玄達工房作業中!

テーマ:

2014年5月30日(金)


5月なのに暑い日がが続きますね晴れ。 夏はもうすぐそこです。


こんな日は 玄達工房で室内作業です。




玄達工房は 


福井新聞さくら通りビルの2階にあります。


作っていただいた銀のプレートがまぶしいキラキラです!







このまぶしさに見合うだけの作業が日々行われている!


・・・かどうかは別にして、 今日は張り切ってお仕事の


模様をお届けします。






山のように積まれた和布の中で 

延々と作業は続きます。 


手を動かすと 口は動かず


口を動かすと 手が動かず。


二つのことは一緒にできず!





   


そうして出来上がった本日の製作物は・・・・・



   帯地を使った お酒入れ。   

   

   お酒を差し上げるときの


   ちょっとしたラッピングに


   いかがですか?


   日本酒お酒、ワインワイン  


   両方 OKです。


   おしゃれですよ!






 

 紬、ウールなどを使った 


 お座布団。


 和布のぬくもりが


 伝わってきます。


 箱に入っているのは  日本酒のお猪口を使った


 針山です。 お針箱の中に入れると 可愛らしさUP!ベル


 お座布団も針山も 東日本大震災の被災者の方々による


 手作り品です。




                                

     


     帯地を使った 


     テーブルセンターと
                            

     着物地を使った掛物。                         


  色を塗った貝殻に帯地を貼ったストラップ。


  色の綺麗なもの、可愛い小物が続々です! 

   





 

これらの作品は 6月8日(日)に 福井産業会館で行われる


『ライオンズクラブ国際協会334複合地区第60回年次大会 』 に 


参加される 株式会社ウエマツ さんのブースの片隅をお借りして


販売されます。 よければのぞきに来てくださいね!

(残念ながら演奏はありません)




このように 楽衆玄達 玄達工房では 和布を使って様々な物を


リメイクしております。


もし、皆様のご家庭で眠っているものがあれば、 


ぜひお声をおかけくださいね! 





AD

ふりかえり 其の弐

テーマ:



日に日に夏の近づきを感じますね。お出かけに最高の季節になりました!

そして 今回の『ふりかえり 其の弐』は 2年前のお出かけです。


2012年5月、 楽衆玄達 邦楽隊は ドイツに続き

台湾へと出かけました。 目的は台湾芸術大学との交流演奏会です。

前回ドイツ同様 ほぼ手探り状態での台湾への出発です。

合言葉は『気合で音楽は国境を超える!』です。


2012年5月23日 

小松空港を出発し 台湾桃園空港に2130に到着しました。

ホテル着後、部屋に入る者、早速足裏マッサージに行く者と

それぞれ次の日の演奏に向けての準備?をします。


2012年5月24日 

朝から 台湾芸術大学へと向かいます。

台湾芸術大学は緑の多い立派な大学でした。



中国音楽科の玄関には 『歓迎』の貼り紙が!

嬉しいやら恥ずかしいやら緊張するやら・・です。





リハーサルをしていると 

ぽつぽつと本日交流予定の学生さんが集まってきます。 



様々な打ち合わせの後、周杰倫の『菊花台』を演奏すると伝えたらせっかくだから一緒に演奏しましょうということになりました。全く初めての 共演リハーサル、こちらの『半音下げてね~』の無茶ぶりには みなさん『好~♪』の快諾。さすが芸大生です。


中国音楽科の教授から 学生たちの演奏DVDの贈呈式の後、



交流演奏会本番の始まりです。 


まずは楽衆玄達の演奏からです。

琴の『さくらさくら』独奏に続き




能舞。能面を着けた迫力に客席にも緊張が走ります。




その後、『春待人』『風に聞け』『一調一管』『味真野悲恋』『荒馬踊り』と

続きます。



楽衆玄達の後は、中国音楽科の学生さんたちの演奏です。

日本では聞いたことのない凛としたそれはそれは素敵な音楽でした。素晴らしい!!


そして、初共演の 『菊花台』。 大の周杰倫ファンの楽衆玄達メンバーの1人は、感涙ものです。


無事交流演奏会が終わったら、学生さんたちは日本の邦楽楽器に興味津々!



お互いの笛を吹いてみたり




             日本の楽器の説明を聞いたり、





  

学生さんの楽器を弾かせてもらったり、







とても素敵な交流演奏会ができ、ありがとうございました!

本当にお世話になりました! 音楽って素晴らしいですね!



その後の日程は、 食べて・・・   呑んで・・・



                               夜市であそび・・・






台湾を満喫して帰った邦楽隊でした。





振りかえりをしてたら、また台湾、ドイツ、そして 外国へと文化交流に行きたくなりました!皆様、いつでもご用命くださいね~! 楽衆玄達邦楽隊、気合で国境を越えます!


謝謝、台湾!再見!!



































AD

ふりかえり 其の壱

テーマ:

2014年のゴールデンウィークも無事終了し、

新緑の心地いい季節となりました。

楽衆玄達の活動拠点であるここ福井の足羽山も足羽川も

若葉の緑に包まれ本当に綺麗です。

やはり福井は良いところ!(*^^*)





さて、皆様のおかげで活動させていただいている楽衆玄達ですが、

ここでご紹介できなかった活動を振り返ろうと思います。



まずは近々のところで 昨年お世話になりました

『福井県立奥越特別支援学校 芸術鑑賞』

楽衆玄達の演奏のほかに、「文化的体験」として生徒の皆さんの

カホン体験と演奏共演をし、とても貴重な時間を過ごさせていただきました。






















ご丁寧に 校長先生からもお手紙をいただき、 

こちらのほうこそ感謝感謝です。

2013年4月に開校した 奥越特別支援学校 の素晴らしさを

実感するとともに今後ともますますのご活躍をお祈りいたします。

本当にありがとうございました!




AD