メロメロパーク

「GANTZlabo_nexststory blog」は「GANTZ」のファンサイト「GANTZ labo」 のコンテンツです。
コメントなどは「GANTZ labo」 のBBSにどうぞ。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Sat, September 27, 2008

cxcx

テーマ:ブログ
「げげぇ~」。
お互いにそう言い合った。同じタイプのバッシュを履いていたから。
寛一と美也はペアルックという発想ができないタイプの人間で、“ペアルック人間”と見なされるのがイヤだった。

以前、貫一と美也の間で以下のような会話があった。

「ペアルックってさ。最悪だよね」
「だよな!」
「なんかさ~、第三者がいると急に仲良くなる末期なカップってあんじゃん」
「あるある。俺と女房もそうだよ」
「えー、そうだったの?かわいそお~、、、」
「どっちが?」
「両方。。 んでね、ペアルック人間みると、そういう末期カップルだって思うんだよね。よくわかんないケド」

だから、お互いのアシックスファブレゲルスパークを見た瞬間、「げげぇ~」ってわけだった。たとえ色違いでも。

ところで寛一は妻子持ちで、美也は最近、意中の人に出会って結婚することになった。だから二人で会うのは今日で最後と決めていた。
「しっかし、なんであんた、アシックスなんて持っていたの?」
「体育館で履いてたんだけど古くなったんで下に下ろしたんだよ」
「かぁ~、、、運、悪~。」美也は、ジョッキをごくごくと飲み干す。
「で、どうなのさ、彼は?」と寛一は聞いた。
「すごくまじめでやさしいひと」さらりと美也は答え、「あんたと違ってね」と言い添えた。
「ばーかやろ」寛一は応じる。

結婚を控えた女に対する質問を寛一は並べてみた。それぞれ、
「螺子製造業」「グアム」「江古田」「長男」、、といった答えが返ってくる。
「そっか、しあわせっぽいね」と寛一は言うと、美也の左手の薬指に目を落とした。そこには真新しい銀色の指輪があった。
「もうすぐ、そこもペアルックだね」と寛一は言ってやる。
美也は寛一の視線の先をたどった。
「指輪?」
「そう。指輪もペアルックだろ? 美也の嫌いな」
「いいのよ、指輪は」と美也は左右の指を並べながら言う。
「なんで?」
「しょうがないから」と美也は言う。
その意味があまり深いニュアンスを漂わせない間で、美也は「あはは」と笑ってみせる。「飲もッ!」

飲み屋を出ると二人とも足許が危うかった。しんみりしない最後の飲み会。
「もお~、恥ずかしいからこっち寄ってこないでよ。ペアルックが歩いてるって後ろ指さされるでしょ~が」
「おまえこそあっち行け~」
「靴脱げ」「お前が脱げ」と言い合ううちに、顔寄せ合い、軽めの接吻を五秒間。
「アシックス、脱ぐとこ、行こうか?」寛一が美也にささやく。
「バカ」、と言いつつ美也は寛一に見えぬ角度で指輪を外した。











「キレイな、サヨナラは、いっせいのせ だと思うんだよ。」
と、寛一は天井を見上げて言う。呪文のように繰り返してきた言葉だ。
「お互いの気持ちがバランスよ~く、吹き上がらない程度に、テキトーにあった状態で、いっせいのせ だったっけ?」
「テキトーじゃ、可哀想だよ。せめて、まったり、とか言ってくれよ」
寛一は静かに手枕を外す。寛一は時計を見、シャツに腕を通した。
「もったいないね」美也はピアスをしながら、独り言のように言った。
「うん、もったいない。まだまだ進行中なのにさ。」
「贅沢者だよね」
「でもたくさん、使った」
「もったいねえな」
「もったいない」
二人は、互いの顔を見ないで靴紐を結んだ。

出ると、駅まで約12分。走って5分。何度も通った道。
私鉄に乗る寛一は、ここでサヨナラだ。
「じゃ」
握っていた手を、一瞬、同時に強く握り、同時に手を離した。ぬくもりは刹那残ってすぐ消える。
「あんたのmixiにさ、あったよね。『恋を失い、愛を得た。この暖かさは生涯失わないように思えた。』だったっけ?」
「ん?? 忘れた」
貫一はすぐウソをつく。ウソつきの忘れんぼうだ。
「あははは。じゃね」
「じゃ」




「ただいま」
寛一が家に帰ると、女房があくびしながら出てきた。
「おかえり」
寛一が、台所でガラスコップに水を注いでいると、「なあにこれ?」玄関の方で女房の声がする。
寛一は顔だけのぞかせる。女房はアシックスの靴底を見せる。
「バカ」とソコに書かれていた。
寛一は、「ははは」と笑った。言外に美也の意図を知ったからだ。
女房は「ルージュじゃないの。これ?」と険しい顔。
寛一は、「捨てちゃえ、そんなの。」と笑いを止めずに言った。寛一も美也もホントにペアルックが嫌いなのだ。寛一は、美也が、ペアルック指輪を捨てるところを想像してニマニマしてみたが、「思い出し笑い?」と女房ににらまれ、笑うのを止した。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Sat, September 27, 2008

ddd

テーマ:ブログ
ココで待ち合わせ、出口でキスして、頓チン食べたいなと余所見しながら、ココでキスして、ココに入って、アメフラシたら、交番の前を走り抜けて、オヤスミのキス
このサイクルを数年間繰り返してきたが、一度も生理日にあたらない不思議にさっき気がついた。確率的に不自然。。。うん、なるほど。君は僕とセックスするために会っているのか、と。僕の身体だけが目当てだったのね、シクシク。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Thu, December 01, 2005

「221非日常」

テーマ:ブログ
今週号の話…0220「いちばん」
【とびら:】最凶の中坊、西くん帰還!
「な・・・んだ?
西の視線の先、玄野。
そして、師匠、櫻井。
「ハァ?」
そいで玄野。「玄野・・・・」
加藤、レイカ。
「玄野・・・これ・・・・」
状況把握していない西の樣子に、玄野、「あの な」と説明し始めるが西、速やかに把握。
「あ・・・・」「ちッ まじかよ」と眉間に皺、「俺  死んじまッたのか・・・」
玄野は「ああ もう半年以上たってるよ」
西、「ああッ だっせぇっ ちくしょうッ」「ああ ちくしょうッ ダッセェ くっそ」と悔しがる。
「で 誰? 俺 再生したの?」
玄野何も言わず、風を示唆。
西、風を一瞥するが風に對して何の感想もなく。
「氣味惡いな」「なんか魂膽があんだろ」「なぁ 玄野」。
玄野答える。「今、 おまえがいたときから 状況が變わってきてるんだ」「星人も 俺達も 街の人間に見えるようになってきてるし時間制限もなくなった」
「これからどーなッてくか わからなくなってきてる」「どんどん法則が變わっていってる」「この中の誰も そのことにつひて 説明できないんだ」
西、「なるほどね納得」不敵な笑い。「しっかし情けねーな 半年以上も前に死んだ俺に アドバイス求めんのかよ」
櫻井、「ムッ」 レイカ、「カチンッ」
「!?」西、部屋の片隅に居た和泉に氣がつく、「和泉 和泉なんで戻ってんだよ」
しかし和泉無言。
「なんだおい・・・記憶無くしてんのか?」
「知らねーッつの」と和泉、答える。
「ちっ」

ホイホイの得點 0てん あそびすぎ なつきすぎ
タケシ 0てん おうえんしすぎ 泣きすぎ
イナバ 10てん だいジョブ!!百人のれる(笑)
イナバ、(情けねェ 子どもとパンダとあんまかわんねえ」
そして玄野の採點。
くろの 135てん。
100點めにゅ~ が出る。
おっちゃんがささやく、「玄野君 1番」
レイカ、つらそうに、「玄野クン 1番 選んで・・・」
「でも 俺だけッて・・・」ためらう玄野。
師匠、「玄野!!1番だ 1番!!」櫻井、「おつかれさまッスよ玄野さん」、「玄野君1番」「玄野君」メンバーたちの暖かな聲が部屋に廣がる。
玄野その聲にほだされたのか、涙。
そして「い・・・ち・・・ば・・・ん・・・」とつぶやくのでありました。
12/15発売号まで休載。
【あおり:玄野、ついに解放・・・! 物語は再び動き始める!】

今回のポイントとか
●西のキャラ、健在。
●西、和泉を知る。和泉、西を知らず。本当か?
●多分、本当だろう。そうしなければ西を復活させた意味がなくなる。
●西は、GANTZの謎を知るものとしての役割があるのだろう。
HEN MANIA のGANTZ掲示板にて今後の連載に関して、作者のメッセージが掲載されています。

次回の予想→「221 」
暫し待たれ

以後の予想
暫し待たれ
GANTZ labo

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
Thu, November 24, 2005

「220 復活の条件」

テーマ:_
今週号の話…0219「3人目の生還者」
【とびら:】君は今日も この世界に居残りなんだね
「誰か・・・他に・・・生き返らせたい奴がいるか?」と訊ねる風。
「自由になんないのか?まだここに居たいのか?」
風、無言。タケシを一瞥。ほとんど、他のメンバーが気づかないタイミングで。
タケシ、無表情のまま風を見ている。風のココロ、タケシ知らず。
「ああ、俺はまだ ここにいる」
和泉が問う、「じゃあ新しい武器を選択すればいいだろう」
風、それには答えず、「玄野 、誰か生き返らせていいぞ 選んでくれ」
「!?」玄野もまた、風のココロ分からず。
「なんで・・・」と桜井も疑問。
師匠、「戦いが好きなんだろ・・・」と答えている。
つまり誰も、風の心を理解しない。

「3番」呟くように風がいう。
「玄野、誰か選んでくれ」
「いいのか?」
「ああ・・・」
玄野、静かに考える。
岸本のビジョンが二ページに渡り、四コマ。
帰る場所がなくて玄野のアパートの扉の前で待つ岸本。
その横顔のアップ
素肌に学ランを羽織った岸本。
GANTZスーツを着用した岸本。
次の二ページには、ララねえさん=桜ヶ丘聖が三コマ。
玄野に胸キュンした、聖。
セックス中の聖のワンショット
「ねえわたしたち付き合わない?」といっている仏像ミッション中の聖嬢。
いずれも玄野の視点で描かれており、玄野の記憶の断片であることが分かる。

苦悩する玄野、出てきた言葉は、「き・・・・・・・」
しかしその言葉は飲み込まれる。
玄野、加藤を振り返るようにして、汗まで流して、悩んでいる。眉間に皺。
そして、肩の力を抜いたような玄野、「決めたよ・・・」「じゃあ」
次の一コマ、GANTZ部屋を屋外から見たのショット。(初) 「ケイちゃん!?」戸惑う加藤の声。「いいんだ」と玄野の声。「なんで・・・!?」多分、加藤のセリフ。
ローディングしているGANTZ。ジジジジ。
頭露出。
目、露出。眉間にしわ寄せたその顔は、西。
【あおり:この小憎たらしい目つきといえば・・・!?】

今回のポイントとか
●玄野が岸本を選択しなかった理由は、加藤の存在ゆえ。加藤への嫉妬心が晴れない玄野、そう簡単に人の心は割り切れぬもの。
●玄野が聖を選択しなかった理由は、、、名前を知らなかったため。。。というのはまあ、ウソ。加藤は聖と玄野が「つきあう」ということを知っている。その加藤に、多恵の存在を知られることがイヤだったんだろう。他人から見たら「とりあえず多恵」と見られてしまうだろうから。多恵ちゃん、ごめん。
●だからといって西。西はカタストロフィを理解しており、西よ、HPの続きを書け。という心境なのだろう。まぁ、戦力にもなるし。
●玄野の言いかけた、「き」。おそらく、岸本。

次回の予想→「220 復活の条件」
西の時間は、田中星人の口が自分に向けて開かれた瞬間で止まっており。その第一声は、「ぎゃ」。
他メンバーは、シーン。
玄野は、読者向けに西の最期を想起しており、川の中、「助けろ」命令しつつ逃げ惑う西の姿。「ママ、ママ」と痛がる西の姿。族を射殺した西の顔など。
西は、「ぎゃ」と言ったあと、GANTZ部屋に気づき、皆と対峙。
メンバーが違う、ことに気がついた西。加藤、玄野の姿を認める。
「他のメンバーは?」
「・・・死んだ」と答える玄野。
西は、GANTZ画面の自分の得点・・・0点に気がつく。
「?」、「・・・俺は、死んで、生き返ったのか?」
「・・・そうだ」
西、礼も言わず、「ちッ、また0点からかよ」と毒づく。
「おい、お前、言うことねえのか」と桜井が。
「この人の好意で生き返ったんだぞ」と桜井は風を指差す。風、無言。
「・・・・が。」と西は小声で。
「はぁ? なんだと?」桜井、マジ切れ寸前。
「偽善者だと言ってるんだ」「何かワケがあって俺を復活させたんだろ?」
桜井、殴りかからんとする勢いだが、玄野が静止。
「そうだ。その通りだ。聞きたいことがある」、と。
「ほらな。」と西。桜井、ギリギリギリギリ。
西、玄野、向き合う。一瞬の間。
そしてGANTZは玄野の画面。
玄野、200点。
「玄野くん、自由に・・・・。」レイカ、期待するようなしないような、表情。
玄野、目をつぶり、沈思黙考。
「西・・・」
「カトストロフィって何だ?」
西、不敵な笑い。
「やっぱりソレか。」
他、メンバー、黙って聞いている。
「お前のホームページに書いてあった。」
和泉、やや反応。「!」
西、応じる。「お前、あれから何回ミッションをこなした?」「200点とってるんだから、気づいているハズだ。」「GANTZがやってることを」
他、メンバーの各ショット。
「ガチャリ」玄野がXガン構える。
「いい加減な返答は許さない」「お前を殺すも生かすも気にかけない」
西は、「マジかよ。」と汗。

以後の予想
カタストロフィは世界が破滅の方向に進むと玄野は予想している。破滅に進むならば多恵を守ることができない。カタストロフィを避ける方策があるのなら、この場に留まって強い武器を手に取り、闘うことを玄野は選択するだろう。それは世界のため、というよりも多恵と自分のため。
ところが西の思考は相変わらず自己中心だから、玄野というライバルがいたら自分にまわる点数が減るんじゃないかと考えており、玄野がこの場にとどまることを回避するようにするだろう。
だから西はウソをつく、「あれは俺のたわ言だ」と。しかし玄野もそれを信じるほど場数を踏んでいない。他メンバーも今回のミッションは何か異様だと気がついているから俄かに信じない。
GANTZの存在意義はカタストロフィの出現を演出することと、その収拾をつけること。少数派はやがて多数派になる。旧勢力は少数派になる。少数派はハンティングされる方になる。カタストロフィは繰り返される。
GANTZ labo

いいね!した人  |  リブログ(0)
Sun, November 20, 2005

219「A」

テーマ:_
今週号の話…0218「カムバック」
【とびら:】死して止まった時の中で果糖はその最期の瞬間を闘い続ける・・・!再生の光が降り注ぐまで
「キミは僕には勝てないよ」「それより仏像から聞きたいことがあるそうだ」といっているのはかつての闘いの一シーン。千手の言葉。コマ手前には捕獲銃が見えるから加藤の視点で描かれている=加藤の記憶であることが「とびら」とそのコマから読み取れる。
「キミたちはなんなんだ」「なぜ現地の生物なんだ 誰に頼まれた」「キミたちには何も迷惑かけてなかったのに」と千手のセリフが続く。「何言っても無視か」
見開きにて「それじゃバイバイだ」と先手のレーザーが ジョンッ と光る。
「はあッ ハアッ」加藤の息遣い。加藤の記憶だから加藤の顔は描写されない。
千手の攻撃、「ジョンッ」「逃げろ逃げろーバラバラになるぞォ」
逃げ惑う加藤。「ドキンッ」「ドキンッ」と加藤の心音。「はあはアッ」と重なりながら、フェイドアウト。
そしてフェイドイン。加藤の眼前にはGANTZ球と玄野、「す・・・げえ・・・」と。「はは・・・」玄野嬉し涙。
見開きにて加藤と玄野、再開の図。
「ケイちゃん」
「ケイチャン 千手は??」と加藤尋ねる。
加藤、GANTZ球の自分の点数を見る。「0てん」
そして部屋の人々にめをやり、「!?」
知らぬ顔ばかり。
「どうなッてるんだ・・・」
玄野説明「あの寺からもう何ヶ月もたってるんだ」
加藤困惑頭抱え「他のメンバーは? どーなッてんだ わかんねェ」
玄野説明「こいつは・・・(GANTZを指差しながら)100点をとれば死んだメンバーを生き返らせることができるんだ」
「俺 死んだのか?」と加藤呆然。「ケイちゃんが生き返らせてくれたのか?」
玄野説明「あ いや このおっちゃんが 自由になるのと引き換えに」と。
「なんで俺のため?」と加藤驚愕顔・
おっちゃん答える。「あ いや玄野クンの親友らしいから」
加藤さらに驚愕顔、だがすぐに神妙な顔つき、「外の世界では 俺は何ヶ月もいなくなっていたのか?」・・・加藤目を閉じ、やがてずずいっとオッちゃんの方に。
「俺は今から帰ることができる 生きている」「ありがとう」「ありがとうございます」と加藤涙を流しつつお礼の言葉。
おっちゃん、「や いいんだよ 一緒に これから 生き残ろうよ」
加藤礼儀正しく、「はい」「よろしくお願いいたします」と。
んで、GANTZ画面に、きんにくらいだー(仮)が映る。
115てん
それを見いる風。
玄野、「自由に?」「どうする」と訊ねる。
風、「誰か他に生き返らせたい奴がいるか?」と問いただす。
【あおり:退くことを許さないのは戦闘本能ゆえ!? 風の選択で再生される人物とは?】

今回のポイントとか
●加藤の記憶の終わりが描写されるとは思わなかった。よいね。人の死を再現した描写。誰もみたことのない、シーンが見られて、漫画を読んでいて、ホントによかった。かも。
●加藤、やや目がつぶらになった?
●加藤の誠実さが、目をつぶるシーンや、驚愕のシーンや、ありがとう、に表現されている。
●加藤の「ありがとうございます」。こんなキチンとお礼のできる若者に私はなりたい。

次回の予想→「219 A」
「誰か他に生き返らせたい奴がいるか?」と風の視線の先には、玄野がいる。
玄野は巨乳とララねえさんを思い浮かべる。
巨乳の最期、、加藤を庇って、、。のシーン、そして
ララねえさんが、「この闘いが終わったら付き合うんだからね」、のシーン、を回想。
加藤、馬鹿正直に玄野に進言。
「ケイちゃん、あの女性、はどうだろ、ほら、ケイちゃんとつきあうって言っていた・・・」
玄野、まことに複雑な顔をする。さっき生き返った多恵ちゃんのこと。岸本のこと、レイカのこと、多恵=玄野を知るほかのメンバーたちの手前。
そんなことに気づかない鈍感加藤はなおも続ける。
「できれば、その約束を果たしてもらいたいんだ、ケイちゃんには・・・。彼女、片足なくなったケイちゃんの傍らで死んでた」
突然、これまた空気を読まない稲葉の発言。まるで怒っているかのように。

「お、おんな・・・? やめろよ。戦力にならねえ」

おっちゃん、稲葉の発言に唖然。師匠がみなが思ったことを口にする。

「なに、言ってんだ、逃げ回ってた男が言うセリフか?」

師匠、続ける。
「かまわねえよ、色男! リーダーの好きにしなよ」
レイカのこれまた複雑なショット。
玄野、顔赤らめて、「ば、そんなんじゃ、」と。言いつつ、GANTZに指令、「死んだ人間のリストを出してくれ」
表示されるヒト、ヒト、ヒト。
加藤、その中の顔を見て、「はッ」と思いついたような顔。
「ケイ、ちゃん、 俺なんかが言うの変かもしれないけど・・・」「ミッションのあと、戻ってこなかった奴、。、暴走族の・・・」
族Aのショット。
しかし玄野は不審顔、「なんであいつを?」
そりゃそうだ玄野に銃をつきつけ、鳥のラスボスアパートへの侵入を強要した奴。
「ケイちゃん、コイツ、家族がいる。」「その・・・分かるんだ。」「コイツには待っている奥さんがいて、子どももいる。」
「なんでそんなこと・・・」玄野は訊ねる。
「・・・・分からない。急に頭に浮かんだんだ」
みんな「?」顔。おっちゃん、「メモリーどうし、ってことと何か関係が・・・??」
「そう、なのか、わからない。わかりません。」命の恩人に敬語で言い直す加藤。
「ただ、俺も、待っている人がいるから、コイツの無念を感じてたような、そんな気が・・・」
「・・・・・・・」ダマって話を聞いていた風、ようすを伺い、「こいつを頼む」とGANTZに勝手に指令。
NOW LOADING!

以後の予想
というわけで族Aを予想。最右翼は自然な流れで北条だろう。二番目は、GANTZの情報が欲しいから、西。女の増加はこれ以上話がややこしくなるからなし。なので族A。もっとも合コンで妻子を残して外出した族Aにどれだけ無念があるかは謎。作者は読者を裏切ることに専念しているから、
GANTZのHD中で生存していた加藤には、HDを行き交う電子信号を無意識に感じており、族Aのことも意識下にあったので、、ホントかよと思うけど。人情家、加藤の面目躍如。・・・はいいけど、お薦めしていた ララねえさんは放置され・・・
GANTZ labo

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。