サッカー保護者完結

テーマ:
選手権大阪大会ベスト62
でしたが、強敵との対戦で終わりました。

2013.9.15

台風接近の中風雨激しい悪コンディション
JGREEN堺S11 15:00

40-5-40

明星高校VS大阪学院高校

前半 0VS0
風上での前半で
先制できれば最高!
失点すれば最悪!
しかし

スコアレス!

やはりこの悪コンディションでのアップ時間のなさとアップ場の確保できなかったのが残念。
(学院はアップフットサルコート試合開始二時間前より確保)

後半
30分過ぎ決定的な先制ゴールを相手11番に決められる(残り10分)。

学院選手、ベンチ、父兄の喜びにいかに、貴重な得点かを会場全体は知る。

ロングズームで息子の顔アップで見る、鬼迫十二分の顔、

ハーフライン付近で息子はゴール右前にのエース48に相手DFクリアできず、飛び出したGKの頭上を抜ループシュートゴールをエース48が決める!。

同点に追いつく、会場に歓声と怒声が鳴り響く。

その後学院の猛攻を守りきり。

引き分け。

PK
エース48

息子

の二人は

職人技でゴール決めましたが
次戦への闘いの権利獲得の願いかなわず。

その瞬間真後ろにバッタリ倒れ息子の号泣に、貰い泣き。

大阪学院高校各選手と試合後の労いに、さらに、泣く。

ここまで沢山の終戦を迎えた選手父母の泣く姿をみてきたが、ついに私自信にも訪れるとは。


本当に終わってしまいました。

なんとか勝ち上がって、近大附属と対戦したかったのですが残念。

あーぁほんまに、終わってしまった、もっともっと見たかった。
 

小 中 高
ガンバ門真Jr(クーバー御殿山)
枚方FC
ガンバ門真Jrユース(佐々木塾)
明星高校

本当にあっという間の12年間でした。


ありがとう息子!!





ビデオカメラ三世代

8ミリビデオ
デジタル8ミリビデオ
HDSDビデオカメラ

お疲れ様!







Android携帯からの投稿
AD