テーマ:

 

 

 

 

こんにちは、ギター講師の中川です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は宝塚でレッスンの後。マドリード王立音楽院の教授、ミゲル・トラパガ氏のコンサートとマスタークラスを聴きに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前から、ずっと聴きに行きたいと思っていたので良かったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

【ミゲル・トラパガ】

1967年スペイン北部サンタンデール出身。アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール、GFA国際ギター・コンペティションをはじめ、国内外の著名コンクールに入賞。スペイン音楽教育機関最高位である王立高等音楽院マドリッド校ギター科教授であると当時に、同国を代表する世界的なクラシックギター演奏家。

 

 

 

 

トラパガ氏の詳細はこちらのホームページをチェック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番前の席に座り、本場スペインのトップ・ギタリストの音楽に触れることができ、とても充実した1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラムはトローバとブローウェルなど、伝統的な作品とコンテンポラリーの最新のものを交えたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても知的でエレガントな演奏で、特にトローバのソナチネを聴いてる時はスペインの香りを感じ情景が見えるようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後の公開マスタークラスも聴講。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽的なアプローチとテクニックの内容など、密度の濃いレッスンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に印象的だった言葉が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「≪弾く事≫と≪考えること≫この2つの両立を目指して下さい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弾けるようになるために反復練習を繰り返すのも大切なことですが、それだけではなく、1つ1つのフレーズの積み重ね、どのように表現するのかその理由を自分なりに見つけることが必要なのだと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

得るものがとても多く、僕自身も勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギターを教える仕事をさせて頂いてますが、自分自身もいつまでも音楽を追いかけ続ける姿勢は忘れないでいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に素晴らしい企画をして頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・中川雄のプロフィール

・西宮(甲東園)教室の詳細はこちら

・新大阪教室の詳細はこちら

・宝塚教室の詳細はこちら

・お問合せはこちら

 

 



カルチャースクール ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

こんにちは、ギター講師の中川です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、ギターの練習ははかどってますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最近感じることですが、エチュードはやはりとても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もプホール、ブローウェル、カルカッシやコストなど様々なエチュードに取り組んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、現在ももっと数多くのエチュードをこなす必要があると感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、「魔笛の主題による変奏曲」を弾けるようになりたい場合、魔笛ばかり練習するのではなく、作曲者であるソル自身のエチュードを数曲やった方が効果的に思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲の中に求められる技術が、エチュードの中に入っていることが多い為です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔笛からいきなり入るのは無理ゲーです。マジに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ソルのエチュードで一番有名なのは、セゴビア選20のエチュードではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これはセゴビア氏が芸術性の高いソルの作品をピックアップしたもので、いわゆる「ヨコ」軸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソルはソルで、学習者に体系的に学んでもらおうとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、作品番号で見てみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品45<やってみましょう>

作品48<これならよろしいか> (1831年)

作品57<ついにやった!>   (1832年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という題がつけられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1826~7年にソルはロシアからパリに戻ってきたのですが、そこで自分の音楽が当時の流行に合わなくなってきたことを知らされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「一般的に難しい」と言われた為、どうすれば弾ける様になるのだろうか?と苦心しながら作曲したのではないでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生計をたてるために楽譜が売れなければいけない、という切実な理由があったと想像します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうした経緯を理解し「タテ」軸も見ることが学習者にとって必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為には、作者の作品番号にフォーカスを当てることが大切ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

こちらにソルのエチュードが掲載されてますので、やってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番から順番にやれば、かならず力がつくようになってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、ここで大切なことは「自分のレベルに合ったエチュードを練習する」ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、作品番号によって難易度の差がかなりあるので、自分にとってあまりにも難しい曲ばかり取り組むのは得策ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理想は「弾ける様になりたい曲」と「エチュード」を平行して取り組むことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすくたとえると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エチュード = ショッカーを倒すレベル

魔笛     = 変身が必要なレベル

グランソロ =  ロボットに乗って合体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショッカーの段階で強すぎる怪人を出したらイヤになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、エチュードをやるときは作品番号に焦点を当てることが重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・中川雄のプロフィール

・西宮(甲東園)教室の詳細はこちら

・新大阪教室の詳細はこちら

・宝塚教室の詳細はこちら

・お問合せはこちら

 

 



カルチャースクール ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ギターを練習していて、どの音が「ド」なのか、「レ」なのか、すぐに出てきますか?



これが一発で分かる方法があります。



 

試しに、5線譜が書かれた紙と鉛筆を用意して、下のれんしゅう問題にチャレンジしてみて下さい。




制限時間は15秒です!


【練習問題】
・以下の番号に記された音を、5線譜に記入してみよう!

①1弦の5フレット

②3弦の2フレット

③2弦の6フレット

④4弦の7フレット

⑤5弦の2フレット



どうですか?慣れていないと難しいかもしれませんよね。




できなくても大丈夫です。




できるようになる方法を今日はお伝えしましょう。




さて、ピアノと違いギターの「ド・レ・ミ」は意外と難しいです。





何故なら、同じ音でも弦とフレットによってその場所が違うからです。





例えば、下記をご覧ください。 

 




この音の高さの「ド」もギターのフレット上では




 


こうなります!




これ全部覚えますか?恐らくギターがイヤになってくると思います(苦笑)




他にも、教則本やインターネットにはスケールの種類が数多く掲載されているので、形で覚えるのも一つの方法ではありますが、




これも、毎日継続してスケール練習をしないと身につきません。


【スケール練習パターン①】
 

【スケール練習パターン②】
 

【スケール練習パターン③】

 

このように本には記されていますが、いかがでしょうか?




恐らく、これも見ただけでイヤになってくるでしょう(苦笑)




人は暗記すると必ず忘れます。




例えば、英語のイディオムでも覚えてもすぐ忘れた事はありませんか?




高校生の頃、必死に問題集とにらめっこして述語を暗記した経験があると思います。




特に前置詞がややこしかったですよね。




例えば、前置詞のfor には「目的」「追及」「理由」「方向」などなど、たくさんの訳があります。





しかし、それらを全て暗記するのではなく、コアになっているイメージと訳し方を押さえて勉強しませんでしたか?




それと一緒です!





根底にあるロジックの部分をしっかり理解しておけば、音の場所を覚える練習もラクになってきますよ!




さて、その根本にあるものは一体何か?



結論から言うと、メジャースケールの特徴を押さえる事にあります。


【方法】 メジャースケールの特徴を理解しよう!


 
 

 
 
メジャースケールの仕組みを理解すれば、どのフレットにどんな音があるのか理屈で分かるようになります。




例えば、ハ長調(Cメジャースケール)で見てみましょう。




 
 


図にするとこうですが、音の高さ(音程)の関係をもう少し見ていきましょう。



 
 
こうなります。



全音と半音とは「音と音の間にある距離」の事で、全音の方がひろく、半音の方がせまいのが特徴です。


 

具体例を使って、分かりやすく言いましょう。



例えば「ド」と「レ」の間は全音ですよね。



全音の場合、ギターでは1フレット間があります


 


これがフレット上での全音の特徴です。



では「シ」と「ド」ならどうでしょう?



「シ」と「ド」は半音で、半音の場合はフレットの隣同士になるのが特徴です。

 
 

つまり、ハ長調(Cメジャースケール)において、「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」は隣同士で、後は1フレット間が空いているのです。



そして、これが分かれば各弦とフレットにどんな音があるのか理解できるようになります。

  


 
 まず、6弦を見てみましょう

 
 
 開放弦の「ミ」から「レ」までのせてみました。
 
 
前述した通り、「ミ」と「ファ」・「シ」と「ド」は隣同士で、他は1フレット間があいていますよね?


ほかの弦も一緒にみてみましょう!


【5弦】
 
 
【4弦】

 
  
 
【3弦】

 
 
【2弦】
 
  
【1弦】

 
 



6弦から1弦まで、ゆっくり一つ一つ確認してみてください。



必ず、前述した通りの配列になっていますよね。



いかがでしょうか?



ここまで読み終えるのに、かなり手間取ったかもしれません(苦笑)



これらは少し大変ですが、根底にあるものを押さえておけば、ギターで5線譜の対応ができるようになりますよ。



是非、5線譜ができるように頑張って下さい!




最後までお付き合い頂きありがとうございました。


・中川雄のプロフィール

・西宮(甲東園)教室の詳細はこちら

・新大阪教室の詳細はこちら

・宝塚教室の詳細はこちら

・お問合せはこちら




カルチャースクール ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 








 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。