三重県の探偵はガルエージェンシー三重

三重県の探偵ならガルエージェンシー三重!三重県の浮気調査、行動調査にガル三重が挑み、あなたのお悩みにお応え致します。
気になる事があれば是非ご相談を! 


テーマ:

ガルエージェンシーグループのBOSSが出している著書に


↑注 : ガル三重のBOSSじゃないからね!!


『第二の警察』という本がある


ぶっちゃけ『ホームズ』は読んだことないんだけど


タイトルから想像するに・・・字のままなんかな?


人捜し、ストーカー撃退などなど警察のお仕事になる場合があるし


それを変わって行うのが探偵


みなさんご存知の通り、日本は法治国家


事件にならないと警察はアクションを起こせないという


法律に基づいているため 本当に自分が頼りたいとき


中々、事件解決に向かわないという不便さがある


『ホームズ』の知り合いでもストーカー被害にあった女性がいたが


警察は何もしてくれなかった


そればかりか 「自分の思い過ごしじゃない??」


↑ 男の担当員だったらしいけど


と、いきなり疑ってかかられたらしく


その彼女はすごいショックを受けていた


最近では就職難のせいもあり、サラリーマン公務員が増えている


つまり、モチベーションの低い人間が多数存在するってこと


彼女の話を聞いた警察担当者はまさにそれだったのかな??


と考えさせられる


ストーカー殺人事件が大きくニュースで取り上げられるようになってから


警察の対応も少しは変わってきたみたいだけど


(その間に法改正もあったから)


一人一人のモチベーションが変わらない限り 現場は変わらない


探偵業が本当に『第二の警察』と呼ばれるためには


一人一人のモチベーションを高める指導も大切なのかな??って思う

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

昨日、遠征調査に行ってきました


集合場所より約二時間


風邪気味の『ダン中尉』を後部座席に積んで(笑)


調査車輌を走らせます


高速道路ではETCがとっても便利


『ホームズ』使用車輌の『ゴーイングメリー号』には搭載されていないため


初☆ETCゲートを通過したのですが ゲート前で何度もブレーキング!!!!


『ダン中尉』 「ぎゃー!!!!何してんの!!???」


『ホームズ』 「あんなスピードでいったらゲートにぶつかりますよ!!」


『ダン中尉』 「行けるの!!!もう、田舎モンやな~!!」


このとき、微かな殺意が芽生えたことはいうまでもありません (笑)



目的地に着くと対象者と即効でご対面です


不思議なものなんですが、予測のつかない調査に出向いたとき


案外タイミングがいい出来事が起こります


今年はじめの調査のときも遠征調査に行ったのですが


そのときもナイスタイミング!!のおかげで調査がうまくいきました


『ホームズ』&『ダン中尉』コンビは以外に強運なのです


今年始めの遠征調査のナイスタイミングには ものすごく笑いました


あのときの『ダン中尉』の心境を考えると今でも笑えます


この件に関しましては、『ダン中尉』と相談の上アップします ワラワラ





土地勘のない場所ではナビが役立ちます


一度通った道は2人一組で行動している場合


以外に一回で覚えているものです


風邪気味の『ダン中尉』が目的地をナビに登録してくれます


しかし『ホームズ』は一回通った道なのでナビを無視して進行します


『ダン中尉』 「もう!!どこ行くんさ!?」


『ホームズ』 「さっきはこの道通って、目的地についたんですよ」


『ダン中尉』 「ナビ通りに走れば、5分前にはついたのに・・・・」


『ホームズ』 「だからさっきは、この道通ったんですよ!!!」


        「ほら!見てください!おしゃれなレストランがあるじ

         ゃないですか?」


        「さっき、こういうとこで女の子とデートしたいって言っ

         たじゃないですか!」


知らない土地の道は会話と連動させて覚えているものです


同じ道を通るたびに何度も同じことを話します


2人は壊れたレコードのようでした


『ホームズ』&『ダン中尉』 なかなかナイスなコンビです (笑)



調査の方はもちろん!ナイスタイミングのおかげでいい結果が得られました☆



『ホームズ』&『ダン中尉』の事務所 → ガル三重


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、いい探偵社の見分け方みたいなことを少し書きましたが、


今回は、その時少し触れた「報告書」に関して・・・


依頼者に調査内容や結果を伝えるのは「報告書」です。


時間・場所・状況等を分かりやすく、かつ正確に書くことが必要となります。


ですから、依頼した探偵社の相談員がどれだけ親切で感じが良くても、


報告書の内容が悪ければ、結果、その探偵社は程度の低い探偵社であると言っても過言ではないでしょう。


内容が悪いと言うのは、前回も書きましたが、



1・写真が少ない

2・決定的な行動があったにもかかわらず、証拠が押さえられていない。

3・文章と写真の構成が悪かったり、誤字・脱字が多い。

4・文章表現が幼稚。

5・読みにくい。


というのが挙げられます。



そのため、基本的に報告書を書くことが多い私が普段から心掛けている事・・・


それは、新聞や小説を読み、表現や文章構成の能力を上げることです。


しかし、小説のように書くと、主観が入った表現になってしまい、新聞のように書くと客観的過ぎる・・・・という感じになるので非常に難しい作業です。


しかし、時には裁判資料にもなる報告書ですから、手を抜くわけにもいかないし、時間をかけたからといって良い物が出来るとも限らない。


報告書は、調査を行った調査員だけが出来る作業です。


報告書を見れば、調査を行った調査員の優劣も分かります。


私的には、報告書は探偵社・調査員の優劣を判断するものの1つであると思います。


しかし、報告書と言うものは、調査を依頼した結果にしか分からないので、


依頼を考えている人は、見る目が必要になりますが・・・・


結構有名どころの某社の報告書なんかでも、とんでもない報告書がありますしね・・・・





ここからは、個人的なことなんですが、


私は小説を読むのが好きなんですが、面白い作家を誰か教えてくれませんか!!


好きな作家は、桐野夏生と藤原伊織で、軽いハードボイルドが好きです。


これを読んだ人は、お勧めの小説を是非紹介してください!!


コメント待ってます!!お願いしま~す!!!


軽い活字中毒のダン中尉でした(^0^)

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

盆あけデース☆


昨日は中近東系の外国人と踊っていた『ホームズ』です!



今回は探偵社の広告文句に関して


本日は『ダン中尉』とのWアップなので『ダン中尉』の記事もご覧下さい↓↓


探偵社と電話帳で引いてみるとかなりの数の探偵社が出てきます


『ホームズ』も探偵業界に入るまでは知らなかったのですが


かなりビックリする数です


探偵社に依頼することなんて人生で一度あるかないかだと思います


初めて依頼するにあったって どこの業者がいいかなんてさっぱりです


基本的に見積もり・相談を経て調査料金が算出されるため


どこの探偵社も広告上には具体的数字が出ていません


Web上のHPをみてもそうです


調査の一連お流れなどの説明は書かれていますが料金はグレイゾーンです


『ホームズ』が依頼者の立場なら一番気になるのは料金価格です


基本ケチが染み付いていますから (笑)


確かに依頼内容により、基本料金よりも安くなったり高くなったりと


「基本いくら」 と掲示してしまうと語弊を招く可能性もあるからでしょうか??


この点は『ホームズ』が思う料金表示にはなかなかならないでしょう


探偵法案が制定され、そのような条文があれば別でしょうけど・・・・・


しかしながら、国会提出された法案にはただ単純に


探偵業を許可制にしようってだけなんでそこまでの動きはないでしょうね


探偵社に依頼するときはしっかりと料金を見極め決めて欲しいです


最近はそこでも相談無料なんで


正しい情報を得るためにも 依頼者になる恐れのある方々は(笑)


めんどくさがらず、探偵社を吟味して欲しいです


機動力命ってよく探偵社の広告で見る文句があります


つまり二輪車を駆使して対象者を追っかけるってことです


都心の方では二輪車が重宝されます


しかしながら地方ではそんなに活躍の場はありません


自分の住んでる土地や調査項目により探偵社を選ぶのも賢い手だと思います


ガル三重にも『BOSS』がゴルフコンペで優勝したときの二輪車があります (笑)


しかし『BOSS』は免許がないので『ダン中尉』『ホームズ』専用車になっています


簡単に言ってしまうと宣伝文句に二輪車活用と書いてあっても特別なことではないってことです


お金を出せばいい広告はいくらでも載せれます


「ここが一番派手だから・・・・」


「広告が大きいから・・・・」


こんな理由で決めてしまうと痛い目を見るかも知れないのです




報告書云々に関して


『ダン中尉』の記事にもありましたが


「なんやねん!!!これ!!」


という他社の報告書はいくつもあります


離婚の裁判資料で使おうと思えば画像の豊富さがポイントです


別々の場面での男と女が移っていたところでなんの証拠にもなりません


狙うはツーショットにラブシーン☆


文章でだらだらと2人の行動が書かれていても意味はありません


その他、探偵社の失敗により結果が得られず調査が終了したなどなど


簡単に調査を諦めてしまう探偵社もあります


なんだかんだと探偵業は身体を酷使する場面があります


歳が行き過ぎている調査員が多いところは基本あまりよくありません


はっきり言って、現状許可のいらない探偵業


個人でやっているようなところは趣味の延長のような事務所もあります


ここぞという場面 常識を踏まえた行動では証拠はなかなかとれないものです


「バレるかもしれない・・・・」


こういう場面で突っ込む無茶さがある年配者の方はあまりいません


しかしながら、聞き込み調査が主に行われるような調査の場合は


年配者の方々のほうがすんなり結果が得られたりもします


『ホームズ』はそのへんマイナス判定なんで


聞き込みの際はカワイ子ぶります ものすごい困り顔でアピールしちゃいます(笑)


つまりは、調査員もケースバイケースです


要領の悪い探偵は使えません



その他、探偵社でお困りの方がいればコメにて受付まーす☆



今日もぼやいたホームズの事務所 → ガル三重





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回『ホームズ』が探偵業に関して書いたので。



よくあることなんですが、わが社が依頼を受けたとき、


以前、他社に調査依頼をしたことがあるという依頼者がいます。



では、なぜ前回と違う探偵社に依頼をするのか??



こういう場合、他社が行った報告書を見せていただくことがありますが、


探偵社によって、調査方法や調査員の人数に違いがあるのは当然です。


他社の報告書を見ると・・・



そりゃ、ここにはもう頼まんよな!!



と言う報告書が多すぎます!!



わが社以外は全てそんな探偵社ばかりとは言いませんが・・・。


他社の調査料金を聞いてビックリすることも多々あります。


こんな報告書じゃ、そりゃボッタクリとか悪徳探偵と言われても仕方が無いか・・・と思ってしまいます。



悪い報告書の例として、


1.読みにくい


2.写真が少ない


3.文章が幼稚


4.ページ数が少ない


等ですが、こういう報告書が多すぎます。


探偵業にとって商品は、報告書であり情報になります。


調査結果は依頼者の思っていた結果が出ないこともあります。


例えば、浮気をしていると思っていたのに、していなかったとか。


どのような結果が出ても依頼者に納得してもらえる調査内容・報告書を提出するのが、探偵業の義務であると私は感じています。



そこで、良い探偵社の見分け方を少し。


1.相談員の態度や話し方。


2・調査料金が明確である。


3.調査方法を提示してくれる。


以上の3つは依頼する前に分かることです。



『ホームズ』が書いていたように、決して調査料金は安くありません。


なので、依頼者が納得する、料金に見合った調査・報告書の提出が出来るように、


BOSS以下、私たち調査員は日々努力しています。


一部の探偵社によって、全ての探偵と言うもののイメージが悪くなるのは心外ですが、ダークな職業だからそれも仕方が無いのかも・・・・。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

このブログはガル三重のHPともリンクしてあります


つまりHPのアクセス数が増えれば


『ホームズ』の暇潰し(?)に多くの方に付き合ってもらえるわけです


HPのアクセス数の増減で探偵需要率が単純にわかります


小説では『探偵』という言葉は重宝されているように思います


二時間ドラマでも時々、『女探偵』という言葉が使われます


いちばん浸透しているのはアニメ『名探偵コナン』でしょう


どれをとっても、殺人事件がテーマです


殺人事件・・・・・非現実的な要素が大衆をひきつけているのでしょう


つまりは興味です 単純に野次馬根性です


実際の探偵の活躍場所はちょっとダークです(笑)


浮気調査なんて昼ドラもビックリのドロドロ感たっぷりです


逆にその恋愛の不可解さが面白いときもありますが・・・・


『ホームズ』も病んできている証拠です  Σ((゚皿゚;)ギクッ


実際、探偵に対してのイメージは両極端です


テレビ局によって扱い方も全く違います


某テレビ局は悪徳探偵を取り上げ、探偵業界を危機に追い込もうとしています


テレビの力を実感した今日この頃です


もう一つのテレビ局では探偵ドキュメンタリーの放送で


探偵に依頼して、よき結果がでた人を追っていました


しかし、この番組放送でのテレビの力は実感できませんでした   。゚ヾ(´A`)ノ゚。ゥワァーン


悪いイメージは浸透し易いのですが、良きイメージはなかなか伝わらないもののようです


ヤンキーやってた人がいい人になっても


中々イメージが抜けないのと一緒です  (o´∀`o)゛HAHAHA


別に『ホームズ』のことじゃありませんよ・・・・・・・・・・・・・ほんとに☆☆



探偵業の依頼料を初めて知ったときは目ん玉飛び出しました!!


        Σ(゜□゜ノ)ノまぢで!!!


探偵を頼むということは情報を買うということです


決して安いものではありません


最近なんとなく分かってきたのですが、腹が決まっている人はお金を惜しまない傾向があります


その情報をもとに離婚する!!! ← 例えばこんな人です


逆に興味本位のもとやってきた依頼者はビックリして事務所を後にします



『ホームズ』が期待しているのは探偵業イメージアップ作戦です


「ホームズちゃん、探偵やっているなんてすごいじゃない!!」


って言われてみたいものです


悪徳探偵被害を受けた依頼者がいるということで 


国会では近々、探偵法案なるものが制定されます


未だ探偵業はフリースタイルなのです


これだけ探偵各社がそろっているのに・・・・ 自由に起業しちゃっていいのです


郵政民営化で衆議院が解散しました


造反議員を叩くため、自民党本部はてんやわんやです


またもや、内輪もめ選挙の開始です


問題は何ひとつとして解決されていません


北朝鮮拉致問題・年金問題・道路公団・郵政民営化・・・そして探偵法案(笑)


日本の国会は先送り大好きです 


もともと国会には期待していません 若者が選挙にいかない理由です


探偵業イメージアップ大作戦を 『ホームズ』はブログを通して進めて行きたいと思います


タイトルもそのために変えました


探偵社内部公開ブログ     (゚∀゚ノノ☆ヽヾ゚∀゚)ヤッタネ


これからはタイトル通りの記事もアップしていきたいと思います


頑張れ『ホームズ』  負けるな『ホームズ』





そんな『ホームズ』の事務所 → ガルエージェンシー三重

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

駅は六つのホームからなる中堅クラスの大きさ


階段を駆け上がり、伝言掲示板に目をやる


(10分以内に発車の電車は二本か・・・)


『ダン中尉』の居場所の検討がつかなかったため


とりあえず、出発時刻が迫っているホームを捜しに行くことにした


『ホームズ』がたどり着いたホームは3番と4番


見渡す限り、『ダン中尉』の姿は確認できない


ふと脳裏をよぎるのは『ダン中尉』の喫煙シーン


何を隠そう彼はヘビースモーカー・・・・常に煙にまかれている男


朝の埃くささが残るホームの臭いから『ダン中尉』のマルボロの臭いを嗅ぎ分け


駅の片隅に設置されている喫煙コーナーへと向かった



電車が迫ることを知らせるマイクアナウンスが流れる


電車が来るまであと5分


少し足早に喫煙コーナーへと向かう



喫煙コーナーと書かれた看板がかかる駅の片隅に


煙にまかれる男 『ダン中尉』 はそこにいた


(ビンゴ!!)


ようやく一安心


3番ホームに電車が訪れる


『ダン中尉』は気にする事無く 煙と戯れている


(こっちじゃないみたいだな)


『ホームズ』は乱れた呼吸を整えていた


出発をしらせる警鐘が鳴り響く・・・・・・・・・・・・・そのとき!!!


慌てて電車に乗り込む『ダン中尉』がいた


(あっ!!!このやろう!!!!)


扉が閉まると同時に『ホームズ』も電車に駆け込んだ


(まさか乗った振りして降りてねえよな?????)


完全に人間不信の始まりだ 


窓からホームを確認する 


『ホームズ』の心配をよそに『ダン中尉』は ちょこん!! と座席に座っていた


(こなくそーーーー!!!)



『ホームズ』と『ダン中尉』の死闘は続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

駅へとむかう『ダン中尉』


人通りの少ない道を尾行するときは


相手を知っているだけにその距離間に戸惑う


(これは近すぎるのかな??やっぱりもう少し距離があるほうが・・・・)


いろんな思惑が頭の中を駆け巡る


そんな思いを知ってか知らずか、『ダン中尉』の歩行速度はスピードを増す


尾行の基本は相手の動きをある程度予測しておかなければならない


電車やバスに乗られるおそれがあるのなら 小銭はポケットに


周囲の状況も把握しておかないと 思わぬところで失尾につながる


『ダン中尉』は駅の券売機で切符を買うとホームへと姿を消した


(やばい!!!お金、お金)


財布をキレイにしまっていた『ホームズ』は


慌てて小銭を取りだし切符を買う


ホームにたどり着いたときには 『ダン中尉』を見失っていた


(くっそ、やられた・・・・・・・)


『ホームズ』は『BOSS』の顔を思い出す


「ホームズちゃーーん、失尾はあかへんで~~~~」 ニヤリ


焦りが冷たい汗を流す


辺りを見渡し、ホームに向かう階段を一気に駆け上がった!!!!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月X日


深夜に調査が終わって、報告書を今日のうちにやっておこうと思い、事務所へ。


車から機材を持って降りると何処からともなく


にゃーにゃーにゃー


と子猫の声が聞こえてきた。


以前より事務所があるビルの周りには野良猫がいたが・・・・


声をたどって行ってみると子猫が4匹と母猫が1匹



むちゃくちゃ可愛い!!



子猫が母猫からお乳を吸っているところだった。


それからと言うもの、毎日その猫たちの様子を欠かさず見に行っている。


ダン中尉は、しがないアパート暮らし・・・


連れて帰りたい!!


と言う衝動に駆られるがどうしようもない・・・


せっせと猫缶を与えに行っている。


水もやっている。


これくらいしか出来ないし、それならいっそのこと何もしないほうがいいのでは??


とも思ったが、見てしまった以上、出来ることはしてやりたい・・・・


あいかわらず、調査調査の毎日・・・・


調査中も気になってしょうがない!!!


子猫たちは健気に生きてるのに、浮気を毎日繰り返す対象者・・・・・



絶対証拠は逃さない!!


変なことで俄然調査にやる気が出ているこの頃です。


けど、気になってしょうがない・・・見るんじゃなかった・・・・何もしてあげられないなら・・・


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「今日は尾行練習やな」


『BOSS』が『ダン中尉』に向かって声をかける


「わかりました。いつものコースで考えています」


新米探偵『ホームズ』の研修が始まる・・・・・・・・・



『ホームズ』は事務所から程よく離れた場所に待機する


時間は正午ちょうどになったばかり


『ダン中尉』を対象者に見立てた徒歩尾行の練習


『BOSS』に課せられた目標は失尾(尾行失敗)しないこと



待つこと25分  『ダン中尉』が姿を見せる


『ダン中尉』足早に駅へと向かって歩き出す


目標を確認した『ホームズ』 多少の挙動不信をだしながら後を追う

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)