2005-07-05 14:42:34

刻命館シリーズ最新作 影牢II

テーマ:ゲームレビュー

トラップアクションゲームの「刻命館」シリーズ最新作「影牢II」を買いました。

このシリーズは「影牢」しかプレイしていませんが、敵を罠にかけて倒すのが面白くて結構ハマってプレイしていた記憶があるので久しぶりにプレイしてみたくなり買いました。

テクモ 影牢II Dark illusion

初回プレイ6時間ほどでクリア。

ボリュームの少なさにびっくりです。

一応エンディングが4種類あるけれど2週目からは3時間ほどでクリアできたし、隠し要素もたいしたものがなく凄く物足りない感じでした。

ストーリーも別に面白くなかったし。


視点も悪いし、罠を作るために必要なポイントを拾い集める仕様に変更されてしまったりとシステム的にも快適さも前作から劣化してしまった印象を受けました。


ゲーム面でもラスボスも前作の主人公ミレニアも敵として出てくるんですがめちゃくちゃ弱かったです。

ザコに囲まれて死ぬことは多々ありましたが、ボスが弱かったのはガッカリでした。

シリーズ初のPS2ということもあって様々な要素に期待して買っただけに残念です。

久しぶりに買ってスグに売り飛ばしたゲームとなりました。


蒼魔灯(シリーズ3作目)はプレイしたことがないし、特典のDVDを見ていたらプレイしてみたくなったので「影牢II」売るついでに買おうかなと探してみたんですが中古で1980円と思っていたより高かったので諦めました。

「影牢」は中古で300円ぐらいで買った覚えがあるので1000円もしないと思っていたんですが残念です。

調べてみたらPSoneBooksで発売されていないか少し高めだったみたいです。

1作目の「刻命館」もやってみたいけど、グラフィックに耐えれるかが問題です。


   

PSoneBooks刻命館
PSoneBooks影牢~刻命館 真章~
蒼魔灯 Best

「影牢II」をプレイしていて思ったこと


最近では「グランド・セフト・オート3」(以下GTA3)が有害図書に指定されたりもしていますが、このソフト(影牢II)も結構ヤバイんじゃないかなぁと思います。

私は「GTA3」はプレイしたことがないので比較はできませんが、「影牢II」は罠を駆使して人を様々な道具や方法で殺すゲームでプレイヤーの手で残酷な描写を作り上げていくことができ、このソフトも有害図書に指定されても良いんじゃないかなと感じました。


中には思わず目を覆ってしまうような殺し方もあり、「影牢 I 」では子供を殺す場面もありました。

他のキャラが変身していた姿ではありましたが、さすがにこの時はとても気分が悪くなりました。

こんなゲームを楽しんでいる私も結構ヤバイのかもしれませんが、小さい子がプレイして良いようなゲームではないです。

まぁ、このゲームをプレイしたからといって犯罪に走るとは思えないですが、こういうゲームを小さい頃から楽しんでプレイする子供って個人的には好ましくないですね。

現状のCEROの効果がどれくらいあるのかは知りませんが、有害図書指定等で多少厳しくなってもいいと思っています。


TOPページへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-17 01:15:12

killer7クリア

テーマ:ゲームレビュー
GC版 PS2版

早いものでもうクリアしてしまいました。

前にプレイしていたのが「ナムコクロスカプコン」だったせいもあり、余計早く感じてしまいます。

プレイ時間的には12時間くらいでしょうか?もっと短いかも。

セーブデータ画面には本体の日付しか出ていないので体感的にこれくらいだろうという予想ですが。


サウンド、ビジュアル面においては凄く気に入っています。

ストーリーの謎などにおいては1度クリアしただけでは今ひとつパッとしない面があります。

何度もプレイしたからといってたやすく解けるものでもないと思いますが。

戦闘システムについては、敵の弱点を狙って1撃で倒した時の飛び散り方(敵の形をした赤い○の集合体が弾けるように飛び散る)がスッキリしてイイ感じです。

FPSにこだわりのあるゲーマーではないので特に問題は無かったと思います。

不満点を言えば

会話が自動で流れてしまうのでたまに他のことに気をとられて見逃してしまうところがあったので、ボタン送りの方が良かったなと思いました。

ロード画面がチカチカして目に悪そうだったところ。慣れれば問題ないんだろうけれどちょっと直視してられなかったこともある。

オープニングムービーが無い点。意外と重要だと思うんですが。私はあった方が良かったと思います。カッコイイのを期待していたんだけどなぁ。

絶対に7人の人格をそれぞれ使うことにはなるんだけれども、シナリオ面においては活躍の場が与えられていない人格がいるのは寂しいところです。

7人の人格それぞれのエピソードを混ぜて欲しかったと思います。


人に絶対おもしろいでと勧めるほどではありませんが、プレイしてみてもいいんじゃない?って感じですね。

私は結構気に入ってますが。


クリア後にはキラー8の項目が追加され、人格が新たに増えた2週目が選べるようになります。

何か新たな出来事があるのではと期待しながら2週目を始めることにします。


オマケ

数字の付く掲示板の書き込みによると、PS2では残虐なシーンなどがカットされているそうです。

GC版ではカットされずに収録されていてロード時間も早くなっているそうです。

これから買う予定の方にはGC版をオススメします。

近いうちにPS2版を売り払ってGC版を買い直そうと思います。


TOPページへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-06-12 03:47:56

ナムコクロスカプコン 終了

テーマ:ゲームレビュー

やっと最終話(45話)をクリアしました。

ほんと長かったなぁ。

後半はほとんど意地でプレイを続け、2度とプレイしたくないゲームの仲間入りを果しました。

そんな訳で全体を通しての総評を。

キャラクター同士の会話のやり取りは面白いのですが、ストーリーに脈絡がないというか、毎回同じことの繰り返しでほとんど進展しないのがしんどかったです。

ステージ更生の面でも、毎度のザコ撃破→増援→撃破→増援→中ボス撤退の流れが全話通して続いてウンザリでした。

36話ぐらいから、中ボスの撃破が出来るものの、後々のステージで復活して出てくるのは、呆れてしまいます。

戦闘システムも最初は面白かったんですが、後半になるにつれて、レベルが上がって攻撃回数も増えるので時間がかかってしょうがない感じでした。

悪いところが目立ちますが、まぁ私自身シュミレーションゲームといえば、Gジェネ、ギレンの野望、GBウォーズぐらいしかプレイしていないせいもあると思います。

シミュレーションゲーム好きの方には気にならない程度なのかもしれません。


良かったところとしては

キャラクター同士の会話が面白いところです。

そのせいで全然知らないキャラクターでも、登場作品のゲームをプレイしたくなっちゃうんですよ。

知ってるゲームであれば、なおさらです。

終盤でベガを倒すシーンがあるのですが、それを見たら今からストⅡでベガを倒しに行きたくなって、スーファミ引っ張り出してストⅡをプレイしちゃいました。

世界観の設定も特に違和感なくできていて、思わぬつながり等にも楽しめました。

ナムコ、カプコンそれぞれのゲームを良くここまでまとめてそれぞれの繋がりを持たせたものだなぁと感心しました。


ナムコ、カプコンのゲームキャラや登場作品ゲームに思い入れのある方は間違いなく楽しめるないようだと思います。

さらに、忍耐力がある方にはお勧めの1本です。

ナムコ クロス カプコン 特典スペシャルサントラCD付き

TOPページへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-25 13:31:57

若さゆえの過ち

テーマ:ゲームレビュー

少し前に紹介したゲーム花と太陽と雨とを無事クリアしました。

前回の紹介とかぶるんですが、独特の雰囲気に、センスの良い会話にまじって、一瞬目を疑うような会話もあり、楽しませてもらいました。

クリア後も売らずに手元に置いておきたい一品になりました。


クリア後に色々なサイトを見て分かったことがあります。

このゲームは単体でも楽しめるのですが、シルバー事件という同じ開発会社のゲームとリンクしているのです。

私は以前シルバー事件が雑誌の懸賞で当たり、少しプレイしたことがあったので、どこかしら雰囲気が似ていると思いながらプレイしてたのでようやく納得がいきました。

発売元と開発会社が違うなんてよくあることですよね。

ちなみにシルバー事件はアスキー、花と太陽と雨とはビクターです。


ここでようやく”若さゆえの過ち”の登場です。

シルバー事件が当選した当時の私には独特の雰囲気があわず、わけも分からずろくにプレイしないまま売っぱらってしまったのです。

しかも、現在ではちょっとしたレアゲーらしく、古いわりにはお値段もそこそこするようで手が出しにくくなっております。

今なら、絶対に楽しめそうなのになんてもったいないことをしてしまったんだ!過去のオレ!


どちらの作品もグラスホッパー・マニファクチュア (開発会社)の須田さん(ディレクター)が

手がけた作品で、なんと6月9日に最新作のキラー7(PS2、GC)が発売となります!

カプコンからの発売とあって別の意味で期待していた作品なだけあって、期待度はさらに膨れ上がりました!

まずは、公式サイト のコラムを読んでください!なかなかおもろいです。

あなたもきっと須田作品が気になるハズ!


グラスホッパー設立後の作品

              
GC版Killer7  PS2版 Killer7  花と太陽と雨と  シルバー事件

グラスホッパー以前の作品

ムーンライトシンドローム

トワイライトシンドロームの続編
この作品からディレクターとして注目される。(花と太陽と雨と説明書より)

トワイライトシンドロームSP

探索編、究明編の2枚組みSPパック
現場放棄した前任ディレクターの跡を継ぎ作品を完成させた。(花と太陽と雨と説明書より)


TOPページへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。