私たち人間は百人いれば百人すべてが、体質も、体格も、性格も違います。

従って、人真似ばかりでは結果が出ないことが多々あります。

そこで大切なことが「自分最適」を見つけること。

そして「工夫」をすることです。

例えば私はある食事療法(マクロビオティックに近いものです)をやっていました。

その療法では、フルーツは糖分が多く冷えるのでNGでしたが、私は毎朝10kmのランニングをしていたので、毎朝走ったあとに果物をとっていました。

食べていた果物はもちろん地でとれた季節の無農薬のものです。

その理由は、火照った身体を冷やすためと、代謝したエネルギー補給です。

とは言っても、最初の3ヶ月はルールを徹底していましたが、どうしても疲れが取れないし体が怠くなってきたりしました。

そして大量に汗もかくので喉が乾き水を飲むとお腹がぽちゃぽちゃ言うようになりました。

そこで色々調べてみると、フルーツはエネルギーと水分補給には良いし、消化吸収代謝する酵素をきちんと持っていることが分かったので、1週間くらい食べてみました。

その結果、体調がとても良くなり気力も充実してきたので、それ以後毎朝走ったあとに食べることにしました。

しかし理由はここでは書きませんが、食べた後は最低2時間は何も食べない、15時以降は食べないという自分のルールを作りました。

ここで理解して欲しいのは、私は食べたいから食べたのではなく、理由があったから食べたと言うことです。

フルーツを食べることが今の自分には最適だと判断したから食べたのです。

食事療法に限らすどんなことでもまず最初は「守」

守らなければいけません。

良いと言われることには必ずその理由があります。 

したがってまずはその理由を学び実践してみなければそれが自分に合っているかがわかりません

最低でも3ヶ月はやってみないと分からないと私は思います。

そしてやる前と後でどう変わっているかを感じてみるのです。

私はこまめにチェック表なるものを付けていました。



そして果物に関しては3ヶ月やった結果、ルールを「破」
破ったのです。

破ったと言っても、フルーツ以外は「守」っていましたよ!

食事療法を指導する人は「徹底しなければいけない」といいます。

その理由は、「自分最適」を「自己流」と履き違える人が多いからです。

「自分最適」と「自己流」の違いは、自分の身体の声を聞くか、心の声を聞くかの違いだと思います。

体が必要だと悲鳴を上げているのにそれを与えてあげなければ・・・・・

心が欲求から食べたいと悲鳴を上げていたときに、負けて食べてしまったら・・・・

結果はどちらも良い方向には向かわないことはわかると思います。

指導者は患者さん一人一人の性格や体質、毎日の生活を細かく見ることはできないので「自分最適」の指導はできないことを知っているから、「徹底しなければいけない」というのです。

従ってそれは間違ったことを言っているわけではありません。

患者の立場で言わせていただくと、自分の体や心を知っているのは自分しかいないのですから、どんな療法も指導者や治療家が主体ではなく、患者が主体でなければいけません。

それを出来なくしてしまっているのが「自己流」という患者のエゴなのです。

結論は患者が自分で責任をもって破る事が大切なのです。

話は少し前に戻りますが
「守る」上で必要なことが「工夫」です。

食事療法で言えば「美味しく食べる工夫」をすることです。

それは、調理法、味付け、盛りつけ、見た目、誰と食べるか、どうやって食べるか?などです。

食事療法ではそこまでは教えてくれません。

私は食事療法で欠落しているのが、この「美味しく食べる工夫をすること」だと思っています。

そして「自分最適」ができたらそれを徹底しなければいけません。

しかし、いつまも癌を治すために何かをしていることは囚われになってしまうと私は思います。

そこで出てくるのが「離れる」こと「離」です。

癌を治すためではなく、やりたいからやっている。
それが普通だと言えるようなることです。

これは心の問題です。

私は「癌から離れる」という表現をよく使いますが、私たちは癌を治すために生きているのではありません。

従って、目指さなければいけないことは「癌の呪縛から離れて生きること」ではないでしょうか

そのためには
「自分らしく生きること」が大切です。

私が常に目指しているのは「無為自然」

宇宙のあり方に任せて自然に生きることです。

一番の課題は「自我からの開放」ですが、これは永遠のテーマだと思います(笑)








依存から自立へ

テーマ:
一言で「依存」といいますが、様々なものがあります。

私もがんになる前は「アルコール依存、薬依存、仕事依存」と様々な依存がありました。

一番ひどかったのが、「アルコール依存」

仕事に行っている時以外は、ほとんど酒を飲んでいるといった日々を過ごしていました


今振り返ってみると、私のライフスタイルは依存で成り立っていたんですね。

ではどうして依存するのか?

その頃の自分で考えてみると
すべて、自分のことを考えたくないという、現状の自分からの逃避だったように思います。

それは自分らしく生きていないということの裏返しです。

潜在意識は自分らしく生きたい、しかし顕在意識がそれを否定する。

潜在意識と顕在意識の戦いが始まり、理性で作られている顕在意識が優勢になったとき、潜在意識が自分をごまかす為に他のものに依存をしてしまうのではないかと思います。

考えれば考えるほど依存が深まっていくのは、顕在意識がどんどん優位になっていくことが原因のような気がします。

そして、依存ができなくなることで、禁断症状や絶望感が出てきます。

これらは、潜在意識から出ていますので、顕在意識ではどうにもならないし、却って顕在意識で考えることで更に禁断症状や絶望感は大きくなってしまうのです。

絶望したとき、どんなに考えても希望が持てないのもこのためです。

私は手術をした後がその状態でした

術後22日間は口から食べ物も飲み物も入れることができなかったので、睡眠薬も酒も飲むことができませんので、寝ることができないのです。

眠たくなってウトウトしても1時間で目が覚めてしまうのです。

そしてまたウトウトして目覚めるを続けて朝に。

夜寝れないので日中寝ようとすると怖い夢を見るのです。

今どんな夢だったかは思い出せませんが、日中は寝るのが怖くて起きていようとしますが寝てしまい怖い夢を見る。

薬とアルコールの禁断症状で、こんな状態で自分はいったいどうなるのか?

身体もチューブだらけです。

依存できないと自分のことを考え、現状を受け入れなければいけなくなります。

目の前は真っ暗、絶望のどん底でした。

しかし私はそこから徐々に立ち直ってきました。

それは、考えることを止めて行動を始めたことがきっかけでした。

私は人工呼吸器に繋がれたとき、苦しみは考えないことで軽減することを身体で覚えました。

意識がある状態で丸一日以上人工呼吸器をつけている苦しみは尋常なものではありません。

苦しいは、涙が出るは・・・・・時間が長くて長くて。

しかし、ふと何も考えずにぼっとしているときだけ時間が過ぎているし、苦しみも軽減されていたのです

その経験から考えることを止めたとき、自然に何か行動をしようと思いました。

これはたぶん考えることを止めたことで顕在意識が弱まって、潜在意識が行動を促したのだと思います。

そして6月27日に手術した私は7月15日から病院内を歩き始めました。

また、口からは食べ物も水も入れることができなかったのですが、ただただ元気になりたいという思いだけで!

目標は1日1万歩。



身体にはチューブがついていますので、病棟内をクルクル回っていました。

すると、周りの人から「頑張ってるね」「元気だね」とか声をかけられるようになり、入ってくる刺激もお送りました。

その刺激が徐々に心を元気にして、その結果として体が元気にしてくれました。

私はこれが自立のきっかけでした。

何かに依存をしていても何も変わることはないどころか、どんどん状況は悪いほうに進んでいってしまうのです。

それにストップをかけるのは「考える事を止めて行動すること」です。

考えるのを止めたとき、何をしたくなるか?

私は今でも迷ったときや、頭がパニックになりかけたときは考えることを止めて行動も止めます。

そして最初に心が動いたことに行動を起こすようにすると、不思議なことにうまくいくのです。

自立とは自分の足で立つこと。

立つときに立てるかなぁとか、あれこれ考えませんよね。

それは立てると信じているから。

私は、自立とは自分を信じて考えずに行動を起こすことで始まり、それを継続することで完成するものだと思っています。

イメージは赤ちゃんが歩くとき。

自分は立って歩けると信じて、転んでも転んでも笑顔でトライすることで、新しい世界を手に入れます。

私たちもその過程を経て生きているのですから必ずできるはずです。

それが幸せを手に入れる一歩なのです。

今日は今週月曜日から始まった「めぐみの会 養生インストラクター養成講座」について書こうと思います。

 

また、今回の講座は遠方の方や予定が合わなかった方のためにDVDにします。

 

最後に紹介があるので、よろしければ養生を学んでみてくださいね。

 

 

みなさん養生ってどんなことだと思いますか?

 

「養生でガンを治す!」なんて思われる方も多いと思いますが、私は決してそうは思っていません。

 

そもそも私たちはなぜガンをはじめ様々な病になるのでしょうか?

 

その理由は身体の機能が衰えたり老化したりするからです。

 

機能というのは、免疫、消化吸収、排せつ、呼吸、循環等々。

 

そして、これらが一つでも機能しなくなった時が死・・・。

 

つまり、これらの機能は人が生きるうえで必要不可欠な生きる力なのです。

 

そして、これらの機能が使いすぎによって疲弊し、逆に使わないことで衰えてしまうことで、血流が悪くなり、体温が下がり、酸欠状態になって病になり、最終的にはガンになって・・・

 

さらにガン治療となると、手術、放射線、抗がん剤、そしてストレスにより、さらにこれらの機能は落ちていくことは言わなくても解りますよね。

 

では機能が落ちてガンになり、更に治療で機能が落ちて、たとえガンがなくなったとしてもそのままで良いのでしょうか?

 

誰が考えても、良くないということは解りますよね。

 

そこでこのような状態になった時に大切なのが、これら生きる力を養うこと、つまり養生なのです。

 

そして、これらの機能や体質は百人百様だし、季節や、状態によっても変わってきます。

 

それなのに治療はみな同じというものがほとんど。

 

更には○○さんがあれをやって良くなったから、自分もなんて言って良いとこどりをする人もたくさんいます。

 

しかしそれは危険極まりないことなのです。

 

今回の養生インストラクター養成講座は、私が今書いたようなことを50分ぐらいの講義で詳しくお話しし、その後理恵先生が漢方の養生について80分ほどお話をしていただきました。

 

理恵先生のお話は「がんになったら養生をはじめよう」ということで、ガンになった時、なぜ養生が必要なのか?

 

現代医療に養生の案はないので延命や余命宣告となるが、きちんと学び実践すれば養生に手遅れなしということを実際の事例をもとにお話しいただきました。」

そして、発がんの原因と考えられるストレス慢性炎症について。

 

ガンになりやすい思考のあり方、行動パターン、さらにはストレスの考え方や解消するための1日の過ごし方をお話しいただきました。

 

次にがんの原因になっている慢性炎症について。

ガンには血糖値が大きく関わっていて、その大きな原因ともなっているグルコーススパイスや血糖値を上げない食事についてもお話しいただきました。

 

次回は「自分の体質を知る」ということ、様々なアンケートや望診によって血気水の動きと、それぞれの病証と養生のあり方をお話しいただきます。

 

人によって、養生はみな違うのである人には良くても、ある人にはNGなんてこともよくわかっていただけますし、今自分にはどんな養生が必要なのかもよくわかっていただけると思います。

 

みなさんご存じのように、めぐみの会は治療者などを講師に招き講演会や講座などは極力しないようにしています。

 

それは、様々な療法はみな合う人も合わない人もいるからです。

 

ここで言う合う、合わないというのは体質もそうだし、その時の身体の状態、機能の衰え具合、そして治療者との相性などもあります。

 

たとえば、手術をしたばかりのときと、術前、術後はまったく変わりますし、やっていることや動けない時と動けるときも違ってきます。

 

また、治療者によって考え方も違うので、良く知らない講師の先生なんか連れてきたら、以前の講師とまったく違う事を言って、患者さんを迷わしたり、さらには状態を悪くしてしまう事さえあります。

 

そんな無責任なことは私には出来ないので、めぐみの会のやっている講座はすべて自分でできること、そして講師の先生は私と何年もお付き合いがあって人間性を良く知っている方だけなのです。

 

そして、中途半端な相談をうけることもあまり良しとしていないのも、その患者さんの様々な状態を把握せずしてやっていたらとても危険だし、通りいっぺんでおなじことを言っていていいものではないからです。

 

それをきちんとやるには、きちんと用意をして時間を決めてでなければできませんから、めぐみの会では有料での相談や徹底サポート制度を取っています。

 

これは、以前患者会会長をやっていた時に川竹代表から学んだことでもありますが、最初は「どうしてやらないんだろう、もったいぶって」なんて思っていましたが、相談する方、受ける方の向き合い方の問題で、その意味や役割が大きく変わってくるということがずいぶん経ってから解ってきて今に至っています。

 

そして、どんな患者さんにも必要なことをしていますが、それが「養生」

 

つまり生きる力を養うことなのです

 

今回の講座は6回シリーズで私と理恵先生でその養生というものをきちんと学び理解していただけるようにしたものなので、とっても濃い内容となっています。

 

6回シリーズですが1回単独でも受講できますのでぜひ一度学んでみてくださいね!

 

またこの講座はDVD2枚組にして販売することにしました。

 

代金は講座と同じ、一般5000円、会員4000円です。

 

必要な方はこちらからご連絡くださいね。↓↓

 

 

皆さんの食べる物を選ぶ基準は何でしょうか?

 

①安心安全  ②美味しさ  ③どうやって作ったか? ④量と値段   

 

 

この質問で、もし癌になったとき、どんな治療を選ぶかの心がわかるような気がします。

 

 

と言っても、私が感じたことを勝手に書いただけですので信憑性はないかも( ´艸`)


と言うことで今日はこれまで書いてきた食について最後の「食を選ぶ」ということ。

 

これを選んだ人は、癌になったとき「効果効能」を求めて、治療法やサプリを探します。

 

その心は自分が提供したものへの、対価や見返りを求める心です。

 

更に言うと、同じ価格でたくさんの量、同じものをなるべく安く買おうとするのです。

 

それは自分は持っているものを出さずに、たくさん得たいという「欲」そのもの。

 

銀行に預金もしないで、金を出せと言っているようなものです。

 

そして、出さないと言われたら、ケチだ、何だと文句を言う。

 

自分は最小限のお金しか出していないのに・・・・・

 

その結果は「安物買いの銭失い」

 

一つのものに腰をすえずに、様々なものに手を出し結局は時間もお金も減ってきてしまうのです。

 

見返りを求めずに行動することで、その結果が成果になります。

 

「与えたものが、受け取るもの」なのです。

 

最後に、私がどうしてこんな質問をして治療と結び付けたのか?

 

それは「食べる」ことと「生きる」ことは、同じだと知って欲しかったからです。

 

何を基準に食べるか?それは何を基準に生きるか?

 

食べる」ことは毎日必ず行う行為、即ち心の習慣でもあるのです。

 

裏を返せば、食べ物を選ぶ基準を変えることで、心も変わります。

 

そして病治しは、心治し、食い改めることでもあるのです。

 

 

 

 

先日のコンサート、前日まで入院していて1週間前後の食事制限で何も食べられなかった、す〜さん。

翌日のコンサートに駆けつけてくれ、みなを勇気づけて元気にしてくれるスピーチをしてくれました❗️