記録 検査結果

テーマ:

今日、血液検査をしました。

 

全て正常値です。

 

検査結果を聞いたときはウルルと涙腺ゆるくなって恥ずかしかったです。

 

とりあえずホッとしてます。

膵炎は再発もあるかもしれませんが、

今は喜びたいです。

 

今日は先生にソフィさんのご飯を持参して見ていただきました。

食べる量も伝えた上で

高脂肪の食事でないことが、わかってもらえたし、

肥満でないこともみればわかるしってことで、

 

次回再発することがあれば、

翠特異性リパーゼ検査と超音波検査をお願いしたところ、

 

先生、超音波検査してませんか?ってカルテ見て、

してませんね

だって!

 

トホホホ(涙)こっちは必至だっていうのに!

 

当分は病院からいただいた病院食を1ヶ月続けて

1ヶ月過ぎて何もなければ、2ヶ月目からは、元のフードと混ぜながら、最終的には元のドッグフードにもどしましょうか?

って言っていただきました。

 

2ヶ月間、何も起こりませんように(祈りまくるわ)

 

 

AD

記録

テーマ:

膵炎の記録用です。

長々と書きますのでスルーして下さい。

 

ソフィさん、食欲良好

ドッグフードを完食!

今日は普段と変わりない様子。

甘えん坊になってます。

ずーーーと、ママさんの後を付いてきます(笑)

振り向いたら、必ずソフィさんの姿(笑)

背後霊やなあ~(笑)

 

通院生活2日目

 

今日はちょっと小耳にした話を先生にしてみた。

 

ママ  「あいまいな話ですみません、急性膵炎にかかった方の話で注射で治ったって話を聞いたのですが、そんな注射があるんですか?」

 

先生  「そんな注射は聞いたことがないですね。注射の名前がわかればお答えできるのですが」

 

ママ  「先生、失礼な質問をしてすみません。

私も必死なんです。

それで色々考えてみたのですが、そんな特効薬の様な薬って、ステロイドの様なものなのかな?膵炎にステロイドは使いますか?」

 

先生 「ステロイドは症状によって使うことはありますが、ソフィちゃんが最初に来た時に注射を2本打っていると思うんですが、その1本はキツイ嘔吐止めと腸内を整える薬で、その注射で症状が改善される子もいるんです。」

 

と言いながら、昨日と同じ注射の準備を始めました。

何だか綺麗に逃げ切られたのか?(笑い)

ママさんもこれ以上突っ込めないし、勉強不足。

 

家に帰ってがっつり検索とお勉強。

 

膵炎とステロイド

自分に都合の良い記事を発見

宮崎市のとある動物病院の先生の話

 

以前はステロイド剤の投与は膵炎の危険因子になるとも考えられてきた。

中略

人では、自己免疫性膵炎という病態があり、犬の膵炎においてもリンパ球とプラズマ細胞の浸潤が多く認められることから、

人と同様な病態の存在する可能性が示唆される。

本症例もステロイド剤投与によって膵炎の著しい改善が認められた。

最近ではステロイドの剤の投与が有効な場合もあると考えられるようになった。

中略

ステロイド剤の投与も選択肢の1つであると示唆される。

 

この治療は、発病し入院した時に点滴治療としてステロイド剤を使うそうで

 

ソフィさんには当てはまらない。手遅れでした。

 

ママさんのもう1つ解決したいことがあります。

ソフィさんの膵炎の原因です。

膵炎原因で調べてみました

・高脂肪食品

・肥満

・激しい嘔吐が続いたとき

・腫瘍や異物が翠管に詰まったとき

・細菌感染

・膵臓の損傷

・遺伝

 

ソフィさんは高脂肪食品と肥満は当てはまらないと思うので除きます。

膵炎は嘔吐するのではなく、嘔吐したから膵炎になる????

難しいです。卵が先か?鶏が先か?(笑)

次回は先生に原因を調べるのが可能であれば調べたいというか、消去方法ですけれど

管が詰まっていないか?細菌感染の可能性は?損傷は?

数値だけで膵炎になり原因不明なんてありえない。

 

次回の発病に備えて記録していきます。

次回はモンスターペアレンツもパージョンアップしておかないと。

 

検査結果の数値に関しては何で膵炎と診断するのか?

勉強しなくては!

 

 

 

AD

記録

テーマ:

ソフィさん、ママの子になってすぐに、足を怪我してしまい、

レントゲンを撮ってもらった時に、心臓が異常に大きなことがわかりました。

 

それはとってもショックだったけれど、受け入れて

何らかの病気を発症しないように食事管理に気を使ってきたつもりだったので「膵炎」という病気は予想外で驚きます。

 

院長の話によると、ご飯の種類を変えたら急に膵炎を発症する子もいるとのこと。

言われて気が付きました。

1週間前にご飯を変えました。

これが原因なのかな?

 

今となっては、原因ウンヌンよりも、ソフィさんの膵炎と向き合い生活する覚悟はできています。

 

今日の先生の話によると、急性とは言えないそうです。

経過を見ると慢性のような、気がする。らしいです。

 

女の先生から言われた、ジャガイモ、白ご飯、病院からいただいた缶詰だけで1週間生活してと言われましたが

1日目、食べません。

2日目、3色混ぜ合わせ、薄く延ばしてテフロン加工のフライパンで両面カリッと焼き(油は使っていません)、冷ましてハサミで切って、ドッグフード風にしてみました。  食べません!

3日目、先生に相談

ジャガイモだけ、かつお節の出しで煮てみたいのですが良いですか?

鰹節は塩分を含んでいるので、ダメなんだそうです。

ちょっと納得がいかないけれど、塩分量だけが理由なら、白身魚も食べられないです。。

人間の場合、昆布は塩分を少し含んでいるけれど、鰹節も含んでいるのでしょうが、大きく問題にしないのですけれど。

 

今のソフィさんにとって、ジャガイモ、ご飯、病院からの缶詰が

最高の食事であるのはわかります。

私も頑張って先生の指導にそって行きたい気持ちでいっぱいなんです。

今は食欲全快なのに、食べません。

 

4日目、今日も先生に相談してみました。

ジャガイモ、ご飯、病院からの缶詰をドッグフードに置き換えられないか?

先生、悩んだ末に了解してくださいました。

やはり脂肪分が少しは含んでいるので、膵炎の数値が上がる恐れがあるとのことです。

 

では、ジャガイモだけを鰹節で煮て、もう1度ご飯に挑戦するのと

治療用ドッグフードとどちらが良いか尋ねてみました。

 

、ウ~~ンと うなるだけ答えがいただけないまま、ドッグフードの試供品をいただくことに。

4日目、ソフィさん食べました。

もっと欲しいとママさんを追い回します。

可愛い❤

1日に5回ぐらいに分けて食べようね。

 

この判断が吉なのか、凶なのか、祈る気持ちでいっぱいです。

 

モンスターペアレンツになって先生方に嫌われないようにしたいけれど、モンスターペアレンツになってるのかな?

AD

何も考えられない

テーマ:

7月13日 木曜日 怜奈ちゃん3歳検診の為に栞名ちゃんの子守りを頼まれた日

そんな日の早朝4時30分

突然ソフィさん、オエッオエッ!ってえず気始めました。

しばらくえずくも、何も戻さず。

 

まあ~一安心して、寝ました。

だけど、早朝6時、2度めのえず気!

そしてご飯を食べません!

でも、うんちは良好だったので、パパさんに診察券を預けて

孫ちゃん家へ

帰宅は夕方6時

駅からパパさんに電話をしたら

「晩御飯も食べないので病院へきてる」って言われて

病院へ直行

 

そこからは

ソフィさんの辛い日々の始まりに。

 

病院で血液検査の結果

v-LIPが329

70%膵炎の可能性あります。

 

誰が?ソフィ?

 

色々説明されても、頭に入らないまま帰宅

その日の夜1晩中下痢と渋り便

 

金曜日再び病院へ

注射を打ってもらって帰宅。

夕方まで渋り便が出る状態

何だかぐったりしているようなので再び病院へ

何が何だかわからないまま入院。

 

土曜日は仕事の為、ネネにソフィさんをお願いして

付き添ってもらいました。

夕方4時にソフィさんのところへ

なんとなく元気そうに見える

食べられる物は

ご飯、じゃがいも、病院でいただいた缶詰

この3種を混ぜ合わせた物を食べさせて下さいとのこと。

絶対無理!ご飯もジャガイモも嫌いだから食べないわ

 

日曜日

パパさんと2人で面会に

昼食後、ネネと面会に行ったら、帰宅してみますかって言われて

5時に迎えに行って来ましたが、

膵炎の数値は下がったものの、炎症反応がまだ残ったままなので、点滴を外しも、足には点滴の管は付いた状態で帰って来ています。

 

正直、元気がないので心配です。

 

ママさん!頑張ってソフィさんを支えるからね。

 

初節句

テーマ:

栞名ちゃん、初節句を迎えたのに、何もしてあげられなくて

お寿司だけでも作ろうと奮闘しました。

まだまだ、おっさん顔ですが女の子です(笑)

 

怜奈ちゃんも喜んでくれたよ

 

2人で記念の写真を撮りましょうね。

2人にしてあげるのも今日で終わり!?

ちょっと複雑ショボーン

怜奈ちゃんが気がかりだわ。

甘えん坊で気まま娘

誰もかばってくれなくなるのよね。

長く居過ぎて、後ろ髪引かれてます。

 

気持ちを切り替えて、

 

もちろん、ソフィさんも女の子

皆でお祝いしましょうね。

 

先週の日曜日から実家の母が来ていて、私の用事は増すばかり。

母は当分居候するつもりだったみたいですが、落ち着かぬ私を見て

日曜日に実家へ送り届けることになりました。

 

来週から寝込みそうよ(笑)笑笑