YAGI "DTC110"
購入価格:25800円(08年4月9日/amazonにて)

外付けチューナー、いわゆる「単体チューナー」のことです。
あと、何万円か上乗せすればレコーダ(当然地デジチューナー内蔵)買えるので、この25800円を高いとみるか安いとみるか、それはその人次第ってことになるでしょう。

なんで、テレビでもなく、レコーダでもなく、単体チューナーなんだよ、てことですね。

自分の生活を改めて検証すると、本当にテレビ付けてる時間って短いんですよ。もしかしたら録画再生専用機かよ!!、て思えるくらいに。家に戻ったらとりあえずテレビ、ていう習慣がないというか、帰ったらまずPCを立ち上げて、音楽聴く、て感じなので(この場合の音楽は独立したCDプレーヤーです)。

そりゃね、時代の趨勢が「薄型大画面テレビ」にあるってことくらいは知ってますよ。ていうか一時期は本気で購入を検討したときもあったくらいだし。

でも、冷静になって考えると、一日のうち、付けるか(見るか)どうかも分からんテレビに数十万も、というのは如何なもんか、とも思うわけですよ。どうせ買うなら、最低でも42型、できれば46型クラスは欲しいし(現実的にそれくらいないと、本当の意味でのワイドは楽しめないと思うので)。
スペック的には、もうどれを買っても不自由はないよ、てレベルにはなってきてるでしょ。でも、PDP(プラズマ)を選択すると思うけどね。もし買うならば。

今はソニーの29型ブラウン管テレビを使ってます。同じシリーズで3台目です。これは2004年の春に購入したので、まだ4年目です。
PCのモニタは、I.O DATAの19インチ液晶を使ってます。2005年11月購入だったと記憶してます(安さにひかれた)。

このテレビとPCモニタ、どっち「大きく見えてるか」といえば、視聴距離からして、全然、PCモニタの方が大きく見えてる(映ってる)んですよ!!

これ、大事なとこです。

ブラウン管テレビは近づきすぎると目が悪くなる、てこと聞いたことありますよね。640X480で、チラチラするから当たり前といえば当たり前なんですよ。ある程度まで近づくと、走行線、見えるでしょ。
一方、PCのモニタはテレビなんかと比べると全然、高精細ですから。このモニタは安さゆえ、高画質じゃないけど、それでもテレビ(ブラウン管)とは比べモノになりませんよ。
だから、「近づける」んですね。目とモニタの距離が近い=大きく見える、わけです。今測ったら、約90cmでした。大きすぎず、小さすぎず、て感じですね。

だからね、リビングに42型(あるいは46型)のプラズマ置くのと、PCモニタとして24型置くのとではどっちが有益なんだろうと思ってしまうんですよ。まぁ、個人的な答えは出てるんですけどね。24型の方が"個人的には"全然有益なんだけど、それだと完全にプライベートになっちゃいますから…

ということで、薄型大画面テレビの優先順位は何気に「下」なわけです。
ということは、レコーダも必然的にそうなりますよね。ブラウン管テレビにハイビジョンレコーダつないでどうすんの?、てことですよ(今所有してるのはアナログのDVDレコーダですよ/DIGA)。
買い換えるとしたら、そりゃ当然「BD(フルーレイ)」搭載じゃないと意味ないでしょうし。さらに、Wデジタルチューナーで、両方とも長時間録画に対応してなきゃ嫌です(なんということを…)

もうひとつ、単体チューナーを買った理由に、今の環境、というのがありました。
3月に引っ越してきたわけですけど、地アナの映りが芳しくないのですよ。特にCXが…。まぁ、ガマンすれば、何とか見れる、てレベルだったんですけど、一旦気にし出したら、そういうのってダメじゃん。もうムリ!!、みたいな…

新築だし、当然地デジにも対応してるだろうし、BSもあるから、だったらこれを使わん手はないでしょう、と。

優先順位の第一義としては、とりあえず、CXをキレイ見たい、ということ。
基本、リアルタイム視聴ではなく、録画視聴なので、余計に映り悪いんですよね(アナログの標準録画で録ってるので画質は自ずと劣化します)。

まぁ、地デジの単体チューナーを途中にかませたからといって、録画する機器はアナログのDVDレコーダなので、基本は何も変わらないんですけどね。外部入力で録画することになるので、単体チューナーとレコーダの両方で予約設定しなきゃならんわけか。この辺は面倒だけど、以前スカパーでも似たようなことやってたから苦じゃないですね。
ただ、配線関係は多くなりそうだなぁ…。デジタルとアナログが混在するわけか。まさに時代を象徴してますね!!

地デジチューナーがやってくるということは、PCモニタにも(いつかは)恩恵をもたらすことになるかもしれんです。今、現在、24型クラスでフルHDでデジタルチューナー内蔵の液晶テレビってほとんどないんですよ。チューナーレスなら数多くあるんですけどね。これからはチューナー内蔵のヤツも増えていくと思うんですけど(テレビとPCモニタの融合ってことです)。

選択肢が少ないということで、価格のこなれたチューナーレスのモニタ買って、「ロケフリ」で地デジの映像を飛ばす、てことも考え方としてはあると思うんですよね。まぁ、この場合+4万前後かかるわけですけど(ロケフリ代)。ただ、PC部屋にもアンテナ線(テレビコンセント)来てるんで、それ利用しろよ、て話にもなるんですけど…

要するに、地デジを見たい、というより、ただ単にゴーストのないキレイな映像で見たい、てだけなんですよ。テレビの入力が「D2端子」なんで、全然ハイビジョンでもなんでもないんですが、それでも今は構わんのです。本当に高画質で見たいと思えるコンテンツが増えてきたら、そのときは本気で考えますよ。多分、放送局のコンテンツより、映画等のBDソフトの方が遥かに魅力的になってくるだろうと思われますけどね。

実は、もうひとつ、理由あったのですよ。
本当はコレがメインの理由だったかもしれないくらいの。
それは次号で!!(まだ続けるのか…)

AD