いなゆ(改 ブルゾンいなゆ!)のT2ブログ

ガレージT2(テイーツウ)は、ジムカーナ競技をこよなく愛す参加型モータースポーツ応援型チューニングショップです。http://www.garaget2.net/


テーマ:

最近RX-7のお客様が急激に減少していますが

やはり維持管理のむずかしさと純正部品の高値に手放す方が多いということだと思います。

Y(>_<、)Y

 

いい車なんだよなぁ。。。

セブンを降りてもう5年はたちますか。。。

でもね、未だにシートに座ってひと吹かしするとぶるぶるっとやる気にさせてくれます。

 

セカンダリーブーストがかからなくなったRX-7が入庫。

 

この症状は沢山の要因が絡む事が多いですが

かかったりかからなくなったり。。。と軽度と思われる症状が安定しない状態は

ほぼターボソレノイド系の異常電圧による抵抗増加による不良で

この症状の場合、まだ程度が軽いうちはダイアグにも信号が現れてこない特徴があります。

 

 

トオル氏

「あれ? ソレノイドは抵抗値も整備書基準値だしダイアグも出ないよ?」

 

いなゆ!

「えええ!あんなに昔苦労したのにもう忘れてるのーっ(^0^;;;(笑)はてなマーク

 

そういうときは

バキュームBOXに納まっているカプラー1つ1つを調べます。

症状に再現性のないときの常として

中に基準値を上回っているものが1つか2つ出てくるんです。

ちなみに1つだけ異常の場合では

ダイアグに出たり出なかったりと再現性がなく、エンジンを一旦切ってしまうとさっきまで症状が出ていてももうダイアグが出なかったりします。

 

電圧系の通電トラブルですから

気温の低い日は症状がマシに感じたり、エンジンの始動時は冷えているので普通に走ったりします。それ以外の再現性はあまりありませんが、だんだん症状が悪化してくると

誰でも判断できるほどブーストがたちあがらなくなります。

 

 

さあ、入庫してきたFD3S君。

1つのカプラーから異常抵抗値がでてきましたよーっ!

 

これかな (^0^)!?

 

   

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月末までFD3Sのブーストトラブルシューティングに明け暮れ
無事めっちゃくちゃ調子のいいFD3Sになり
オーナー様に引き渡し
やっとFD3Sの喪があけて。。。

その後一週間
通常的な仕事に追われていたんですが

今週もあれあれ
FD3Sが(^0^;;。。。
 

クラッチ交換とLSDのメンテナンスです。
 
このFD3Sさんは
久しぶりにちゃんと走ってみようとオーバーホールに来てくださいました(^-^) 


でもね

シリーズ追ってる人とか
この季節になると

シーズン途中なのに
あ、LSDが効いてないっっっ(・Θ・;)
と、タイムが出ないのが
腕のせいの他に何かあるに気がつくわけなんです。
タイヤが食う季節になると気がつくんだねーーー(笑)

ただ
シーズン前にメンテナンスしておいて
きっちりシーズン中は走りに集中できたほうが良いわけですからっ(。・ε・。) 


気が付いて慌ててオーバーホールするとですね~~

しばらく効きが変わって慣れなかったりとか
シーズン中で予期せぬお金だとしたら、練習が2回ぐらい減っちゃったりするわけで

貴方の
シリーズチャンピオンに遠のいちゃうわけです(笑)。

オーバーホールは計画的に、ねっ(  ̄っ ̄) 
>この言葉はサポートドライバー、ひろとエロ師匠に捧ぐ。。。(笑)




 この暑ちー、夏空に
一風涼しげな。。。。風の音がします。
風鈴風鈴風鈴

 
RushFactoryでは今さんが
1200馬力も出せるエンジンの現車セッティング
をしていますが

涼しげな風鈴
爆音が。。。。
(。>0<。)
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

純正部品が生産中止してしまったFD3S君。
それがないと純正配管ではブーストがかからない。


この件に関して
FD3Sオーナーの皆さんが結構悩まれているみたいで
問い合わせが多いので
ノウハウをブログに書いてしまいますね。
皆さんのブーストトラブルの時間短縮に少しでもお役に立てたら幸いです。



そもそもは。。。

ダイアグが正常でソレノイドバルブも交換したのにブーストがかからない。。。
とオーナーさんが言ってきたところからお引き受けしたトラブルシューティングでした。


まず大元のタービンに作動不良と排気漏れが見つかったので
大物交換で治るかなと一見思われました。
排気漏れがあるので触媒も中を確認しましたがこちらは異常なし。

新品のタービンに交換して
1WAYバルブを全交換

配管ゴム類は全新品にします。

全部組み上げてから実走。

セカンダリーがかからない。

すぐさまダイアグチェックで
今度はチャージリリーフバルブ不良がダイアグに表示されました。
ここを交換。

以前のブログにもご紹介しましたが
FD3Sはその複雑なターボシステムのおかげで
1つ不具合部品を交換して正常化させたら次の不具合を見つけていく
というトラブルシューティングが必要です。

しかも全部一旦組み上げて走ってみて
1つ1つの作動を確認していかないと完全にシューティングする事ができません。
1つが正常になると古い防波堤の土が崩れるように。。。
次々痛んでいる部品に負担が来て、またトラブルの元になります。

怖いだろー


さて、実走すると
今度はプライマリーがかからない。
ダイアグは出ない。

ここまで来るともう他の原因はほとんどなくなっているので、これかっ?

ターボコントロールバルブのリーフを固定して走ってみると
(この作業もサージタンクの下をばらすので3時間はかかります)
ブーストがかかりました。

しかしこのバルブをずっと固定しておくわけにもいかないので
↑また先々のブーストトラブルの原因になります。
バルブリーフだけで発注できれば安くすみそうなものの
バルブリーフとパイプはASSYでの販売。

しかたなくターボコントロールバルブを発注したら
廃版です(。・ω・)ノ゙ byマツダ
だったという次第でした。


しかしここで
持つべきものは「友」であります
T2でロータリーの友と言えば
お友達ショップのRマジックさん(^0^)
 
いろいろ指南いただきました!




いつも一緒に遊んでくれてありがとうございますっ(^0^)/
IMG_20150511_083625709.jpg 
 
 
さあ、治るかなっ 
これで治らなければもう次の手が待っている。。。 (・Θ・;) 


ちなみに
このFD3Sトラブルシューティングは
トオル氏1人で一週間で行っています。

FD3Sをよく知っているお店でも実はかなり時間のかかるトラブルシューティングです。
1か月から2か月、お客様が待たされている時には
こうした内容をすべて実践していたただいている。。。と理解して欲しいのです。

だから。。。

特にこのFD3Sのトラブルに関してはお願いだから、皆さん
ムリに急がせたり
作業工賃値切ったりしないでねっ(^0^;;;



しかしその間に別なお客様だって自分の車を待っている。

昨日からはFD3Sさんと同時作業で
GRVインプレッサのLSDをチューニングしたり。。。
 
 
 
送られてくる
ダンパーのオーバーホールや
LSDのチューニングをしたり


自分の
ND5RCロードスターのダンパー
を組み上げたりもしています。
 
 あとでご紹介しますね(^-^) 


トオル氏メカニック鉄人化伝説(笑) 
ま、本人は走りたいだけの人ですが(^0^;;;

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
欠品です
ああその部品は
廃版です
byマツダ。。季語なし川柳
・°・(ノД`)・°・ 。。。



FD3Sブーストトラブル
お馴染みの。。。

トラブル部品を交換して火を入れたら
違うダイアグが出て
次のトラブルを発症しているスパイラルで。。。
 

2日がかりでやっと原因をつきとめ
部品納期の確認をすると

生産中死↑ 死ねと。。。。です



JAF公認競技車両のメンテナンスだよ。。。
(´_`。)



その部品が使えないと
ノーマル配管のFD3Sは動かない。
レギュレーションのある選手権クラスに出場できなくなっちゃうんだよ。。。

メーカーさんの相次ぐ部品の生産中止。
これはマツダFD3Sに限った事じゃない。
SW20ももうかなりの部品が廃版になっている。
来年2016年からラリーは2010年以前の車両が使えなくなる。。。というレギュレーションも発表されたばかりだ。
悲しいけど、大企業では、こればかりは仕方がないよね。
とっくにく生産していないスポーツカーの希少部品なんてそうそう在庫で持ってられないもの。。。


JAFさん
 近い将来ぜんぶの競技車で、古い車は淘汰しちゃうのですか?
みんなまだまだ走っている。

もしもまだ救済してくれるなら。。。
競技車両のクラス別レギュレーション
もっとすべてに渡ってなんとかしてくださいっ(T.T)
ついでに
いろいろ改正しちゃってくださいっ(爆)


。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
もう、本当にお願いっっっっっっっっ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
そして今週T2は
ジムカーナN車両
ブーストトラブルのFD3S君週間
です。


毎度おなじみ
FD3Sの
「ブーストがかからなくなっちゃった病」
ですA=´、`=)ゞ
 

「最初はブーストかかったんですが走ってるうちにかからなくなり。。。上がっても0.6とか。それも上がらなくなったりとか。。。アクセル踏んでシューという音も聞こえます(T.T)。。。」

ブーストが上がったり上がらなかったり。。。ということで
オーナーさんは自分で調べてソレノイド類を新調。

それでも症状は変わらなかった

との事。

ディーラーさんにダイアグを見てもらったけど何もエラーコードが出ない。。。
との事。


電気的トラブルでは
ダイアグでエラーコードが出ますが

FD3Sという車。
冷えている時に電気系の計測をしても電気抵抗が規定値を越えてこない事もあり
異常があるのにダイアグが出なかったりします。


もう
こーした簡単点検ではお手上げな時は
最初っから全てを疑って確認をします。
(→o←)ゞ

最初っから。。。って
エンジンから疑うのですっ
圧縮測定から。。。の検査です。
そうしてまる1日
見えないところまでのバルブのチェックから
点検につぐ点検&作動確認の結果。。。

残念なことに
タービンブロー寸前である事
それに付随してタービン付近から排気漏れをしている事

が判明。
純正タービンへ交換。。。となりました(´_`。)

純正タービンが高いからリビルトタービンへ。。。

今日日のリビルトタービンは
昔の車だと既にタービン自体が何順かリビルトされているという事もあるのか
2年前に
「1年半前にリビルトタービンに交換したお客様が町中でタービンブローした」
という事件がありました。
それ以来、あちこちでも質の低下を耳にし
耐久性、寿命が落ちているような気がして
ここ3年ぐらいT2ではリビルトタービンはお勧めしていません。

お金痛いね。。。(w_-;
でもFD3Sを愛している皆さんには
いつかは避けられない道でもありますね

FD3Sの作業は型式により配管も違うので集中力が必要になります。
今週はこれにかかりきりになりそうです。


最初の写真をよく見ると。。。
トオル氏の向こうで今さんも作業中ですね。


RushFactoryではタイムアタックステージアを制作中。
この前までなんだか恐ろしく速いらしい
>ちまたの噂によると1100馬力対応っ!?
RB26エンジンを組み上げてましたから
(^0^;;。。。
 

まだ夏前なのに。。。
年末タイムアタックに向けての
車両制作のご依頼が増えてきてます(^0^;;

 
↑ ピースしてるしっ(笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は究極
FD3SチューニングDAY
なんです。

 


T2のお仕事はもちろん
ダンパーの仕様変更です。

他ショップさんの仕様だったのですが
改めて
GTecダンパーの仕様に変更 
 

車はRZ
 
 


Rushさんは昨日に引き続き
現車合わせセッティング。
 
 
車はバサーストR
 


FD3S
チューニング
セッティング

究極を詰めていける車なんです。


公認ジムカーナでのレギュレーションしばりで維持が大変になっても
「やっぱりFD3Sに乗りたい
と思うFD3S大好きなみんなは

維持管理のためにある
チューニングもあるんだ
と考えてね(^.^)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
当店のダンパーや当店のセッティングではない
FD3S君のサーキットアタック車両なんですが

ボデイ補強もした
足もそこそこセッティングが出ている
フルピロも社外を使ってる


でも、もっと足を生かせないか


なんとも
欲張りさんなRX-7さん
のお願いがありまして(^0^;;

このお客様の走行ステージが
鈴鹿本コース
岡山国際サーキット
FSW本コース

国際サーキットに限定される事もあるので、メンバー強化をする事になりました。


JUNマシンショップさんの強化リアサブフレーム
綺麗(^0^)
 
 
だけどがっつり溶接されています 
 


オリジナルBOXさんのフロントメンバー補強
まずこちらは純正です。
 
 
 
 
それがこうなる 

 
溶接はしっかりどころか「がっつり」入っています。
 
中かち割って(^0^;;多分鉄心が入ってますね。
重くなってる 
  
ごついっ(^0^;;;
 
 
ああ
男らしいわぁっっっ 
うっとり。。。  
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。