以前upした内容と重複してしまうところもありますが、

あなたは探偵になれるか?適性テストをしてみませんか?


○ か × のどちらかを必ず選んでくださいね。
では、さっそく。



①みんなと積極的に話をするより少し控えめにしている


②どちらかというと興奮しやすいほうだ


③人にせかされるとイヤになるほうだ


④倫理性よりも協調性に優れている


⑤よく考えるよりもすぐに動くほうだ


⑥あきらめずに続けるより次の仕事をやりとげたほうが良い


⑦ひとつのことに凝るりいろいろ経験を積みたい


⑧社交的なところより落ち着く場所が好きだ


⑨やることが散漫になることがたまにある


⑩現実性よりも可能性にかけるほうだ


⑪時間に遅れることがたまにある


⑫同情的で涙もろいと思う


⑬旅行先では地理や歴史より人情に触れたい


⑭自分は意志が弱いと思う


⑮他人の心を傷つけるより自分の心を傷つけたほうが良い


⑯たくさんの心より気心の知れた人とだけ付き合いたい


⑰経験から判断するよりその場の雰囲気から判断する


⑱やさしい人だと言われることが多い


⑲旅行先では予定を立てずに好きな場所へいく


⑳大勢の人の前だと恥ずかしいと思う





【解説】
この適性テストにはある「法則」が隠されています。
それは×が探偵に必要な適性という法則です。
×が多いほど探偵に近いといわれます。
探偵になりたてのころは○が多くても
だんだんと×が増えるから不思議な世界です。





【採点】
×が10以上の人は一流の探偵になる資格が初めから備わっている人です。


×が5~9の人は今の自分と探偵の世界にさほどギャップを感じない人で
探偵になれば経験を積むことによって磨かれていくタイプです。


×が0~4の人はごく標準的な人です。探偵には不向きかもしれません(笑)


逆に○が圧倒的に多い人は探偵(職人)には不向きですが
その世界の経営者には向いていると言われます。


みなさんは、どうでしたか?

AD

と、ゆーことで、あなたの中にある探偵濃度のタイプを見つけましょう。


① どんな人と話しても,たいていは自分のペースに引き込む自身がある。


② 自分の文章構成能力は、かなり高いレベルだと思う。


③ 新聞を5時間書き写す必要があるとしても自分は苦痛を感じないと思う。


④ ジグソーパズルまたはクロスワードパズルなどが好きだ。


⑤ たくさんの人の前でも堂々と話すことができる。


⑥ 話して説明するより資料を集めて見せるほうが好きだ。


⑦ 相手の表情ですぐにウソを見破ることができる。


⑧ ウソをついても罪悪感をあまり感じない。


⑨ 推理小説やサスペンスドラマの犯人がすぐ分かってしまうのでつまらない。


⑩ 寒さや暑さに強く体調が少々悪くても仕事や勉強ができる。


該当する項目が多いから一概に良いとは言えません。

で、ここから何が分かるかというと、

① ⑤ ⑦ ⑧ ⑨ は 「直感・一発勝負型」 の探偵。

 
② ③ ④ ⑥ ⑩ は 「積み上げ・緻密型 」 の探偵に分類されます。


これは、どちらも相反する資質なので

どちらかにはっきりとかたよったほうが良いと言われてます。

 

「直感・一発勝負型」 は面倒くさがりで飽きっぽい人でも嘘つきで多弁
恥知らずで観察力が鋭ければ名探偵の資格があるということです。

「積み上げ・緻密型 」 は嘘や話術が苦手でも代わりに文章の表現力で

カバーし細かい作業が好きで忍耐強ければ名探偵の資格があります。

反対に該当する項目がどちらにもかたよらず
バラバラな人はそれだけ特色も薄まると思ってください(笑)

みなさんはどうでした?名探偵になれそうですか?
次回は「適性テスト」をやってみましょう!

探偵への道へ挑戦

テーマ:

みなさんの中にも探偵なりたいっと思った事のある人は少なからずいるはず(笑)
しかし、探偵になれる人・なれない人(向き・不向き)があります。
そこで探偵に向く・向かない人の特徴を挙げてみました。

 
探偵に向いている人の特徴

 
■ 人目を気にせずどこでも寝れる人。仕事前でもソファーでゴロ寝ができる人。


■ 視野が広く、いろんな角度から分析しようとする人。


■ あまり思い悩まないで自分を悲劇のヒロインにしない人。


■ 何事に対してもセンスのよい人。


■ 人生経験・恋愛経験・挫折経験等が多い人。



探偵に向いていない人の特徴


■ まくらが変わると寝れない人。習慣に従順で変化に弱い人です。


■ 寝ることに至福の悦びを感じている人。(笑)


■ 車に乗るとイライラしたり運転すると性格が変わる人。


■ 会話をすぐさえぎってしまい人の話を聞くのが嫌いな人。


■ すぐ感情移入をしてしまう人。


■ 人の悪口を他人に言い、自分だけは信用して欲しいと思っている人。


と、まあ、簡単にいえばこんな感じでしょうか。

 
戦国時代の忍びの世界は 「見ざる・聞かざる・言わざる

が肝要であると言われていました。人の言葉に揺れ動いて

冷静さを失っているようでは一流の探偵にはなれません。

 
人の悪口を言うのも、自分をよく見せたいという気持ちの表れで、

いつも自分中心になってるから、物事を観察する目に正確性が

欠けてしまうのです。

まだ、まだ続くよ!

「お金がない…」

 

何のことかと言うと調査の依頼や相談の時に

ほとんどの依頼者の方が言われる言葉です。

そりゃあ、どこの家庭でも余分なお金はありません。

でも、よくよく考えてください。離婚問題なんかやと、

その調査結果一つでこれからの人生が決まるわけです。

なおかつ不貞の証拠がなければ慰謝料すら取れない…

それほど大事な調査なんです。

高いと思われてる調査料は何百万もかからないですよ。

目先のお金だけを考えてあきらめてる人が多すぎと思います。

そこであきらめたら何にも残らないし、泣き寝入りして終わるだけです。


たまにやってる弁護士の無料相談に行ってもただの気休め。

弁護士が証拠集めしてくれますか?

弁護士には証拠が揃ってから行けばいいと思うのでが…

まあ、こんなことを言うと批判の声も上がり賛否両論なんでしょうが…

でも、全ては自分を守るためにあり、探偵さんらは報酬をもらい、

そのお手伝いをするのが役割なんです!

て、ことで今日は真面目に終わります(笑)

よい探偵の選び方

テーマ:

こないだ、「探偵とは」 という題で書いたのは覚えてますか?

それでは、みなさんが万が一、調査を依頼したいと思った時
どんな点に気をつけて探偵を選べばよいのか?
ホンモノの探偵さんの立場でお答えしよう(笑)

まず、電話帳の大広告に惑わされないこと。
「全国各地に支社をもつ大規模な探偵社!」
とうたっていても実際には支社は無人で電話だけが引いてあり、
本社に転送になっている、なんてところもある。
(ほとんどがそそうかも?)

*ガルも全国にあるけど必ず実在する支社だからね♪


そして、あまりにも調査料金が安いところも要注意。
素行調査の場合、(地域性にもよる)場所や状況にもよるけれど、

1日なら10万前後はかかる。何事にも相場があるので、

相場より安すぎるところには手を抜く可能性も大!

しかも、相談無料といいながら、別の名目でしっかりと料金をとるところもある。
本当に無料なのか?相談前にきっちり確かめておいたほうがいいです。


次に調査を依頼する時は、見積もりを出してもらうのが常識だが、
想像してたよりも料金が高かったりしたらキャンセルも可能。
この時に法外なキャンセル料を請求されることが多いのも事実!

「もう、すでに人手を確保したから」などもっともらしい理由でお金を請求される。
実際に費用がかかっているならまだしも、普通はそんなことはありえない。
だから、キャンセル料の有無と金額は、見積もり前に確認しておくこと!


例えば、調査料金が300万円でキャンセルしようとしたら、
200万円をキャンセル料金として請求された依頼者の方もいる。
実際に、こういうやり方で稼いでいる業者も少なくないのだ。


で、
極めつけは「警察OB」という,うたい文句もあやしいところ。
これだけを見るとついつい信用してしまうけど、その人たちが

警察手帳なしに、どれだけの調査ができるかは大いに疑問!
警察官を辞めているわけだから、これという特権はないのだ。


このように、電話帳広告だけでよい探偵を見つけるのは至難の技。
ちょっと質問しただけなのに、いきなり「安くしますよ」などという探偵社はダメ。
なぜなら、対象者が車に乗っているかどうか、どんな生活をしているのかなど
経費がどのくらいかかるか分からないのに安くしようがない!

また、最初から「いくらくらい出せます?」と聞いてくるところも避けたほうがいい。
仮に50万と答えたら、依頼者が半額で済めばいいなぁと思っていることを
知っているから調査の内容にかかわらず倍額はふっかけてくる!


まずは数社に電話をかけてみて、その対応で判断したほうがいい。
もちろん、その中にガルも入れてくださいね!

探偵とは?

テーマ:

今日は、まじめに語ってみます(笑)

 

誰でもそうなんですが、読者のみなさんも

「探偵」なんて縁がないわ!」
と考えている人が多いと思いますが、

実際に調査を依頼してくる人のほとんどの人が

「まさか自分が探偵さんに依頼するとは夢にも思わなかった」と言います。

そう、人間生きていく上で、

どこで災難が降りかかってくるか分からないのです。

現在日本には約3000以上の探偵社があると言われていて、

ペット探し、盗聴発見業者も含めて、

調査業に従事している探偵は10万人とも言われています。


しかし、その全貌は誰にもつかめていません。

何故なら、今、探偵になるのに国家資格もなければ、

届け出も不要(一部地域は必要)で、誰でも開業できるからです。


(来年からは、探偵業法なるものが出来て認可制になるのですが)


本人が今日から「探偵です」と名乗れば、経験がゼロでもその人は探偵
ということになってしまう。日本の「探偵」はまだまだ怪しい存在なのです。

しかし、本家本元のアメリカではそういうわけにはいかない。


まず、探偵には国家資格が必要になる。

しかも、3年以上の実務経験がなければ試験は受けられないし、

突破するのも難関といわれている。
その後州の審査をパスして初めて登録でき「探偵」となるのだ。

その後の特典とは?

銃の携帯や犯罪調査のための官民協力が許可されているため
警察に準ずる存在として、社会的なステータスも高い。
戸籍の閲覧や金融関連の調査などでは優遇措置が施されいてるし、
警察の応援要請を受けて動くこともある。

しかし、それなのに調査料金は日本の約三分の一。そのうえ成功報酬制。

こんなに安いのは探偵がポピュラーで、マスコミに頻繁に取り上げられる
存在であるため、宣伝費がかからないからである。

日本では、ほとんどの依頼者が電話帳広告を頼りに探偵を見つける。
電話帳の広告料金は高額なので、その支払いのために調査料金が上がる。

調査面では、調査の行程を秘密にして実際には何もせず、
後で高い料金を請求する探偵社が巷にあふれている。

悲しいかな、これが現在の実情である・・・。

探偵業法

テーマ:
おはようございます。
以前にも、ちょっと書いたんですけども、
近々「探偵業法」というものが施行されます。
 
やっとこれで偽探偵や詐欺探偵、
なんちゃって探偵などがなくなることでしょう?


この探偵業法、正式名称は 「探偵業の業務の適正化に関する法律」
と、長ったらしい名称なのですが、今後、探偵業を営んでいる者は、
営業所毎に都道府県公安委員会へ届出が必要になってきます。
また、無届で営業を行っている場合は処罰されるおそれがあります。


その内容というのはざっとこんなものです。


■届出について
①営業所毎に、内閣府令で定める書類を公安委員会へ届け出ること。
 
②営業内容が変更・廃止した際、変更届・廃止届を届出ること。
 
③届出が終わると公安委員会より『届出済書類』が、交付されます。
 
④書面を営業所に掲示すること。

■欠格事由について、以下の者は、探偵業を行う事は出来ません。
①判断能力のない方

②過去に一定の違反をした方

③暴力団員の方

④未成年者
 

■法令遵守、違法目的の禁止
①名義貸しの禁止
 
②個人の権利利益を侵害しないこと
 
③守秘義務の徹底
 

■重要事項説明について、依頼者と契約を締結しようとする時、
予め書面を交付し、説明する義務を負う。
①氏名・名称、代表者について

②届出書類に記載されている事項説明

③個人情報保護法を遵守するものであること

④守秘義務について

⑤サービス内容

⑥委託に関する事項

⑦金銭のやりとりについて

⑧契約の解除に関する事項

⑨業務上作成した書類、取得した資料の処分に関する事項

 
■依頼者と契約を締結した時の説明義務および書類交付
①上記の内容

②調査期間・内容・方法

③委託の定めがある場合は、その内容

④金銭のやりとり

⑤契約解除について

 
■教育
①社員教育を行うこと
 

■名簿の備え付け
①従業員名簿を備えること
 

■罰則について
①行政指導があった後の違反 「1年懲役/100万」

②無届・名義貸し・公安委員会の指示違反 「6ヶ月懲役/30万」
 

■経過措置について
①既に探偵業を営んでいる者は、施行日から1ヶ月間は無届で営業できる


みなさんには、訳分からへんことでしょうけど(笑)
ざっと、こんなような法案内容ということです。
 
これで、胡散臭いと言われる「探偵業」が世間に認められるんでしょうか?
「探偵業」の社会的地位が向上するでしょうか?

探偵VS弁護士

テーマ:

そう、そう。前に書いた弁護士云々で思い出したけど、

えっとですね、あまりにもやる気がない弁護士が多すぎ!

 

探偵さんが住んでいる東海地方だけに多いのかどうか知らないが・・・

 

別に弁護士を敵に回すつもりはさらさらないけど…

これは探偵さんが依頼者からよく聞く話で、

依頼者さんが弁護士に相談に言った時の会話。

 


依頼者 「不貞の証拠ぎ揃えば浮気相手からも慰謝料取れますよね?」

 

弁護士 「は?なんで相手から取れるんですか?」

 

依頼者 「え?でも、ちゃんとした証拠があれば…」

 

弁護士 「第三者の人からなんて無理ですよ」

 

依頼者 「…そうなんですか…」

 

前後の会話は省略してあるけど、こんな会話をしたらしい(笑)

みなさん、どう思います?

こんなふざけた弁護士がいるのも事実。

 

もちろん、その依頼者さんには別の弁護士を紹介したのですけど。

 

確かに離婚問題の仕事は儲けが少なく、

あんまりやりたがにい弁護士は多いし、

完全に不貞&離婚に関しては受け付けもしない事務所もある!

 

そういう仕事は下級弁護士がやるような風潮さえあるようにも聞く。

でも、でもさ、そんな弁護士が増え続けたら依頼者を含め

弱者は誰を頼りにすればいいの?

こないだ警察が探偵というものを胡散臭いと書いたけど、

弁護士もそう!!! ほとんどの弁護士が探偵を信用してないのである。

  

依頼者が相談に行って、探偵を使い証拠を取りたいと言っても、

大丈夫なの?とかやめた方がいいよ。とか

そんな探偵が持ってきた証拠は使えないだの、

まあ好き勝手に言ってるそうで…

 

じゃあ、あんたらが証拠集めてくれるのかい?

 

どやって依頼者を勝たせるの?

 

て、なるけど、だいたいそういう弁護士は前にも言ったけど、

不貞はやりたがらない。=適当に答えている。

と言う図式に思えて仕方ないのは探偵さんだけか?

警官の不祥事がどれほどあるか…そーいうのはどう説明すんの?て感じ。

 

まあ、警官もそうやけど弁護士もいい先生はいっぱいいる!

現に探偵さんがお付き合いしてる先生はみんなフットワークも軽く

親身になってくれる人ばっかやしね~!

 

ただ、あまりにも、探偵業を色眼鏡で見てる人が多いってこと。

世間では、胡散臭い職業に見えるんでしょうけど、

探偵さんは、この仕事を誇りに思い、胸を張ってやってる♪


色眼鏡で人を見たらあかんてことですわ(笑)と、ゆーことで締めます。

防犯対策

テーマ:

みなさん、連休はどうおすごしですか?

天気もいいのが重なって、どこに行っても大渋滞ですな・・・

 

で、今日は、ちと宣伝をさせてもらいます♪

  


最近、幼い子供が犯罪に巻き込まれる事件が多発してる中、

当社でも子供の防犯対策を真剣に考え、

積極的に活動を行って行きたいと考えその一環として、

 

5月9日(火)に

『親子でまなぶ 子どもの防犯ガイド』(角川学芸出版)が発売されます。

この本を発売するにあたって『ガルエージェンシーグループ』

では全面的に協力しております。

 

防犯ガイド

 

 

また、『防犯セミナー』も全国各地で開催していきたいと考えております。


ガルエージェンシーは、浮気調査だけをしているのではないのです(笑)

これからも、地域貢献も含め、ダークなイメージを取り除きます♪