依存症・中毒を考察する。

SEX依存症・パチンコ依存症・アルコール依存症・買い物依存症・ネトゲ依存症などなど、依存症(中毒)にも様々なものが存在する。そのメカニズムを知る事で解決の糸口は掴めないだろうか?と考える。


テーマ:

スマートフォンの急速な普及にともなう副作用が深刻だ。


スマートフォンは、毎日、手に持って通って所持することができるという点で、限られた場所でのみ利用が可能なコンピュータよりも依存症になる可能性が大きい。


社会的問題として台頭していたオンラインゲーム依存症、インターネット依存症がモバイルでそのまま移動して"スマートフォン依存症"に広がっているのだ。


、"無料のWi - Fiゾーン(Wi - Fi zone)の拡大に伴い、インターネットを消費するに節制力の強い大人でも依存症の危険性が高く、好奇心が多く、自分の節制が不足している若年層に拡大されると、スマートフォンの依存症問題はさらに深刻になってくる"と指摘した。


スマートフォン依存症の初期症状は、スマートフォンを手に少しでもなければ、まるで禁断症状を起こしたとうな不安と焦りを感じて、他の仕事に集中することができないことから始まる。


最近ではスマートフォンの依存症の懸念が現実化され、夫のスマートフォン依存症をアピールする"スマートフォン寡婦"、スマートフォンを長時間使用して、腰と首に無理が生じる"スマートフォンディスク"という言葉も登場した。

それだけ依存症性が強いことが深刻だ。


ツイッターやゲーム、インターネット検索などをしながら一試みスマートフォンを手で放さないことができないスマートフォン依存症は、インターネット依存症の一現象だが、接近性が良く依存症の危険がより大きい。


特にスマートフォンの淫乱写真、漫画だけでなく、ポルノ動画まであふれていてなおかつこのようなエッチのアプリケーション(アプリケーション)のほとんどは無料でダウンロードして接することができる。


さらに、昨年12月に米国フロリダ州では、2歳の赤ちゃんが室内プールにはまって、亡くなる直前、母親のローズがこの緊急事態をツイッターに上げて非難を買ったことがあった。


"スマートフォン依存症は、個人の日常業務に支障をきたすなど、バランスの取れた生活を妨げることがあるので、適切な牽制が必要だと見えるが、情報化振興院は、今のところ、スマートフォン依存症と関連する研究と統計の実行実績がない"とし、"既存のインターネット依存症が様々なメディア依存症の形に進化している傾向を反映して、スマートフォン依存症の企画調査を実施してみること"を勧めた。


我が国に比べて、スマートフォンの普及がさらに一般化している米国の場合、スマートフォン依存症問題への認識の必要性が早くから学界を中心に提起された。


米国のデジタル情報サイト"デジタルトゥレンジュ"は、"スマートフォン依存症の10チェックリストをインターネットに載せて大きな注目を集めたことがある。


<スマートフォン依存症の10の危険信号>


- トイレに行くときでさえ、スマートフォンを使用する。
- ポケットの中にスマートフォンがなければ、パニック状態に陥る。
- スマートフォンユーザーに会った時、スマートフォンの話ばかりする。
- スマートフォンが故障した場合、友人を失ったような感じがする。
- 充電したバッテリーが一日中持続するのが難しい。
- スマートフォンの料金100ドルを支払うために生活費を減らす。
- 全ての疑問をスマートフォンを使って調べる。
- 一日のすべてのスケジュールがスマートフォンに保存されている。
- スマートフォンのアプリが30以上インストールされていて、それをすべて使用する。
- スマートフォンのアクセサリーの購入にスマートフォンの価格よりも多くのお金を使う。


ゲームに着うた、デコメに出会い・お小遣い稼ぎにダイエット。無料で取りホーダイ総合サイトが大評判のようです



ランキング 応援クリックお願いしますm(_ _"m)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

功さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。