松山 航(古墳シスターズ)のブログ

古墳シスターズ歌手、松山 航のブログです。




テーマ:

新年明けましておめでとうございます。
松山です。

わけもなく落ち込んでいたこの数カ月を経て再びブログを書いていこうと思います。



最近の古墳シスターズは相も変わらずダレています。
ダレています、っていうとなんだこいつら全然頑張ってねえじゃんやる気あんのかよって思われる人もいらっしゃるかと思いますが実はまさにその通りで僕たちは全く頑張っておらず、やる気にいたってはなるほどエスカレーターを使うハトの有様で叶うことなら移動は全て寝転んだまま、排泄もこれまた仰向けのまま行い衣服の着脱もごろごろ転がりながらすり切れるの待ち、窓から差し込む春の温い日差しにわずかに顔をしかめながら消えいるような声で呟くのは「なんだい、もう春かい」
まあいくぶん大切な何かがみるみる遠ざかっていっているような気がしないでもないけれどこんな幸福を差し置いてでも追いかけなければならないものかしらね、その何かというのは。
手を少し伸ばせばカルピスがあって足をたためば毛布にだって収まることができる。そのまま眠ってしまえば会いたい人にだって会えるとくればそれ以上何を望もうか。よし決めた。俺はここを金輪際動かない。ここが俺のピークじゃい。


などと決め込んでしまえれば我が人生ここに極まれりとふんぞりかえることもできるのでしょうが現実は13;00になるとアラームが鳴り響き、あ、いかん。おれは夜の時間帯責任者ぜ?目尻に雫をたたえながら僕はいそいそとバイトへと向かうのです。

こんな生活をしていて最初のうちに感じたのはやはり苦痛であり次に怒り、憔悴、悲哀、最後に諦念。
もうこれは仕方のないことなのだと。苦しいことを苦しいと額面通り受け取る以外に僕たち人間がとれる方策などありはしないのだと。諦念ですね。



昨晩久しぶりに古墳シスターズは曲を作りました。
曲自体は随分前からあったのですがそれにようやく僕が歌詞を付けることができたのです。

二曲やって一曲はボツになりました。
誰かが言った「この曲ダサくね?」が決め手でした。
古墳シスターズ全員がダサいと思うということは世間的に言えば「終わってる」レベルだと考えている僕たちは敬遠な微笑みと共にその曲に別れを告げました。
いやしかしやっぱりなんでもそうですけど一生懸命作ったものが見まごうことなくポンコツだったという事実は何度経験しても悲しいものです。

この壁は白く塗ろうね~

で始まるサビは個人的にはいままでにないくらい前向きなものだと思っていたのですが、うーん。またどこかで彼と会いたいですね。巡り合わせがよくなかったのだな。

もうひとつの曲はメロディーを主に神崎くんが作ったものです。
近頃の彼は細野晴臣ばかり聞いてるとかなんとかでその影響でしょうか、おしゃれなのを作ってきました。ダサいと言えばダサいが許せるダサさ。可愛げのあるダサさ。そういう曲です。


さてそんな新曲たちですが近いうちにあるライブのどこかでできたら御の字。それはどこでしょうか。まだ僕らも分かりません。

以下ライブスケジュールです。よろしくお願いします



3月9日WED@高松TOONICE
クリトリックリス /がしゃどくろ /ピクニックディスコ /古墳シスターズ/猫獅子童子
OP:19:00 ¥1800


3月17日THU@十三ファンダンゴ
・キャラメルバッヂ
・古墳シスターズ
・サイバーパンク演歌歌手Σ
OPEN 18:00 ADV ¥2000



5月5日高知クロスポイント
詳細未定


まだ未定のライブもあります。
これからも古墳シスターズをよろしくお願いします



AD
いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

12月の古墳的予定です。

17日ボーカル松山の朗読会in高松TOONICE

20日古墳シスターズ今年2度目の地元高松でのライブin高松TOONICE

27日古墳シスターズ普通のライブin徳島グラインドハウス



朗読会というのはそのままの意味です。
朗読会。
自作のお話をみなさんに聞いてもらうというイベントです。
前回は「演劇」と銘打って繰り広げたこのイベントでしたが、よりシンプルに、ということでこのような読み聞かせ形式にすることにしました。
今回は「就職活動中に突然空を飛べるようになった男」のお話です。ぜひ聞きにいらしてください。



今年古墳シスターズが地元高松でライブをしたのはただの一度きり。
ということでライブをします。
12月20日。
これがすこし難儀なことになっておりましてこの日古墳シスターズワンマンライブの可能性が濃厚になっております。
対バンが決まっておりません。
ワンマンライブならそれはそれで何か趣向を凝らしたイベントにしようかと思っているのですがいかんせんネタが尽きたのと季節柄外に出たくないのとで苦しんでいます。
妙案を思い付き次第告知させていただきたく思います。
とりあえずこの日は古墳シスターズのライブ(おそらくワンマンライブ)があるということだけお伝えさせていただきます。


12月27日は徳島にいきます。
徳島のクローバーというところには行ったことがあるのですがグラインドハウスは初めてなんですね。
古墳シスターズは徳島でウケるのかそれとも大きな隔たりを生むのか、とても楽しみです。



一昨日くらいに神崎くんが「将来について悩んでいる」と古墳シスターズのLINEで言うもんだからとりあえずということで松本くんの家に集まったのが深夜01:00ごろ。ライダーくんは眠いので行きたくないと言って来ませんでした。

「どしたん神崎」
「将来のことについて考えてたんだ」

神崎くんは自分に友達がいないということ、松本という人間が分からない、というようなことを僕たちに話しました。
「(なに言ってるんだこいつは……)」
話の終着点を見出せないまま僕たちはひそかに温めておいた新曲「きらきら星」の製作にとりかかりました。


こんばんはお星さま
お出かけのお供をお願いね
どうかしらお星さま
今彼はどのあたりなの

彼は少し照れ屋だから
ちゅうのときは少しの間
雲に隠れていてあげて


(照)

「きらきら星」を携えて徳島グラインドハウスにむかいます(照)



今年も古墳シスターズをお世話していただいた皆様。
誠にありがとうございました。
なんとか僕たちはやっていけてます。
今後ともよろしくおねがいします



AD
いいね!(21)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて
久しぶりのブログですがいきなり宣伝してしまいましょう。

今月の16日、高松TOONICEにて古墳シスターズ企画があります。

思い返せば今年、地元高松でライブをしたのはただの一度きり。たしか6月ころだったでしょうか。セックスマシーンと対バンしたやつですね。
「わたし古墳シスターズ応援してます!」って言ってくれた子が当日セクマシのTシャツを着用して来てしまうという悲しい事件があった日です。


最近ぼくたち古墳シスターズは「地元でライブしてない」という事実をようやく「愚劣の極み」だと認めるようになりました。

これはいかん。なんかしよう。
そうだ。11月16日に高松TOONICEで古墳シスターズ企画をしよう。

企画といってもこれはライブではありません。
楽器はおろか手ぶらでステージにあがります。
何をするかというとそこで12時間います。

信じられないことに以上です。

題して【ぼくたち12時間ステージにいます】


ぼくたち人間は普段から常に「何かをしている」ということを知っていますでしょうか

これは人間生理学でも立証されていることで、ぼくたち人間にとって「何もしない」ということは凄まじいストレスであり、なんなら「あってはならぬこと」らしいのですが、

……ふむ。

やってみよう



当日お客様は僕たちに干渉することは許されません。
ただステージに「いる」だけの古墳シスターズを見ていただきます。

チケット代は無料です。ドリンク代のみ頂く形になります。




僕たちの曲にクオリティオブライフというのがありまして、その歌詞に「何かをしなくてはならないな。何かをしなくてはならないな」という文言があります。

11月16日僕たちは何をするのでしょう。
ふらっと寄って見てください。そこには無意味に「追い込まれた人間」がいるでしょう。


以上です。
詳細はまた後日お知らせします。
ちなみに年末に向けて普通のライブもあります。高松でもするつもりです。
よろしくおねがいします



AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。