中古革靴が初めての方でも【新品のように状態の良い一足】を【店長と相談しながら安心して選べるお店】千葉県津田沼古着屋ガレージセール

千葉県は津田沼で店舗を構えて25年、老舗古着屋ガレージセールのブログです。シューケア用品 【M.モゥブレィ】 の正規販売店をしております。豊富な中古、USED革靴の在庫でお待ちしております。 TEL047-493-1236 e-mail http://kawagutufurugichuuko.com/


テーマ:


その言葉を思い出したのは

一本の電話がきっかけだった




十年後にはきっと、せめて十年でいいから

  

もどってやり直したいと思っているのだろう。


今やり直せよ。未来を。


十年後か、二十年後か、五十年後からもどってきたんだよ今。





これはかつて2CHの就職板に書かれたとされる

ある投稿の一部分である



変化の早いこの時代

一年前の自分にすら

想像できない場所に今いることに

気づくことも多いだろう



十年前の自分へ

静かな満足感と共に

今の状況を報告できる人を

僕は心から尊敬する






その電話をくれた彼は

これから人生の節目を

迎えるにつれ

僕に報告をくれたのである




彼とはいろいろと

一緒にチームを組んでは

動き回ったものだった




かつて、夢と希望に

胸膨らませていた時だけでなく



それから


人生の岐路に立ち

思い悩んだことも



恋にうかれぼんちになっては

振り回されていたことも



人に絶望し

暗闇の中で

もがき苦しんでいたことも



お互いに知っている







それらの時の経過を

知ってなお

あの時の二人なら今の僕を見て

いったい何と言うのだろう





「まだ、いけるぜ」



「まだまだ、こんなもんじゃないぜ」






僕は変化をするのが怖かった



これから世界が激変することを

認めるのも怖かったし



自分が一体何をできるのか

分からないのも怖かった



それに備えて

この一年間、必死になって

勉強してきたにも関わらず



少し前まで確かにいた

あの頃の思い出を

愛しすぎていたのかもしれない




できれば今までの世界で

変わらず生きていたかった



できることならば

せめて一年でいいから戻って

あの時で生きていたかった






2011.7.29



あの日、かつての二人の声が

聞こえたと思った時




僕はまた、走り出すことを決めた





世界はもう帰ってこない

















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

革靴なら古着屋ガレージセール千葉県津田沼で26年さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。