★第2回 七人展
~銀座マロニエ通りにて~

★2016年6月20日(月)~6月26日(日)
午前11時~午後6時30分(最終日26日は午後5時まで)

★ギャラリー銀座 銀座2の13の12
銀座マロニエ通りのギャラリーです。
03(3541)6655(画廊事務所)6021(会場専用)

★歌舞伎座・木挽町広場・奥エスカレーターより地上へ。右・京橋方向へむかい、2つ目の信号をわたって、QBハウスの角を右折。徒歩約3分です。
★A13出口より松屋デパートの前を歩き、ブルガリの方向へ一つ信号を渡る。わたってから直ぐ右折。マロニエ通りをずっと直進。昭和通りわたってすぐです。徒歩約5分です。

春夏秋冬・四季を身近に感じ、日々の暮らしを彩る、なごみのうつわ。 

野山の草花や自然の恵み、ぶどう、魚などをモチーフにひとつひとつ丁寧に心をこめてつくりあげた、手作りの陶芸作品約300点余を。(箸置きなどの可愛らしい小さなものも含めると約500点余を。) 

日本橋丸善などでも作陶展を開催・現代陶芸を代表する陶芸家、島田猛先生(長崎県出身・千葉県在住、伝統工芸新作展、日本伝統工芸展入選。千葉県展知事賞受賞等。)に師事する七人の方々。赤野芳枝さん、遠藤純代さん、神野寿美子さん、小久保玲子さん、箕輪洋子さん、宮内敬子さん、安田三千郎さんによる約二年ぶりの陶芸展です。 

ご案内はがきには、水の中をイメージした、オリジナルデザインの絵付け・楽しいリズム奏でる片口のうつわ・赤野芳枝さん、掌に優しいベージュのまぁるい形、赤い実の植物が映える蓋物・遠藤純代さん、使う人のアイディアで自在に変化、清楚で可憐な白い花のフリーカップ・神野寿美子さん、躍動感、モノトーンの土、一瞬を表現したオブジェ風の花器・小久保玲子さん、使いやすいフォルムの小皿、鉄絵の椿文の抑えた赤色で・箕輪洋子さん、ポップでキュートな趣も持つ、ひも土を編み込んで作った物入れ・宮内敬子さん、透かし彫りの技が生きる凝ったつくりの花入れは、花がなくても存在感・安田三千郎さんの作品が、仲良く。

大皿、中皿、小皿、花器、掛花入、銘々皿、酒器、茶器、コーヒーカップ、フリーカップ、マイカップ、高杯、片口、湯呑み、鉢などなど・・・ 展示即売コーナーも充実。 

陶芸への愛を感じる一週間です。
銀座は早くも七夕飾りで華やかに・・・どうぞ皆様お出かけくださいませ。
AD