スペースマン

テーマ:
スペースシャトルの打ち上げを、ネットで見ました。
作業の合間に、画像掲示板をちらちら見ていたら、どなたかが、打ち上げだ!と教えてくれて、興味ある人たちはレスに参加。
どこの誰とも知らない人たちと一緒に楽しみました。
昔は、アポロの打ち上げの度にテレビへかじりついたものです。
その頃、我が家は、中華屋で店にカラーテレビがあって、居間で見るのはモノクロテレビでした。両親は共働きだから、一人で見ました。
たぶん、テレビでだけなら、シャトルの打ち上げも、ずっと一人で見ているんでしょうね。ネットは便利なだけでなくて、誰かと共感できる時間を生んでくれるので、有り難いなと思います。

61年生まれのぼくは、66年の最初の「ウルトラマン」を、モノクロテレビで見ました。67年の編集版が映画館へかかって、初めて、動くカラーのウルトラマンを観たわけです。
その時の驚きと言ったら、綺麗なキャラクターの色彩設計よりもなによりも、「カラータイマーは黄色くならない!」事のビックリが先に立ちましたよ。
マルサンの人形で、らくがきシリーズというのがあって、ウルトラマンの人形に色が、赤、青、黄と付いているんです。
父親に塗ってもらいました。問題は、カラータイマーです。赤はラインで、黄色は目で使ったので、当然、カラータイマーは青です。
当時の少年誌や図鑑のどれを見ても、青か赤です。
でも、マガジンの解説で、途中、信号の様に黄色くなる!説が子供たちの間でありました。
なので、どうしてもぼくは黄色いカラータイマーを塗ってもらいたくなりました。果たして、青く塗ってもらったか、素直な気持ちのまま黄色く塗ってもらったか、いまとなっては確かめる事が出来ませんが。

71年の「帰ってきたウルトラマン」はもうカラーテレビで見ていました。万博の時に居間もカラーテレビになったんです。
でもたしか、アポロの打ち上げはモノクロだった記憶があります。
ザラザラの画像で、よく分からないのでした。
本当に、月へ行ったんですか?(笑)
なんでも、ロンドンの「2001年宇宙の旅」のセットがまだ残っているスタジオで撮ったとかワケの分からない説がありますよね。キューブリックが撮ったんですか?
それはともかく。
アポロは夢でした。
「ちびっこ歌合戦」だと思うんですが、優勝者に、マテルのアポロのオモチャがもらえるので、羨ましく思いました。1メートルくらいの箱に入っているんです。さすが舶来品ですよ。子供が一抱えです。

写真は、マテルのスペースマン。ゴム成形で針金が芯に入っていて、一応、手足が動きます。遊び過ぎて、折れてしまいました。
宇宙服を着ているのに、なぜか、作業用のフードがあります。腕が、ゴム製で、ぼよよ~んとなります。これも、壊れました。
こんな探検車、ついに月に登場しません。

シャトルは最後の打ち上げだそうで。お疲れ様ですね。無事に帰ってきて下さい。$ヤマダ・マサミのブログ
AD

コメント(5)