ギャンブル婚

子供がデキ・・とてつもなく短気な男と知りつつ結婚した。。

ギャンブル嫌いな私だがこの男との結婚を一世一代の大勝負に出たのだ!


テーマ:

翌日からお義母さんが手伝いに来てくれたものの、






非常に気を使う!!


(≡д≡) 







そこが難点でした。



しかし、家の事さえすれば寝ていられるので、





非常に助かりました。ハイ。


O(-人-)O アリガタヤ・・





そして、アッと言う間に1週間が経ち・・・



再び普通の生活をし始めた私・・・。



実家の母には、時々電話をしていました。





しかし、何かおかしい・・!!


(-公-;)ムムッ






そう感じ取ったんです。ええ・・・母の対応がね。



素っ気無って言うか、冷たい・・・と。



でも、母は結構気まぐれサンな性格。



だから、気にはなったけど、時間が経てば・・・



そう思っておりました。




しかし、現実はそう甘い物じゃなかった訳!!




私が異変に気が付いてから、結構経ったある日。



真ん中の妹ゆみ(仮名)から電話が来た。




「体の調子はどう?」



「大分楽にはなってるよ。」




そんな感じで普通に話してると・・・・



ゆみが話しを切り出した。




「何か、母が非常にご立腹で・・・ママちゃんが自宅に帰った日。帰るとは聞かされて無いのに、突然帰った!!とか言ってて・・・今も怒ってるんだけど・・。」







( ̄△ ̄;)エッ・・?







「チャント話し合ったけど・・・?でも、確かに私が帰る事に納得はしてなかったけど、それでも帰る!って言ったんだけど?」






「でも、母の中では聞いてない!知らない!ってなってるみたいで・・・。それと、こないだそっちへ父が行ったでしょ?あの日の事も・・・産後の身なのに、子供連れて遅くまで社長達が来てたのも、どうなってるんだ!!パパちゃん何やってるの?そんなつもりで自宅に帰らせたつもりは無い!って怒ってて・・・。」




「色々面倒見たのに、あの夫婦に恩を仇で返された!!とか・・・。」





「最初は、時間が経てば・・って思ってたけど、一向に収まる気配が無いから、ママちゃんに教えておいた方が良いと思って・・・・。」




ゆみが話してる途中、私は涙が止まらなくなった。



確かに、帰る事を説得出来に帰った私が悪い



しかし、毎日耐え難い事を言われ続け、



精神的なダメージが大きかった私には



実家に居る事は耐えられなかった・・・・。



だからと言って、私がした行動は大人として恥じる行動だった。



私が何故早く帰りたかったかを、ゆみに話した。





「毎日、口を開けば“仕事で疲れて帰って来ても、孫達が居てのんびり出来ない。

生活のペースを乱され、シンドイわ・・・イツ帰るの?”とか“予定日過ぎても、全然生まれないし・・・イツになったら、私達解放されるのかしら?”とか“孫達の騒がしい声で、めまいがする”とか言われる毎日で、私は居場所が無かった。」





そこまで話すと、ゆみが・・・





「私もその発言聞いてて、どうかと思ったけど・・・母には傷付けてるって意識が全く無かったんだと思う。今も怒ってるけど、ママちゃんの事心配してるし・・・。」




「うん、今度ゆっくり母と話すわ・・・。」





私は独身時代、何度も、母と衝突して来た。




母は、理不尽な事で良く私に怒鳴り散らして来た。



その度父は、




「更年期障害なんじゃないか?あんま、気にするなッ!」





そう言われ続けて来た訳。



パパちゃんと同棲する時も・・・・



理不尽この上無い展開だらけだった。



この話もいずれ話したいと思いますが・・・。



で、皆様ご存知の通り。





私・・・・根性捻じ曲がってる女で御座います。




γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ





だから、正直・・・心配してるにもがある気がして堪らなかった訳。



母の事は大好だし、感謝の気持ちはある。





母が普通の時はね!!






母が感情的になってる時は、信じられないんですの・・・。



きっと、周りの友達に・・・




「もうママちゃん帰らせたの?!!」




とか言われたに違いない!!そう思っていました。



ええ・・・後日私の勘が当たりか外れかがハッキリ



分かりましたが・・・・!




私は、涙をボロボロと流しながら、電話をしていると。



パパちゃんが帰って来てしまった・・・。




「教えてくれて有難う。近々母とこの事ゆっくり話してみる。」




そう言って電話を切った。



パパちゃんは、私が泣きながら電話してたので



やはり、聞いてきた・・・。




「誰と話してたの?どうした?」





私が実家に居る時の事は、パパちゃんに何も話してなかった。



実の母とのトラブルには巻き込みたくない。



そう思っていたし・・・・・。



しかし、状況が状況なだけに部外者じゃ無い・・・・。。



何から話そう・・・・。




どうやって話したら、パパちゃんを怒らせない様に出来る?




( ̄へ ̄|||) ウーム




私の中で色々な事が走馬灯の様に駆け巡る・・・。



しかし、答えは見つからない・・・。



私は重い口を開いた・・・・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ママちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。