あの日から1年

テーマ:

私にとってこの一年はあっと言う間でしたが、被災された皆様にとっては


長い1年だったのではないでしょうか?


しばらくの間、このブログの更新もすこしおろそかになっていましたが


活動の方は現在もつづけております。


なかなか自分自身の言葉で色々なことがかけなかったので少し休ませて


頂いておりましたが、また新たに、少しづづ書いていこうと思っています。


進まない復興に多くの方が、苛立ちを感じておられると思います。


また福島に関しては、まだ一度も自分の家に帰れていない人も多くいてると思われます。


一度では書ききれない事ばかりですが、瓦礫処理も含め政府の決断が迫られていると思います。


一人一人が、今出来る事を、改めて考えて日本中で復興に向けてがんばって行きたいと


改めて今日思うとともに、今から出来る事をやっていきたいと思います。

AD
東日本大震災の発生から11日で8カ月。警察庁の10日のまとめでは、死者は1万5836人に上り、3652人が今なお行方不明だ。警察による捜索は続いているが、遺体の発見は減ってきており、不明者の家族は不安を募らせている。

 宮城、岩手、福島の3県警によると、10月中の遺体発見は10人。いずれも宮城県内だった。岩手県では11月2日に団地に仮置きされた車の中で男性の遺体が見つかっているが、福島県では9月19日以降、遺体発見がないという。

 福島県警と岩手県警は震災8カ月に合わせ、今月9日から11日までの予定で沿岸部の集中捜索を実施している。

 警察庁によると、行方不明者は宮城県が最も多い1995人、岩手1427人、福島226人。このほか、千葉県で2人、青森、茨城両県でも各1人が見つかっていない。

AD

 相続税などの算定基準となる路線価に、震災による地価の下落を加味するために1日公表された「調整率」。阪神大震災時の最大の下落率25%を各地で大きく上回り、相続税や贈与税の負担を緩和することになりそうだ。だが、最大80%というあまりにも大きい下落率を巡り、被災地からは先行きを不安視する声も出ている。

 ◆女川で

 海辺に広がる平地の7割以上が津波被害に遭い、全半壊家屋が3000戸を超えた宮城県女川町。同町総合体育館で避難所生活を送る佐藤清志さん(60)も1.5キロ先に海を望む自宅を流された。町の一部で0.2倍(下落率80%)と設定された調整率について、佐藤さんは「家と土地は一生に一度の買い物と思って財産をつぎ込んだ。二束三文で評価されてはたまらない」と話す。

 町中心部にある土地約200平方メートルと2階建て新築住宅を佐藤さんが約2000万円で購入したのは20年ほど前。現在も約700万円のローンを残すが、被災した勤務先の水産加工場は休止したままで、銀行への返済のめどは立っていない。

 津波被害を受けた土地での自宅再建には抵抗感もあり、佐藤さんは「(調整率を基に)土地を買いたたかれるようなことになるなら納得がいかない」と懸念する。「銀行でも国でも構わない。正当な額で土地を買い上げてもらい、高台に移り住みたい」とこぼした。【平川哲也】

 ◆福島で

 「『再建をあきらめろ』と国が宣告したように感じるのではないか」。東京電力福島第1原発の警戒区域(20キロ圏内)の福島県浪江町に自宅がある不動産鑑定士、鈴木伸之さん(51)は、原発周辺で調整率設定を断念しながら課税上の土地評価額を「ゼロ」にした国の姿勢が被災者の復興意欲をそぐ恐れがあると危惧した。

 鈴木さんが驚いたのは、事務所を構える南相馬市などにあった旧緊急時避難準備区域も「ゼロ」とされたことだ。立ち入り禁止の警戒区域は土地利用ができないため厳しい評価は予想できたが、緊急時避難準備区域は9月30日に指定が解除され、高校が再開されるなど日常が徐々に戻りつつある。「(評価額がゼロでは)再建を目指す企業や被災者が土地を担保にお金を借りられなくなる」と不安を口にした。【清水勝】

 ◆浦安で

 市内の半分近くが調整率0.6倍(下落率40%)と、阪神大震災より下落率が大きい千葉県浦安市。市域の8割以上が液状化の被害を受け、7月1日時点の基準地価は市内12地点中7地点で「判定困難」とされた。同市舞浜の一戸建てに住む主婦(37)は「ある程度は覚悟していたが改めてショック。安心して住み続けることができる街に戻してほしい」と顔を曇らせた。JR新浦安駅近くのマンションに住む男性会社員(42)も「ここまで低いと街のイメージ低下への影響が心配になる」と話した。

 ただし、市内の不動産会社「明和地所」社長、今泉太爾(たいじ)さん(33)によると、市内の不動産取引は6月以降に戻り始め、中古戸建ては震災前から1、2割程度下落したが、新築戸建てや中古マンションは堅調だという。今泉さんは「調整率は今年だけのもので、かつ最も深刻な値で、実際に売買される価格にはほとんど影響がないのではないか。数字が独り歩きしないことを願う」と語った。【山縣章子】

政府の東日本大震災復興対策本部は26日、震災による避難者数が10月20日現在で7万1358人となり、前回集計(同6日時点)から220人減ったと発表した。一方、岩手、宮城、福島3県の公営・仮設住宅の入居戸数は2776戸増の10万852戸で、初めて10万戸を超えた。入居人数が把握できていないため、避難者数の集計には含まれていない。

 避難先の内訳は、避難所1069人▽旅館・ホテル2115人▽親族・知人宅など1万7293人▽岩手、宮城、福島、千葉4県を除く公営・仮設住宅4万9845人--だった。【中井正裕】