リーフハウスでたらたらりん

那須の園芸店「LEAF HOUSE(リーフハウス)」です。
お店の園芸の様子や、那須の観光などたらりんと綴ります。


テーマ:

■お知らせ■

今年の8月は、金・土・日のみ営業となります。

 

また、9月1日(金)~6日(水)は、臨時休業させていただきます。

 

夏休み、遠方よりお越しのみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

■営業時間/10:00~17:00(11月からは16:00まで)

 

----------------------------------------------------------

 

こんばんは、hataです(´∀`)

 

今年の夏は、いったいどうなってしまっているのでしょうか。

 

ほかの地域はわかりませんが、那須は梅雨がず~っと続いている感じで、

 

昨日などは、うちの標高でも肌寒いくらいでした。

 

庭の植物たちは、落葉するものは水を吸いすぎてぐったり&葉が傷んだり。

 

常緑樹は成長が止まらず、生垣風に仕立てたものは、刈り込んでも刈り込んでも、すぐボサボサに。

 

 

まあ、遠目にはそんなに変わらないのだけど。

 

 

 

昼間でもどんよりと薄暗いのが哀しい。

 

 

花はそこそこ咲いているのだけど。

 

 

 

美しい写真は撮れそうもない。

 

 

 

湿気と寒さが、画像から伝わってしまう。

 

 

なので、庭の紹介はあきらめよう。そうしよう。

 

 

 

前々回、私の記事で、「ディッキアを少しずつ紹介したい」なんてことを書いたのですが、

 

濡れたディッキアは葉色が変わってしまうので、

 

ベランダや栽培場や売り場など、屋外で管理していたものは、うまく撮影できず エェ━(´Д`υ)━・・・

 

 

 

売り場の品々は、雨でびしょびしょ。

 

 

 

ご紹介は、またいずれ。

 

 

そんなわけで、

 

今回は、たまたまサンルームに置きっ放しで雨を逃れた、こちらをご紹介です。

 

 

ディッキア・マルニエル・ラポストレイ

Dyckia marnier-lapostollei

 

 

長ったらしい品種名は、発見した学者さんの名前だとか。

 

面倒くさいので、「マルラポ」とか「ML」と呼ばれています。

 

MLだと、サイズ表記と間違われるので、うちではマルラポと呼んでます。

 

日本には、かなり古くから入ってきていた品種で、

 

今回の多肉ブームが襲ってくる前には、サボテン生産者さまたちの温室に行けば、

 

必ずと言っていいほどひとつふたつ転がっていたものです。 カラカラの干物になって・・・・・。

 

ディッキアたちの中では、かなり特殊な形状をしていて、

 

幅の広い肉厚の葉っぱを、白いトリコームがびっしりと覆っています。

 

「ディッキア=シャープでカッコイイ」というイメージですが、

 

このマルラポは、もこもこした姿がむしろ「カワイイ」ので、女性にも人気のようです。

 

 

かなり変わった姿なのですが、人間が交配して作り出したのではなく、

 

自然界が生んだ原種です。

 

とはいえ、自然界でいろいろと混ざり合って生まれた姿らしく、

 

タネで繁殖すると、子どもたちの個体差が激しいのが特徴です。

 

 

 

まあ、さまざまな姿になりますね・・・・・・。 規格商品にしづらい・・・・。

 

 

上の写真は、一昨年に蒔いたタネからの子どもたち。

 

あのとき、他のディッキアはいっさい咲いていなかったので、

 

これは完全なる自家受粉のマルラポです。

 

・・・・・・なのに、親と同じ姿になったものは、ひと株だけ。

 

とりあえず、「seeding」(実生)として販売していますが、

 

もはや、同じように個体差の激しいゴエリンギーやデリカータのように、

 

「マルラポ・タイプ」「マルラポ・タイプ・フォーム」のような表記が必要なのかもしれませんね。

                 いや・・・・さらに混乱するか? 日本人らしく、「実生選抜」や「特選」で良いのか?

 

学術的にも園芸的にも、見分けや表記にちょっと困ってしまうマルラポですが、

 

この個体差が、意外にもコレクターの皆さまの楽しみのひとつだとか。

 

マルラポだけを集めているという方もいらっしゃるようです。

 

 

我が家にもさまざまな形状のものが数株あったのですが、

 

ひとつ、またひとつと販売してしまって、いまある親株はふたつだけ。

 

 

 

右がノーマル・タイプ。左は、ちょっと変わったタイプ。

 

 

 

トゲはやや大きめで、間隔が広い。葉はチランジアのキセログラフィカのように、横にもねじれる。

 

 

私個人としては、このねじれるタイプのほうが豪華で好きなのですが、

 

最近のディッキア人気のなか、

 

若いお客さまのなかには、「ノーマル・タイプのほうが良い」とおっしゃる方も。

 

たしかに、そう言われてみると・・・・・・・

 

ああ、うん・・・・・・たしかに、こっちのほうがシンプルでスッキリで、オシャレなのかも・・・・・・

 

「美」についての定義はないので、どちらが「上」なのかは人それぞれ。 やっぱり「特選」はやめておこう。

 

まあ、すべての園芸植物の「価値」は同じ。時代によって、「価格」が決まるものです。

 

        ちなみに当店では、子株の価格は「ねじれるやつ」のほうが上です。だって親株が高かったんだもん。

 

そして、子株は現在、すべて売り切れです・・・・・・。  

 

だったら紹介すんな! と怒られてしまう前に、

 

ではでは、今回はこれで。

 

来週はnamiさんです~≧(´▽`)≦

 

 

■お知らせ■

 

今年の8月は、金・土・日のみ営業となります。

 

また、9月1日(金)~6日(水)は、臨時休業させていただきます。

 

夏休み、遠方よりお越しのみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

■営業時間/10:00~17:00(11月からは16:00まで)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■お知らせ■

今年の8月は、金・土・日のみ営業となります。

夏休み、遠方よりお越しのみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

■営業時間/10:00~17:00(11月からは16:00まで)

 

----------------------------------------------------------

 

こんにちは、hataです(´∀`)

 

暑い暑いと不満たらたらだったのに、今週はジトジト湿っぽい那須です。

まあ、那須らしいと言えば那須らしい気候ですが、

園芸にはなかなか過酷なお天気で・・・・・・(_ _。)

 

草花→枯れた下葉や花ガラが黒くなって溶けるものも。

樹木→切っても切っても、成長が止まらない。

多肉→日照不足+湿気+無風で、徒長しないかヒヤヒヤ。

害虫→カミキリムシやコウモリガの幼虫たちが活発。

 

なにより、蚊! いったん狙われると、速足で移動しないかぎり、どこまでも追ってくる。

除草や剪定をしていると、耳元でぷーんぷーんと例の音。

刺すのがへたくそなやつだと、剥き出しの肌にチクッと痛みが。

 

・・・・・・・で、完全に集中を欠いていたら、

突然、腕にえぐられるような激痛が。

 

蚊ではない。でも、初めてじゃないぞ、この痛み。

ハチ。

ちっちゃなハチが、巣を守って襲ってきまして。

 

油断した~と後悔しても、もう手遅れ。

数年前、草刈りの最中にやられて、右手がパンパンに腫れたっけ。

 

 

そうそう、こんなだった。

 

今回は、左の前腕で、さほど痛みもなく、その日は特に問題なかったのですが、

翌日から、やはり腫れてきて、今も左腕がやや太くなっています。

鈍いかゆみもあります。

ボリボリ掻くと、まさに快楽の極みなのですが、あとでもっと腫れるので我慢しなきゃ。

 

 

我慢しなきゃ。我慢がまん。

ボリボリ・・・・・・ボリボリ・・・・・・ぅはぁ・・・・・・・。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

たちまち腫れあがる。

まあ、日ごとに治っていくので、大丈夫でしょう。

 

 

さて。

ほどほどの高温+プールの更衣室にいるかのような湿気は、

庭の園芸には最悪ですが、

ディッキアの生産には最適でして。

特に、カキ仔が簡単に発根するので、今が作業の適期。

日々の営業時間中に、ちまちまと進めています。

 

 

 

ベランダの栽培場から持ってきた親株を、お昼ごはん(タンタンメン)を食べながら眺めていた。

 

 

 

食事が終わったら、この仔を採ろう。

 

ペクチナータ × ゴエリンギー(Dyckia  pectinata × goehringii ♯Q - 01)。

美しい原種同士の交配で、ペクチナータの長いトゲと、ゴエの葉色がよく受け継がれています。

ただ、こういう葉っぱとトゲが長いタイプをいじくるのは、気が重くて・・・・・・。

作業自体は簡単なのですが、痛みに立ち向かう勇気が必要になります。

 

 

迷いや恐怖が生まれるまえに、とっとと始めてしまうのがコツだと思う。

 

まず、鉢から抜いて、枯れ葉を除去します。

下葉の先端も枯れこんでいたので、それもカットして、なるべく根元が見えるようにしました。

こうした長いトゲの枯れ葉(写真・左下)は、

ものすごく鋭くて硬くいので、捨てる時も気を付けます。よく、指先に刺さってぶらさがってます。

 

 

 

子株がデカいし、横から出ている。これなら採りやすい。

 

タイあたりの若い輸入株だと、なぜか株の真下に近い場所から子を吹いてしまって、採りづらいことも。

今回は、ゴエリンギーの血が入っているおかげで、子株の本体が長く、指で持ちやすい。

簡単に採れるパターンです。

 

 

 

ただ、基部が長いからといって、ここをつかんではダメ。

 

もしも子株が土に埋もれていて徒長気味だったり、

子株が小さくて柔らかかったりすると、

採り損ねて、途中で折れてしまうことも。

今回は大きくて頑丈そうな子株ですが、それでも上を持ってはいけません。

 

 

 

子株周りの邪魔な土を落として、根元をしっかりとつまむ。

 

しっかりとつまんだまま、ぐりっぐりっぐりっと、慎重に揺すってやります。

根元の土をしっかり落としてあると、上下左右に動かしやすいです。

 

 

 

採れた。

 

子株が柔らかいと、根元が本体に残ってしまう(子株の芯がえぐれてしまう)場合もありますが、

今回はきれいに採れました。

万が一、失敗して子株の芯がえぐれてしまっても、

傷口が腐らないように気を付けていれば大丈夫です(発根は遅いですが)。

 

土に埋もれていた場合、子株からすでに根っこが伸びている場合もあります。

本体の根っこと絡み合っていますので、できるだけ切れないように救出します。

 

 

 

あとは、植えて、水をやって、おしまい。

 

用土について、よくご質問を受けます。

市販の「挿し芽の土」や赤玉土に植えたり、ミズゴケでくるんでもOKですが、

私はよほど心配な場合(超・高級品とか)をのぞいて、いつものブレンド土に植えてしまいます。

 

いろいろ試した個人的な感想では、

・挿し芽の土・・・・・・発根しやすいが、そのまま植えていると保水力がありすぎて、根が細くなってしまう。

・赤玉土など・・・・・・腐りづらい反面、有機物がないので発根が遅い。その後、肥料不足になる。

・ミズゴケ・・・・・・・・・発根しやすく腐りづらいが、発根の確認がやや面倒。乱暴すると根が取れてしまう。

という印象でした。

まあ、慣れていらっしゃる方は、そのまま慣れている方法でやっていただくのがベストです。

私のブレンド土は、軽石・赤玉・培養土です。だいたい等量ずつでしょうか。

混ぜている培養土は無菌ではないので、専門的に言えば「おすすめできない」のですが、

発根したあと、すぐに栄養補給してくれるので、その後の回復が早いようです。

水耕(根元を水につけておく)や、腰水(皿に水を張って、鉢をつけておく)などの方法もあるようですが、

腐れが怖くて、私はカキ仔で試したことはありません。

 

ちなみに、ルートンなどの粉状の発根促進剤も、よほど心配な状態の子株以外にはつけません。

もちろん、まぶしておけば発根しやすくなるのですが、

たくさんつけすぎるとベタベタの粘土みたいになって、逆に傷口が腐る原因になったりすることも。

液体のメネデールはきっと有効なのでしょうが、やや高価なのでもったいなくて・・・・・。

 

品種、本体と子株が持っていたパワー、気温、湿度、光の加減で、発根までの時間はまちまちです。

暑い季節なら3日ほどで出たこともありますし、

真冬にカキ仔→挿して、半年後の夏にやっと発根したことも。 バトルアックス、時間かかったなあ・・・・・。

長期間だと子株が干物みたいになって、心配のあまり余計なことをやってしまいがちですが、

とにかく、ディッキアの生命力を信じて、20℃以上を保ちながらじっと待ちましょう。

子株に力があって、途中で折れたり腐ったりしていなければ、

なにかしら湿ったものに挿したり、くるんだりしておけば、まず100%発根するものです。

 

 

 

本体は、ついでに鉢増し。

 

大鉢に植えれば、このような大型品種はどんどん大きくなりますが、

冬の置き場に困るので、うちでは少しずつ鉢増ししています。

 

 

夏のうちに、こうしたカキ仔作業を進めて、

なるべくたくさん生産しておかなければならないのですが・・・・・・・

 

 

 

なんと、奥に置いた株に、手が届かない。

 

 

 

うちでアメリカ系(?)と呼んでいる交配種たち。手前からひとつずつ取り出すしかない。

 

 

 

細葉の品種は、バラさない。群生したほうがきれいなので、分頭株のまま育ててしまう。

 

 

 

ゴエ系など。

 

 

 

小さな株は、まとめておくと便利。

 

 

 

原種のくせに、実生するとけっこう個体差が出るのがマルラポ。2015年実生。

自然界のどこかで、何かの血が混ざってるんだろうなぁ・・・・・。

 

 

 

タイ産のハイブリッドたち。長雨で、トリコームが少し剥げた。

 

 

 

赤葉系は、たまに真夏の日差しで葉焼けする。遮光しやすいようにまとめておくと便利。

 

 

 

しかし・・・・・Q氏の作出品は、どれもこれも美しい!

 

 

 

Q氏が、まだ日本で有名じゃなかった頃の品も。

 

 

 

 

アマさん・・・・・・刺さらないの? 刺さっても気づかないの?

 

 

久しぶりにゆっくり眺めてみると、超・人気品種でなくても、それぞれが個性的できれい。

交配が進んで、業界がやや混乱した感はあるけれど、すごい進化! 地味な物しかなかったもんね。

ディッキアはやっぱり面白いです。

夏以降はブログネタも減ってしまうので、今年は、少しずつご紹介できればと思っています。

 

 

 

お気に入りのひとつ。緑葉が、分厚い純白のトリコームで覆われる。

 

 

品揃えがようやく充実してきたのは良いけれど、問題は、

 

それぞれが、いつのまにかデカくなってる ( ̄□ ̄;)!!

 

まずい・・・・・冬、サンルームに入るかどうか・・・・・・・。

 

そうだ! だからこそのカキ仔!

最悪、子株を残して、親株を手放す!! ヽ(゜▽、゜)ノ 売っちゃえ~あははは~。

 

では、今回はこれで。

来週はnamiさんです~≧(´▽`)≦

 

 

■お知らせ■

今年の8月は、金・土・日のみ営業となります。

夏休み、遠方よりお越しのみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

■営業時間/10:00~17:00(11月からは16:00まで)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんばんは、hataです(´∀`)

 

「ディッキア&メンズ多肉フェア」継続中ですが、

先日お伝えいたしましたとおり、

養生・育成中だったディッキアをさらに追加です ヘ(゚∀゚*)ノ フェアだもんね~

 

 

7月12日(水)10:00AMより販売開始です。

 
おおまかなラインナップをご紹介です。
いつもはアルファベットですが、今回は読みやすいようカタカナ表記にしました。 日本語って楽だ~。
お電話でご注文いただくことがあるかもしれないので、
今回は思い切って価格も表示しておきます。
 
全品、活着しております。
苗のサイズの差は、台にしている丸椅子の天板でご判断くださいませ。
 
1-A   ゴエリンギー・オリジナルクローン ¥12500
1-B   ゴエリンギー・オリジナルクローン ¥12500
 ※1-Bは、葉の一部に折れアリ。
 
 
2-A    マーキュリー・オリジナルクローン ¥9800
2-B    マーキュリー・オリジナルクローン ¥9800
※2-A、発根済みですが、まだすべての葉に水が上がりきっていません。
※今はまだやや褐色ですが、どちらも、苗が落ち着くと美しいシルバー・リーフになります。
 
大きくなると、こうなる。
女性にも大人気のマーキュリー。気品があって、興味がない方も「きれい」とおっしゃる。
 
 
3-A  ブラックアイス ¥6500
3-B   ブラックアイス ¥6200
 
大きくなると、こうなる。
ディッキアの魅力が詰まった品種。価格もお手頃レベルで、人気が高い。
 
  マイケル・アンドレアス  ¥3200
 
大きくなると、こうなる。
シルバー・リーフと並べて飾ると、どちらも、ものすごく美しく見える。
 
5-A    マルニエル・ラポストレイ・ハイブリッド(A)    ¥3500
5-B    マルニエル・ラポストレイ・ハイブリッド(A)    ¥3500
※(A)というのは名称ではなく、当店での整理記号です。
➡ SALE  ¥3000
 
  ルビースノー×ビッグブラジル  ¥2800
 
 
  シルバーバック  ¥3200
 
 
  マルニエル・ラポストレイ × ベアテアエ  ¥3200
 
 
9-A    マルニエル・ラポストレイ・ハイブリッド(C)    ¥2000
9-B    マルニエル・ラポストレイ・ハイブリッド(C)    ¥2000
※(C)というのは名称ではなく、当店での整理記号です。
➡ SALE  ¥1500
 
10-A  ゴエリンギー実生 × グレイオプス   ¥3500
10-B  ゴエリンギー実生 × グレイオプス  ¥3500
➡ SALE  ¥3000
 
11   ゴエリンギー実生 × グレイオプス   ¥2500
※10-A・Bとは違う親株からのカキ仔です。
➡ SALE  ¥2000
 
12  ダウソニー  ¥1500
 
大きくなると、こうなる。
かつてはかなり高級品だったことを、マニアの皆さんは覚えているはず。
 
13   プレシャスメタル  ¥1500
 
大きくなると、こうなる。
分頭をくり返して群生していく。安いのに美しくて、個人的には好き。
 
 
14  スパイダー・ウィッチ  ¥1200
 
 
15-A    ベアテアエ  ¥1200
15-B    ベアテアエ  ¥1200
 
 
16   ピカンテ  ¥1200
 
 
17  ゴエリンギー・レッド × マーキュリー  ¥15000
※大株にて、こちらは通販は不可、店頭販売のみです。箱詰めに自信がないです。
 
 
18  グレイオプス × アリゾナ  ¥9800
 
 
19  シャーロット × ラリー・ザ・チョッパー  ¥9800
 
 
20  ルビー・スノー × ビッグ・ブラジル  ¥4200
 
 
21  プレシャスメタル  ¥4500
 
 
  
22  スナグルトゥース × マルニエル・ラポストレイ・ジャイアントブルー  ¥7800
 
 
  
23  フォステリアナ・ハイブリッド  ¥5000
 
 
24  (トゥーシー × リチャード・カズ) × スナグルトゥース  ¥6500
➡ SALE  ¥5500
 
25  (トゥーシー×リチャードカズ) × (ゴエリンギー×ペクチナータ)  ¥6500 
➡ SALE  ¥5500
 
26  (ゴエリンギー×ペクチナータ) × ハイブリッド・ターザン♯04  ¥6800
 
 
27  マルニエル・ラポストレイ × スナグルトゥース  ¥6500
 
 
28  (トゥーシー×リチャードカズ) × (ゴエリンギー×ペクチナータ)  ¥6500 
 
 
29   (ゴエリンギー×ペクチナータ) × ハイブリッド・ターザン♯04  ¥6500
➡ SALE  ¥5500
 
30  スナグルトゥース × ソウフィッシュ  ¥5800
➡ SALE  ¥4800
 
31  アリゾナ × スクイッド  ¥7500
 
 
32  ジョーズ × サウスベイ   ¥6000
 
 
33  ジョーズ × サウスベイ  ¥6000
※急な強光にて、一時的に迷彩色になっていますが、落ち着けば赤黒葉になります。
 
 
お電話でのお取り置きや、通販をうけたまわれる商品はここまでです。
いずれも一点ずつしかございません。

商品の販売は、店頭・お電話を問わず先着順になります。

タッチの差で品切れになってしまうこともございますが、ご了承ください。

「どうしても欲しい!」という場合は、
初日にご来店くださる場合でも、
朝の10:00ぴったりにあらかじめお電話いただき、
ご希望の品を取り置きしていただくことをお勧めします(キャンセル可ですので)。
 
他、当店生産品がちょろちょろとございます。
以下は、それぞれ個体差がございますため、お取り置き、通信販売はうけたまわれません。
店頭にて、お客さまご自身でお選びくださいませ。
 
 
マルニエル・ラポストレイ実生  
※こちらは、業者さまへの卸販売もしております。お気軽にお電話ください。
複数点のご注文の場合、組み合わせは見計らいとなります。
 
 
シルバー・クイーン × sp. 
マルニエル・ラポストレイ・エステベシー ×(フォステリアナ×プラティフィラ)の実生
※こちらは、業者さまへの卸販売もしております。お気軽にお電話ください。
複数点のご注文の場合、組み合わせは見計らいとなります。
 
 
ハイブリッドいろいろ
※こちらは、業者さまへの卸販売もしております。お気軽にお電話ください。
複数点のご注文の場合、組み合わせは見計らいとなります。
 
などなど・・・・。
 

①お取り置きについて・・・・・・・・・

  事前予約はお受けできません。

 7月12日(水)10:00AM以降にお電話ください。

 

 念のため繰り返しますが、

 商品の販売は、店頭・お電話を問わず先着順になります。

 タッチの差で品切れになってしまうこともございますが、ご了承ください。

 

 今回、電話注文のほうが、

 初日の朝一番にご来店いただくよりも有利になってしまうシステムです。

 ですので、「どうしても欲しい!」というお品がある場合は、
 初日にご来店くださる場合でも
 (誰よりも早く当店の駐車場にたどり着いていたとしても)、
 朝の10:00にあらかじめお電話いただき、
 ご希望の品を取り置きしていただくことをお勧めします。
 

  7月末まではお取り置き可能です(株の状態の変化はご容赦ください)。

  お電話のさい、以下の項目を、スタッフに正確にお伝えください。
  • お名前
  • TEL番号(当店からご連絡さしあげてもよい時間帯)
  • ご希望商品の「品番号」 (類似品との混同を避ける必要がありますため、正確にお伝えください)
  • ご来店予定日(「来週日曜日に行きます」「明後日は休業日のようだけど、午後は無理?」など)。

 

➁通信販売について・・・・・・・・・・

  これまでと同じく、クロネコヤマト宅急便での発送が可能です。

  7月12日(水)10:00AM以降に、お電話にてご注文ください。

  ただ、今回は、在庫の変動が激しいかもしれませんので、

  FAXも受付不可、お電話のみとさせていただきます。

 

  お電話のさい、以下の必要事項をお伺いさせていただきます。

  • お名前(後日、代金をお振込みいただくお名前と一致させてください)
  • ご住所(お届け先)
  • TEL番号(当店からご連絡さしあげてもよい時間帯も)
  • ご希望商品の「品番号」 (類似品との混同を避ける必要がありますため、正確にお伝えください)
  • お荷物お届けのご希望時間帯(午前・午後・夜間)
  • 領収証の有無

------------------------------------------------------------------------------------

業務過多にて、いつもの通販ページを用意している暇がなく、

このブログにて商品のご案内ということになりました。

今までの通販システム(あれも不便でしたが)に慣れてくださっていた皆さま、

今回は電話のみという変更になってしまい、誠に申し訳ございません。

 

それでは、これで。

来週はnamiさんです~ o(^-^)o

 

 

ダドレヤ・ブリトニーが引き締まってきた。
入荷時に徒長していた下葉が枯れ落ちてしまえば、その後はもう安心。

 

 

■お知らせ■

今年の8月は、金・土・日のみ営業となります。

夏休み、遠方よりお越しのみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、

どうぞよろしくお願いいたします。

■営業時間/10:00~17:00(11月から16:00まで)

■休業日/月曜と火曜。+水曜は一週おきにお休み

 

  

2017年7月
           
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。