10月の自然養生合宿

テーマ:

10月で3回目となる〝いのちの自然養生合宿”

 

開催地の高山市清見町はこの時期は紅葉の見ごろですので、今までとはまったく違った自然の景色が見れそうです。

 

また、11月以降は冬季で凍結や雪深くなるための次回開催は3月になってしまうので、この機会にぜひ参加してみて下さい。

 

主催者の私が言うのもなんですが、話して、笑って、和んで、癒される、非日常を体感できる合宿です。

 

大自然の中で非日常を楽しみ、身体と心の開放をしてみませんか?

 

前回の模様と参加者の声は↓↓

http://ameblo.jp/ganmane/entry-12195253509.html

 

前々回の模様と参加者の声は↓↓
http://ameblo.jp/ganmane/entry-12172986420.html


この合宿テーマは「何をしてもいい!何もしなくていい“やりたいことをやろう!」

 

がんになる理由は、毎日の暮らしの中で自分らしく生きることができなくなってしまったことで、人間が本来持っている自然治癒力や免疫が低下してしまったから。

 

この合宿ではマイナスイオンいっぱい大自然の中で仲間たちと、周りや時間を気にせず、のんび~り、ゆっく~り、やりたいことをやるという非日常を体験し “活き活き、わくわく、楽しい”時間を 過ごすことで自己を解放し本来の自分に蘇り、自然治癒力を最大に高める合宿です。

 

先回の写真を何枚か!

 

IMG_1302.JPG

IMG_1325.JPGIMG_0743.JPG

 

IMG_0734.JPGIMG_0726.JPG

 

IMG_0721.JPGIMG_0751.JPG

 

ぜひ一緒に、いのちの養生をしませんか?

 

 『いのちの養生合宿in郡上』

 

10月22日(土)・23日(日)・24日(月)

 初日13時30分現地集合・ 最終日11時終

 

※宜しければ10時に地下鉄本郷駅でピックアップするので一緒に行きましょう♪)

 

※名古屋駅・岐阜駅・大阪・京都から高速バス(高山行)で郡上八幡で下車いただければお迎えに行きます。

 

★オプション:(希望者のみ) 24日13時から 郡上八幡市願蓮寺にて「癌から学んだ本当の幸せ」一般3000円⇒1000円

 

◆会場:スペース光の帯 岐阜県高山市清見町大原923
 
 東海北陸道 郡上八幡ICより40分
  明宝温泉を越えて最初のトンネルを抜けて約1km 右側に見える最初の民家です 道の駅 パスカル清見の手前です。


 
◆持ち物
 洗面道具・マイカップ・マイ箸、動きやすい服装と靴、バスタオル・タオル等もお持ちください。

 

◆参加費
2泊3日 5食付 会員 17000円 一般 20000円
1泊2日 2食付 会員 8500円 一般 10000円

 

※受講料は事前にお振込ください。
 

キャンセルの場合は前々日までに 以降はキャンセル料1泊3500円

 

 振込先 ゆうちょ銀行12190-51484981 口座名めぐみの会
 (ゆうちょ以外からの振込【店名】二一八(読み ニイチハチ) 普通預金【口座番号】5148498

 

  私が合宿にこだわる理由を少し書きますね。

 

・普段と環境を変えることで心身ともにリラックスできる。

 

・同じ病を持つ方と長時間一諸に過ごすことで自然に心の開放ができるようになる。

 

・一人ではなかなかできない?楽しい”を感じることができる

 

・大自然の中でゆっくり、のんびり時間を気にせず非日常を体感することで、無意識に心を変えることができる。

 

・時間を気にすることなく、仲間たちと話すことができる。

 

・無意識のうちに、思考中心の環境から、感性中心の環境に変化できる。

 

・3日間ともに寝食することでより一層の親近感や、つながり感もでき、「一人ではない」という心の支えができる、

 

がんになる理由は、毎日の暮らしの中で自分らしく生きることができなくなってしまったことで、人間が本来持っている自然治癒力や免疫が低下してしまったから。

 

この合宿ではマイナスイオンいっぱい大自然の中で仲間たちと、周りや時間を気にせず、のんび~り、ゆっく~り、やりたいことをやるという非日常を体験し “活き活き、わくわく、楽しい”時間を 過ごすことで自己を解放し本来の自分に蘇り、自然治癒力を最大に高める合宿です。

 

ぜひ一緒に、いのちの養生をしませんか?

 

では、今回の合宿でやろうと思っていることを?

 母屋のふもとにある清流 黒瀬川で川遊びや川の音を聞きながらぼんやりと

 

敷地の前から下呂に繋がる旧道、瞑想街道の散歩や散策

 

 飛騨の山々で森林浴 オープンデッキスペースでも十分森林浴になりますよ。

 

キャンプファイヤーやBBQできるスペースも母屋と川の間にあります。

 

また、おくどもあるので、食事は参加者の皆さんと一緒にワイワイやりながら作ろうと思います。

 

オーナーさんが無農薬で野菜も作っているので、畑のお手伝いも良いですね~

 

 緑を見ながら、お手当ての体験なんてのもいいですね。

 

 囲炉裏を囲んでみんなでお話会

 

 体を動かすワークなども


部屋もたくさんあるので、個人相談なんかもできますよ!

 

また、車で5分ほど走れば明宝温泉があります。(代金別途)

 

 露天風呂でゆっくりするも良し。

 

 岩盤浴で温まるも良し。

 

こんな感じで素敵な空間で、癒し・和み・楽しみ、身体と心の深~い リラックスさせようと思います!

 

 皆さん、大自然の中で非日常を楽しみ、身体と心の開放をしてみませんか?

AD

めぐみの会 月末月初のご案内

テーマ:

今月末から来月初めの、めぐみの会のご案内です。

 

☆26日は近月から始める“めぐみの会 風呂の日!でホルミシス効果の高いラドン温泉で有名な三重県三重郡菰野町の希望荘に行きます。

 

IMG_0820.JPG

IMG_0818.JPG

 

現地に10時30分時集合して、温泉入浴後食事をする予定です。

 

9時に日進駅まで来ていただければピックアップします。

★費用は入浴1500円+食事代です。

 

三重県三重郡菰野町湯の山(鈴鹿スカイライン入口)

 

TEL / 059-392-3181   FAX / 059-392-3180

 

希望荘詳細はhttp://www.kibousoh.or.jp/

 

☆10月2日(日) 13時~16時はなごやかクリニックで問題解決ワークショップです。

 

ガンを治す際には、様々な問題がでてきます。その問題悩みや不安を取り除き、身体も心もすっきりしていただくための最初の一歩です。参加者の問題に即した、講義やワークで
 

問題解決に近づいていただきます。

 

参加費は一般3,000円、会員さんは2,500円です。

 

☆10月14日(金)11時30分~は、日進市にぎわい交流館でランチ交流会です。

 

患者さんが玄米菜食をしながら、気軽におしゃべりできる交流会です。

IMG_0498.JPG

 

 

料理は私とめぐみの会会員さんボランティアで作っています♪

 

また、カフェは9月30日(金)10月7日(金)も営業しています。

 

ランチタイムは11時30分~14時 めぐみえん弁当(玄米菜食)650円

 

FullSizeRender.jpg

 

会場は日進市にぎわい交流館、ワンディーシェフめぐみえん 2階和室

日進市蟹甲町中島277-1 日進市役所隣

TEL:0561-75-6650

★公共交通機関でお越しの場合は

◎11:30地下鉄 赤池駅発 日進市・くるりんばす南コース
※右回り 11:48 日進市役所着

◎12:47 地下鉄 赤池駅発 日進市・くるりんばす西コース
※左回り 13:00 日進市役所着


 ☆がん患者さんが奏でる 希望の虹コンサートin名大病院

日時:2016年10月11日(火) 15時30~16時30分

会場 名古屋大学付属病院 中央診療棟 2階ピアノ広場

〒466-0065 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111

http://www.med.nagoya-u.ac.jp/hospital/access.html

参加費は無料なので直接会場へお越し下さいね!

では、みなさんとお会いできること楽しみにしています。

 

AD

「自尊心」

自尊心とは自分を大切にする心

私はがんになる前と、がんになってからとで、そのあり方が大きく変わりました。

サラリーマン時代の自尊心は、他人と自分を比較するめに、そして他人から認められることで自尊心は高くなるのだと思っていました。

つまり自尊心を高めるためには他人からの評価を高めなくてはいけないと思っていたのです。

そこで起こったのが、本当の自分と自尊心で作った自分との乖離で、私はそれに苦しむようになっていったのでした。

そして癌になり、ガン患者となってしまったことでその自尊心は木端微塵に砕かれ、自分という存在の価値を見出すことが出来なくなってしまったのです。

しかし、サラリーマンを辞めたことで再び自尊心を持つことが出来ました。

その理由は過去の自分を捨てて、人間関係の断捨璃を行ったこと。

すべてを捨てて身軽になったことで、自分という存在が見えてきたのです。

当時のことを振り返ると、他人から見た私は?職も地位もない、がんになったプータロー″でしかありません。

つまり、自分で自分を信じなければ、だれも自分のことを信じてくれるはずがないと思える環境になったのです。

そこで私は、何もないという事は無限の可能性があると開き直りました。

そして、自分の価値はこれから自分の行動によってどうにでもなる。

だからこそ、人の目なんか気にせず、自分で自分が納得できる人生を歩もうと決めたのです。

何もないところから、?自尊心″というものが見えてきたというのは不思議なものだと思います。

そんな経緯を経て、

自尊心とは自分の外に向けるものではなく、自分自身にあるべきもの。

自分を誇らしく思う心であり、自分の生き方を自分が尊敬できているという心。

つまり、他人ではなく、自分が自分に評価を見出しているかどうか。

だから私は、どんなに誹謗中傷されようとやりたくないことはやらない。

嫌なことや、嫌な人にNOと言うのです。

そしてその自尊心は、自分だけではなく他人にも、人間以外の生き物にもあるということ。

だからこそ、自分自身が自尊心をもち、他人の自尊心も認めることがこの世のあるべく姿ではないのか?と私はサラリーマンを辞めて気付くことが出来ました。

 

AD