【血液の汚れが万病の元】

一人の人間の血管をつなぐと、地球2周半あるそうです。
綺麗な血液が、体の隅々まで流れることが、
命をつかさどると言っても過言ではありません。


テーマ:

雪山の訓練で高校生8人が雪崩で亡くなったニュース。

痛ましい限りです。

 

私も大学と社会人時代に、山登りしていました。

 

先輩2人が山で亡くなったり、いろいろありました。

 

山登りって、夏でも冬でも、

あえて、生死のギリギリの緊迫感や高揚感を求めているのかもしれません。

 

社会人時代、会社の山岳部で、

ゴールデンウィークとはいえ、

まだ雪山の白馬岳にスキーを担いでいきました。

 

白馬岳の頂上まで1時間くらいのところにテントを張ったのですが、

男性の二人が、明日は天候が崩れるようだから、

今日中に頂上に行ってくる・・・と出かけて、

帰ってきませんでした。

 

その男性の一人の彼女もいて、

テントの中で眠れぬ夜を過ごしました。

 

今と違って、連絡手段もありませんでした。

 

翌朝は、すぐ前も見えない悪天候。

 

前日、出かけてしまった男性二人の大きな荷物やスキーが残されていました。

 

皆、会社員で、翌日の出勤のために、

下山しなくてはなりません。

 

出かけてしまった二人のスキーに荷物を結び付けて、

男性たちが、それをそりのように滑らせながら、

大きな荷物も背負いながら、スキーでふもとまで滑り降りてきました。

 

すぐ目の前も見えない中、

私は、他の人たちに遅れないように、必死で滑り降りました。

 

ふもとについたとき、

行方不明の男性二人の荷物をすべらせてきた人たちからは、

凄まじい湯気が立ち上っていました。

 

行方不明と思った男性二人は、

白馬の駅で待っていました。

 

別ルートで下山していたんですね。

 

一人の男性の彼女は、

彼の姿を見つけたとたん、

泣き出しました。

 

帰りの電車の中、別行動して、

皆に心配と、大きな迷惑をかけた二人の一人は、

上機嫌で、白馬岳の頂上の話や、

どうやって降りてきたかなど、話していました。

 

他の男性たちも、彼女も、

その話を黙って聴いていました。

 

そして、まもまく、彼女は、彼と別れました。

 

究極のとき、どういう言動をするかで、

人間の真実が見えてしまったのでしょうね。

 

何も言わず、黙々と、大きな荷物を雪山を滑り下ろした男性たちは、

その姿が、今でも目に焼き付いていますし、

尊敬の気持ちが沸き上がってきます。

 

幸いにも、私たちは無事でしたが、

山での事故のニュースを聞くたびに、

誰かの言動が、チームの生死を分けたり、

 

リーダーの一瞬の判断が、

全員の命運を左右したかもしれないなあと、

想像します。


*************

 

★体験談はこちらです。

 

★無料メルマガの登録はこちらです。

  (このブログと同じ記事が届きます)

 

★『Joyカップ』(手動ポンプ式吸い玉・カッピング)はこちら です。

 

★『電動ポンプ』『電動スライドカッピング』はこちらです。

 

★【B-mag】(貼るだけで深くまで血流改善の磁気治療器)はこちら です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。