『大津波にも負けず頑張る母ちゃん!応援隊』元隊長のブログ

『応援隊』は解散しましたが、『応援隊』とその支援グループの活動の軌跡を残すとともに、引き続き、継続的に支援グループやその取り巻く地域の状況について、お伝えしていきます。


テーマ:

<『大津波にも負けず頑張る母ちゃん!応援隊』の紹介⇒こちら 

<『ししゅう高田松原プロジェクト』への活動資金支援の要請⇒こちら >

【試験販売で頑張る佐藤さん(左)と臼井さん(右)】

 

『工房めぐ海』がイオンモール盛岡南「結の市」で、26日、27日の2日間、試験販売を実施しました。陸前高田市広田町から、「工房めぐ海」のメンバーである佐藤さんと臼井さんが来られ、泊まり込みで、販売を担当されていました。

27日のお昼頃に、臼井さんから連絡を頂き、急遽、駆けつけ、久しぶりにお会いすることができました。

店内には大勢のお客様がいましたが、「工房めぐ海」のコーナーは、少し寂しい状況でした。震災直後からの傾向として、復興支援の取り組みイベントでないと中々、買ってもらえないということがあり、単独での出張販売の難しさを感じました。

そんな状況で、2日に渡る販売対応をされて来た、佐藤さんと臼井さんのお二人ですが、笑顔で、元気に接客対応されており、少し安堵しました。

試験販売では、「ゆず和菓子」、「がんづき」、「おやき(めぐ海焼き)」を販売していました。

 

有色素米ゆず和菓子」は『黒丸とゆず姫恋物語』の名前が付けられ、出来たばかりのパッケージで販売されていました。

恋物語』は、地元 陸前高田市産の「ゆず(北限のゆずとして生産振興に取り組んでいます⇒北限のゆず研究会)を練り込んだ「あん」を、陸前高田市弘田町産の有色モチ米で作った皮でくるんだ「ミニ大福」です。

黒っぽいのが紫黒米モチ品種「朝紫」、赤っぽいのが赤米もち品種「夕やけもち」100%で作った皮です。どちらの品種も独立研究開発法人農研機構が開発した品種です。陸前高田市広田町で栽培された『朝紫』のアントシアニン量、『夕やけもち』のプロアントシアニジン量、両品種の抗酸化能は、内陸部で栽培されたものより高いことが報告されています(2013年)。機能性を有した有色素米を原料としている「工房めぐ海」の恋物語』は、体に優しい大福です。(⇒有色米の機能性

 

【(上)通常のがんづき、(下左)黒糖アン入りがんづき、(下右)味噌がんづき<新商品>】

がんづき」は、「(通常の)がんづき」、「黒糖アン入りがんづき」に、新たに「味噌がんづき」が加わり、3種類になりました。

「味噌がんづき」は、やさしい味で評判の「工房めぐ海」製の味噌を練り込んだ「がんづき」です。ほんのりと味噌の味が口にふくらむ、やさしい味に仕上がっています。

 

【(上:左から)わかめ、茎ほたて、(下:左から)しょうが、リンゴ、カレー】

地元素材をふんだんに使った、「工房めぐ海」の看板商品の「おやき(めぐ海焼き)」にも、新たにカレー味が加わりました。

広田半島営農組合産の米粉を原料とした「おやき」の皮は、製法に改良を加え、米粉おやきの特徴である「もちもち感」が増して、さらにおいしくなっていました。

 

「工房めぐ海」商品の注文・問い合わせ先(宅配も可能です)

  住       所:〒029-2208 陸前高田市広田町字山田 工房めぐ海

  電話・ファックス:0192-56-4430

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。