*******************************

「ねこぜの東京⇔青森」は…

青森大好きアオモラーの東京人「ねこぜ」が、月イチで青森を旅して、
地味にすてきな青森の魅力をお伝えするブログです。

もぐもぐはじめての人はこちら を。

照れ主な登場人物紹介はこちら をごらんください。

爆笑主な目次はこちら をごらんください。

*******************************




友人だからあえていうのですが、理解ある人以外は、
ぜったいに近寄らないでいただきたい

とびない旅館」について書こうと思います。




もし、本気で泊まりたいのであれば
予備知識をもって挑んでほしい!

そういう思いで今回はアドバイスしたいと思います。


(知らずに行くと悲惨な目にあいますが、
 理解した上で行けばとてもいい宿なんです!)
 

~~~~~~~~~~~~~~~~
はてなマークはてなマークまず、とびない旅館とははてなマークはてなマーク
~~~~~~~~~~~~~~~~


ねこぜの東京⇔青森

ねこぜの東京⇔青森

恐山でおなじみの青森県むつ市に位置する老舗旅館です。
ビジネスホテルにはないおもてなしがウリ。特別な1日を体験できます。


ねこぜの東京⇔青森

◇おもてなし第一、安全第二
駐車場に車を入れるやいなや、音をききつけた主人・飛内源一郎さんが猛烈な勢いで登場。
皆様を温かくお迎えするマシンガントークはここからはじまります!

ねこぜの東京⇔青森 ねこぜの東京⇔青森

◇あるとうれしい地獄を完備◇
一番のウリは旅館向かいの建物「下北妖怪ハウス」の2階に
『手作りの地獄』を併設していることです。
説明がはじまると3時間くらいかかります。こころしてきいてください。

ねこぜの東京⇔青森

あの水木先生とスタッフ手づくりの鬼太郎たちの写真が…!
詳細は…時間があるときに飛内さんにお聞きください。

ねこぜの東京⇔青森

◇地獄のあとのお楽しみ◇
60年代の風景を感じさせるジオラマ『まぼろし商店街』もあります。
こちらも手づくりで仕上げました。

ねこぜの東京⇔青森

◇さらに、こんなものもあります◇
旅館の前の倉庫には、飛内さんがいきおいでもらってきた飛行機の首があります。
ここまでの解説で正味5時間ほどでしょうか。

肝心のお部屋は…?


ねこぜの東京⇔青森

◇最新のセキュリティシステムで安心!◇
内側から鍵がかかるシステム!!女性のお客様もご安心くださいませ。

ねこぜの東京⇔青森 (女湯)

ねこぜの東京⇔青森
(男湯)


◇自宅風の女風呂♪ 手作り感満載の男風呂♪◇
女風呂はリラックスできる自宅風(一人でもさみしくないよう、ラジオつき)。
男風呂はキュートなタイル張り。巨匠G.Tのサイン入りスペシャル壁画仕様です。
このイニシャルは…なんとなく察してください!
湯船がそのまま大海原へとつながっているよう…と大好評です。

ねこぜの東京⇔青森

◇朝食は謎の栄養ドリンク付き◇
定番の和食に「スカールDX2000」1本をサービス!元気が出ます!

ねこぜの東京⇔青森

◇とびない旅館の新名物「いもすり餅」(予約制)◇
ここでしか味わえない味をお楽しみください。


ねこぜの東京⇔青森 ねこぜの東京⇔青森

◇100畳敷きの宴会場◇
かつては、結婚式も行われたほどの大広間。
今は半分以上が模型などの展示スペースとなっていますので
思う存分楽しんで♪

◇座敷わらしが出るという噂も…!?
座敷わらしは幸運を運んでくれる、ありがたい存在です。
神秘的なひとときをお過ごしください。

ねこぜの東京⇔青森


皆様のご来館をスタッフ一同(ひとりです)
お待ち申し上げております(*^u^*)




…さてさて。



ここからが実用的な情報です。

まずは体験者のコメントです。



~~~~~~~~~~~~~~~~
  はてなマークはてなマークとびない旅館の評判ははてなマークはてなマーク
~~~~~~~~~~~~~~~~



投稿者 ぬまりさん(
青森女性)の感想

ピュアでサービス精神旺盛な50代少年が
飛び出して迎えてくれました。
とびない旅館は誰でも童心にかえれるアミューズメント旅館!
でもなぜか妙にくつろげますし、
自慢の芋すりもちはホッコリする味でした。
この旅館に泊まってからいいことが多い気がします。
座敷わらしはホントにいるかも。

************************

投稿者 津軽漬さん(東京男性)の感想

予約はしたものの、当日、ちょっと緊張しましたw
純粋に旅館機能としては、施設が古いとかはありますが、及第点だと思います。
飛内さんのマシンガントークについての捕らえ方は人それぞれだと思うので
とにかく「覚悟」と「理解」のある方に行って貰うしかないですよね(笑)。
ビジネスホテルみたいなのを想像して行かれてしまうとお互い不幸だと思います。

************************

投稿者 能町みね子さん(
東京女性)の感想

とびない旅館とは?

★やたら広い! その広さを何よりも主人の飛内さんが有効活用している旅館!
★予約して、車で到着した瞬間に主人自らマジで駆け出して迎えにきてくれる旅館!
★旅館と特に関係ないけど、向かいに飛内さんが独力で妖怪屋敷を制作!
 本人の紹介があればなんとなく入れます!
★飛内さんの話はとにかく尽きない!会話(飛内さんの)が途切れない賑やかな旅館!
★芋すりもちは本当にうまい! 朝食には栄養ドリンク付(斬新)!

************************

投稿者 ねこぜ(東京女性)の感想

旅館であることを完全忘れて、趣味につっぱしっているので、
お客さんがひとり来ただけで大騒ぎ。
三人も来たら、なぜか飛内さんの友だちも呼んで大歓迎してくれます。
ご主人一人でやっている旅館なので、ざんねんながら団体客はお断りしているそうです。

あとは"座敷くん"がでるらしいので、早朝からキッチンで話声が聞こえたのにはふるえました。
もちろん座敷くんの声ではなく、朝食を用意しているご主人の独り言でした。
朝食に出してもらった下北の郷土料理「芋すりもち」は絶品。
下北半島行く機会があれば芋すりもちを食べるためだけに利用したいです。

************************
最後に。

宿泊体験者津軽漬さんから、
貴重な攻略法メモ

いただきましたので、ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~
  手裏剣 とびない旅館攻略法 手裏剣 
     (情報提供:津軽漬さん)
~~~~~~~~~~~~~
~~


【予約篇】

1.予約は電話で! 0175-22-3815 
  (余裕を持って2週間くらい前がベスト)

2.「もしもし」と出るので、「とびない旅館さんですか?」と、こちらから聞く。

3.「そうでございます」と妙に取り繕ったような返事が返ってくるので、
  「宿泊の予約をしたいんですが」と言う。

4.「えぇ?うちにですか??」怪訝そうに言われても、
  めげずに「はい。『分かってます』。」と答える(ここが重要)。

5.「食事は外食してきますよね?」と誘導されるが、
  「いぇ、芋すり餅を食べさせて欲しいんですが」と切り出す。

6.あとは、宿泊日、到着時間、名前、電話番号などに加え、
  「とびない旅館をどこで知ったか」
 「何県から電話してるか」などを聞かれる場合があり、
  長電話になりやすい。(私のときは20分ほどつかまりました。)


【当日篇】


7.深夜12時頃までは、とにかくマシンガントークが続くので、覚悟されたし。

8.「大広間のコレクション」「下北妖怪ハウス」「旅客機の首」
 の見学
は、いつしたいか、事前に伝えておいたほうがスムーズ。
  (例えば、夕食前なのか、後なのか、翌朝なのか)

9.お土産を持参すると喜ぶ。座敷わらしにお供えしてくれる。

10.トイレは男女共用ではあるものの、個室に洗浄機能付トイレあり。

11.浴室に『石鹸』『シャンプー』完備。カランは2ヶ所。

12.「アメニティグッズ」は『歯磨き粉があらかじめ歯ブラシに練りこまれていて、
   水で濡らすタイプの歯ブラシ』と『フェイスタオル』。

13.客室には浴衣、テレビ(地上波のみ)、扇風機があり。

14.旅館内に自販機など売店機能はない(アルコール類もない)。
   近所にコンビニもない(と思われる)。3軒ほど隣にジュースの自販機あり



・青森駅からの行き方
 下北交通バス  むつバスターミナル行き 1日2便(13:00発と15:00発。
 バス乗車時間は2時間50分。運賃2,520円。車内で現金精算)で
 終点・むつバスターミナル下車。徒歩2分。

・または、
 青森駅・八戸駅から、青い森鉄道 +JR大湊線で「下北駅」下車。
 下北駅前から下北交通バスで、むつバス ターミナル下車。

・もしくは、
 青森駅・八戸駅から、青い森鉄道+JR大湊線で終点「大湊駅」下車。
 大湊駅前からJRバス東北 で、田名部(たなぶ)下車。徒歩1分。

(注)むつバスターミナルから、建物の裏手に「旅館とびない『別館』」が見えますが、
 そこではないので注意!!


いずれも、列車・バスとも、本数が少ないので、よくご確認を!


【船旅がしたい方向け】

(1)青森駅から徒歩5分・・・「青森港旅客船ターミナル(八甲田丸となり)」から、
シィラインの佐井行き旅客船ポーラスターで脇野沢港下船。
「フェリー前」バス停からJRバス東北、田名部行きで終点・田名部下車、徒歩1分。


(2)青森駅から徒歩5分・・・「青森港旅客船ターミナル(八甲田丸となり)」から、
シィラインの佐井行き旅客船ポーラスターで終点・佐井港下車。
「佐井」バス停から下北交通バス、むつバスターミナル行きで
終点・むつバスターミナル下車、徒歩2分。
 ※大間や下風呂で途中下車するのも乙です。


シィライン http://www.sii-line.co.jp/route.html
JRバス東北 http://www.jrbustohoku.co.jp/route/detail/?PID=1&RID=4
下北交通バス http://www.0175.co.jp/s/s-bus/sai-up.html




以上、宿泊体験者津軽漬さんから、
貴重な攻略法メモ
でした!


今回、この記事をつくるにあたり、
快くご協力いただいた皆さま、
大まじめにチェックしてくれた飛内さん、ありがとうございました!


一度泊まると妙に応援したくなる、
とびない旅館攻略法まとめでした。


ねこぜの東京⇔青森

⭐︎とびない旅館本館

住所:青森県むつ市田名部町8-6
電話:0175-22-3815
宿泊料金:1泊2食 6,500円~(朝食だけなら5,500円~)
※季節により値段が変動する場合があります。

部屋数:和室14部屋
駐車場:有 10台
温泉:無


★追記★
とびない旅館では
お釣りが用意されていない
ので小銭のご用意を!
(もちろんクレジットカード不可!)




=================================


月イチ青森 ねこぜ

SNSもやってます。よろしければご登録ください! 

Twitter  /  Facebook / instagram NEW

ブログランキングに参加しています。

1日1回ポチッとお願いいたします〜
 
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング

=================================


 

AD

コメント(10)