荒川夢悟「てツろグ.」

難病と闘いながら活動中の、駅係員と電気部、さらに保線の経験をもつ鉄道芸人、荒川夢悟(ゆうご)のブログへようこそ!鉄道の話題は年中無休の毎朝更新、仕事の告知や私生活などの情報は夕方に不定期で更新。自分より鉄道を優先する鉄道バカの世界を思いきりお楽しみ下さい!

NEW !
テーマ:


今日から西武鉄道でスタンプラリーが始まりますが、その話は別の日に紹介します。
明日2日から、西武特急「レッドアロー」の特急料金が改訂されます。乗る区間により安くなる場合もありますが、大体は値上げです。西武側としては、特急料金を抑えてはきたものの、ネットでの特急券の予約や発売をするなどのサービス向上により費用がかかるためとのこと。特急料金改訂は、株主のサーベラスも言っていたことです。また、新型特急車両も製造予定で、この投資にも充てるそうです。
明日からの特急料金は、大人は百円単位で、420円が500円になったり、区間により360円が400円になったり300円になったりします。
明日以降の特急券は、今日前売りで購入すれば古い料金で計算されます。


初代「レッドアロー」は1969年(昭和44年)に登場、当時は池袋から西武秩父までの特急料金は大人200円。明日からのこの区間の大人の特急料金は700円です。
実は、今走っている一番上の車両は、最後に造られた編成を除き、この写真の初代の部品の多くを流用、富山地方鉄道で再び活躍しているものも、機器は外して車体のみの譲渡でした。初代譲りの爆音は今の西武特急で聴けます。
新型特急はイラストで発表はされましたがよく分からなく、もっと煮詰まってから細かく再び発表されるでしょう。恐らく、新型特急はまずは池袋線に、2代目はもうちょっと活躍してくれそうです。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


乗り入れてくる列車も含めて通勤型電車が銀色の車体が多く、箱根のラッピング車を除けば白に青帯はこの8000形ばかりになった小田急線。その各駅で、今年度の事業計画が配付されています。
この通りにいけば、予定していた区間の複々線化が終わり、朝のラッシュの列車本数が大幅に増えて混雑が緩和されそうです。本数が増えれば地下鉄乗り入れ列車も増加、選択肢も増えます。
また、10両編成の各駅停車が運転できるようホームの延伸工事も進みます。町田~新宿間の急行の所要時間も50分弱から40分弱へ。普段使われている方にはありがたい話でしょう。


しょっちゅうではありませんが、私も小田急を利用します。ロマンスカーが多いのですが、通勤型電車を追い越してもまた先にいる列車に追いついてのろのろ運転…。これが本当に特急なのかと外の景色を見ると思ってしまいます。中は綺麗で乗り心地も良いですが…。
スピードアップと混雑緩和、来年度が待ち遠しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


東京メトロ千代田線は、綾瀬から北でJR常磐線各駅に、代々木上原から西で小田急線と直通運転を実施、JRの車両は代々木上原まで、小田急の車両は綾瀬までの運転で、3社を直通する列車は東京メトロに所属する車両が担当していました。この状態は長く続き、3社とも新型車両が登場、直通運転に使用されるしていた車両はJRも小田急もまるっきり変わりました。そして今年3月からはJRの車両が小田急を、小田急の車両がJRを走るようになり、運転の効率化が図られました。もちろん安全装置も3社分装備しています。
2社しか走れない状態より便利になりますが、ダイヤ乱れが発生すると影響を受ける区間が拡大するリスクもあります。


JR東日本はE233系2000系を、小田急は4000形を使用しますが、側面や機器は非常に似ており、車内とモーターは小田急のほうが自社へのこだわりが強く、差があります。
私はまだ、JR線内で小田急電車を、小田急線内でJR東日本の電車はまだ乗ったことがありません。JRは、今は乗り入れて来ない東海の特急「あさぎり」用371系くらいで…。その371系も、現在は廃車されて富士急行で大きなリニューアルを受けて余生を送っています。


ちなみにJR常磐線各駅停車には209系1000番台が所属していますが、この車両は数がわずかなため、小田急線には入りません。
どの列車にどの会社のものが充当されるかは決まっているためその気になれば乗りに行けますが、偶然を楽しもうと思い、調べないで常磐線や小田急線を利用しています。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。