67年の夏

テーマ:
連日載せている「キングコングの逆襲」と併映「長篇怪獣映画ウルトラマン」の宣伝キャンペーンの記事の場所、大磯ロングピーチでした。
夏のイベントだから、中へ入っている人たち、さぞや大変だったでしょうね。
中島春雄さんくらいになると10年のキャリアの中でゴジラの中で昼寝もしたそうですからこれくらいじゃへこたれないんでしょうが、5月からウルトラマンを演じて早や3ヶ月ほどの古谷敏さんは本当につらかったと思います。
それから嫌な顔ひとつしない浜美枝さんもいいなぁ。
浜さん、「キングコング対ゴジラ」でも主演でした。怪獣映画と相性が良いのか本多監督のお気に入りなのか、印象に残る良い役を演じています。
小学校へはいったばかりのぼくは、この映画を大井町で観ました。
「ウルトラマン」の途中から入って、「キングコングの逆襲」を観て、「ウルトラマン」の途中まで観て、出た記憶があります。
うちの母は上映時間なんてリサーチして映画館へ行った試しがありません。いつも途中からです。だから、1周して、次の途中まで観て、1本を観たと言う感覚で、中座するんです。

ぼくは「ウルトラマン」の全怪獣が出るという噂で観に行って、ゼットンがまた観られると楽しみだったんですが。
ちなみにこの時点で、最強最高の怪獣が数ヶ月前にウルトラマンを倒したゼットンだったんです。ゼットンとキングギドラではどっちが強いかが子どもたちの話題でした。
でもキングギドラはしばらく出ませんでしたねぇ。
東宝と円谷プロが蜜月だった時期もこの辺までです。

この映画、キングコングはなんだかニヤニヤしているようで、好きになれませんでした。
冷房が効いていて、北極基地の拷問シーンでは嫌な思いをしたものです。
最後の方、天本英世が血反吐を吐くのが怖かった。
それと、浜さんは子ども心に悲劇のお姉さんに思えました。





絵兎展、残り3日!


<ヤマダ・マサミの仕事>はこちら!
http://garagara9.s1.bindsite.jp/

mixiでも<美也マサミ乃介>で登録してあります。
「ランチと散歩」の日記を連日執筆中。

淋しがらないウサギ出品 絵兎展 開催中
<ギャラリー・フェイストゥフェイス>
http://ftf2000.com/gallery/
67年の夏$ヤマダ・マサミのブログ
AD

コメント(2)