任天堂ニュース速報(任天堂ニュースアーカイブ)

任天堂に関するニュースをまとめて、アーカイブしていきます
また、管理人のゲーム日記も作成していきます
管理人へのご連絡・苦情・削除依頼・相互リンク等は
左側にある、メッセージの送信からお願い致します
末永く宜しくお願い致します

NEW !
テーマ:

Nintendo’s Switchのプレゼンテーションは多くの情報を提供してくれたが、まだ答えのない疑問も少なからず残っている。
この記事では、我々がまだ分からない9つの最も知りたいことをまとめる。
オンラインサービスの仕組み
任天堂は友達をマルチプレイのゲームに招待したり、一緒に遊ぶ時間を約束したり、ボイスチャットでコミュニケーションをしながらプレイしたりできるオンラインサービスを発表した。
2017年の正式ローンチまでは無料トライアル期間も設けられる予定だ。
君島達己社長は「Nintendo Switchと連携できるスマートデバイスアプリ」を使用すると話したが、本当にその専用のモバイルアプリでしかプレイヤー間のボイスチャットが行えないだろうか? 料金設定はどのようになるだろうか? そして、フレンドリストはどんな風に機能するだろうか? 具体的な答えが出るまで、我々は自分が何に対してどれくらいの対価を支払うのかもよく分からないのだ。
現代的な新サービスが登場する可能性
Nintendo Switchのオンラインサービスが課金ビジネスである以上、ユーザーが無料のサービスよりも高い期待を持つことは言うまでもない。
複数のゲーム機から同じアカウントにサインインして購入済みのソフトにアクセスできることは理想だが、もしそれが可能だとしても、ハードをリセットせずに使えるアカウントの数や、1つのアカウントを共用できるSwitchの最大台数を知る必要がある。
また、Switchにおけるマイニンテンドーといった既存サービスの使い道についても疑問が残る。
明らかに、Miiverseやすれちがい通信はSwitchには対応しない。
ニンテンドーeショップの新機能にはもちろん期待している。
そして、1つのアカウントのプレイ記録を異なる種類のゲームハードでアクセスできる、マイクロソフトの「実績」やソニーの「トロフィー」の任天堂版が登場するのかどうかも我々の関心事だ。
バーチャルコンソールの不明点
バーチャルコンソールに関する疑問は、オンラインサービスに関する疑問と密接に繋がっている。
PlayStation PlusやXbox Live ゴールドと同じように、月替わりでバーチャルコンソールのタイトルをSwitchで遊べることは分かっているが、月が変わると前の月のゲームを自分のところに留めておくことができない。
ここで疑問は生じる。
以前購入したバーチャルコンソールのタイトルはSwitchで遊べなくなってしまうのだろうか? 持ち越しができなければ、同じゲームを何度も買い直す羽目になる。
Wii Uや3DSのソフトをSwitchでプレイしたり、あるいは最低限でも同じソフトを特別価格で再購入したりできることを願う。
さらにゲームキューブのゲームもついに復活するのか? 新しいバーチャルコンソールのクオリティはどれくらいのものだろうか?
サードパーティー製アプリの利用
テレビに繋げるメディアデバイスは当然、NetflixやHulu、HBO GOといった人気アプリをサポートするだろう。
……と考えたいところだが、任天堂からはまだ何も発表されていない。
それらに類するオリジナルアプリが提供されるかどうかも不明だ。
リージョンフリーの自由度
リージョンロックは「原則としてゲームの起動にはかけない」というが、あくまで「原則」なので、「どこでも全世界向けにリリースされたゲームが遊べる」という理想に対して何らかの制約が課されると考えられる。
一部のアカウントが他のリージョンのストアからデジタル版のゲームが買えないことはほぼ想定できる。
日本でリリースされたゲームのデジタル版を、日本のアカウントを作成しただけで、米国で発売されたSwitchでも買えるようになるのか? また、異なるリージョンで同じゲームをプレイしても内容が違ってくるように、一部の機能がロックされる可能性もある。
特にオンラインのプレイに関しては重要な問題だ。
既存のコントローラーの利用可能性
SwitchのProコントローラーの使い心地については大抵好評だが、それだけでは十分な選択肢があるとは言えない。
「『大乱闘スマッシュブラザーズ』をプレイするときはゲームキューブ コントローラ」という風に、ゲームによって異なるコントローラーを選べるようにしてほしい。
現代的なeスポーツ(特に「大乱闘スマッシュブラザーズ」)の要請に応えるよう、Switchがゲームキューブ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

任天堂は、ニンテンドーeショップで配信される新作ソフトの情報を毎週告知する、「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」の1月18日号を公開しました。


1月18日号には、「逃げる」ことに重点を置いたアクションアドベンチャー『CREEPING TERROR』と、毛糸のヨッシーが活躍する横スクロールアクション『ポチと! ヨッシー ウールワールド』が、ソフトメーカーや宣伝担当者のコメントと共に紹介されています。

左側:3DSのセールス右側:Wii Uのセールス
また、先週のWii U/3DS向けダウンロードソフトの売上ランキングとセール情報も掲載。
現在3DS向けソフト『テイルズ オブ ジ アビス』と『テイルズ オブ ザ ワールド レーヴ ユナイティア』等の注目タイトルがセール中のようです。
セール情報の詳細が気になる方は、下記のURLからご覧ください。

「キャンペーン&SALE情報」:https://www.nintendo.co.jp/software/campaign/index.html

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1世紀以上前に花札メーカーとして創業した任天堂。
同社がこのほど発表した新型の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の企画担当者たちは、自社の原点に立ち返り、2人のプレーヤーが画面ではなくお互いの目を見て遊ぶコンセプトを思いついた。

ニンテンドースイッチの総合プロデューサー小泉歓晃氏はインタビューで、「任天堂はトランプを作っているが、トランプは画面を見て遊ぶゲームではなく相手の目を見て駆け引きする。
そうした遊びは面白かったが今はなかなか難しい」と説明。
こうした遊び方を「どのゲーム機でも提供できていない」という認識がスイッチの開発につながったと述べた。

任天堂はこうして、3月3日に世界同時発売するスイッチを「いつでも、どこでも、だれとでも」共有できるゲーム機として売り出す戦略を固めていった。

同社にとって最大の課題は、さまざまな遊び方ができる点について、競合機より価格が高いだけの価値があると消費者を納得させることだ。
スイッチの価格は約300ドル(2万9980円)。
これはゲームが1本同梱されるソニーの「プレイステーション(PS)4」やマイクロソフトの「Xbox One(エックスボックスワン)」の基本的なセットよりも高い価格設定だ。
スイッチの価格が一部プレーヤーに嫌気されかねないとの懸念から、任天堂の株価は13日に5.8%、週明け16日には2.3%下落した。

「PS」シリーズや「Xbox」シリーズ、あるいは任天堂自体の最近のハードウエアと違い、スイッチにはコントローラーが2台ついてくる。
これにより、「Wii(ウィー)」に成功をもたらしたモーションセンサーゲームを次の段階に押し上げる狙いだ。
ウィーと違い、スイッチは持ち運びができる。

スイッチは、プレーヤーがテレビを前にして1人で遊ぶ従来のビデオゲームのような使い方もできる。
だが同社はスクリーンを見ずにプレーヤー同士が向き合って遊ぶミニゲームを集めたソフト「1-2-Switch(ワンツースイッチ)」も発売する。
含まれるゲームには「ピンポン」があり、これはプレーヤーがコントローラーの回転や振動、ゲーム機の音などから、球を打ち合っているような感覚を味わう。
また、コントローラーを箱に見立てるゲームでは目をつぶってコントローラーを動かし、ボールが何個入っているかを当てる。

小泉氏は「伝わってくる情報の精度が高ければ、画面を見なくても遊べることがこのデバイスでわかった」と述べた。
「ワンツースイッチはその象徴的なゲームだ」
スイッチの開発は3年前に始まった。
将来の社長候補の1人とみられている企画制作本部長の高橋伸也氏は、試行錯誤と苦労を重ねて他機と差別化するアイデアに至ったと語った。

「次の据え置き機は何かと考えた時、据え置き機は高性能に行くだけでどこのゲーム機を見ても同じようになる」と�橋氏。
「それなら違う要素はなんだろう、と悶々と考えた」
他社は一般に、一段と高い技術を備えたハイエンドのゲームを追求してきた。
小泉氏は「自分たちがどのようなことをしてきたのか、見直す時間を持った。
任天堂は娯楽屋だと再認識するところに戻った」と話した。
「どこにでも持って行けるゲーム機を作ると決まった時、スイッチの基本性能は一気に定まった。
コントローラーも外に持って行けなければいけない、2ついるよね、というように」
小泉氏によれば、コントローラー2台をセットにし、どこでも携帯して2人で遊べる自己完結型ユニットを作ることなどが最初に決まった。
「ゼルダの伝説」や「マリオ」シリーズの開発に携わった経験を持つ小泉氏は「お客さんにもっと自由にゲームを楽しんでもらいたい」と述べた。

コントローラーが2つ最初からついてくることは非常に重要な要素だったという。
任天堂は携帯型ゲーム機3DSも販売しているが、外で他人と一緒に遊ぶためには皆が3DSを持っている必要がある。
また、最初から1つしかコントローラーがついていないことで、いつしかそういうゲームばかりが作られていったと小泉氏は述べた。

「2人で遊んでね、と言いながらもう1個コントローラーを買ってね、とはいいづらかった」と小泉氏。
「最初からコントローラーが2つ付いていることが大切だとわかったのです」
スイッチのコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」には、対象の形状や動きを正確に読み取るセンサー技術が使われており、例えば対戦相手が出すグー、チョキ、パーといった手の形を見分けられる。
コントローラーの色はグレーに加え、ネオンブルーとネオンレッドを組み合わせたものも発売される。
�橋氏はスイッチの多人数で遊ぶというコンセプトをより強調した後者が個人的な好みだという。

スイッチは直近のゲーム機が不振だったことに対する反省を踏まえている。
2012年に発売した「Wii U(ウィーユー)」はPSにはるかに及ばず、任天堂がハードウエア事業から撤退すべきだと示唆する投資家も出た。

同社はウィーユーでタッチスクリーンパッドを売りにしていたが、本体に接続できるパッドは1度に1台だけだった。
そのため小泉・高橋両氏はこれについて、元祖ウィー(06年発売)の大ヒットにつながった一因でもある「多人数で遊ぶ」スタイルには不向きだったと述べた。

小泉氏は、スイッチが「ポケモンGO」と同様に公の場で楽しまれることを期待している。
「ソーシャルメディア上で話題になるだけでなく、沢山の人がいろいろなスタイルでスイッチを外で遊ぶ。
それを見てより多くの人が興味を持ってくれる。
——それが成功なんだと思う。
そういう風景を早く作りたい」



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

●気になったらすぐに遊べる新作ソフトはこちら
2017年1月16日(月)~2017年1月22日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。
すぐに発売されるタイトルばかりなので、気になるものがあったらさっそく遊んでみよう!
※表示価格は税抜価格/税込価格です。

■ニンテンドー3DS
・1月19日『ポチと! ヨッシー ウールワールド』<任天堂>4700円/5076円
・1月19日『ポチと! ヨッシー ウールワールド』(ダウンロード版)<任天堂>4700円/5076円
Wii U用ソフト『ヨッシー ウールワールド』の全コースに加え、ポチ専用の新コースと、ヨッシーとポチの日常を描く短編アニメ全30話を収録した3DS版。
海に囲まれた小さな島、クラフトアイランドを舞台に、あみぐるみのヨッシーたちが不思議な毛糸の世界を冒険する。

■プレイステーション Vita
・1月19日『花朧 ~戦国伝乱奇~』<アイディアファクトリー>6300円/6804円
・1月19日『花朧 ~戦国伝乱奇~』(限定版)<アイディアファクトリー>8300円/8964円
・1月19日『花朧 ~戦国伝乱奇~』(ダウンロード版)<アイディアファクトリー>5800円/6264円
1500年後期を舞台に、歴史上の人物や独自のキャラクターが新たな戦国時代を織りなす“オトメイト”ブランドの女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。
プレイヤーは織田信長の妹である市となり、浅井長政、織田信長、武田信玄といった武将たちと関わってゆく。

・1月19日『蒼き革命のヴァルキュリア』<セガゲームス>6990円/7549円
・1月19日『蒼き革命のヴァルキュリア』(ダウンロード版)<セガゲームス>6990円/7549円
『戦場のヴァルキュリア』シリーズと同様、“ヴァルキュリア”の名を冠した新作RPG。
復讐という私怨を胸に秘めながら国をも巻き込む戦争を仕掛けた主人公たち、そして目的遂行の最大の敵として現れる“ヴァルキュリア”による物語が描かれる。

■プレイステーション4
・1月19日『Birthdays the Beginning(バースデイズ ザ ビギニング)』<アークシステムワークス>5800円/6264円
・1月19日Birthdays the Beginning(バースデイズ ザ ビギニング)』(ダウンロード版)<アークシステムワークス>5370円/5800円
トイボックスの和田康宏氏が手掛けた、“いのちをうみだすみんなのハコニワ”ゲーム。
まっさらな土地に生物が誕生する環境を作り出し、自分だけのオリジナリティー溢れる夢の世界を創造することができる。

・1月19日『蒼き革命のヴァルキュリア』<セガゲームス>7990円/8629円
・1月19日『蒼き革命のヴァルキュリア』(ダウンロード版)<セガゲームス>7990円/8629円
・1月19日『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』<ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア>6900円/7452円
・1月19日『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』(初回限定版)<ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア>6900円/7452円
・1月19日『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』(ダウンロード版)<ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア>6900円/7452円
重力姫キトゥンの物語を描いた大冒険活劇『GRAVITY DAZE』シリーズの最新作。
本作では通常の形態に加え、“ユピトールチューン”と“ルーナチューン”という異なる重力特性を持つ新たな形態も登場する。
ストーリー、アクションなどすべての要素が進化した重力アクションアドベンチャーだ。

●2017年1月16日(月)~2017年1月22日(日)配信予定のダウンロード専用ゲームソフト
■ニンテンドーe ショップ
・1月18日『クリーピング・テラー』(3DS)<メビウス>917円/990円
■PlayStation Store
・1月20日『RIVE(ライヴ)』(PS4)<レイニーフロッグ>1389円/1500円
●2017年1月23日(月)~2017年1月29日(日)発売予定のゲームソフト
■プレイステーション Vita
・1月26日『ブラック ウルヴス サーガ -ヴァイス ウント シュヴァルツ-』<アイディアファクトリー>6800円/7344円
・1月26日『ブラック ウルヴス サーガ -ヴァイス ウント シュヴァルツ-』(限定版)<アイディアファクトリー>8800円/9504円
・1月26日『ブラック ウルヴス サーガ -ヴァイス ウント シュヴァルツ-』(ダウンロード版)<アイディアファクトリー>6000円/6480円
・1月26日『オルフレール ~幸福の花束~』<dramatic create>6900円/7452円
・1月26日『オルフレール ~幸福の花束~』(ダウンロード版)<dramatic create>5900円/6372円
・1月26日『新星抜擢 ドライブガールズ』<バーグサラ・ライトウェイト>6800円/7344円
・1月26日『新星抜擢 ドライブガールズ』(ダウンロード版)<バーグサラ・ライトウェイト>6800円/7344円
・1月26日『双星の陰陽師』<バンダイナムコエンターテインメント>5700円/6156円
・1月26日『双星の陰陽師』(ダウンロード版)<バンダイナムコエンターテインメント>5130円/5540円(2017年2月23日からは5700円/6156円)
・1月26日『NEW GAME! -THE CHALLENGE STAGE!-(ニューゲーム ザ チャレンジステージ)』<5pb.>7300円/7884円
・1月26日『NEW GAME! -THE CHALLENGE STAGE!-(ニューゲーム ザ チャレンジステージ)』(限定版)<5pb.>10300円/11124円
・1月26日『NEW GAME! -THE CHALLENGE STAGE!-(ニューゲーム ザ チャレンジステージ)』(ダウンロード版)<5pb.>7000円/7560円
・1月26日『うたの☆プリンスさまっ♪ Repeat LOVE』<ブロッコリー>5800円/6264円
・1月26日『うたの☆プリンスさまっ♪ Repeat LOVE 初回限定Shining LOVE BOX』<ブロッコリー>7800円/8424円
・1月26日『うたの☆プリンスさまっ♪ Repeat LOVE Premium Princess BOX』<ブロッコリー>12800円/13824円
■プレイステーション4
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル』(PS VR対応)<カプコン>7990円/8630円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル』(PS VR対応・ダウンロード版)<カプコン>7398円/7990円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』(PS VR対応)<カプコン>7990円/8630円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』(PS VR対応・ダウンロード版)<カプコン>7398円/7990円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. デラックスエディション』(PS VR対応)<カプコン>9250円/9990円
・1月26日『蒼の彼方のフォーリズム HD EDITION』<sprite>7800円/8424円
・1月26日『蒼の彼方のフォーリズム HD EDITION』(初回限定特装版)<sprite>9800円/10584円
・1月26日『蒼の彼方のフォーリズム HD EDITION』(ダウンロード版)<sprite>6800円/7344円
・1月26日『NEW GAME! -THE CHALLENGE STAGE!-(ニューゲーム ザ チャレンジステージ)』<5pb.>7300円/7884円
・1月26日『NEW GAME! -THE CHALLENGE STAGE!-(ニューゲーム ザ チャレンジステージ)』(限定版)<5pb.>10300円/11124円
・1月26日『NEW GAME! -THE CHALLENGE STAGE!-(ニューゲーム ザ チャレンジステージ)』(ダウンロード版)<5pb.>7000円/7560円
■Xbox One
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル』<カプコン>7990円/8630円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル』(ダウンロード版)<カプコン>7400円/7992円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』<カプコン>7990円/8630円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』(ダウンロード版)<カプコン>7400円/7992円
・1月26日『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. デラックスエディション』<カプコン>9250円/9990円

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

文・取材:編集部 ブラボー!秋山、撮影:カメラマン 和田貴光
●『DQHI・II for Nintendo Switch』のキーマンを会場で直撃
2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催された“Nintendo Switch 体験会 2017”。
Nintendo Switch本体と同時発売予定の『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』(スクウェア・エニックス)について、会場では、同作のプロデューサー・青海亮太氏(スクウェア・エニックス)、ディレクター・庄知彦氏(コーエーテクモゲームス)にお話を聞くことができた。
その模様をお届けしよう。

・『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』PV公開 新たな操作キャラクター“ライアン”の声は杉田智和さんに!
・Nintendo Switchの門出を飾る『ドラゴンクエスト』!『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』をプレイ
●新ハードの魅力を体感できるタイトルをローンチに
——13日のプレゼンテーションで初公開となったわけですが、反応はいかがですか?
青海亮太氏(以下、青海)いままで秘密だったので、Nintendo Switchで発売されることに驚かれている方がとても多かったですね。
また、丸ごと『I』と『II』が収録されているので、いままで興味があったけどプレイしたことがなかったという方々から、本体といっしょに買いたいという反応がありました。
庄知彦氏(以下、庄)当然これまでまったく情報を出していなかったので、新キャラクター“ライアン”とボス“破壊神シドー”に対する反応も大きかったですね。
シリーズに登場するキャラクターそれぞれにファンがいるのだなぁと感じました。
青海それから、会場では皆さん、Nintendo Switch本体を見るのも初めてなので、画面を見て、再度驚かれている方も多かったです。

——ちなみに、当初から本体との同時発売を予定されていたのですか?
青海そうですね。
出すからには、ぜひローンチで皆様にお届けしたいと考えていました。

——新ハードということで、開発で苦労した点などはありますか?
青海新ハードの、しかもローンチに合わせたソフト開発は、やはり苦労するものです。
ノウハウも蓄積されていませんでしたが、任天堂さんのほうでも環境を整備していただいていて、それと並行して開発を進めています。
HD振動のような新しい機能については、我々も実際に作ってみながらで、手探り感はありました。
庄メタルスライムを斬ったときの“カキーン”という感覚は新鮮だと思いますよ。

——Nintendo Switchというハードに対して、クリエイターの目からどのような魅力がありますか?
青海13日のプレゼンテーションでジャイロセンサーなどの情報が出ましたが、それでお客様の見えかたも変わったのではないでしょうか。
家族みんなで遊べるし、WiiやWii Uではできなかったような細かい動きもできるようになり、さらに進化した遊びを提供できると思います。
庄これまでのゲーム機と似ている部分に加え、HD振動やコントローラがつねにふたつあるということで、楽しいハードになりそうだなという印象です。
実際に開発する際も、この特性をいかに活かしてゲームを作るのかがやり甲斐でもあり、取り組んでいきたい部分ですね。
青海任天堂さんのハードは、Wiiでも、ニンテンドー3DSでも、最初は「この機能はどうやって使うんだろう?」という反応があったと思うんです。
でも、その後作り手側がいろいろと工夫した結果、さまざまなタイトルが発売されるようになりました。
ですから、Nintendo Switchでも作り手側が、今後どのような新しい遊びを作り込んでいくかですよね。
個人的に、任天堂さんがどんなタイトルを出してくるのかも楽しみにしています(笑)。
庄本作も、Nintendo Switch用に新しいアレンジや工夫があります。
新規タイトルとして、ゼロから作る場合は、作り手の力がより問われる気がします。
青海そういう意味でも、まだまだ“化ける”可能性を秘めているハードだと思います。

——Nintendo Switchの発売日や価格については?
青海すごくがんばったと思います。
発売日は思ったよりも早かったですね。
これだけの性能で20000円代に抑えたのは、ユーザーさんも手が届きやすいのではないでしょうか。
庄この性能なら、十分安いですよね。
家庭用ゲーム機でこの価格は、お買い得だと思います。
青海テレビでも遊べて、また液晶の画面でもプレイできるので、ゲームをふだんあまりやらない方でも手に届きやすいです。
任天堂さん、ありがとうございます(笑)。

——本作は、遊びかた次第で3つのモードの特徴が活かせそうですね。
たとえば、外では携帯モードでレベル上げをして、家ではTVモードでじっくり遊ぶというような感じで。
庄そうですね。
イベントシーンやボス戦は、自宅のテレビでガッツリとプレイしていただき、レベル上げや経験値稼ぎは移動中や外出先でプレイするといいと思います。
青海発売直前にニコ生の配信を予定しています。
そこでは、実際にプレイしながら、細かい部分やNintendo Switchならではの特徴を解説する予定です。
庄単なる移植ではないということは、しっかりとお伝えしたいですね。
『I』も『II』も相当手を加えているので、どちらもパワーアップしています。
青海まさにいまが開発の佳境です(笑)。
庄今日も、開発スタッフは様子を見てから会社に戻って仕事をしています。

——発売を楽しみにしているファンへ、メッセージをお願いします。
青海とにかく新ハードというのはワクワクしますよね。
まずはプレイしていただいて、HD振動や3つのモードを切り換えながら、ハードといっしょに本作を堪能していただければと思います。
それによって、より遊びの幅が広がって、おもしろいものになっていくはずです。
また、いままでにプレイしたことがある方でも、新キャラクターなど、楽しめる要素を用意しています。
初めての方も、プレイしたことがある方もぜひ遊んでいただきたいなと思います。
庄本作は、本当に『ドラゴンクエスト』のよさが詰まったタイトルです。
アクションRPGではありますが、初めてプレイする方でも、『ドラゴンクエスト』の楽しみかたが感じられるようになっています。
また、歴代のキャラクターが、ボスを含め、たくさん登場しますので、シリーズファンならプレイしないとダメだなと思います(笑)。
そのくらい充実した内容になっているので、ぜひお楽しみください。
青海最後に声を大にして言いたいのは、「3月3日、本体と同時発売です」ということです。
初回購入特典もありますし、ぜひ本体といっしょに購入していただければ!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。