電車物語その1

テーマ:

 

2004年6月京都初上陸

 

ある社長に一緒に働かないか?と京都に呼ばれたある日の出来事である

 

時間は24時近くなった頃、タクシーで帰りや!と社長から1万円貰う

 

1万円貰ったが電車で帰れば8000円儲かるとスケベ心を出した22歳の夏先

 

電車事情がよく分かっておらず、とりあえず阪急河原町に行くと大阪行の電車は最終が発車している

 

であれば京阪に乗ればいいと思い最終っぽい電車に乗り込むも“樟葉駅”止まり…

 

もはや樟葉がどの辺かもわかっておらず、結局タクシーで帰る事に

 

12年前、ローカル駅、という事で遠距離割がないタクシーしかおらず、樟葉から大阪へ…

 

タクシーメーターはグングンあがり15000円

 

赤字w

 

2004年9月京都に馴染み始めた3か月目

 

朝5時まで始発がないので京都で飲み明かし京阪電車に乗車

 

電車に乗る前に当時の彼女に電話しながら祇園四条駅の階段を下りて行ったので電波がなくなり途中で電話が切れる

 

飲み明かして酔ってるし階段上りなおすのも面倒だったので掛け直さずそのまま始発に

 

もちろん酔ってるから爆睡

 

起きたら京都向きの電車に乗ってって10時半

 

軽く3往復したなぁ~なんて軽く考えていたが彼女の事が気になり携帯を見る

 

着信50件MAX

 

やば、怒ってるかな…

 

しかし彼女に電話をかけなおすとただただ大号泣で良かった良かったと

 

ちょうど小説を読んでいたらしく、その登場人物は彼女と電話していたが途中でプツっと電話が切れて、その後で刺殺遺体で発見されたらしく、同じかと思ったらしい

 

知らんがな!

 

つづく

AD