【血液の汚れが万病の元】

一人の人間の血管をつなぐと、地球2周半あるそうです。
綺麗な血液が、体の隅々まで流れることが、
命をつかさどると言っても過言ではありません。

NEW !
テーマ:

当社のお客様には、海外に住んでいる方たちが結構いらっしゃいます。

 

イギリスにお住いの方から、BBC放送で、

カッピング療法の紹介があったと知らせていただきました。

http://www.bbc.com/news/health-37024533

http://www.bbc.com/news/health-37009240

 

リオ・オリンピックで史上最高の金メダル23個獲得した競泳のフェルプス選手たちがカッピング痕をつけていたことからですね。

 

その中で、私が面白いと思った一つは、

カッピングの施術をしている専門家と、薬理学教授のディベートがあったことです。

日本のテレビやマスメディアではありえないのはないでしょうか。

 

薬理学の教授が、カッピングをhocus-pocus(奇術・まやかし)と言って鼻で笑っているのに対して、

スタジオで施術している専門家が、全く動じることもなく、おだやかに対応していたことですね。

 

BBCで以前、代替療法の教授が話したように、

3,000年にわたって患者を満足させてきた安全な療法だけど、

効果が科学的に証明されたわけではなく、臨床試験も行われていないんですね。

 

もう一つ面白いと思ったのは、

アメリカの体操チーム(リオ・オリンピック団体5位)のキャプテンが、

チームメンバーに、手動式ポンプのカッピングを、

自分でやったり、ルームメートにしてあげるように言ったということです。

 

オリンピック・チームと言えば、トレーナーや治療家や医師などが、

ガチガチに選手の体をケア・管理しているものかと思っていたら、

カッピングを自分(たち)でやるようにということなんですね。

 

もちろん、専門家の施術や指導を受けてのことでしょうし、

何かあれば、すぐに相談できるバックアップ体制があってのことでしょうが、

施術そのものは自分たちでできるということですね。

 

それだけ、カッピングに対する信頼と安心感があるんでしょう。

 

アメリカの体操のナドゥ選手は、

「カッピングはこれまで費やした他の何よりも有意義なお金の使い方で、

これまで健康を保てている秘密。

そして、多くの痛みから自分を救ってくれた。」

と、USATodayに話しています。

 

 

**************
 

★『Joyカップ』(手動ポンプ式吸い玉・カッピング)はこちら です。

 

★『電動ポンプ』『電動スライドカッピング』はこちらです。

 

★【B-mag】(貼るだけで深くまで血流改善の磁気治療器)はこちら です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。