいお金かかったけど(笑)

>35GTRの用品価格はいちいち35GTR様価格。。。

 

 

 

走りを追求する最低限の基本形は各メーカーさんのご厚意で

Rushのぎりぎり予算ちょい超えで(笑)形を作る事ができたのである。

LSDは今年は買えなかったけどね~~(笑)。

 

 

それでは今年は

一般ユーザーさんが最初に思いつくチューニングをしたらこんなGTRになる

というコンセプトでタイムアタックに挑みます(笑)。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

RushFactoryのお仕事が俄然ワサワサしてまいりました!

 

今朝一番に届いたのが

お客様の35GTR用のタイヤですか。。。

 

なんだか悔しいので

ヨコハマタイヤのパレットに載せて見ました(笑)。

 

POTENZA RE71Rの

285/35-20が4本とか(・Θ・;)。。。。ナニソレ タベモノ オイシーノ?

255/40-20が2本とか(゜д゜;)

 

お客様の

スーパーチャージャー86さんのホイールも届きましたよーっ(;´▽`A``

 

うちの青86はしがないNA。。。ちぇっ( ;゚─゚)ゴクリ。。。

 

でも、そんな青86にもデモカーとしてのご依頼があり

明後日23日日曜日は

スーパーオートバックス名古屋BAYさんの走行会に、初心者さんへのサーキット走行講師として美浜サーキットへ参上いたします。

 

 

そしてRush今村さんは本日もECU。

32GTRのセッティングを見てますねーっぼけー

いそがしアルね(笑)。

 

 

 

 

ちなみにT2は

ジムカーナシリーズ戦が終わると

10月後半から11月いっぱいぐらいまでは

一般のお客様の作業のご依頼が「まったりのんびりモードえーんになります。

 

ジムカーナのほうはピット作業とはうらはらで

既に来期のクラスや選択マシーンでの可能性など

ストーブリーグ化しているので

そーゆー相談では忙しいんです(笑)。

 

先週からトラブルで預かっているランサーのミッションもやっと部品が来たことだし

さあ、しっかり診ましょう(^-^)!!

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

朝に一発

富士ショートコースを走りに行きまして

アンパネ効果を体感しに。。。というよりも、まあちょっとした運動しにですか(笑)

>トオル氏は本日、おいらが走っている間に無事退院いたしました(^0^)パチパチパーパー

 

正直

富士ショートで空力なんぞわかるかなー

と思ってたんですが走り始めたら

んっ(・Θ・;)!?ですよ。

 

データロガー解析は

Rushの今村さんにやってもらっちゃったドンッのでご参照ください。

http://ameblo.jp/rushfactory/

 

ロガー解説を見てからおいらの感想を読むとイメージしやすいですかねー(笑)。

結論で言うと

「ちょっぴり欲張りさんにコーナーオーバースピード気味に突っ込んでもブレーキに余裕があって曲がるのよ(^0^;;;」

 

タイヤ?

サーキット周回ばかり250周以上はしているRE71のそれなりなグリップの落ち加減のタイヤです(笑)。

青86は現在まだアタックシーズンではないため、余計にぶん回して無駄に走らないよう(爆)回転リミッターも7300rpm。純正と同じぐらいですね。

だからシーズン前はタイムは出なくて良いつもりで練習しています。

イラッ

 

 

本邦初公開。

サーキット周回をどう管理しているかも説明しましょう!

 

走行前暖気です。

オーディオエアコンつき(笑)。

水温88度油温84.5度油圧1.24(また他メーカーのテストオイル0W-20を投入中。)

油圧計があると走行中のエンジン内部のオイル状態が把握できるので

タイムアタックしたりクーリングしたりエンジン状態は油圧と油温で管理しています。

86やロードスターもそうだけど、最近の車は水温よりも油温が急上昇しちゃいますからここ要注意。

オレンジの4つの数字は上写真はタイヤのair圧、下写真は表示が切り替わってタイヤの内部温度です。タイヤの熱ダレを知るのにもこちらもアタックとクーリングの指標として用います。

 

さて、コースイン。

最初は今までの経験値通りに車を運んで行きます。

 

そのうち要所要所いろんなアプローチをしてみます。

「あれ?ここまだ行けるかな?」とか

何かしら動きの違いを意識してこの動きはあそこでこう使おう。。。とか

周回しながら予備知識として心得ます。

 

さて、ある程度考えがまとまった!行けるかな。

 

アタック開始ハッ

GOガーン!炎

「家売る女風」

 

 

下り1コーナーは大胆に縁石を左にまたぐ

手前で向きを変えるだけのブレーキスッ。。。

ここはあまりステアを切らないのが特徴のコーナーです。

あ、やべ、いきなりやらかしたかっ?スピード落ちないぞっガーン

すぐに2コーナー右に切る

スピードが落ちてない、アンダーでるっチュー、あれえーステアがきく?

VSCペカペカ。。ペカ。。。んんっペカペカのスピードがいつもより遅いぞびっくり

左右の荷重がいつもより大きくないのか?なぜだ?

下りきって3コーナー左

スピードが姿勢を作れるところまで落ちてる。。。わっ姿勢が決まったおーっ!ドンッ

 

車はというと

フロントタイヤ左右  いつでもこいっ(^0^)!!

リアタイヤ   行け(^0^)!!

青86 ABS&VSC  ...(・・)。。。無言あせる

サスペンション 行け(^0^)!!

 

青86はCP(クリッピングポイント)に小さなRを描き、クイッと曲がった。

 

やばい汗。。。滝汗

 

イメージより曲がるのが速い笑い泣き汗

 

もうこの後はアクセルを踏むしかないえー?

おいらの反射神経でこのまま踏み込んで脱出で姿勢を整えられるのか?

カウンターが遅れたらイン巻するぞっ笑い泣きコワイジャナイカ汗汗汗

 

しかし躊躇するおいらに青8っつぁんが言った。

 

早く踏めよ真顔メラメラ

 

 

 

おいらは泣きながらアクセルを踏んだ。

 

 

フロントサスペンションがアクセル量に対していつものように上がらない。

加速しながらゆっくりと弱アンダーが消えていく。

と、ともに

はっと我に返って青8っつぁんの立ち上がり姿勢をスロットル開け方向で若干ソーイングして整えた。結果、減速しきって無い感満載のまま、車はスルリとグリップで曲がっていた。

 

これが今までもべニアアンパネはついていたのに決定的に違うフィーリングです。

ちなみに1コーナーから3コーナー脱出までの5秒間の車との会話だよ、これ(^0^;。

 

 

タイムはね

今までのベストタイムから0.15秒し上がってないんです。

でも気温30度あるのにズルズルのタイヤでベストタイムを更新しちゃいました。。。

 

アンパネの違い。。。

 

中で体感している人間にはこんなに驚きがあり違いがあり

市販車に一番近いところにいるチューニング程度の車でも

こんなにアンダーパネルが影響するとはなぁ。。。と

まじでしみじみびっくりする感じでした。

 

 

余談ですが

29周ほぼ全開で走行してきて

ピットに戻ってヘルメット取ってグローブ取って賞味3分ぐらいたった86君の温度管理写真はこちらです。

 

HPI汎用オイルクーラーと少し大きなラジエータが入っている車両ですが水温油温とも平常に戻るのが早いですね。

 

特筆すべきはタイヤair圧の上がり方です。

いつもはショートコースを走ると右リアタイヤのエアだけ0.1kpaぐらい高めなのですが

今回はフロントタイヤと上がり方が一緒です。

(コース特性上左リアタイヤのエア圧は控えめに上がります)

タイヤの内部温度も...左リアタイヤ以外はほぼ同程度。

今までこんなに前後のタイヤを均等に使える運転をしたことがないような気がします

(^0^;;;

 

アンパネで車に楽させてあげる事ができました。。。。かなっ(笑)!?

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

通称アンパネです。


サーキット走行を始めたばかりな頃は、この見た目に「意味あんのか?」と否定的でしたが


やはり装着すると
コーナーでのクルマの姿勢が安定するので
機能パーツと納得せざるを得ません。
(;・∀・)汗
車体とサスペンションは密接に関係するのだよ。


サーキットアタックシーズン前にと
今までの
ベニア板制作から
RSタカギ製汎用パネルに交換装着してもらいました。

 

この汎用アンパネについては

RushFactoryまたは

http://rushfactory.jp/

RSタカギさんへお問い合わせください!

http://www.rs-takagi.com/


なんか
ますます男らしくなった
青86。。。


↓よく見るとねこに足あと
つけられちゃったけど(;・∀・)



日頃はもう、街乗りはせず
トラック運搬の青86ですが


一応まだナンバーがついてるので
アンパネの全長変化について
道交法的解釈を陸運局に問い合わせしました。

そしたら
今回は解釈が陸運局や担当者によるところもある
との事で
湘南陸運局から関東陸運局に解答をまわされています。



注目の解答


「アンダーガードではなく、アンダーパネルは装備品指定部品ではありません。書いてないものは取り締まらない。何センチ伸びようが違反ではありません。ただし、人を傷つけるかなと懸念のあるデザインや目にあまる突出は問題です。」




えฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!
じゃ、いーの?


だってさ
アンパネ
どー見ても全長伸びてるやん(;・∀・)。

普通に考えたら
〇改じゃないのーっ?


例えばさ
アゴ突き出したクルマをお巡りさんが見たら
捕まえに来たりしないのー!?


「お巡りさんが止めたとしたら、アンパネ以外になにかある場合でしょうね(笑)!」


かくして!
未だに青86は
車検合法車両で頑張っています(笑)

余談
リップスポイラーは指定部品なので
道交法では80cm延長まではお咎めがない
とも
別ルートでお聞きしましたー!


さて、青86。
ベニア板より
薄く
軽く
長く
なったアンパネ。

効果は体感できるかな!?






いうわけで
朝イチ
ちょっくら富士ショートまで
ジュースを買いにお散歩に行ってきましたニヤリビックリマーク
トオル氏はメンたま手術でのんびり入院中〜




さてさて、もうお店に戻ってますよんっ音譜
今日もT2は
通常営業ですっ音譜

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝、窓を開けたら鼻がかゆくてくしゃみ連発しました。

 

全国の秋の花粉症の皆さん。お待たせしましたビックリマーク

8月のはじめぐらいからムスムズしていましたが

本格的な「ぶた草アレルギー」シーズンの到来ですえーん

 

 

そんな中

本日NDロドスタトオル氏

JMRC神奈川ジムカーナ戦の試走。

 

雨なので仕方ないですが

オープンカーなのに幌かぶっちゃうのはちょっと残念な感じでしょう(笑)。

 

T2のある伊勢原はもう雨が止んでいます。

皆さんのご来店、お待ちしてまーすっ(^0^)ビックリマーク

 

 

こないだのトオル氏のTC2000のサーキットトライアルが公開されていました。

足とパットとLSDしかチューニングらしいことのできないPN車両のT2デモカーですが

チューニングクラスのタイムを0.6秒もちぎってます。

 

マツダファンフェスタ コースレコードのページはこちら ↓

http://circuittrial.mazda-fan.com/courserecord/tsukuba.html

 

 

 

今回はジムカーナ足のまま走ったとはいえ、現場でのセッティングにはノウハウを詰め込んでいます。

 

当店は筑波2000の足のバランスセッティングには、トップクラスのノウハウがあると自信を持って言っちゃうね(^.^)ベル

 

その訳は。。。

サーキット足回りセッティングテスト用デモカー

でサーキットも本気に取り組んでみてるからさっグラサン

 

 

 

そうです。

青86のサーキットアタックの季節

シーズンインっ(笑)ドキドキイチョウ!!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
一昨年出場したクラスはストリートラジアルクラス。
1.エアロOK、GTウィングOKでスーパーストリートクラスより少し見た目も重視したクラス(笑)。
1分4秒775。
 

去年出場したクラスはスーパーストリートラジアルクラス。
1.最低地上高は道交法内の最低9センチ
2.GTウィングは禁止
と、車好きが見た目はノーマルチックで車高落としてマフラーいれるぐらいのクラス。
青86は1分5秒163。


今年は再び
一昨年と同じクラスで挑みます。

昨日は本番当日の動向や傾向のシュミレーションを兼ねて
Dランゲージさんの走行会にお邪魔していました。

そして
沢山のデータを
店に戻ってじっと考える。
 




タイム
 

ドライバーさん
IMG_20151201_122746755.jpg 

タイヤ
 

今回の足は2年間の集大成で
動きとドライバーズフィーリングに納得がいくものができている。
IMG_20151124_102604879.jpg 
 NAの86で
筑波1分3秒台だなんて
とてもすごいタイムだと思う。


でも
まだわずかだけど
タイムに余裕があると分析データは言う。

決戦の日まであと2日。。。。





念願の
ゆーさくさんにもつ煮をごちそうする(^0^)
というミッションは
達成する事ができました(^0^;;;
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日はFSW本コース
30分X2トライ

駆動系セッティング担当のT2として
サーキット青8には
2種類のスプリングと2種類の動作タイミングの違うダンパー
を用意してテスト。
 
おいらはまだ
肋骨ストップであるため(^0^;;
→もう全く痛くないし動き回っていますが何分まだ着いてないので大事とってます(笑)

ドライバーさんを別に立て
目視できる
Aコーナーとヘアピン
データロガーとインカメ

でセッティング勝負です。

ドライバーさん。。。と言ってもプロじゃないよ(笑)。

逆に足のタイミングを見るには
ドライバーさんが上手すぎても難しいところがあるので

そこそこ走れる素人さんのほうが
素直にセッティングの一長一短でドライビングが左右される事が多く、それを見破ります(^.^)
>そこそこ走れるRushの今さん(笑)。

足のほうはまた今年もスプリングレートを変更して
2週間後のTC2000アタックに臨みます。

今回のテストで
「コーナー限界も高く小さいコーナーでもステアが入る」
というテーマにかなりいい線で近づいたかな。
この足回りは
ご希望があればサーキットの皆さんにも販売していきますが
「タイムに本気」の皆さんにのみ
お勧めしていこうと思います(笑)。
 

RushFactoryのほうは
先日組み上げたエンジンの
暫定現車合わせも終わったので
実走かねてパワー系のセッティング確認もあります。
 

ロガーを積んでます。
IMG_20151124_102604879.jpg 
データを沢山取れたので
時間のある限り
マップを煮詰めていく予定です。



先月から
なんだか知らないけど週に1回ぐらい
どこに行ってもお会いするREVスピードさん。

もう2か月で8回ぐらい出くわしてるよ(^0^;;;

加茂。。。編集長(笑)お仕事中
 

本日も
沢山のレーサーさん達と
すごい車ばかりの走行会を取材しとりましたっ(^0^;;;
 

ジムカニアン出身のおいらには
富士スピードウェイは
20年以上も毎月ジムカーナ場を走っていたわけですが
>まだ28歳とうん百か月だけど。。。

本コースのほうは敷居が高いです。。。(^0^;;
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ジムカーナの大きな大会もメインはほとんど終わり
代わりに
T2では
ジムカーナからサーキットタイムアタックにカテゴリーに移ったメンバーの
シーズンイン
となっています。

本日は
今までT2でジムカーナをやっていたけど
シリーズを仕事の都合で追えない為
好きな時にアタックをするサーキットに転向したエボⅨ君。

吸排気系のチューニング後にクーリング系のラジエータを入れ
いよいよ本日
RushFactoryに現車合わせECUセッティング
をしてもらうんです(^ー^)!
 

公認競技ナンバー付ジムカーナでは
違反車両へのけん制として
「ECUセッティングは悪」
のイメージがあります(笑)。
競技規則でECUチューンが禁止だからです。


しかし普通に考えると
ストリートチューンや
サーキットアタック
特に
吸排気系のチューニングのされた車両では

パワー系の熱や吸排気の効率によって生じる
燃料ロスと
空燃比の合わないトラブル
ノッキング(点火で無効噴射時間のズレから起こる衝撃)...これがエンジンブローにつながるのです...



極力車の内燃機に無理をさせないように燃焼効率を合わせてトルクを出してあげるのも
現車合わせチューニングの大きな目的であり
安心してサーキットを全開するために
特にパワー系をチューニングした車両には必要な事だと痛感しています。


パワーをあげるためだけの
通信書き換えされたポン交換のECUでは細部まで作りこめませんから

車両をすぐに壊したくないドライバーさんは
車両ごとの現車セッティングは必要不可欠でやるべきだとおいらは思います。

RushFactoryさんに現車合わせをお願いしたい方は
rushfactory.co.ltd@gmail.com
にお問い合わせください。



T2ではやはりサーキットアタックに転向した
S15

GTecエリアダンパーのオーバーホールとアライメント調整。
 
鈴鹿本コースですか。。。キャンパーどーしましょっかねーっ(^-^;;。。。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。