荒川夢悟「てツろグ.」

難病と闘いながら活動中の、駅係員と電気部、さらに保線の経験をもつ鉄道芸人、荒川夢悟(ゆうご)のブログへようこそ!鉄道の話題は年中無休の毎朝更新、仕事の告知や私生活などの情報は夕方に不定期で更新。自分より鉄道を優先する鉄道バカの世界を思いきりお楽しみ下さい!

NEW !
テーマ:


皆さまの地域の台風の影響は大丈夫そうでしょうか。あまりにひどい天候の場合、明日以降に回せる用事は無理に行かないほうが良いでしょう。
一昨日、今月は2冊鉄道雑誌を購入したと書きましたが、もう片方はこれ「鉄道ファン」10月号です。前回の「鉄道ダイヤ情報」は9月号と月の数は異なりますが、同じ月に発売されます。
表紙は近鉄の電車ですが、下のほうに掲げられているように、特集は国鉄形の今とこれから。国鉄末期は、赤字のために製造費の安い車両は投入していたものの、多くの古い車両をJRに引き継がせる形となり、かなりJRには負担がかかりました。
そんな中でリニューアルで生き延びた車両や国鉄が出した車両をJRが引き続き新製したものもありますが、いずれも活躍範囲は狭まって、消えていったものも多くありました。
そんな中で国鉄タイプの車両が今後どんな動きを見せそうか掲載されています。


そんな中で私が個人的に一番気になるのが、群馬県の高崎車両センターに所属するこの115系や、国鉄の急行型電車の部品を多く使って製造された107系です。115系は「青春18きっぷ」を購入して真っ先に吾妻線で乗ってきましたが、115系や107系を置換えるための211系が入り始めて、いよいよかというところまできました。
馴染み深い車両なので消えてゆく寂しさがあり、まだ乗っておきたいと改めて思わされ、やはり18きっぷで乗れるだけ乗りたいと思い、昨日も行った次第です。
古いと故障も多くなって車体の傷みもひどくなるので廃車は仕方がないですが、たまたま私が個人的に乗りに行くには都合の良い記事でした。あとは、他の地域での国鉄タイプの車両の現状も把握できる内容で良かったです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


急にスケジュールに空きが出たので「青春18きっぷ」でまた群馬へ行き、一番国鉄っぽい音のMT54型を積んだ電車の旅に行ってきました。高崎駅でホームを観察していると、まだまだ115系が運用に就く姿が見られました。
前回の群馬の旅は高崎~大前間を往復したので、今回は信越本線にしました。115系の4両編成です。以前はよく特急「あさま」を使いましたが、長野新幹線ができてから横川~軽井沢間が廃止され、横川折り返しの普通列車ばかり通ります。なんか複線でなくとも良くなってしまったのではと感じさせられます。


信越本線の車掌アナウンスによると、普通列車でドアがボタン式の車両が導入されてゆくため乗り降りの際はご注意下さいとのこと。ドアがボタン式でMT54型モーターのいかにも国鉄らしい電車を置換えるのは、この写真の211系です。
以前は高崎に所属する115系と211系はうまく共存していましたが、高崎線での運用がなくなり、仲間同士で置換えるという事態になりました。昨日は211系には乗っていませんが、3両編成2本をつないだこれまでこの地区では見たことのない姿で車庫にいたのが不気味でした。


信越本線は短いので高崎に戻ってから、今度は水上へ。ここで211系が来るようなら帰ろうと思いましたが、かつての急行型電車の機器の多くを流用して製造された107系が来たので乗りました。
律儀にクーラーまで流用してコストを削減、強いて言えば制御装置を替えたくらいです。歯車の数を変更してあり115系と音はさほど変わらず、ロングシートながら座席はふわふわで台車もエアサス。乗り心地も良いです。115系より先に長野の工場へ送られ、恐らく解体でしょう。
今回高崎へは行きは八高線、帰りは高崎線と川越線を使いましたが。旅自体は楽しめましたが、八高線の私の乗った場所、雨漏りしていました。軽量化のため簡素な造りにしたそうですが、思えばキハ110系もデビューから20年以上経ってしまいました。
ちなみに今日のブログの題名は、かつて群馬テレビで放送されたクイズ番組のパクリです。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


鉄道雑誌については、これまで幾つかを紹介してきましたが、私は数ある鉄道雑誌の中で「これだ!」というのを購入、毎月発売される中で何号も続けて買うときもあれば、先月と今月で違う時もあれば買わない月、複数購入する月もあります。今月は2冊購入しました。今日は先に買った「鉄道ダイヤ情報」9月号について紹介します。
普段は鉄道の乗客から見える部分の記事が多いのですが、これには鉄道員の勤務ダイヤや保線の仕事など、あまり注目されない部分が掲載されていて、とても懐かしく感じる話題が多くありました。もちろん、普段から載っている臨時列車の情報などもあります。


特に保線の記事は「そうなんだよな…」と懐かしく感じました。よく東急の東横線元住吉の辺りや、当時の目蒲線の目黒駅の地下に目黒線の駅を造る仕事が多かったため、今も景色の違いはありますがそこを通ると当時の仕事のきつさなどすぐ思い出します。
単純そうでも、特に夜の保線の仕事はレールをつなぐにしても一つ間違えれば信号が赤のまま変わらなくなったり、初電より1時間くらい前に終わっていないと電車の運行に支障が出たりします。昼間の保線は東武東上線での仕事が多かったですが、電車が通る合間に作業して枕木の辺りを出たり入ったりしていました。
鉄道にはこういう仕事もあるんだよ。こんな勤務ダイヤなんだよ。と訴えかけたくなるような内容でした。鉄道会社は、就職して想像してたのと全然違ったとみんな言います。鉄道関係で勤務したい人は必見、に近い内容です。売り切れていなければ、まだ書店の店頭に並んでいると思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。