心霊調査④

テーマ:

つづき・・・



22日からはダムのゲート操作により貯水した水をなくして
川底の捜索をする方法がとられ、転落現場下流の

上麻ダム・川辺ダム・今渡ダムの貯水量をなくし
川底にたい積した土砂を掘り起こして遺体捜索が行われた。



ブルドーザーなどの重機を使用したりスコップやクワなどを用いて
人力で掘り起こす必死の捜索が続けられた。



地元の消防団員らはポンプで水を吸い上げ

土砂に放水して遺体を探すという方法も行った。



発見された遺体の大半は激流にもまれ

押し流されたことから損傷が激しく、

8月という季節条件も重なり事故発生の2日目ごろから

腐敗の進行も激しく遺体の確認は困難を極めた。
そこで身元確認には指紋や歯型の照合が行われた。
しかし、それでも遺体を間違えて引き取るという事も何件か起きたとう。




遺体は飛騨川の激しい濁流ののまれ

事故翌日にはなんと伊勢湾で見つかるなど、
捜索範囲も現場周辺だけではなく、飛騨川、

木曽川水系、94キロメートル、岐阜・愛知・三重の

3県にまたがり、きわめて広い範囲にわたり発見された。



しかし、わずか3人が奇跡の生還を果たしただけだった。




それは5号車の運転手と添乗員、乗客(少年)であった。






つづく・・・

AD

心霊調査③

テーマ:

つづき・・・


18日午前2時11分 岐阜県加茂郡白川町地内国道41号線の
道路わきの西側斜面山肌がゆるみ、岩 石 土砂が
高さ100メートル幅30メートルにわたって数ケ所で崩れ落ちた。


そこへちょうど現場を走行していた乗客、乗員730人を乗せた
バス15台のうち5号車6号車7号車の3台が土石流に巻き込まれた。


 
発見場所は転落現場から約400メートル下流の地点。


 

引き上げられたバスは窓ガラスから上部天井にかけて

スッポリとなくなり左半分は土砂に埋まったまま。

天心白菊の塔3




川の強い流れをせき止めるように岩と岩との間に斜めに食い込んで
くの字に車体が曲がっているという惨状であった。

天心白菊の塔4



遺体はわずかに一体発見されただけだった。


 
事故当日、飛騨川の水位は15メートルにも増水していて
バスは完全に水没していたという。


                 

つづく・・・




心霊調査②

テーマ:

・・・つづき


土石流は扇状形に国道に流れ出て道路を乗り越え

ガードレールを破って、3台のうち5号車6号車が土砂に押し流され

飛騨川に転落、濁流にすい込まれた。


天心白菊の塔2

現場には転落したバスの他にバス トラック 乗用車など約30台が
前後を土砂に阻まれて立ち往生していたが、

比較的安全な場所に車を移動しバスの乗客を下車させて

誘導するなどしてなんとか難を逃れる事が出来た。


事故の第一報は転落から難を逃れた他のバスの運転手ら4人が
道路上にたい積した土砂を乗り越え、対岸の下山ダム事務所に
駆け込み事態を知らせ事務所から上麻生発電所を通じて地元の
加茂警察署に通報された。


しかし当時は携帯電話 ポケットベルなどもちろん無く
公衆電話も設置されてなく、現場の悪天候と土砂で

行く手を阻まれていて街灯もなく深夜だった悪条件の為

加茂警察署に一報が入ったのは事故発生から

3時間29分後の午前5時40であった。


救助活動は、加茂警察署の4人と地元白川町の

派出所員3人たった7人で始めることしか出来なかった。


その後の捜索活動には加茂警察署隣接4署や

岐阜県警機動隊、自衛隊、地元消防団、

岐阜・愛知・三重の3県と地元市町村、

名鉄クループなどから大量に動員し
約50日間だけで延べ4万5千人が投入された。


バスは19日午前10時20分

転落現場から約300メートル下流で1台を発見・・・

天心白菊の塔1-1


車体は天井を逆さにして、車輪を上にして転倒したまま

岩に引っかかった状態で原型をとどめないほど完全に大破していた。 



車内には砂がいっぱい詰まりその中から3人の子供の遺体が発見された。





22日午前10時10分・・・

もう1台のバスも発見された。転落から4日目のことであった。





まだまだつづく・・・



心霊調査①

テーマ:

これは以前に心霊調査をしてHPにupしていたものです。

 

****************************

 

今から37年前に岐阜県白川町の国道41号で観光バス15台のうち
2台が土砂崩れに巻き込まれ飛騨川に転落した。
その犠牲者は104人にのぼり、現在もなお行方不明の方々がいて
その霊がさ迷っているらしい。

月日が経つにつれ風化されつつあるこの悲惨な転落事故自体
今の若い世代の人々は知らないと思うが、

現在その場所は心霊スポットとして不思議な現象が

今でも起こっている事はご存知の方々も多数あることでしょう。
そこで事故の経緯から、不思議な怪奇現象までを調査する事とする。

 

****************************

 

この事故は今から37年前・・・・


昭和43年8月17日 この日名古屋市の団地向け新聞社が、
旅行代理店と共催した「乗鞍雲上ファミリーパーティー」
と題して企画に募集して集まった、名古屋市内の主婦や子供と
その家族を中心に730人が北アルプス乗鞍岳観光として参加。


当初の予定では、17日午後9時30分に愛知県犬山市の成田山に集合し
岡崎観光バスのバス15台に分乗し乗鞍岳へ向けて出発。
バス車内で睡眠をとり、翌18日午前4時30分に山頂に着き

ご来光を見た後、夕方に犬山市に帰路という企画であった。


しかしこの日の東海地方の天候は寒冷前線が本州を南下していて、
さらに日本海を北上していた台風7号の影響で台風に向かって
南海上から運んできた湿舌といわれる暖かく湿った空気が
東日本にどっと流れ込み、寒冷前線が重なって17日夜から
18時未明にかけ岐阜県の上空を通過していた。



岐阜県中央部に達したのは17日午後8時ごろと推定されている。


この時の県内は1時間に149ミリを観測。
岐阜地方気象台始まって以来の集中豪雨となっていた。


そのころ730人を乗せたバス15台は、この豪雨のため
岐阜県白川町の国道41号線で別の崖崩れがあった為通行不可能だった。


このため本来の目的地であった乗鞍岳行きを断念し途中で
名古屋に引き返す事なる。



しかし・・・








困った

テーマ:

みなさま、留守中はご心配いただきましてありがとうございます。

こうして、また画面を開いて、沢山のコメントいただいてるの見て

こんなブログを待っててくれてる人がいるだなんて

ホント嬉しい限りです。

 

ここで、お詫びなんですが、更新出来なかった間の

皆様のブログを全て読みに行きたいのですが、

如何せん、じ、時間がないのであります・・・

出来る限りは読ませていただきますけど、

全て、というのは、ちと厳しいんで、

どーかよろしくお願いします。

 

で、何から書こうか大変困ってるんですがね。。。

まさか、こんな事になるなんて思ってなかったで、

 

8/12に起こった日航機事故

8/18に起こった岐阜県白川町のバス転落事故

*過去の事故・災害なんやけど、もう日にちが過ぎてしもた!

の記事を書こうと思ってて準備してたのよね・・・


あ~、何から手をつけていいのか分からんくなってきた!


さて、どーする。。。

  

 

みなさまへ

テーマ:

お久ぶりです♪もう忘れ去られてたりして・・・

 


いや~。。。

 

更新出来なかったのは・・・

 

雷がパソコンの中に進入してきたみたいでして、

 

一発でショートしてしまいましたよ(泣)

 

しかも3台とも全てパア・・・

 

で、今日、やっと直ってきたぞ!

 

取り急ぎご報告まで。

 

明日から復活する予定でございます!

愛想のないコンビニ

テーマ:

コンビニは探偵さんらの仕事にとっても欠かすことのできないアイテム。

 
商品の陳列はミニストップ、サークルケー、ローソンなど

店舗も同じパターンである。

本のコーナーはお店の入口側に、乾電池は真ん中の列って具合に。

違いがあるとすればレジのアルバイトによって多少の個性があるくらい。

しかし、先日から調査対象の家の近くのコンビニを

よく利用しているのだが、とにかく愛想が悪い。

それも、お店の方針のように思えてくる。
なぜなら、どのパート、アルバイトに変わろうとも対応が悪い。

本のコーナーには、大きな張り紙があり、

【雑誌の立読み禁止!購入されるお客様に状態のよい本をお持ち帰りいただくため】

と書いてある。確かに立読みしているお客さんは誰もいない。

初めて行った時のこと、トイレを借りようと店内奥に行ってみると
【使用の際はレジにお申し付けください】と書いてある
まぁ、これはよくある話で、レジにトイレを借りることを告げに行く。

「すいません、トイレ借りますね」

 
「あまり貸さないんだけど、、、」
(・・・・あまり貸さないって・・だから、どうよ・・)

 
そう言いながら、レジの下から大きな木の札がついたトイレの鍵?が出てきた

その鍵って言うのは、ドアノブ

トイレのドアノブがまるごとでてきた。

つまり、トイレのドアノブが丸ごと外してあって、それをハメてドアを開けるのである。
おまけにドアノブの2倍ぐらいの大きな木の札までついている。

このドアノブと木の札を持って、レジから店内一番奥のトイレまで歩くのだ。
今からトイレに行きます!って周りのお客さんにバレバレ
さらし者状態なのです。
(まぁ、こんなお店だからお客さんがいないのが救い)



そして、次の日。
再び、コンビニでトイレを借りることに・・・

「トイレ借りますね」


レジには、店長と書いた名札のおじさん。
「トイレは故障中!」とそっけなくも大きな声で返事が返ってきた。

 

しかも笑顔^^

そのまた次の日
「トイレ借りますね」
パートのおばさん、が、
「トイレの鍵がどこかにいって、開けられないんだよね」

え=ぇ あんな大きな鍵なくしたの?!

女の浮気はバレにくい?

テーマ:

昨日の勢いで浮気繋がり・・・


じゃあ、何で女性は浮気がバレにくいか?


これは、専業主婦でも働いているお母さんでも

同じことが言えるのだけども、

 

基本的に旦那さんは昼間は仕事で家にいない。

て、ことは昼間、嫁が何をしているか分からない。

 

もちろん、専業主婦の方だって毎日遊んでる訳じゃない。

お子さんがいるとこは保育園やら学校へ迎えがあり、

家の掃除・洗濯・買い物・はたまた食事作りから子供の世話!


旦那さまから見れば、昼間、嫁が何してるか分からないにしろ

これくらいのことは、やってると思ってますよね。

と、同時に昼間は、家事等の時間的制約があるから

ま、ま、ま、まさか、浮気どころか、遊びにも行ってない!

と、世の旦那衆は勘違いをしている・・・

 

しかーしである!


実際に調査で目撃すんのは、

ホテルから出てきた奥さん&男と、もう1人・・・

そう、自分とこの赤ちゃんがいる。

しかも、その赤ちゃんは男が抱っこしてる(爆)


と、奥さんが子供を連れて浮気相手に会いに行く姿は

探偵さんたちのお仕事では、とっても自然な光景です(爆)


一般の常識からは想像がつかないでしょう。

 

ま、赤ちゃんは、しゃべりませんからね(笑)

と、ところが、小学生でも低学年だと連れて出かける奥様もいます。

そう、子供に口裏を合わせるように言い聞かせてね!

ここまでくると、家庭をかえりみないほど、浮気から本気

変わってしまってますけどね・・・


***************************************************************************

みなさまからご心配していただいてる「足」ですけど、

あれから病院行って、塗り薬と飲み薬もらって

飲んで塗ってますけど、やっぱり医者だけあるわ!

市販の薬と違って効果てきめんでごさいました♪

おかげさんで、今は、色も大分薄くなってるし

痒みも以前と比べてほとんどありません。

これも、ひとえに皆様の暖かいコメントのおかげです♪


特に ゆぅ  さんのコメント見て怖くなって・・・


みなさん、ありがとうございました! 

男の浮気はバレやすい?

テーマ:

男は女より浮気がバレやすい。


その理由の1つに、男性は「周囲に自慢したがる」人が多いから! 


もちろん、女性特有のカンで疑われるのもあるんでしょうけど、

男性自身から情報を漏らしてそれが奥さんに伝わる。

て、自分で墓穴ほってどーするん!て思うけど・・・

 


その他、いまやなくてはならない「携帯電話」  

 

普段携帯なんか触らない旦那が、

ある日突然ピコピコとメール・・・

で、絶えずポケットに入れてる。

なんて状況ならパカでも疑ってかかりますよね!(笑)

なんで男っちゅーのは単純なんやろか!

と、同性の探偵さんでも思ってしまうわ。


こんなこと毎日してれば、そりゃー奥さんだって気づくわさ!

で、「実は、主人が・・・」 て相談の電話が鳴る。

実際に調査してみたら、バッチリ浮気している。

と、いったような筋書きになってしまうのだ! 


特に、今までマジメ1本で生きてきた中年の

リーマンさんにこういう傾向が多くみられるよ。 

これはもう、浮気じゃなくて本気になっちまってる(笑)

 

浮気するんなら、もっと上手くすればいーのに・・・

と、尾行しながら同情してまう探偵さんでした・・・。


浮気の理由

テーマ:
セックスをする理由に快楽だから・・・
浮気をした言い訳で、快楽以外の理由が欲しい人には
オススメな理由かも。
 
■定期的に行うといい運動であり、30分で150キロカロリーを消費できる。
 
■1週間に1回から2回で、病気に対する抵抗力が上がる。
 
■定期的に行うことで、鬱傾向になることが減少する。
 
■定期的に行うことで、ストレスをうまくコントロールできる。
 
■1週間に2回のオーガズムにより死亡率が下がり、
しかも若々しく見えるようになる。
 
 
しかし、こんなんで修羅場を乗り越えられるのか?(笑)