いなゆ(改 ブルゾンいなゆ!)のT2ブログ

ガレージT2(テイーツウ)は、ジムカーナ競技をこよなく愛す参加型モータースポーツ応援型チューニングショップです。http://www.garaget2.net/


テーマ:

どうしても「破りたい」タイムがあった。

 

 

どうしても「知りたい」何かが心を突き動かす。

 

 

鈴鹿本コースで行われる

REVSPEED走行会で、それを同時に「手に入れたかった」。

人の「欲しい」という欲求に上は無い。

 

 

 

 

RushFactoryデモカー

筑波2000 ストリートクラスNA最速を誇る青86

実はいなゆ!個人の車でもある。

 

 

 

RushFactory今村が ノウハウをつぎ込んで制作したHKS 2100CCエンジンキット。

ECUは細かいリタード域までRushFactoryのノウハウで書き込まれている。

しかし馬力は平凡かもしれない。

207PS

22Kgf.m

車重1210kg

 

ダンパーチューニングからLSD、ブレーキバランスセッティングはガレージT2いなゆ!が監修する。

 

ドライバーはもちろん!

ARVOUのゆーさく氏。

 

 

鈴鹿は初走行となる。

しかし目標タイムは2分23秒台入り。

初だろうが気持ちは取る気で行く。

 

 

 

走行は3トライ1本20分。

2分30秒のコースと想定して1度ピットインするとアウトラップ含めて10分近く費やす。

無駄にピットインはできないからセットアップは最初から当てに行った。

 

それは。。。

筑波TC2000と全く同じSETである。

 

 

 

初のアウェイコース鈴鹿。

データがないから既存のデータで行ったんですねはてなマーク

 

いえ違います。。。

このセットで行こうと決める前に何度も目標となる動画のインカメを見ていました。

 

確信があったんです。

このままで行ける。。。と。

 

 

しかし本番タイヤは1SET。

しかも筑波でも一周でタイムが出なくなる。。。と言われるPOTENZA RE05D。

これは一発勝負でしかはけない。

 

練習タイヤはいなゆ!が年末から300周はした

2年前のPOTENZA RE71Rしかなかった(笑)。

気休めにウォーマーをかけてみたが0.1kg/paしかエア圧が上がらない。

タイヤは1ミクロンも食っていない状態でテストを開始。

 

「オーバーステアが止まらない。ロールが来てからオーバーになるえーと、ゆーさくドライバーのコメント。

そりゃそーだよね、タイヤは既に死んでいる(笑)。

 

クリアを取れなかったがセクションごとのベストを足すとタラレバで1分26秒4付近となる。

タイヤが死んでいる割には相当頑張っている。

 

 

インカメ動画を見る。

 

(*.*;;ん汗

 

ダンパーは。。。。おかしいなあせる

食わないタイヤを履いているのにバネレートが足りないのかはてなマークこの動きは。。。

設定減衰発生領域とドライバーズコメントが合わない。

テストするにも

うーん、手持ちに硬いスプリングが無い。

 

 

そこに

スーパーオートバックス名古屋BAYの名チューナー加藤さんが

「ほぼ同じレートなんですが銘柄の違うスプリングを持っています。試しますか?」

と申し出てくれた。

 

 

実はRushFactoryではこの半年ほど

スプリングの

「反発性質の違いによる動きとフィーリングの違いをどうドライバーに還元していくか」

というテーマの実験をしていて

同じレートでもスプリングが伸びた時、ダンパーの減衰発生の違う速度域を使用する事が確認されていた。

ダンパーの動きをスプリングの性質に合わせれば、あるいはレート以上の反発力をトラクションに変えてくれる可能性がある。

 

実レートよりもスプリングの反発とダンパー作用の相性にかけた。

 

スプリングをお借りしダンパーの減衰発生位置をアジャスターで変更。

車高を下げた。

 

その状態でスプリングをなじませてから

ダメだしのため、もうひと声車高を下げてもらい、2トライ目に突入。

 

↓ セッティングとなると仁王立ちないなゆ!です(^0^;;;。。。

「こんどはむっちゃアンダーになったガーン

とゆーさくドライバーのコメント。

走行時間は14時。

ポカポカと暖かい鈴鹿ではほとんどの車両が朝のタイムを落としていた。

青86のタイムもクリアは相変わらず取れないものの1分27秒8。

 

目標タイムからどんどん遠ざかって行く。。。(^0^;;;

でも焦ってはいない。

 

 

さて。

同じレートで同じタイヤで

オーバーとアンダーという全く違う現象が出た。

 

つまりはセッティング次第で真逆の動きとなるわけだからバネレートは足りている。

そして

タイヤの発熱がきた。

タイヤが仕事をするセッティングならタイムにつながる。

 

むっちゃアンダーになった理由はリアのやりすぎた車高ダウンとスプリングの初期の動きの性質との相性から来ているはずだからこれはセッティングを合わせればいける。

 

 

おいらがそう意思を固めた時だった。

 

 

ゆーさくドライバーが口を開いた。

「俺はアンダーで待つよりオーバーをいなしてアクセルをあけた方がタイムを出せると思う。オーバーでも持ち出しセットに戻したい。今の状態はおそらく。。。」

彼はしっかりと現在起きている現象を把握しており

自分のドライビングスタイルも自分の使い方も知っていた。

やはりプロになる人は、こうしたセッティング能力も感覚も人一倍長けているのだ。

 

 

もう一度ロガーとインカメのゆーさくドライバーの運転を見る。

そしてもう一度、見る。

更にもう一度。。。。ここで、決意した。

「セット持ち出しに戻します。予定通りリア車高は〇mmダウンで。」

 

しかしひとつだけ持ち出しと変えた部分があった。

その場にいたみんなに

「ゆーさくさんには内緒ねっウインク

とおいらはフロントのアジャスター位置を変更した。

 

そして。。。。

 

温めたらもたないんじゃないか

 

と言われていたRE05Dにあえてウォーマーをかけて温度管理をしていたのだが

「このエア圧で行こう」

と決めたエア圧をがっつり変更した。

 

 

ゆーさくドラ

「エアいくつにしたのキョロキョロ?

 

いなゆ

「内緒(^0^)音符

 

ゆーさくドラ

「。。。びっくり

 

 

ゆーさくドラ

「えーとぉ。。。エアは。。。ガーン?

 

いなゆ

「。。。(^0^;;」

 

ゆーさくドラ

「まじかっ笑い泣きタラーアセアセ?大丈夫か、それっギザギザ

 

 

アタック開始。

サーキット走行会とは言っても今回は普通の走行会にお邪魔している。

青86の走行班は2分6秒台のスープラが走るマンモスクラス。

車は速いが、クーリング走行も多いクラス。

遅い86はアクセルを緩めたらもうタイムが出ない。

 

そこで前の走行時間で集団が周回してくる間合いも測っていた。

最初の車両がスタートしてから2分経過後、コースイン。

3分かけて最終コーナーまでタイヤを温存しながら走り一発勝負でいく。

 

タイヤは一発勝負でしかタイムが出ない状態まで温度と内圧管理を追いこんでいた。

ゆーさくドライバーは3分かけて最終コーナーまで来るところを4分かけて現れた。

おそらくコースクリアになるように調整してペースを取ったのだろう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=nr_oULNRqpA&feature=youtu.be

2分23秒948雷!

この一発アタックで鈴鹿最速タイム更新。

 

この車格のベストタイムは

2016年12月に出された

2分24秒2

であった。

あえて過去形で書こう。

 

 

 

役者が揃った時、力は力以上を発揮する。

 

タイムアタック。

この瞬間だけの煌めき。

 

 

 

車は車だけじゃ走らない。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お得だよ!!

駆け込みオーダーお待ちしてますっ(^0^)/

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

RX-8さんはLSDのセッティング取り付け。



チーム員のコンプリートカーもカラーリング完成です。
関東地区戦にチャレンジします。




こちらの写真はデモカーの2台。
上の写真と比べて
間違いを探せ∠( ˙-˙ )/(笑)




おいらは
本日仕事きりあげ次第
今アタックシーズン
最初で最後の(笑)
青86タイムアタックで
鈴鹿本コースに旅立ちます。


鈴鹿本コースは初だから
夢でイメトレしたセッティングが合ってくれてるか、少し心配だけどね。
(;・ω・)



そーいえば
おいらは
競技を引退してるから
必要ないのに
期限の切れたヘルメットを新調してしまいますた(;・ω・)


何に見える?このクルマ(笑)

ヴィッツなんだけど。。( ˆ꒳​ˆ; )
>絵才無し

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、本日は
ATTACK筑波2000

ジムカーナ選手も何名かチャレンジにエントリーしてるようですね。

ストリートチューニングバトルに
レギュレーションしばりのあるジムカーナ車両が

セッティングと!

ドライバーの運転技術と!

ジムカーナ選手の「ここ1発」の精神力で!


どこまで
ストリートパワー空力系チューニングのクルマに肉薄できるか

ワクワクしてます(^O^)カナヘイハート





お店にいますけどねっ。゚( ゚இωஇ゚)゚。
↑心底行きたかったが仕事です。






昨日の定休日は
うちのT2Rチーム員達のサポートに
久々
浅間台牧場に放牧しに行ってきました。


この2人
チーム員の中でも
本当に「自由」な精神の2人で


「実はタイム出したいなんてウソじゃないの(^◇^;)?」
とも内心思いますがカナヘイ!?


おいらも
3年半ぶりの浅間で
チーム員のクルマのセッティングだし
で久々走って
楽しみました。





しっかし
本当に


速くなりたいのかなあ、君たち。。。
(;・ω・)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
同じ日に
同じクルマが
入庫したり集まってきたりする

謎の
同種集合の法則( Ꙭ )/''カナヘイびっくり


T2は白の15

RushFactoryは赤の15


なんでだろー?(^◇^;)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
T2は通常営業中〜(^◇^;)!


おいらは
RushFactoryとして
GT300準優勝ドライバーの嵯峨さんと
今年からaprドライバーの久保さんと
レクチャーしとりまふ(笑)

おこがましーなあー(´-﹏-`;)


ショートで
35GTRで
Rush今〇さんが
32秒ジャスト!
出しました!速すぎる。。。(;・∀・)




いやあ
風めちゃ寒いっすー
∩(´;ヮ;`)∩ンヒィ~~~~~~
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

急遽稲木家親族に不幸がありまして

 

トオル氏が出向いておりますので

本日予定していた作業ができません(・・;)。

 

作業をお待ちの皆さんにはお時間いたただくようで申し訳ありませんが

明日からは通常業務に戻りますので

よろしくお願い申し上げます。

 

 

T2自体は

おいらがお店を開けてますので

通常営業してますよんっ(;^_^A

 

よ.ろ.ぴ.こっ♪

IMG_20170128_002034568.jpg

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のキョウセイで行われた

ロドだらけの練習会(他車種もちよっぴりいた 笑)

では、皆さんの一生懸命な走りこみのできる環境を

前島一家の皆さんが整えてくださり

本当に楽しく前向きな練習ができた模様であります。

よかったね(^-^)音譜

 

元全日本ジムカーナドライバーやら(^0^;;

>多〇さん元気ーっ?

元全日本ジムカーナシリーズチャンプやら(^0^;;

>モ〇シー元気ーっ?

 

懐かしいメンバーも多くロドで走っていたりして(笑)

トオル氏はみんなとの出会いを大変楽しんできたようですおねがい!!

 

 

 

他にも

 

おいらやRushFactoryはストリートアタックなので

とっくにお世話になっていましたが

 

REVSPEED誌の大井氏とは

実はトオル氏は初対面でのご挨拶(^0^)爆弾

業界は狭いっゲラゲラ合格ビックリマーク

 

 

 

 

さて。

 

トオル氏はインストラクターと言うこともあり

REVの大井さんと

RF&アパルトの乗り比べ

をさせていただいたようなので

トオル氏のインプレッションをお伝えしましょう(^0^)!雷

 

 

RF

「トルクはある。6500rpmぐらいまではトルクのおかげで楽なアクセルワークができる。加速感もある。ただ、評判通り6500rpmを過ぎるともう終わり?ぐらいな感じで回らない。でもトルクのスムース゛さが本当に乗りやすくてコーナーも自由度高くトルクバンドを使えるし、思ったより全然いいよ。実馬力は少ないだろうけど86BRZ勢とは普通に対等にやりあえるよ、これなら。」

 

 

2013年PN3クラス86で全日本シリーズ4位だったトオル氏がこういうのだから

「互角なんだ」

という結論に説得力があるね(^.^)!!

 

 

アパルト

「低回転はRFとそんなに差はないしエンジントルクも太い。ただ、なんだかターボがどっかんなんだよね。コーナリング中のおいしいところでこのターボラグが来るのでアクセルタイミングが繊細になる。街乗りは楽しいかもしれないんだど、ジムカーナのコーナリングと考えると踏み切れるRFのほうが楽だと思った。連続サイドターンやストップアンドGOだったらターボ車の有利はあると思うけど、ぶっちゃけ全日本ぐらいのカートコースレイアウトだとそんなにめっちゃ有利。。。という感じもしなかった

 

 

 

 

ほほう(⌒▽⌒)ドンッ

 

 

 

 

珍しく

冴えたコメントありがとうございますっ(爆)。

 

 

 

トオル氏の中では

RFのほうがジムカーナ向き!!

という判定のようです。

 

 

ただ、

乗りにくい車も

全日本ジムカーナトップドライバーさん達の

セッティングを合わせてくる能力(体制?と経済力?)はすさまじいですから

いつの間にかそのパワーを生かして上位を争ってくるのは

毎年度胆をぬかされます(笑)。

 

 

今年の全日本

 

開幕はPN3に2台のアバルトがいるようですし

RFも2台はエントリーする事が話題になってますね。

 

86BRZ勢

セッティングの熟成とドライバーの慣れがありますビックリマーク

 

この面白い戦いになりそうな

全日本ジムカーナ第1戦もてぎ南

(大きなレイアウトのパイロンコース)

 

すげー楽しみなんですけどっウインク音譜

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。