世にも美しいガンの治し方

ガンを溶かす ムラキテルミの 1日1食断食生活
― 好きなものを、好きなだけ ―

2009年5月、肝臓ガンで6ヶ所の大病院から余命3ヶ月を宣告。
2009年8月、ドクター石原メソッドをスタート。
2010年10月に完治!ガンを溶かす!。
2012年ガン・サバイバーとして、今もつづく1日1食・断食生活。
たくさんの美しい奇跡が起こりますように。
ムラキテルミからのメッセージは >>こちらです


ムラキテルミ本
最新刊

1日1食奇跡のレシピ







木村 秋則

地球に生きるあなたの使命







 エル・シャン スタッフ

 A子のブログ
NEW !
テーマ:
{5FBE4DE3-B8C6-4F53-83D0-CCBCCD709EB8}


京都と熱海、
離れて暮らす母と叔母。


「チーム・いばや&ゼロ」
の、
ホッシー君とトオル君が、
今週、
熱海で、
2人の世話焼きをして下さいました。


自宅では、
お布団を、
干したり、夏仕様に入れ替えたり、


部屋の隅々、
お仏壇まで、
お掃除して下さいました。


毎日、
散歩にも連れ出して。


アカオのローズガーデンにまで!


母からは、
毎日、
興奮して電話が入りました。


「ホッシー君とトオル君と、
とっても仲良しなの!」


「手をつないで、歩いてるの」


「私たち、幸せ〜なの!」


ローズガーデンでの、
この笑顔!!
幸せなの〜私たち!が、
にじみ出ています。


母は、
別れる時、
毎日、泣いてしまった、とか。


最終日には、
ホッシー君とトオル君も、
泣けた、とか。


世話焼きが、大変だったから?
そうではなく、
自然と、
泣けてしまったそうです。


私なんて、
熱海で、
2人に見送られても、
ケロリっです、、、


孫でもなく、
友だちでもなく、
家族を越えた関係?


誰だって、かまわれたいし、
誰だって、優しくされたい。
ココにいる!って認められたい。
みんな、淋しさを抱えています。


家族って?
考えさせられてしまいます。


「チーム いばや」は、
横浜・菊名に、
1軒家を借りて、
「ごちゃ混ぜ家族」
の本格的な準備に入りました。


連れ合いを亡くし、
20年間、、、
誰かのために、
食事を作ったことのない、
おばあちゃん、


と、


手作り料理を、
ずっと食べていない若者たち。


が、


出会う場となるようです。


こんな温かい企画が、
実現するなんて、、、


この話しを聞いて、
さすがに、泣けました。。。










いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
{AD099DB0-1034-4FF8-A84F-6371A4E7B6FC}


自宅マンション内で転倒し、
左足甲の剥離骨折に、
中足骨2本骨折。
1ヶ月が経ちました。


ギブスが、3週間。
ギブスを外して、10日目。


ほぼ日常生活に支障ないまで、
歩け、動けます。


{EA6930BA-F960-461B-B5D7-EA9BC4ED5B5C}


今日から、
2匹を連れて、
京都御苑の森を散歩出来ています。
木の根が張り、足元が悪いので、
敬遠し、
鴨川河川敷を散歩していました。


2匹を、
お風呂にも〜
1ヶ月ぶりに入れてあげられました。


快癒。。。まで、あと1歩。
動けていますが、痛い。


動いて、
→痛み、
→腫れて、
→熱が出て、


足を投げ出して、
→熱が下がり、
→腫れが引き、
→痛みが和らぐ、、、


を、
毎日、繰り返しています。


先・金曜日は、
38度の発熱とめまいで、
ダウンしましたが、
1日で復活しています。


今日も、
イヌの散歩2時間。
イヌたちのお風呂。
テラスに紫陽花10株を植え、
清荒神様の加持法要に参加し、
三条まで回転寿司を食べに行き。。。


帰宅したらフラフラで、
足が腫れて痛み、


足を投げ出して、
横になりましたら、
寝てしまい、
37度5分発熱して、
今、
頭がボーッとなっています。


確実に、
足は完治に向かっています。
動き方も違いますし、
歩けているスピードも違います。


痛みをかばわず、
動いて、
腫らして、
発熱させて、
血液を患部に集めて、治す。


あと、ひと息です!



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{4F62BD7A-332F-437F-95E7-0EA451C3FBE0}


昨年秋に、
和久傳のプライベート田んぼの、
稲刈りに参加しました。


秋晴れの中、
初・稲刈り体験〜楽しかった〜


今日は、田植え!


お誘い頂き、参加希望したものの、
まさかの骨折、、、
まだ、
しゃがめず、
欠席連絡をしましたら、


会食のみの出席に!


和久傳「イセヒカリの会」メンバーに、
稲刈り体験者として、
混ぜて下さいました。


13人の会員に、
お料理人が7人つきっきり。


稲刈りしたイセヒカリを仕込んだ、
お酒も飲み放題。


とっても美味しい〜と、


同じ田んぼのお米の、
お酒とごはんを、
口にする機会って、ないね〜と、


皆様、上機嫌です。


お料理も、
唸ってしまう品々です。


{FAC7881F-0BC4-447F-A4C4-C2A756B790BC}


釜炊きイセヒカリを、
特別に、
おにぎりにして下さいました。


{0B4A1988-CFCD-4CE3-915F-D7E31C7C9E8E}


ピカピカごはんが、
真っ黒な和紙みたいな海苔に巻かれ、
外は、キュッと握れていて、
中は、ふんわり崩れそうで、
何より、熱々で。。。


{BF523D22-E8C1-4BF6-8D4C-8ED2B48A7A8F}


涙が、ジワ〜〜ッ ポロポロポロ〜〜〜


「おむすびの祈り」
青森 弘前に、
佐藤初女さんを訪ね、
おむすびを食べた経験があります。


円卓を囲み、
おむすびを食べて、
泣いてる人たちを見て、
ドン引きしました。


今夜は、
自分の涙が制御不能で、
驚きました。


何かに触れました。
何だろう?


和久傳のプライベート田んぼは、
京都丹後にあります。


豊受大神様が降りられた地で、
日本で稲作がスタートした土地。


豊受大神様が、
丹精込めて育ててた、
丹後のお米を、
伊勢神宮の天照大神様に奉納され、


その美味しいお米に、
感激された天照大神様が、


日本の食べ物の神様として、
豊受大神さまにを、
伊勢外宮に迎えられた。


豊受大神様、
男性神とばかり思っていましたら、
女神様だそうです。


瑞穂の国・日本のルーツ。
稲作文化が、日本の原点。


大切な忘れてはいけない、
何かを思い出した感覚でした。


稲を育て、
お米を食べて、
生命を繋いできた日本人。


パスタやパンに、
主食の座を奪われていますが、
お米回帰が、
日本の原点回帰では?


聞いたこともなかった病気が蔓延し、
大量の薬を消費し続けて、


見たこともなかった皮膚病で、
ホルモン療法なる性差抵触する治療が出現し、
副作用に悩まされ、


どうしちゃったんだカタカナ精神疾患に自殺者、、、


お米離れ、関係ありそうです。


小麦では、
満腹感も、満足感も、
エネルギーの充足感も、
得られず、
つい食べ過ぎてしまう。


ごはんを炊いた日は、
少ないおかずで、
満腹、満足、充足します。


食べるもので、
私たちは作られています。


熱いごはんを、
手を真っ赤にして、
笑顔で握って下さった、
和久傳のお料理人、
そして、おにぎりに、
感謝をします。





いいね!した人  |  リブログ(0)