2005年10月19日 15時08分50秒

北京大学物価紹介(2)食費はいくらかかるのか?

テーマ:短期留学中の食事

■食費

短期・長期を問わず生活のなかで一番、心配するのが食費ではないでしょうか。

北京大学構内とその周辺で、よく通っていた食堂の料金をご案内します。

 

*メニュー内容や食事の量、デザートの有無で価格は変動しますので、その辺はご考慮ください。


  食堂名    方式    支払い方法  費用/1食

├――――――┼―――――┼―――――――┼―――――┤

 農園食堂     1階はセルフ プリペイドカード 5~9人民元

                        (70~126円)

 

 燕南食堂   対面    プリペイドカード 6~10人民元

                        (84~140円)

  

 勺園食堂      対面     専用食券    6~10人民元

                        (84~140円)

 

 正大国際中心   レストラン   現金     35~80人民元

 (宿泊の手続きを             (490~1,120円)

  する7号楼です)

 

 蔚秀園      食堂      現金     小龍包(10個)

 (西門対面の                  3.5人民元

  軽食店)                   (49円)

 

 阳坊大都涮羊肉  レストラン   現金     シャブシャブ

 (小西門隣の                  羊・牛肉と野菜他

 シャブシャブ店)                一人前

                         50人民元くらい

                        (700円)くらい

 

 正大国際中心   珈琲店     現金     インスタント珈琲

 (宿泊の手続きを                15人民元

 する7号楼です)                (210円)

                         レギュラー珈琲

                         22人民元~

                         (308円~)

└────────┴──────┴────────┴──────┘

 

大学構内には、軽食店、ファーストフード店、韓国料理店もあります。

構内の食堂を利用している限りでは、1食100~150円で済ませることも可能です。

その他、大学周辺には吉野家、面条家(ラーメン店)など気軽に入れる飲食店がたくさんあります。

日本に比べ、総じて食費は驚くくらい安価です。

 

プリペード

*構内共通のプリペイドカードです。

 このほか、額面は10人民元もあります。

 当月分は月末までに使い切らないと

 無効になります。

 

燕南メニュー1

*燕南食堂のメニューです。

 ご飯がふっくらしていて美味しいです。

 

農園食堂2

*農園食堂のメニューです。

 セルフ方式なので、初めての方でも

 安心です。

 

勺園3

*勺園の留学生食堂のメニューです。

 濃い味付けが特徴です。

 欧米系の留学生が良く利用しています。

 専用食券の余った分は両替してくれます。

 

吉野家

*小西門近くにある吉野家の牛丼セットです。

23.9人民元(335円)とやや高めの価格です。

あなたの、クリックでランクアップができます。   

↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

下次再見!

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年10月04日 00時16分38秒

留学生寮にある珈琲店

テーマ:短期留学中の食事

勺園七号

留学生寮勺園7号館(北京大学正大国際中心)のロビーを抜け、9号楼に抜ける通路に併設して、珈琲店があります。

コーヒー店店内

*フロア中央にはテーブルがあり、ミーティングもできます。


気分転換や打ち合わせ、おしゃべりに良く留学生や先生たちが利用しています。

メニューはドリップ珈琲(22人民元から)、中国茶、コーラ(15人民元)、ビール、ジュースもあります。

 

食事も麺類、サンドウィッチなど軽食があります。

自分も朝食の時、よくワンタンを食べました。

風邪をひいたときには、うどんの代わりをしてくれました。

  

フロアが忙しくないときには、服務員が中国語会話の練習相手をしてくれます。

コーヒー店服務員

*鄭玉霞小姐です。

 山東省塩清市出身で、

 カラオケとショッピングが趣味です。

あなたの、クリックでランクアップができます。   


下次再見!




↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年10月02日 00時40分20秒

常連になった『泰合院』

テーマ:短期留学中の食事

■lenekoさんと会食

9月22日は、おなじ時期に北京大学に短期留学していたlenekoさんとタイ料理レストラン『泰合院』に行きました。

 

『泰合院』は北京の郊外にしてはお洒落なお店です。

メニューはタイ、越南(ベトナム)など民族色ゆたかな料理がそろっています。

 

中国各地とアジア諸国を旅しているlenekoさんからは、成都など四川省の情報をたっぷり教えていただきました。

西安までしか内陸に踏み込んだことのない自分より、中国の情報は豊富でした。

食べて、飲んで、話し込んでいるうちに、あっという間に3時間半が過ぎてしまいました。

 

中国はじめアジアの情報満載のlenekoさんのブログはこちらです。

↓↓↓↓↓

leneko的亜州房間

 

帰り際には、レストランのマネジャーと服務員(サービス担当)とlenekoさんの4人で記念撮影をして別れました。

 

■泰合院の紹介

泰合院門

*泰合院の正門です。

留学中の『北京郵電会議中心』からは隣接する公園よりの裏門から入場します。


泰式カレー

*泰合院の辛口カレーです。

甘口カレー、カレーチャーハンもあります。


串焼き

*牛と鶏肉の串焼きです。その他、豚肉もあります。


ブロッコリー

*ブロッコリーと海老です。

メニューには青野菜をサッパリ炒めたモノもあり、野菜不足を解消できます。

 

張小姐2

服務員の張小姐です。

中国安徽省出身です。

趣味はカラオケです。

日本は大好きで、桜を見て、新幹線に乗り富士山に登り、東京ディズニーランド遊ぶのが夢です。

   

北京大学で学んだら是非一度は行って見たいレストランです。

料金は2人分で200人民(2,800円)ぐらいです。

 

店名:泰合院

住所:海淀区万泉河路街心花園

電話:010-62624558

あなたの、クリックでランクアップができます。   

↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

 

下次再見!


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年10月01日 04時03分40秒

老師と食べた火鍋

テーマ:短期留学中の食事


■無事預金がひき出せました。

9月20日、北京大学について2日目に中国銀行に行きました。

理由は以前お伝えしたように、中国銀行のキャッシュカードが磁気不良で使用できなくなったため、通帳で預金をひき出しに行きました。

 

中国銀行

*中国銀行は大学の小西門のそばにあります。

 

念のためと言って、老師(先生)が付いて来てくれました。

 

結局、預金の引き出しの手続きは全部老師がしてくれました。

手続きは非常に簡単でした。

預金通帳を窓口で係員に渡して、引き出したい金額を口頭で言うだけです。

その後、暗証番号をキーボードで押して、書類にサインするだけで終了です。


■中国の銀行で注意すること

ただ、中国では預金通帳で引き出すときは、口座を開設した銀行以外ではできないので、注意が必要です。

 

キャッシュカードはおなじ銀行と提携銀行のATMやCDでひきだし可能なので便利です。

 

しかし、昨年12月に上海の中国銀行で、カードでひき出した時は、手数料10人民元(140円)を徴収されました。

同じ銀行間でも手数料が徴収されました。

 

カードを使い慣れるために100人民元(1,400円)を引き出したので、手数料は10%かかってしまいました。

本当に高い授業料でした。


■暑い時期の鍋料理

その後、隣にある『阳坊大都涮羊肉yáng fáng dà dōu shuàn yáng ròu』という火锅(huǒ guō フォァ グォァ=鍋もの)店に老師と一緒にはいりました。

陽坊大都

 

鸳鸯火锅yuān yāng huǒ guō ユゥエン ヤン フォァ グォァ』という、普通のダシと唐辛子が浮いている辛いダシの2種類が一緒になった鍋を注文しました。
双火鍋

*中央が仕切りで分かれています。

左が普通のダシ、右は唐辛子が浮かんだ辛口ダシです。

鍋のとなりにあるのは、羊肉です。

 

鸳鸯yuān yāng ユゥエン ヤンは日本語に約すと『おしどり』で、仲良く、どちらが欠けてもまずいという意味です。

 

まだ、日中の最高気温が26~7度あり、鍋には少し早かったのですが、羊肉と牛肉と粉丝(fěn sī フェン スゥ 春雨)他、白菜、春菊を注文しました。

羊鍋

*写真の肉は牛肉です。手前にあるのが粉丝という『中国版春雨』です。


粉丝(fěn sī フェン スゥ 春雨)は日本と違い幅が広いのが特長です。

以前、上海で食べたときこれと違い鉛筆に似ていた記憶があります。

なお、野菜は最後に食べるそうです。

 

やはり鍋には早い季節で、辛いダシに大汗をかきながら食べ終わりました。

値段は2人前で70人民元(980円)くらいでした。


あなたの、クリックでランクアップができます。

↓↓↓↓↓

人気blogランキングへ

下次再見!




いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005年05月23日 18時34分24秒

北京人は果物好き!

テーマ:短期留学中の食事

中国語ジャーナル6月号の今月の話題に

北京人均年消費水果一百公斤

という記事がありました。

「北京市民一人当たり果物の年間消費量は100キロ」だそうです。

ちなみに農林水産省「食料需給表」によると平成15年度日本人の年平均果物消費量は39.8キロで、年々減少しています。

理由はケーキや菓子を食べるようになったからだそうです。

 

北京市の統計と日本全体の統計を比較すること自体少し無理がありますが、北京の人は果物が大好きなようです。

実際、北京市では果物の露天商良く見かけます。また、「果物店」も多くあります。

 

 果物露天

 *ホテルの近くに店を出していました。

  顔見知りになりました。

    

 北京滞在中は、北京の人は果物が好きなのだと思っていた矢先、上のような記事が有りなるほどと感心しました。日本人全体の2.5倍くらい果物を食べているということも納得できました。

 


 北京大学構内 や付近をブラブラ歩いているときにリンゴ、柑橘系、バナナ、キューイフルーツや春先にはイチゴなど豊富な店頭の果物を見るだけでホット一息つくことが出来ました。

 

果物店や露天で購入するときは、好きなもの必要な個数だけ選び、秤で計ります。日本のように1個いくらという販売方法は少なかったです。

  

リンゴ、みかん(冬場)、バナナ、キューイフルーツを2・3日分買っても15人民元(195円)はしませんでした。

 

  果物

  *価格を書いたメモを見ると12人民元(156円)でした。

   朝食も果物で済ます日もありました。

  

日本人留学生にとって果物は本当に安く・美味しいデザートでした

人気ランキングに参加しました。

クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ 

人気blogランキングへ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年05月14日 00時00分17秒

短期留学中の食事です(2)

テーマ:短期留学中の食事

夕食は「老家肉餅」とか、たまにホテル近くのタイ料理レストラン「泰合院」 を利用していました。

 

北京大学構内では「農園食堂」が座席数がおおく、広々としていて落ち着いて食事が出来ました。

また、トマトなど生野菜がありお勧めの食堂です。

 

     農園食堂

    *農園食堂です。

  

一階がセルフ方式で、好きなものを選び精算できるので便利でした。

二階が対面式で、三階が中華レストランになっています。

  

 対面式は言葉が分からなくても、欲しい料理の前で

 

这个 チェィ グァ=これ」

  

と言って指差せば「OK」です。

 

それでも、初めて北京大学短期留学をしたときは、慣れるまでセルフ方式を利用していました。

農園食堂1

*青菜炒め、麻婆豆腐とつくねのスープです。

青野菜はなるべく食べていました。

   

  農園食堂3

*豚肉と豆腐煮です。

緑色はニンニクの芽です。

スープの中身は海苔でした。

 

どちらも7人民元(91円)くらいです。値段は皿の色で分かれています。

  

北大マーク

*農園食堂のご飯です。

 「北大」は北京大学のオフィシャルマークです。

 器にもこだわりがありました。

 

 

北大夜市

*夜店街です

 

小西門を右に曲がり2分くらいで、北京大学の夜の賑やかなスポットに着きます。

串焼き、麺、日本で言う「お好み焼き」などの屋台が路上を占めます。

また、この一角に「成都(チャン ドゥ)」という中華のチェーン店もあり、何故か「ビール」も販売していました

「ビール」がメニューにあるのは、学生食堂ではここだけかと思います。

  

韓国料理店も一軒あります。いつも混んでいました。


学生食堂の他に、いわゆる「中華レストラン」も何店かあります。

大学構内ではこと「食」に関しては種類・価格とも何の心配もありません。

  

 逆に「今日は何にしようか?」と迷うぐらいです

 

 ただし、日本料理店はありません

 あと「ステーキ店」もないと思いました。

  

 ハンバーガー」と「フライドチキン」の店はありました

   
 まだ、まだ「羊肉の鍋料理」とかホテル近くの自称「日本料理店」とか、ご紹介したい写真があったのですが、またの機会にいたします。

   

 少しでも参考になっていただければ幸いです。

  

  明日再見!

 

人気ランキングに参加しました。

クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ 

人気blogランキングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月13日 16時53分41秒

短期留学中の食事です(1)

テーマ:短期留学中の食事

北京大学に短期留学していたときの食事の紹介です。

いままで何回かご紹介しましたが、今回は2回にまとめました。


北京大学には学生3万人(老師談)のほとんどが大学構内か周辺の宿舎に住んでいます。

そのため、大学構内には食堂、喫茶店、書店、スーパーマーケット、銀行、郵便局、理・美容店など日常生活に必要な店舗はすべて揃っています。

メインST

  

*小西門から入ると5分位のところにある、メインストリートです。

 郵便局、銀行、スーパーがあります。

 週末になると露天商も出店します。

 

 

特に学生食堂は大きなものだけでも、

学一から学五(三はありません)食堂、

農園食堂、勺園食堂と6つあります。

 

その他、韓国料理店、ファーストフード店、薬膳の店、イスラム教系の食堂など数々の食堂があります。

 

料金は共通プリペイドカードで支払える方式がほとんどです。

それ以外はチケットを購入したり、現金の支払いになります。

なお、プリペイドカードは当月の25日までに使い切らないと無効になります

 

プリペード

*プリペイドカード50人民元分

 

 朝食は先日紹介した、「老家肉餅」や西門の対面にある「蔚秀園食堂 」とかホテルのならびにある「軽食堂」を利用していました。

メニューは「小龍包」、「お粥」、「ワンタン」などでした。

 

朝食2

 

*ホテル近くの軽食店の朝食メニュー

 小龍包3人民元、ワンタン1人民元でした。

 香酢(黒酢)はたっぷりつけました


昼食は、授業を受けていた国際関係学院の前に「勺園食堂 」があります。

料理の味が濃いのですが、近いので良く利用していました。

特に風の強い日には徒歩2分で便利でした。

 

 勺園1

 

*勺園食堂のメニューです。

 珍しく焼きたてのパンがありました。

 青野菜は欠かせません。

 小海老と野菜のシチュー風です。


勺園3


*同じく勺園のメニューです。

 生野菜はトマトが一番多かったです。

 麻婆茄子と、もやし炒めです。

 右後ろは「花巻ル」で、アンマンの皮だけのようなものです。

 値段はいずれも10人民元(130円)以内です。

 

その他、「勺園食堂」には韓国料理店があり、焼肉、ビビンバなどが楽しめます。

 

 ビビンバ

 

*韓国料理店の石焼ビビンバです。

 25人民元(325円)でキムチ、カクテキ、スープが付いています。

  

味は第四(燕南)食堂が一番美味しいと思いますが、座席数が少なく早く行かないと席が取れません。

 

燕南メニュー1

 

*燕南食堂のメニューです。

 コールスロー、青菜と豚肉炒めと肉団子です。

 値段は同じく10人民元(130円)以内です。

 

燕南風景

 

燕南食堂の昼食時です。

 人気があり席が少ないので、すぐ満席になります。

 立ったまま食事をしている人もいます

 

 

 

 



人気ランキングに参加しました。

クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ 

人気blogランキングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月11日 19時33分27秒

強い味方のラーメンチェーン!

テーマ:短期留学中の食事

 今年春の北京大学短期留学 は、西門まで徒歩7分の

 

北京郵電会議中心

 

というビジネスホテルに宿泊していました。

 

     郵電会議中心

北京郵電会議中心南楼に宿泊していました。

  その他に北楼とスポーツ施設があります。      

 

 ちなみに授業で作文のとき、

 

自分の宿舎

 

といったら、ベッドメイクがあるから

 

宿舎(スゥ シォ)ではなく、

 

そこは飯店(ファン ディエン=ホテル)だと

 

老師にいわれました

 

 また、以前レストラン

 

飯店(ファン ディエン)」といったら、

 

レストランは西餐(シィ ツァン)だと

 

NOVAの授業で教わりました。

 

 話がわき道にそれましたが、ホテルから一番近い学生食堂でも、西門から10分位は歩くので、夕食は大概ホテル近くで済ましていました。

 

 昼食にたっぷり中華料理を食べるので、夜はあっさり済ますという日が結構ありました。

 

 そんなときに、通ったのが「老家肉餅(ラオ ジャ ロゥ ビン)」というラーメンと鍋料理のチェーン店でした。

             ↓

   

             老家

 

 おすすめの「老家餛飩(フン ドゥン=ワンタン)写真左」と「老家素麺(スゥ ミィエン=そば)写真右」は比較的サッパリ味でした。

 

  餛飩  老家素面

  

 ワンタンは日本の味に近く、おそばのほうはラーメンスープに日本そばが入っている様な感じでしたが、2度目には慣れました。

これに「肉まん」か「小龍包」をつければ、立派な夕食になります。

値段はワンタン、そばとも4人民元(52円)でした。

 

これでは足りないビタミンCは、リンゴや果物で補っていました。

 

 下次再見!




人気ランキングに参加しました。

クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ 

人気blogランキングへ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年04月23日 12時17分21秒

あなたも食べてみませんか、北京大学付近にあるタイ料理レストランのカレー!

テーマ:短期留学中の食事

泰式カレー

タイ料理レストラン「泰合院」

(タイ フゥ ユァン)の泰式カレー(辛口)です。

 

毎日、中華料理を食べているとカレーライスが食べたくなるものです。

日本の壱番カレーの様なチェーン店は北京大学の周りにはありませんでした。

 

その代わり、北京の郊外にしてはオシャレなタイ料理の店がありました。

泰合院門

メニューはカレー、炒飯、越南春巻き、焼き鶏、青菜炒めなどバラエティ豊かです。

服務員(フゥ ウゥ ユァン=サービス担当)もきびきびしていて、感じの良い店です。

日本人留学生とのお別れ会も、2度ここでやりました。

北京らしくない店の雰囲気のせいもあり、閉店時間近くまで、話をしたり、記念写真を撮ったりしていました。

中関村付近に滞在されて、中華料理に少し飽きた方にお勧めします。

店名:泰合院

住所:海淀区万泉河路街心花園

電話:010-62624558

値段は、贅沢しなければ1人100人民元(1300円)くらいで済みます。

 

服務員の肩からかけたポシェットがかわいくとても印象的です。

張小姐

張小姐 です。

タイ料理レストラン「泰合院」の服務員

(フゥ ウゥ ユァン=サービス担当)です。

安徽省の出身です。

趣味はカラオケです。

歌わせたら相当上手そうです。

下次再見!

 

人気ランキングに参加しました。

クリックをお願いします。

↓↓↓↓↓↓ 

人気blogランキングへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月18日 06時35分17秒

毎日お世話になっています!

テーマ:短期留学中の食事

*4L入りのミネラルウォーターです。

北京の生活に欠かせぬものが
ミネラルウォーター
です。

 北京の空気は本当に乾いています。

洗濯物はすぐ乾きます、ホテルの中だからではありません。

同じことを上海ですると、洗濯物は乾いていないことのほうが多いです。

当然のども渇きます。

でも、水道の水は硬水なので飲めません。

だから一回も生水を飲んでいません。
飲んでいるのはミネラルウォーターかお茶、コーヒーです。

授業中でもミネラルウォーターやお茶を飲みながら学習をします。

足裏マッサージをしてもらったあとも、宿舎に帰ったら沢山水を飲めといわれました。何故と聞くのは忘れました。次に行ったとき理由を聞いておきます。

とにかく、ミネラルウォーターのない生活はここ北京では考えられません。

一日ペットボトル(約550ml)で3~4本くらいは飲んでしまいます。

 最初は550mlサイズを購入していましたが、次第に大型サイズを購入して中身を詰め替えるようしました。

写真の商品は、一昨日宿舎近くの「北大超市発超市」というスーパーで購入しました。

値段は6.2人民元(約81円)です。

水の産地は浙江省(州都=杭州)の千島湖です。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。