ツール

テーマ:

土曜はオフ日なので、仕事はしません。
なので、簡単なコラムを。
粘土原型の表面を均す金属のヘラにギザギザが付いています(写真の右から2本目のヘラ)。これで原型の表面もギザギザになるんですが、ギザギザが出る事で質感が出て、立体の印象を掴みやすくなります。
仕上げでさらにフラットにして、小さく丸い凹みを大小つけたのがケムール人ですが、ギザギザのままの表面もあります。
例えば、ドラコの表面は、ギザギザをわざと活かしていました。タイル状のモールドの組み合わせが、全体としてはシンプルですけども、直に見るとつるんとしちゃうんでしょうね。
そこで、ムラを出して、質感を出したのが指の圧や、ヘラのギザギザです。
指もずいぶん使うんですが、やはり効率が良いとなると、ヘラを使います。
ぼくは右利きで、向かって右の顔は右手を使います。向かって左の顔は左手を使ったりもします。器用でない方の手でも、良い味を出します。

前のレッドキングの項目でヘラの事は書きました。
http://ameblo.jp/gara999/entry-11137139794.html
高山さんが使っていたヘラです。
したがって、ギザギザのピッチ(間隔)は、同じものになります。
$ヤマダ・マサミ 主に仕事のブログ


$ヤマダ・マサミ 主に仕事のブログ
AD