【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

緑内障と整体治療
患者Tさん=51才-男性-会社員

 

① Tさんの病歴・・・薬が片方の眼にしか効きません。。。
患者Tさんは4-5か月前から「目がかすむ」などの異常に気付いていました。しかし最近まで具体的な治療をする事無く放置していたそうです。ところが1ヶ月くらい前からその症状が悪化し、両眼の付近に違和感が強くなり出したので眼科を受診されたところ「緑内障」の診断を受けたそうです。診察の結果両眼の眼圧が相当高く、右眼で視野が一部低下している事も判明しました。
眼圧を下げる点眼薬を処方され少しましになったそうですが(点眼薬で左眼は20mmHgまで低下していた)、ただ右眼の違和感と眼圧は下がらず「35mmHg」と高眼圧の状態が続いていたので、当院への来院となりました。

 

② Tさんの診察
・視診上、右眼がやや突出していました。瞳孔の左右差や眼瞼下垂はありませんでした。眼球の運動にも異常はありませんでした。顔面麻痺の所見も無く、嗄声、鼻声、嚥下障害もありませんでした。
・触診上、右眼の眼球は弾力性がなく硬く触診されました。顔面の神経学検査(三叉神経)は正常でした。
・聴診上、胸部、腹部の呼吸音の異常や血管雑音はありませんでした。甲状腺の腫脹ありませんでした。
・病院での血液検査では、中性脂肪がやや高めだそうですが、血圧は正常範囲だそうです。血糖値や尿酸値、その他の異常は無いそうです。
・問診上、発熱、咳-痰などの所見はありませんでした。1.5年ほど前に転倒し左鎖骨を骨折したことがあるそうです。

 

③ 治療目標と整体治療
⑴ 眼房水の循環を回復-促進し、眼圧を下げて緑内障の進行を抑制する
・眼圧低下整体法 (☚眼球そのものに触れて施術するテクニックではありません。)

 

④ 経過と結果・・・眼の周りがスッキリしました!!
・施術終了後に右眼の眼圧触診検査をしたところ、右眼の硬さが施術前よりやや低下し、少し弾力性が出ていました。
・Tさんも「右眼の周りがスッキリして違和感が無くなっている!!」とおっしゃって、眼の周りをしきりに触っておられました。
・正確な眼圧は眼科で検診しないと分かりませんので、適時眼科を受診し確認して頂く事を説明の上、眼圧が上がらないようにする為に適当な間隔で来院する事になり、今回の診療を終了しました。

 

⑤  今回の症例の概説、、、眼圧が上がる原因は、眼ばかりでは無い。。。
・緑内障は眼球内の「網膜」が障害され、放置すると失明につながる可能性の高い疾患です。主な原因は眼球を「球状」に維持する為の「眼房水」という体液が過剰に増加し、その結果眼球内圧が上昇して「網膜」を破壊していく、と考えられていますが、「正常眼圧」による緑内障も少なくない、と言われています。

 

・緑内障の治療については、それが「高眼圧」であろうが「正常眼圧」であろうが、眼科医的な治療の主流は、やはり「点眼薬による眼圧低下治療」だと思います。それは絶対に必要な措置だと思います。しかし眼圧を低下させる部位・手法は「眼球」「あるいは「眼球周辺」だけとは限りません。整体手技によって眼球内圧上昇の原因になっている「過剰な眼房水」を排泄促進させられる部位は、眼球(周辺)以外にいくつかあると考えられます。
 

・そのような考えから当院ではいくつかのアプローチ部位を研究し、その一つの結果が「眼圧低下整体法」です。
「眼圧低下整体法」は、その部位(例:内・外頸静脈など)を探して施術し、その部位での静脈血のうっ血を取り除き血流を回復させ、眼房水の流れを回復する有効なテクニックだと考えます。

 

・緑内障の整体治療に興味を持ってまだ数年しか経っていませんので治験はまだ足りませんが、今回の症例からも分かる様に、整体治療でも充分に、あるいは予想以上に効果が期待できる可能性があるのでは、と感じる症例でした。上記④の「経過と結果」でも記述した様に、一度の施術で相当な眼圧低下と眼の違和感解消につながったからです。
 

・今後もさらに治験を増やし、その効果の範囲と上限、あるいは無効例の確認などを研究し、緑内障患者さんに少しでも貢献できるように努力していきたいと思います。

 

 

● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室

●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院


次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。

 

●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

gie-gieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。