【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

便秘の整体治療・・・10日間、排便がありません。。。  
患者Sさん=39才・男性・会社員

参考資料
便秘と整体・・・20年来の便秘患者さん  


① 病歴=10日間、排便がありませんません。。。
・患者Sさんは、「2年程前から便が出る時と出ない時の差が激しくなってきた」と仰りました。3日程度出ずにいると1日-2日排便がある・・・といった繰り返しが続くそうです。特に思い当たる誘因もないそうです。
・最初は市販されている便秘薬(漢方薬)-サプリ等を試されていましたがあまり効果は無く、整体や鍼灸治療も試されたそうです。
・その様な経過の中で特に今回は最悪で、もう10日前から一切便が出なくなったそうです。


② Sさんの診察所見
・問診上、食欲は普通だそうですが、ただ腹部が重だるく気分がすぐれないので少し食事は減っているそうです。会社での定期検診で今まで特に異常を指摘されたことは無いそうです。
血圧は正常範囲内だそうです。
・聴診上、血管雑音やハム音の聴取はありませんでした。全般的にグル音は10秒前後で聴取できましたが極めて弱く聞こえました。
・打診上、腹部全般的に濁音でした。
・触診上、腫瘤感や抵抗感はありませんでしたが、下腹部全般と左季肋部などに緊張と圧痛がありました。


③ 治療目標と整体治療法
⑴ 消化管の筋肉疲労を回復させる  下記注1)参照
⑵ 消化管のIMC(消化間欠伝搬性収縮)を回復させる  下記注2)参照
⑶ 自律神経系を調節する

以上三つの目標を達成する事で、自力排便機能を取り戻します。


・平滑筋テクニック
・胃腸蠕動運動亢進テクニック
・交感神経緩和テクニック
・頭蓋仙骨療法


④ 経過と結果
・2回目来院時のSさんの報告では、施術翌日に「チョロっ」と少しだけ排便があり、2日目にはややまとまって排便があったそうです。
・4回目来院時では、「バナナ様の便が出て、いい感じになってきた」との報告がありました。
・6回目の来院時、ほぼ毎朝の排便があり、ほとんど「バナナ様の便」との事でしたので、とりあえず治療の終了としました。


⑤ 今回の症例の概略・・・整体は、漢方やサプリ等の外力(助っ人)に頼らず、自力排便機能を回復させる事が目的
・Sさんの身体所見で目だった異常は会社の検診でも、当院での診察でも見られなかったので、今回の便秘は何らかの基礎疾患の原因する症候性の便秘でなく、単純な便秘だと考えました。

・一般的には便秘薬やサプリに頼っていると次第に自力排便機能が衰えていく傾向(➡消化管平滑筋の筋肉疲労やIMC反射の減少など)にありますので、今回もSさんの病歴-所見から、衰えた消化管の機能回復を図り自力排便能力を回復させる整体手技(平滑筋テクニック・胃腸蠕動運動亢進テクニック)を取り入れました。

・特に自律神経的所見は認められませんでしたが、治療効果をあげる為に自律神経系を調節する整体テクニック(交感神経緩和テクニック・頭蓋仙骨療法)を取り入れた事も、治療期間短縮に奏功したと思います。


注1) 消化管の筋肉疲労・・・
胃や小腸・大腸などの消化管は「平滑筋」と呼ばれる種類の筋肉で構成されています。食べた食餌はその消化管の中を平滑筋の筋肉運動で「何度も行ったり戻ったり」しながら消化-吸収され、最終的に直腸手前の「S状結腸」まで移送されます。

その「口からS状結腸」までの行程の所要時間は平均10時間~24時間前後だと言われていますが、その間消化管平滑筋は絶えず筋肉運動を強いられています。それが重なっていくと平滑筋機能が衰え始めますが、その疲労困憊状況に便秘薬などで強制的に排便を促すと、さらに平滑筋に負担が加わり、限界を超えると今回のSさんの様に消化管平滑筋が「ストライキ」を起こし、10日にも及ぶ便秘に至る事があります。また、便秘薬やサプリ等の効果も無くなってきます。
平滑筋テクニックは、消化管平滑筋の疲労を回復させる最高の整体テクニックです。


注2) 消化管のIMC(消化間欠伝搬性収縮)・・・
消化管の筋肉活動には大きく二通りあり、一つは上記注1)の様に、食餌を消化-吸収する際の運動です。もう一つは空腹時の筋肉活動で、それがIMC(消化間欠伝搬性収縮)と呼ばれる消化管の反射機能です。

このIMCは空腹時に消化管内に溜まっている食物残渣(カス)を洗い流し、消化管内をきれいにクリーニングする作用を有する重要な機能です(☚空腹時にお腹がグ~ッと鳴るのがこのIMCです)。このIMCの機能が低下し食物残渣が溜まっていくとそれが残留便(宿便)となり便秘につながっていきます。
胃腸蠕動運動亢進テクニックは、このIMCの機能を回復させる極めて有効な整体テクニックです。



● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室


●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院



次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。


●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

gie-gieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。