不惑の年

テーマ:

おはようございます、南東北で活動する猫使い探偵です。

 

孔子は、「40にして惑わず 50にして天命を知る」

と悟りました。

しかし、生身の人間を観察している私探偵にとっては、

孔子の言葉は現実とはちょっと違うと最近思っています。

 

「男、45歳にして異性を知り、人生の残りを考え離婚する」

 

じゃないのかな?

 

そもそも40歳が不惑なんてありえないです。

 

男性の45歳と言えば、子供も大きくなり親としての責任も

目処がついています。

また、自分の親が介護状態になり、親を見て自分の人生の

残りを考えます。

仕事でも一段落し、定年までカウントダウンが始まっている。

夫婦関係も、愛は無く、家族という絆で繋がっているだけ。

もしくは、妻の心無い言葉に耐えて、今日も仕事する…。

性行為も若い時の力は無く、更年期も少し入ってくる。

 

そんな時に、魅力的な女性と出会ったら、どうでしょう?

 

「男、45歳にして異性を知り、人生の残りを考え離婚する」

になっちゃいますよね。

 

事実、私が現在取り扱っている、調査案件4つ共に、この

状況です。

 

私は、男性も女性も避難はしません。

人としての「真理」ではないのかな?と考えています。

 

まあ、朝からドロドロした話題です。

 

今日も調査員達は、深夜まで孔子の言葉が真理なのか?

調査をしています。

 

 

 

AD

こんにちは、東北で活動する猫使い探偵です。

 

もしもパートナー(配偶者)の初めての浮気を発覚したら?

みなさんどうしますか?

 

今回は、私の持論を説明したいと思います。

 

初めての浮気にびっくりして、どうしようかな?と悩みますね。

その後の行動パターンは、以下の4つのパターンに分類でき

ます。

 

A いきなり離婚を決める人

B パートナーと話し合いをしてから、今後を決める人

C 出来れば離婚をしたくない人(でも、謝罪はして欲しい)

D 何も話さず、普通で生活をする人

 

年齢・収入・家族構成・子供の問題・ローンの問題など、

環境や経緯が異なりますので、複雑極めます。

でも、「D」タイプ以外の人は、とりあえずパートナーと話会い

を希望します。

 

なぜ浮気したの?どうしたいの?などの話し合いが行われる

でしょう。かなりのストレスです!

 

さて、私の持論は、

 

① パートナーに謝罪文・詫び状・誓約書など、題名は何でも

いいですから、文章にて謝罪を書いてもらう事です。

この文章化する事が、2回目の浮気を防げる要因となります。

 

② 浮気相手からも謝罪文を書いてもらい、100万円程度の

慰謝料は貰う事。やはり、無罪放免は将来的に再発する可能

性をぐっと高めます。金額は100万円ぐらいが最低でも妥当か

と考えますが、これも文章化の方が大事です。

 

これをする人としない人では、浮気の再犯率がかなり違い

ます!

 

悪い事したら、口頭注意だけではダメです!

夫婦も所詮他人と考えての、文章化です。

 

以上、現役探偵からのアドバイス。

 

 

AD

散々な週明け

テーマ:
こんばんは、猫使い探偵です。

先週からの山形の雪は、凄かったですね。
どんだけ一気に降ったのでしょうか?
山形県の北部では、一気に1メートル70cm程度は降ったかと…。

しかし、同じ時刻の仙台は、カラッとした晴天ですから、本当に嫌になります。

10時間くらい、雪下ろしなどをしていたら、「絶対にここには住みたくない!」と強く思いました。

そんでもって、本日は朝6時に起きて、郡山へ移動しましたが、東北自動車道の白石インターから福島西インターまで通行止めで、結局たどり着かず。。。

あー、嫌だ嫌だ。




AD