総合探偵社ガルエージェンシー神戸中央のブログ

 兵庫県神戸市の探偵社・興信所 ガルエージェンシー神戸中央のブログです。お悩み事・困りごと、なんでもお気軽にご相談ください。


テーマ:

~探偵に求められるのは調査力・観察力・そして”目力”~

 

”悪人”に利用されないために用意している『調査利用目的確認書』ですが、そんなものは紙切れ1枚だし、なんとでもなるんじゃないか?と思いますか。

 確かに『調査利用目的確認書』を交わしていても、調査報告書を渡した後にその報告書がどう使われるのかは私たちには知る由もありません。もし悪用されたとしても、それを止める手立てはありません。


 万一悪用されたとして、『調査利用目的確認書』を交わしているので法律的には問題ないかもしれません。しかし道義的に許さることではありません。探偵は正義の味方・弱い者の味方であるべきです。

 

 ですから私たちは、面談を行うのです。

 よく「顔の見えない(メールや電話だけで依頼を受ける)探偵は信用してはいけない」と聞きますが、ご依頼者様にご安心・ご信用いただくためにも実際に対面しての面談は大変重要なことです。しかしそれだけでなく、私たちが面談を行うのは、私たち探偵がご依頼者様のことを知るためにもとても重要なのです。

 探偵とご依頼者様は信頼関係で成り立っています。ご依頼者様には探偵を信頼していただかなければなりませんし、探偵はご依頼者様を信用しなければなりません。

 もし面談を通してご依頼者様を信用できなければ、契約をお断りする場合もあります。そうでなければ、逗子の事件のように悪人に利用されてしまうかもしれませんから。

 弊社の相談員は、常々人を見る目を養うよう努めています。ご相談者を見極め、本当に私たちの力を必要としているご相談者様の力になりたいというのが、弊社のポリシーの一つなのです。


おしまい



AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

~探偵は合法?ストーカー?~



 そもそも探偵は犯罪にならないの?という疑問を持たれた方も少なくないと思います。私自身、友人から「やってることはストーカーと一緒」と言われたことがあります。



 なぜ私たち探偵の仕事が犯罪に当たらないかと言うと、私たち探偵は、『探偵業法』という法律のもと営業しているからです。



『探偵業法』(正式には『探偵業の業務の適正化に関する法律』と言います)というのは、私たち探偵が調査会社を営む上で、詐欺まがいの調査や不正な調査を行いご依頼者様の利益を損なうことのないよう、探偵業者を規制するための法律です。



私たち探偵というのは、この『探偵業法』に基づき、各都道府県の公安委員会に届け出た上で営業しています。そしてお客様との契約から調査、そして報告に至るまでこの『探偵業法』の規定を遵守していますので、犯罪には当たらないのです。


さてこの『探偵業法』の第7条に、こんな条文があります。



探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、当該依頼者から、当該探偵業務に係る調査の結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければならない。



 平たく言うと、調査結果を悪いことに使わない、という誓約書を契約時に交わさなければいけないということです。この条文に基づいて、契約時には『調査利用目的確認書』という書面をお客様との間で交わしています。



 この書面にご署名いただくことで、私たちはお客様が”悪人”でないことを確認しています。しかし、そんな書面だけで本当に確認できるのか?と思われますよね。



 もちろん私たちは、書面だけでお客様を信頼しているわけではありません。次回はそのあたりを話していきましょう。



つづく



京都中央ブログで特集記事が上がってます。
『PrivetPolice』
お時間ある方はご一読を















AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
~調査はいろいろ、依頼者もいろいろ~

 探偵事務所には毎日様々な相談が寄せられます。奥さん旦那さんの浮気の相談はもちろんのこと、何十年前の“あの人”を探してほしい、いなくなった家族を探してほしいという深刻なものから、ちょっとしたご近所トラブルの相談なんかにものっています。

 そうして色々な相談を聞いていると、極稀に「あれ?」と思うような相談にあたることもあります。例えば「理由は言えないけどとにかく探してくれっ!」とか、写真だけ見せられて「この人の住所や名前を調べてください」とか。

 ご依頼者様それぞれに事情があるでしょうから、こちらとしても言いたくないことを無理に聞き出すことは致しません。しかし、相談の段階で明らかに不審な点がある場合、契約をお断りする場合もあります。そうしなければ、知らないうちに犯罪の片棒を担がされていた、なんてことになりかねません。我々探偵というのは、そういう仕事なのです。

 先月の末に報道された、東京都内の探偵が逮捕されたというニュースはまだ記憶に新しいかと思います。あれは2012年に逗子市で起きたストーカー殺人事件に関して、犯人から依頼を受けた探偵が被害者の住所などの個人情報を不正に入手したことを受けて、逮捕に至りました。あの報道を受け、「探偵 逮捕」や「探偵 不正入手」などの検索ワードが一気に順位を上げ、世間一般における探偵のイメージが下がってしまったことは否めません。

 そもそも探偵という仕事が個人情報をメイン扱う仕事ですから、他人のプライベートに深く踏み込むことになります。そこで、「探偵の調査って違法じゃないの?」「プライバシーの侵害じゃないの?」という疑問を持たれた方も少なくないと思います。

次回はまず、そのあたりから説明していきましょう。


つづく

京都中央ブログでストーカー対策について特集されてます。
『Privete Police』
ストーカーに関してお悩みをお持ちなら、ぜひご一読ください。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。