がめらがゆく 2

特別非営利活動法人 グラスルーツ
Creative Debate for GRASS ROOTS


テーマ:

まるちゃん先生が、がめ研講座のおすすめポイントを記事にしてくださいました。
ちょっと参加されただけで、次々にアレンジして、自分のものにしていかれる姿はほれぼれします。
それやねん!それ!
いくら勉強にいっても、それを真似するだけじゃなくて、深く考え、深く目の前のこどもたちを洞察して、彼らに必要なものに変えて届ける。

そのためには、「自分の頭で考える」「目的と目標を言語化する」「本当にそうなのか?」と自分でつっこみを入れる、ということを繰り返す習慣(トレーニング)が必要です。

がめ研の使命はそこにある。
もちろん、ネタも方法もあるけれど、それを使って成果もあげてほしいけれど、その奥に、もっと大切なことがある。
「考える」ということを自分につきつけなあかんし、知識も必要。

がめ研では、仲間とともに、それを頑張る場所。

ぞくぞくと仲間が増えています。
みんなでやるよ。
みんなで児童英語教育の新しい価値基準を創ろう。

草の根活動開始!

☆★☆☆★☆

児童英語授業研究講座(通称がめ研)Basic Course in 名古屋

2015年6月21日(日)より
10:00-16:50(6時間)×8回計48時間

お申し込みはこちらより↓↓

http://kokucheese.com/event/index/295842/


↓がめ研受講中の高桑先生の記事をシェアさせていただきます。

名古屋あたりにおすまいの児童英語の先生方~。

ここのところ月1~2回ぐらいのペースで私もコレ↓に通っています。

児童英語授業研究講座、略してがめ研。

どどどう略したらそうなるねん!という話なんですけど(爆

HTになろうと決めた頃からネット上で色々な先生方の色々な活動、工夫例、アクティビティのプランなどをむさぼるようにチェックしておりますが、その頃からずーーーーっと気になってたキーワードがありました

「文法九九」

英語に九九があるの?なにそれ?どんなもん?とずっと気になりながら、講座などもあるらしいことを知りながらも子育てや時間的制約や費用などなど、まぁ色々タイミングがあわずずっと遠くからなんじゃらほいと眺めていただけだったのですが。

縁あって一度小学校英語活動の講座に単発で参加させて頂き、世にも有名ながめら先生にもお会いし、文法九九もちょっとかじらせてもらって、去年あたりから早速自分のレッスンにもエッセンスを取り入れていました。

小学生に文法を教える。

いかに説明をわかりやすく、かみ砕くかというところに心血注いできた私でしたが、文法九九は大胆にも説明ゼロでいっちゃうんだ、あ、そうなの!?ほんまにそれでいける?いやでも説明になると白目になってる男子たちにいくらかみ砕いても確かに右から左・・・これ、いけるんちゃう!?みたいな。

文法用語うんぬんじゃなく、
まず普段の日本語の会話の中でどんな場面でこの構文が出るの?というところからしっかり場面を浮かべてからの導入。

ああだから理解につながるんや。1~10まで説明しなくても、一つ道しるべを与えてやれば、あれよあれよと自分でひもとくことができる、丸覚えじゃなくしっかり運用出来る力を子どもたちも持たせるためには、ああこういう手法があったか、ってかそらそうか、その方がわかりやすいよなぁ!

などなど。まぁとにかく目から鱗な学びのある講座です。
あ、別に私まわしもんじゃないんですよ。勝手にまわってるだけで(爆

名古屋の講座、あと3名集まったら講座開講だそうです。

いーひーひーのレッスンにまるごと取り入れることは出来なくても、盗めるヒントはごろごろ転がってますよ。

オススメです!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

gameraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。