「夫の不貞後の契約について」

Q : 夫が浮気をしました。離婚も考えたのですが、
    夫が 「今後浮気をしたら1000万円を支払う」という約束をしたのと
    このまま離婚しても、慰謝料や財産分与が安すぎるので、
    我慢して思いとどまることにしたのです。
    それで、法律に詳しい人に下のような文章を作成してもらいました。
    はたして、このような契約書は有効なのでしょうか?

 

テレビの法律相談で、よくあるような話ですよね(笑)

 

 

 


******************************



               貞操を守る契約書

○○○○男甲とし、△△△△子を乙とし、次のとおり契約を締結する。


第1条  甲と乙は、互いに貞操を守り、不貞行為をしない。

第2条  甲あるいは乙が不貞行為をした場合には、

      直ちに相手方に対して損害賠償として、金1000万円を支払う。

第3条  前条の支払いを遅滞した者は期限の利益を失い、

      そのときの残金にそのときから年10%の賠償金を付加して支払う。

第4条  本契約により甲乙間の財産分与及び慰謝料に関する紛争は

      一切解決したものとし、以後は互いに何らの請求もしない。

      甲、乙は今後、相手方及び相手方の関係者(勤務先を含む)

      に一切の連絡をしない。本契約は秘密とし、他に漏らさない。

      本契約を保証するためこの証書を作成し

      各署名・捺印し各1通を保有する。


                ○○○○年○○月○○日

      
      住所              氏名(甲)               印

      住所              氏名(乙)               印 
      

******************************


A : 民法754条には 「夫婦間の契約はいつでも取り消しができる」
    と規定されています。したがって、あなたの夫はいつでもこの契約を

    取り消すことができてしまうのですよ。

    しかし、過去の判例では、夫が不貞を犯して夫婦関係が

    破綻の危機にあるときには、夫はもうこの契約を取り消せない

    とも考えられており、この場合にも同じように解釈ができます。
    したがって、夫の不貞によって夫婦関係が破綻した場合、

    あなたは1000万円の請求ができます。

 

 

まあ、現実問題としてですね、請求はいっくらできても、

実際に相手が払わなければ意味のない話でして・・・


悲しいかな、結局は相手の意思1つ・・・となるわけですよね。 
    

AD

みなさん、昨日のイブはどう過ごしたですか?

さぞかし熱い夜を過ごした人もいるんでしょうな・・・

 

 

へっ!いいことですな~

探偵さんはというと、ホテル駐車場で何十組という、 バカップルが

フロントへ通り過ぎていくのを、うらやましそうに観察しとったわ!

 

 

さて、気を取り直して、Q&Aですわ。

 

 

Q : 私と彼は約3年間同棲をしていました。

    その彼とは当然結婚する予定だったのに
    婚約破棄されそうなかんじです。
    その彼は婚約後に、会社の後輩と肉体関係を持ち、

    その女性と結婚し たい と言い出しました。
    そんな彼の行動にはどうしても納得がいきません。
    それで、もし、彼と別れるのであれば、できるだけ高額の慰謝料を

    請求したいと 思っています。どうしたらよいでしょうか?





A : 同棲とは、両者に夫婦であるという意思があれば、

    籍を入れていないだけで事実上の結婚生活をしている。

    と考えられます。つまり,内縁関係であるということになり、

    相続税などを除けば、籍を入れた法律上の結婚と

    同じように扱われます。内縁関係にある男女には、

    貞操を守る義務や、同居・協力・扶助の義務が

    課せられることになります。内縁を不当に破棄すれば、

    離婚と同じく慰謝料が請求できますので、

    婚約不履行の場合にも慰謝料が認められます。
    
    あなたのように3年間の同棲生活後に相手が出て行った場合には、
    単なる婚約破棄よりも多くの慰謝料が請求できるでしょう。
    また、事実上の結婚生活を破棄されたと認められれば、

    それは離婚と同じと判断されるので、

    さらに多くの慰謝料が期待できます。

 

 

おわり。

Q : 私たちは結婚して5年で夫は30歳で現在無職(リストラ)
    私は33歳で保険外交員をしています。

 
    今年に入って夫が消費者金融に約200万円ほどの

    借金をしていることが発覚。どうも、そのお金で風俗や

    ギャンブルなどをしていたようです。
    現在は仕方がなく夫の失業保険と、私の収入で返済していますが、

    経済的・精神的・肉体的にもかなりきついです。
    こんな状況で夫の借金を私が返済しなければいけないのでしょうか?

 

 

 

 

 

A : わが国の民法では、夫婦の一方が日常の家事に関して、

    第三者に対する債務を負った場合、

    配偶者も責任を負うことを定めています。

 
    しかし、遊びや娯楽などが目的の消費者金融からの借金は、

    日常の家事についての債務とはいえないので、

    配偶者が責任を負う必要はありません。

 

 

まあ、現実的には、風俗・賭け事なんかの領収書がある訳じゃないんで

どこまでが債務で、どこからが債務じゃないかなんて分かんないから

結局は一緒ななってしまって払ってる人が多いですけどね・・・



探偵さん、夏風邪を引いてしまいました・・・(8度6分)
だから、という訳ではないけど
また探偵ファイルネタでして・・・
 
アメリカとは訴訟社会です。そのせいか、
「説明書に書いてない事をワザとやって、訴訟を起こす」
という人間までいる始末。だから、ありえないくらいの説明が載った、
聖書なみに分厚い説明書が出来るということですが、
そのせいか、アメリカは変な法律があるとご存知の方も多いことでしょう。
今回は、そんな珍妙な法律の中でも、ペットに関するもののご紹介です。
 
・黒猫は全員「13日の金曜日」には首に鈴をつける。(インディアナ州)
 
・離婚した場合、ペットの共同親権は認められない。
 別れた時にペットを持っていった方に親権は与えられる。(ウィスコンシン州)

・犬は「泣いているように」吠える事はしてはならない。(ニュージャージー州)

・犬はおもいきり吠える事、歯をむきだして吠える事、
 悪意のある吠え方をする事はしてはならない。(ウィスコンシン州)

・猫は犬を電柱の上まで追いかける事はしてはならない。(ミネソタ州)

・もしもあなたの犬が近所の犬を妊娠させてしまった場合、
 全ての責任はあなたにあり、妊娠してしまったオーナーの希望があれば
 堕胎の費用は全て払わなくてはならない。(コネティカット州)

・木陰のできている木の下に犬を結びつけてはならない。(アラバマ州)

・猫と犬が喧嘩をする事はしてはならない。(ノースキャロライナ州)

・猫が尾にライトを付けずに走り回る事はしてはならない。(コロラド州)
 
・猫と犬が許可なく性行為を行う事はしてはならない。(カルフォルニア州)

・猫は自分の居場所を知らせる為に3つの鈴を首に着けて
 鳥のいる場所へいき羽ばたかせなければならない。(ニュージャージー州)

・犬は理髪店、ビューティーサロンで昼寝をしてはならない。
 また、犬、馬そしてすべての動物はベーカリー店では
 昼寝をしてはならない。(ミネソタ州)

・居酒屋、学校、宗教関係のビルから457.2メーター以内での
 動物の性行為はしてはならない。(カルフォルニア州)

・犬に教育を受けさせてはならない。(コネティカット州)

・犬、猫そしてペットとされている動物に葉巻に
 火をつけて吸わせる事はしてはならない。(イリノイ州)

・すべての犬は公共の場へ行く時は、
 オーナーに綱をつけなければならない。(カルフォルニア州)

・もしも去勢された犬が保護され、24時間以内に
 オーナーが迎えに来ない場合、オーナーは駆除される。(コロラド州)
 
変というか、おかしいです。特に青文字のは、誤訳としか思えません。
許可なく性行為っていうのもなんだか笑えます。
いったい何処の誰に許可をもらいに行けばいいのでしょう?
 
この法律を作った人は真剣だったのでしょうけど、
僕は「こんな法律作る国に負けちゃったんだぜー」という、
ネガティブな感情しか浮かばないのですが(笑)

不倫のツケ

テーマ:

世の中どこへイッテも不倫はなくなりませんね。
このお話は以前実際に東京で起こった事例です。


夫の不倫で結婚生活が破たんしたとして、

妻が写真店を営む夫と、その不倫相手の女性に

慰謝料を求めた訴訟の判決で東京地裁は夫に1000万円
不倫相手に300万円の支払いを命じた。
認容額はいづれも請求通りで計1300万円は同種の訴訟では高額。


(しかしまぁ、裁判になる以前にそれ以上の

慰謝料を支払っている人はけっこういますよ)


判決によると、夫婦は1968年に結婚。

夫は77ころから女性と不倫関係となった。
2人はいったんは別れたものの、その後、

また交際を再開し94年にオーストラリアに駆け落ち。
翌年に帰国するものの自宅を兼ねた店の近くに

アパートを借りて同せいをしていた。


判決理由で

「2人の国外脱出は25年以上にわたって

築き上げてきた婚姻関係を根底から覆した。

あきらめかけたところに突然帰国し同せい場所から

店に通うことを耐えるように妻に強いている」

と指摘し、

「妻の衝撃や心痛、屈辱の念は察するに余りある」
と主張を全面的に認めた。


という内容でした。
みなさんはこの金額を高いととるか、安いととるか・・・
いつの時代も不倫の代償はつきまとうものです。