学年ビリ&高校中退から東大・医学部に合格した塾長のブログ

高校中退後、国立医学部に合格。その後再受験し、
東京大学に入学した自身の経験を活かし、
偏差値40前後の生徒達を東大や国立医学部に合格させてきました。
私の受験ノウハウが詰まった桜凛進学塾やブログが、
少しでも全国の受験生の励みになってもらえれば幸いです。


テーマ:
もう冬休みが終わり、
という高校は多いではないでしょうか?

特に医学部志望の子は、
高1や高2でも、
受験に対して意識が
強まっていると思います。

ちなみに、
世の中には、
同じ様な成績から勉強を始めて、
勉強の仕方や癖の違いで、
東大や医学部に合格する人もいれば、
失敗する人もいるのと同じ様に、
同じ様な偏差値の高校や塾でも、
たくさん医学部生や東大生を輩出する
高校、塾もあれば、
そうではない高校、塾もあります。


その違いは何か?

大きな特徴として
挙げられるものに、
テストがあります。

どういうことか?

ぶっちゃけ、
理三などに受かる、
超優秀な生徒は、
自分で復習を徹底するクセが
ついているので、
テストがなくても、
合格します。


ただ、それが、
例えば、40人クラスいて、
その40人全員に復習を徹底してもらうのは
かなり大変なこととなります。
個別指導なら可能ですが、
集団授業だと、けっこう現実的では
なくなります。


そこで、よく、
高校や集団授業の塾で、
行われるものが、
追々試、もしくは、お帰り問題
です。

西日本にある、
青雲やラサールなどの
医学部に大量に合格者を輩出する
高校は、
追々々々々々々々々々々々々々々試くらい、
合格点を取るまで、
延々と追試を行ったりします。

都内の理三に大量の合格者を出す様な塾は、
授業の終わりにお帰り問題という
チェックテストがあって、
それが全問正解になるまで
帰れないという、
テストがあります。

どちらも共通しているのが、
満点近くまで、
いったん成績が定着するまで、
延々とやり直しをさせる
ということ
です。

逆に、
偏差値は高いのに
合格者数が増えない高校は、

追試を行っても、
それに合格しない人は、
やり直しノートを提出させて
終わり、
という、
復習の徹底さが甘い高校が多いです。

徹底した復習、
これが成績を上げるためには
不可欠な勉強法
なので、
徹底するようにしましょう。



【どうやったら偏差値40くらいからでも
 医学部に受かるのか知りたい!】
【東大や早慶などの志望校に合格する方法を
 知りたい!】
【東大などの難関大で数学満点を狙いたい!】
【東大・京大・医学部以外は大学やなかばい!】


そういう方は、
こちらまで、ご連絡下さい。

現在の成績、性格、学校の教材などを
考慮した、
あなたオリジナルの勉強法をアドバイスします。
ちなみに、
大学への数学などを執筆している先生に特注した
オリジナルの教材もあります。

webでの相談も可能なので、
全国どこからでも、相談できます!


私の本が気になる方は、こちらから。
学年ビリから東大・医学部・早慶に合格する法 改訂新版 (YELL books)/エール出版社

¥1,620
Amazon.co.jp





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。