ヨーガ行者 ガネーシャ・ギリのブログ

インド占星術・ヨーガ・ヴェーダ等、インドの叡智に触れる

 ガネーシャ・ギリHP

ガネーシャ・ガンガー


インド占星術鑑定&運命改善法のご用命は

シーターラーマさんの占星術 ページからお願いたします。


修行・巡礼の過去ログ(他ブログ)

ヒマラヤ四大聖地巡礼の思い出 (1998年)

ブータン幻想紀行 (1996年)

マハー・クンブ・メーラー体験記 (2001年)

オレゴン転生紀行 (1994年)

クンブ・メーラー&ベンガル旅行記 (2013年)

バガラームキー女神巡礼・ツアー (2014年)



シータラーマ さんに掲載させていただいている

ガネーシャ・ギリのコラム




NEW !
テーマ:

サイババ寺院は殺人的な混雑でした。

通常に並べば、ダルシャンまでに5~6時間はかかるでしょう。

 

チャマンとO塚さんが

VIPルートからの入場チケットをとってきてくださいました。

 

要は多少高額な寄付金を払って入るルートです。

これだと2時間くらいでいけるのだそうです。

 

詳しい話はシーターラーマさんに寄稿したコラムを読んで

いただけると幸いです。

 

http://blog.sitarama.jp/?p=5171

 

サイババのダルシャンが終わったあとの感想は

特にありません。

 

たぶん・・・そのくらいボーっとしてしまったのだと思います。

 

ただ・・・コラムにも書かせていただいたように

これを境に2年ほどに亘った問題がほぼ解決してしまったのです。

 

(1月7日に新たにおかしな○○を発見し、調査中ですが

問題の終焉自体は近いと感じています。)

 

サイババ恐るべし(失礼な言い方ですね、すみませんf^_^;)

と思いました。

 

 

実は、日本から生徒さまが

サイババの11の約束をメールで送ってくださったのですが

私はそういうものがあったことすら知りませんでした。

 

失礼千万ですね(゚_゚i)

 

ただ・・・あの、「シルディの地を踏んだ者は、すべての苦しみは終焉する」

という言葉は(もちろん他の言葉も)

たぶん本当なのでしょうね。

 

ただ・・真っ当に生きれば!

ということなのだろうとは、思います。

 

たとえ、シルディを訪れても、サイババを信奉しても

何食わぬ顔をして、悪いことをしていたりしたら

ダメでしょうね、絶対に・・・。

 

今まで以上に真っ当に生きて行こう、

穢土で欲望にまみれて生きて生きながらも

常に神様のことを忘れずに生きて行こう、

 

改めてそう思いました。

 

もっとも、そういう生き方をすれば

どこにいようとも、そこがシルディなのかもしれません。

 

言い方を変えれば、そういう生き方をすれば

どこにいようとも、

そこがバラナシであり、ゴームクであり、マッカ(メッカ)であり

極楽浄土であるのでしょうね。

 

そんなことを感じたシルディ村でした。

 

次回ももシルディの話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シャニ・シングナプール寺院を出て、

シルディ村についたころにはすっかり夜になっていました。

 

(初日以外ずっと宿泊地はプネーという都市でしたが)

今まで巡礼してきた地域があまりに田舎だったためか、

シルディ村が凄く都会に感じられました。

 

世界中から人が集まるためか、

村なのに、プネーよりもある種の都会感があったのです。

 

ただ・・・

ホテルに着いてバスのドアが開いた瞬間、

ドアから入ってきた空気に、信じられないほどの静謐感を

感じたのも事実です。

 

こんなに発展しているのに、こんなに静かなのか・・・

それがシルディ村の第一印象でした。

 

しかしこの静けさは、単に騒音がない、

ということなのではなく、

 

「場」そのものの静けさだったようです。

 

さらにホテルのスタッフも

ムンバイやプネーとは少し種類の違う、

心のこもったサービスをしてくれました。

 

初日、文字通り枕の下に

1ドルの枕銭を置いておいたのですが、

部屋に戻ってみると、部屋はきれいに清掃され

その一ドルがきちんと、机の上に置かれていました。

 

「枕銭は要りません。」ということなのでしょうけれど、

インドでは初めての経験でした。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

着いた翌日、サイババの祀られている寺院に行ったのですが、

予想通り、凄い混雑でした。

 

この日は木曜日で、2016年最後のサイババの日だったのです。

ですのでいつも以上に混んでいたようです。

 

木曜日は1週間に1度来るとは言え、年内最後の特別な日ですし、

前日のシャニ寺院も素晴らしい吉日で、

続けてサイババ寺院も吉日に当たるとは、

なかなかの幸運続きでうれしかったです。

 

しかし、カメラや携帯なども預ける必要があり、

列をつくって並ぶ習慣のないインド人にもまれて大変な思いもしました。

 

ただ、クリスマスシーズンのせいか、欧米人はまったくおらず、

また不思議なことに日本人をはじめ、東アジアの人にもまったく会いませんでした。

 

インド人以外の外国人は

私たちだけ、みたいな感じだったのです。

 

さぁいよいよサイババ寺院に突入!です。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は巡礼の記事を1回お休みさせていただいて

インドに行く前の出来事を書かせていただきたいと

思います。

 

ごめんなさい、与太話です(^▽^;)

 

私は事情があり

前泊で成田に泊まったわけですが、

 

夕方、成田に向かうスカイライナーの中から

何気なく外を眺めていて

気づきました。

 

夕日を浴びてたなびく雲が異様に長いのです。

しかも生き物のようにしっかりしています。

 

そして反対側の空には

羽を広げた大きな鳥のような雲が広がっていたのです。

 

こんなに鮮やかで不思議な雲は人生で初めて見ました。

 

何となく直観で、

あ、これはまさに龍だな、そう思いました。

そして反対側は、鳳凰だな、そう感じました。

 

もちろん

まったくの与太話と捉えていただいて結構なのですが(^^ゞ

 

知り合いの霊能者さんから

「龍や鳳凰というのは、いわゆる自然霊の一種で

比較的よくみられる。」

と聞いたことがあります。

 

またその雲は、今思い返すと、

(ヨガの師の関係で面識のある)前田日明さんが

昔、オーラの泉という番組で、

「龍だ」と言われた雲の写真にも

とてもよく似ていたと思います。

 

(もちろん、その番組に出ておられたお二人の霊能者さんが

どのような力をお持ちの方なのか、門外漢の私には

わかりませんが・・(^_^))

 

写真も撮っていなかったので

それが勘違いかはたまた本当に龍や鳳凰なのかは

今となっては確認のしようがないのですが、

 

今回のインドの旅で

様々な幸運と、霊的恩寵に出会ったことを考えれば

あるいは、本当に龍と鳳凰だったのかもしれません。

 

個人的には龍とか鳳凰とか

全然ご縁がないと思っていたのですけれどね・・(;^_^A

 

まぁロマン溢れる話ではあります・笑。

 

明日はまた巡礼の話に戻ります。

いよいよシルディ村です。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。