月末、月初のがん患者さんの集まり

テーマ:

今日は今月末から来月初めの、めぐみの会のイベントをご案内します。

 

明後日27日火曜日は「がんセルフケア講座」です。

 

この講座、連続講座ということでやってますが、1講座だけの単発参加もできます。

 

27日10時30分からは「ガンになるのも、治すのも潜在意識」

 

13時30分からは「自然治癒力の高め方」

 

潜在意識とは「無意識」

 

ガンという病の一番の原因はこの無意識の中にあります。

 

そして私は10年近くこの活動をしてきて思うのは、無意識の中でガンいなるという選択をしている人が結構いるということです。

 

実は私自身も無意識の中でガンになるという選択をしていたことに気付いたのです。

だから、無意識を意識しないと良くなりません。

 

この講座はあなたの心の無意識とはどんなものなのか?をお話しします。
 
そして「自然治癒力」

 

良く聞く言葉で、そのためにあれこれやっている方も多いと思います。

 

しかし、本当の意味で自然治癒力を高めるために大切なことは、やることではなく、止めること。

 

即ち、私たちの中にはすでに大きな自然治癒力はあるのですが、それを働かなくなるような生き方をしてきてしまったからガンになったという事なのです。

 

この講座では、そんな自然治癒力を高めるためのノウハウをお伝えしようと思っています。

詳細は↓↓
https://www.meguminokai.net/がんを学ぶ場/

 

遠方の方や、予定があって参加できない方のために講座DVDもご用意しています。
https://www.meguminokai.net/がん克服講座dvd-書籍/

 

そして、28日(水)10時30分からと7月6日13時からは東郷町の私の自宅でめぐみ音の練習です。

 

こんな感じでやってます。

 

image

 

練習動画です。

 

 

この日は7月8日(土)の藤田保健衛生大学でのいこいの広場コンサートに向けての練習をする予定です。

 

練習だけの参加や、見学だけでも良いのでぜひご参加くださいね!

詳細は↓↓
http://megumion.tumblr.com/rehearsal

 

6月30日、7月7日、7月14日(金)は日進市にぎわい交流館にてワンディシェフめぐみえんの営業&ランチ交流会です。

 

交流会は11時30分~14時までの間でしたら何時にお越しいただいても良いですし、患者さんであれば、めぐみの会会員云々に関わらずだれでも参加できます。

 

月末月初と3週連続でありますし、申し込みも不要なのでお時間があったらお気軽にお越しくださいね。

 

詳細は↓↓
https://www.meguminokai.net/がん患者さんの集う場/

 

 

7月8日(土)日進市民会館で開催される「にっしんわいわいフェスタ」に出店します。

http://www.city.nisshin.lg.jp/event/1947/020390.html

 

当日はベジタコライスの提供や、めぐみの会・めぐみ音・めぐみガンサポート協会の活動紹介などをする予定ですが、藤田保健衛生大学でのコンサートと重なってしまったためスタッフが非常に少なく困っています。

 

もしお時間がある方がいましたら、お手伝いいただければ有難いです。

 

そして7月9日(日)はがんセルフケア講座

 

10時30分~「食事療法の考え方」

 

13時30分~「ガンを治すには環境を変える」

 

ガンになった時の食事について様々な情報がありすぎて困っている方はたくさんいます。

 

しかしそんな方に限って、食事というものを薬と一緒のようなガンを治すものという思考の方が多く、食事という視点が欠落をしてしまっています。

 

それでは良くなるはずがありません。

 

この講座では食事療法とは読んで字のごとく、食べる事の療法で食べるものの療法ではないということをお話しします。

 

午後の講座は環境

 

私はガンを治すためには、この環境という視点が必要不可欠だと思っています。

 

環境とは5感から脳に入ってくる刺激。

 

ガンになった時と同じ刺激が脳に入ってきていて、果たしてガンは良くなるのでしょうか?

 

講演やセミナーなどで良い話を聞いて「さあ頑張ろう!」と意気込んでも1週間とたたないうちに元に戻ってしまうなんて経験ありませんか?

 

そうなってしまう一番の原因は、これまでと同じ環境に戻ることで同じ刺激が入り脳は元に引き寄せられてしまうからです。

 

この日の講座では、そうならないための環境についてお話ししようと思っています。

 

こんな感じでめぐみの会の月末月初はあわただしく活動をしています(笑)

 

すべて申し込みは不要ですので、お時間があったらぜひお越しくださいね!

 

メルマガでもコラムとしてお届けしています。

登録はこちらから。↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSjydy

 

がん患者会 めぐみの会 ホームページはこちらから↓↓

https://www.meguminokai.net/

 

遠方の方のために「がんセルフケア講座DVD」をご用意しています。↓↓

https://www.meguminokai.net/がん克服講座dvd-書籍/

 

 

 

AD

今月初め始め、6月29日で終わる《めぐみ音のクラウドファンディング

 

「私たちと同じガンという病で苦しむ仲間に、音楽で希望と元気を届けたい!」

 

お蔭さまで目標達成までもう一歩のところまで来ました。

 

https://camp-fire.jp/backers/28515

 

先日、毎日新聞さんが、めぐみ音がクラウドファンディングでアルバムを作る資金を募っている事やその活動趣旨を大きな記事で取り上げてくれました。

 

取材いただいた記者の方に、「社会的にも患者さんにしかできないとても意味があることだ」と言っていただき嬉しい限りです。

 

IMG_3085.JPG

 

Yahooニュースでも取り上げていただいています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00000039-mai-soci

 

めぐみ音の活動は 

~私たちは元気だから歌うのではない!歌って元気になっていくのだ!

 

というがん患者であるメンバーの声を一人でも多くの方のに伝えたいという想いから始まっています。

 

そして、がんという病を持ったメンバーが、歌うことで自らが楽しく元気になり、その姿を同じ病で希望や元気を見失いかけている患者さんたちへ「今、生きている楽しさや 幸せを感じてほしい!」というメッセージを歌で届ける活動への支援をクラウドファンディングで募っております。

 

 

 

目標はオリジナルアルバムを作ったり、9月18日のイベントの会場費に充てて参加費を安くしたり、練習やコンサートで使用する楽器や備品をそろえるための資金として50万円を目指しています。

 

そして目標以上の60万まで達成した暁には、アルバムとしての歌だけではなく、メンバーの言葉や明るい顔が入ったDVDを作成して、多くの患者さんに映像として元気や希望を届けることができたらと思っています。

 

ここまで来たら、DVDまであと一歩です。

 

コンサートで話すメンバーの言葉は、私なんかの言葉より、ずっと意味もあり同じ病で絶望や不安に苛まれている人や、頑張っている人にとっては大きな力になるはずです。

 

ぜひ一度、コンサートでのトークを聞いてみてください!

 

 

だからDVDの作成をしたいのですが、3時間イベントを何台かのビデオで録画、90分に編集してDVDを50枚作ろうとすると少なくても30万近くかかってしまいます。

 

しかしメンバーの為にも、なんとしても活動をきちんとした形で記録に残したいので目標プラス10万円ご支援が集まったら他の費用を後回しにしてDVDを作成し、DVDを販売した利益で補充しようと思っています。

 

そんなことで引き続きご支援、シェア&拡散いただけたら嬉しいです。

 

~私たちは元気だから歌うのではない!歌って元気になっていくのだ!~ がん患者のメンバーが、歌うことで自らが楽しく元気になり、その姿を同じ病で希望を見失いかけている多くの患者さんへ「今、生きている楽しさや幸せを感じてほしい!」というメッセージを歌で届ける活動を応援してください。

 

よろしくお願いいたします。

 

もしお時間があれば、クラウドファンディングプロジェクトで私たちの想いやこれまでのか活動をぜひ一度見ていただいたうえで、もしご賛同いただけるようでしたら、ご支援いただければ嬉しいです。↓↓

https://camp-fire.jp/backers/28515

 

何卒、よろしくお願いいたします。

 

image

AD

このところ9年前にサラリーマンを辞めた時のことを書いてますが、今日も当時のことをふりかえって捨てたことを書こうと思います。

 

私は捨てたから得たものが多かったのですが、今日書くことは心の上で一番捨てたことだと思います。

 

「面子を捨てる」

 

私はサラリーマンを捨てたとき、一緒に面子も捨てた。

 

というより、持っていても意味がないものになったという方が良いだろう。

 

面子とは、世間体や体裁のこと。

 

何たって、自分で職もないプー太郎のガン患者を選択したのだから、世間体や体裁を気にしたところでなんの良いこともない。

 

つまるところ、世間体や体裁をまったく気にしない生き方を選択するための、サラリーマンを辞めたと言ってもいいだろう。

 

私の場合はがんになって2年間サラリーマンを続けたが、“ガンになってしまった”という世間体や体裁が一番自分を苦しめる原因となっていた。

 

「織田はあんなに頑張っていたのに・・」「ガンにさえなっていなかったら・・・」「可哀想・・・」

 

みんながみんな、そんなことを思って自分を見ているわけではないのに、そんな風にしか人のことを意識できなくなってしまった自分がいることに気付いたとき、このままではだめだと思いました。

 

もともと私は結構プライドは高く、面子を大切にする方だったので、ガンになってしまったことで、これまでの人生で築きてきたものが音を立てて崩れ落ちたと言っても良いような状態だった。

 

しかし、幸か不幸か私はほとんどものを失いかけたことが2度ありそこから少し蘇ってきたという経験があったのだ。

 

一つは名古屋三越に入った新入社員のころ、そしてもう一つは15時間の手術後人工呼吸器に繋がれ風前の灯だった状態からここまで復活してきたことだった。

 

私はその時、過去と比較をすることを止めて、そこを出発点としたことで、マイナスをプラスにすることができた。

 

世間体や体裁なんてもの元々はあってないようなもので、どうせ自分の思い通りにはならない。

 

また、自分と他人の価値観は違うので、外から見た評価や感じも皆、違って当たり前なのだ。

私は他人に向けての面子より、自分の心への面子を優先しようとおもった。

 

「自分を好きでいよう。」

 

「自分に対して清廉潔白に生きよう!」と。

 

しかし、どうしても同じ環境に居れば、以前の自分と比較したり、比較されたりしてしまう・・・

私は心が弱いので、どうしてもその環境に飲み込まれてしまうと思った。

 

そして、サラリーマンを辞める決意をしたのだった。

 

つまり、面子を捨てるためにサラリーマンを辞めたと言った方が良い。

 

プライドや世間体や体裁など捨てて、一人の人としての小さな自分を受け入れてみようと思ったのだ。

 

すると、今までどれだけたくさんの面子を持っていたのだろうと思うほど、体も心も見違えるほど軽くなったのです。

 

そこからは、自分の心の面子を立てる生き方をすればいいだけなので、自ずと迷う必要もなく決断も早くなってきました。

 

それに伴って、目の前の風景もどんどん変わり、普通の人の5年と、私の1年が同じくらいのスピードで進み始めたのでした。

 

そう思ってみると、私たちの人生の多くは知らず知らずのうちに面子が出来上がり、それに縛られてしまっているから物事が進まないような気がしてきたのです。

 

面子が迷いを生み、間違った答えをだし、決断を鈍らせ遅らせてしまっているのではないか?と。

 

そんな経緯を経て、面子を脱ぎ捨てて軽くなれば、何時でも何処へでも飛び立てるようになると私は思うようになりました。

 

メルマガでもコラムとしてお届けしています。

登録はこちらから。↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSjydy

 

がん患者会 めぐみの会 ホームページはこちらから↓↓

https://www.meguminokai.net/

 

遠方の方のために「がんセルフケア講座DVD」をご用意しています。↓↓

https://www.meguminokai.net/がん克服講座dvd-書籍/

 

 

 

AD

ガン細胞は肉食系

テーマ:

少し前から、肉食系女子が増えて、草食系男子が増えたなんて言われていますが、もちょっと変わった視点で「草食系」と「肉食系」について書いてみようと思います。

 


 

 

私はまさしく肉食系で肉ばかり食べていて癌になったと言っても良いくらいの食生活でした。

 


肉ばかり食べていると消化器や循環器などが疲弊して血液がよれて癌になりやすくなることはこれまでに述べてきましたので、今日は心の面を中心に書きます。


まず、肉食系は読んで字のごとく「肉食動物」のように威風堂々としている人やがっついている人のことを言います。


肉食動物は他の動物の肉を主食としています。


それは言い換えれば、今までかかわりのなかった生き物の命を奪い取って自分のものにすると言う略奪行為です。


育てると言う時間を掛けずに、栄養を横取りする行為です。


更に、食べ物にありつくには、戦いという交感神経を優位にする戦闘行為が必要になります。


それとは対象に、草食動物は草が生えるのを待ちゆっくりのんびり副交感神経を優位にして食べます。


ここまで読んで何か感じませんか?


肉食動物の行為は「癌細胞」の生き方そのものです。

 


 
 

 

癌細胞は新生血管という触手を出して、正常細胞の栄養を横取りします。


人間以外の肉食動物はおなかが減った時にしか餌をとりませんが、人間は貪欲で自分で食べないものまでも欲張って持って行きます。


それは常に戦闘行為で交感神経が優位になっていることを意味します。


即ち、私たちのそのような心やが一般細胞にをがん化させ、体内環境も交感神経優位な癌を増やす環境となってしまっています。


これとは反対に草食系は待つ行為が出来ます。

 

時間はかかるけどゆっくり時間を掛けれ食べれるようまで待っていることが出来るのです、


そんな穏やかな心で過ごすことで、副交感神経優位な状態、即ち癌を増やさない環境が出来上がるのです。

 


 
 

 

肉食系は狩猟民族

 

草食系は農耕民族です。


日本人のもともとは農耕民族です。


こんな話を聞いたことがあります。


肉食動物の母親は家族が飢え死にしそうになったときの、最後の餌を母親が食べるそうです。


その理由は餌を取るのに、子供では狩猟が出来ないので子供に与えてもいづれは飢え死にしてしまうので、自分が食べて生き残り新たな子供を生むそうです。


草食動物は草は子供でも食べれるので、母親は食べずに飢え死に、子供は草を食べて生き延びるのです。

 


 
 

 

これを聞いたとき、肉食動物の生態はまさに『がん細胞』だと思いました。

 

皆さんも肉食動物の寿命は草食動物より比較的短いことはご存知だと思います。


それは、言い換えれば成長が早いと言うこと。

 

つまり、肉食動物の細胞は早く分化する、がん細胞に近いのではないのでしょうか?


それをあたかも肉食系が良いという様な社会のあり方が「がん」を増やしている原因でもあるような気がします。

 


 
 

 

「玄米菜食」で癌が治るのは、もしかしたら日本人本来の生態系に戻ることで、細胞が正常化することなのではないのか?

 


 

 

そんなことを感じています。

 


 


 

メルマガでもコラムとしてお届けしています。

 

登録はこちらから。↓↓

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSjydy

 

 

 

がん患者会 めぐみの会 ホームページはこちらから↓↓

 

https://www.meguminokai.net/

 

 

 

遠方の方のために「がんセルフケア講座DVD」をご用意しています。↓↓

 

https://www.meguminokai.net/がん克服講座dvd-書籍/

 

 

 







気持ちよく生きよう!

テーマ:

先日も書きましたが、6月でサラリーマンをやめて9年となります。

 

今日は辞めると決めた時のことをふりかえって「気持ちよく生きる」というテーマで書こうと思います。


「気持ちよく生きたい!」

 

9年前、私がサラリーマンを辞めた時に思ったことです。

 

気持ちよく生きる!といっても抽象的で、具体的にどう生きるのか?と言われると返す言葉に困るのですが、私が当時イメージしていたのは、心の風通しを良く生きるということでした。

 

ガンになる前の私は、うつ病を抱えていたという事もあり、心の中はいつも悶々として、それを発散することも解消することもできずに溜めこんで生きていたような気がします。

 

どうしてそうなってしまったのか?

 

自分の心より、他人や世間の目を気にして、その評価の方が自分にとって大切だと思っていたからだと思います。

 

自分の言いたいことをぐっと飲み込んでばかりで、ずっと胸に何かが痞えているような状態でした。

 

そしてがんになって思い当たったことは、“だから食道ガン”なのだということだったのです。

ガンという病は部位によって特性があるとも言われています。

 

それは、心や性格との関係性が非常に高く、精神的負担がかかる部位にガンが発生するというものです。

 

私は、そんな性格だから食道・・・・

 

そんな心当たりがあったので、胸やのど元につかえを残さないような「気持ち良い生き方」をしようと決めたのでした。

 

そして、それを実行するために決めたことが

 

執着を手放すこと

 

心にモヤモヤを溜めないこととです。

 

何ごとにも囚われず、結果はどうなろうと

 

それは先の自分より、今の自分を大切に知ること。

 

でもそれってやってみると、思ったより大変なことでした。

 

過去の自分の囚われないようにすると、以前やっていたと、言っていたことと違うのはおかしいと言われ、先の自分より今の自分を大切にしようとすると、行き当たりばったりで無計画とか何をしたいのかわからないとよく言われました。

 

心のモヤモヤを溜めないようにしようとすると、もっと理性的に、大人になれ、辛抱が足らないなどと言われることと多々ありました。

 

でも、そんな時には、勇気をもって「エイ!」と卓袱台をひっくり返すようにしてきたのです。

そんな常識はずれなことをやってきて一つ解ったことがあります。

 

それは、一時的には悪い方向に進んだとしても、長い目で見ればいい結果になるという事です。

 

その理由はたぶん、滞りがなく流れているからのような気がします。

 

川の流れと同じように、自分の心も淀んでいればゴミもたまり、悪臭を放ちます。

 

そんな状態では、元気な魚が育つわけがないように、物事が良く運ぶはずがありません。

 

逆に多少汚れたにしても、常に流れていれば魚も元気に育ちますよね。

 

だからこそ、私は「気持ちよく生きる」ことを一番大切にしているのです。

 

メルマガでもコラムとしてお届けしています。

登録はこちらから。↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UHSjydy

 

がん患者会 めぐみの会 ホームページはこちらから↓↓

https://www.meguminokai.net/

 

遠方の方のために「がんセルフケア講座DVD」をご用意しています。↓↓

https://www.meguminokai.net/がん克服講座dvd-書籍/