【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

基礎体温(無排卵月経)の整体治療
患者Mさん=42才・女性・主婦


① 病歴=基礎体温が凸凹で無排卵月経かもしれません・・・
Mさんは結婚5年になりますが、子供が出来ず不妊治療を受けていました。その過程で数年前から基礎体温を毎月つけていたそうですが、毎月バラバラで低温期-高温期の区別が全くついていない状況でしたので、「無排卵かも知れない」と医師からも言われていたそうです。婦人科的な異常は特に認められなかったそうです。


婦人科治療、鍼治療、漢方治療を試されていましたが全く基礎体温の変化は無く芳しくなかったので、当院に来院されました。


② Mさんの診察所見
・聴診上、グル音はかなり弱かったですが、聴取出来ました。
・打診上、腹部全般的に濁音でした。
・触診上、腹部全般的に緊張して張っていましたが、特に左右の臍の横5cm~10cmの縦のラインの緊張と張りが肋骨弓下から恥骨上縁にかけて顕著に認められました。しかし腫瘤感はありませんでした。
血圧は正常で、腹部大動脈の血管雑音やハム音も認められませんでした。
・子宮底の触診は不能でした。卵巣-卵管の腫瘤感も触知できませんでした。
・帯下や不正出血は無いそうです。便秘では無いそうですが、スッキリ出ているとは言えないそうです。
・生理痛は下腹部の軽度の疼痛があるそうです。排卵痛が下腹部にあり、その後10日間ほど吐き気が続くそうです。
・両側頬骨の下部に著明な緊張と圧痛があります。
・安静時-運動時に関わらず、軽度の腰痛が左T12の高さに慢性的にあるそうです。
・両下肢の浮腫みが強いそうで、靴下の跡が長く続くそうです。
・月経周期は31日で期間は4~5日程度だそうです。


③ 治療目標と整体治療法
⑴ 両側頬骨下部の緊張を解消する
⑵ 「肋骨弓下から恥骨上縁にかけての左右の臍の横5cm~10cmの縦のラインの緊張と張り」を緩和する


・両側頬骨下部への推拿(圧法)
・頭蓋仙骨療法
・上記⑵の部位への平滑筋テクニック
・卵管-卵巣の内臓整体


④ 経過と結果
・初回治療から1か月以内に「排卵痛-吐き気」と「腰痛」「下肢の浮腫み」は解消していたが、基礎体温の安定化は認められず、相変わらず凸凹であった。


・2か月目も他の症状は安定していたが、基礎体温については同様であった。

・3か月目に入って「低温期と高温期」がはっきりと区別出来る様になってきたそうです。こんな事は基礎体温を測りだしてから初めての事だそうです。


・4か月目に入っても同様に「低温期と高温期」がハッキリと区別出来ていたので、治療終了としました。


⑤ 今回の症例の概略・・・婦人科臓器が原因とは限らない! 「顔から、そしてお腹から」
・Mさんの「排卵痛と吐き気」及び「慢性腰痛、両下肢の浮腫み」の詳細については「十日間続く排卵痛(中間痛)と吐き気の整体治療 」を参照ください。


・基礎体温は排卵前が低温期で排卵後に高温期にキッチリと区別出来る様になりますが、その為には排卵した後の「卵胞」が「黄体」に変化し、この黄体からプロゲステロンと呼ばれている女性ホルモンが大量に分泌される必要があります(同ホルモンに体温上昇作用があります)。

・卵胞が黄体に変化する為には、排卵前に大量のエストロゲンの分泌が必要です。


・今回のMさんの症例については、上記②の「Mさんの診察所見」で記したように「卵巣動脈-静脈の血流低下」の可能性があり、その動脈血流低下により卵胞がしっかりと成熟していなかったのでは(☚エストロゲン分泌が低下し黄体に変化できない)、、、あるいは卵巣静脈の圧迫により卵巣に軽度の浮腫が生じ、これもエストロゲンやプロゲステロンの分泌を阻止する要因になるのでは、と推定し、その結果基礎体温が安定しなかったのでは、と考えました。

・さらに下垂体から分泌されるゴナドトロビンもその循環が阻害されて卵巣に働いていないのでは、と推定しました(☚頬骨下部の緊張=翼突筋静脈叢)。


・従って今回はその両面から治療を進め、⑴下垂体からの血流を回復させる、⑵卵巣機能を回復させエストロゲン分泌を回復させる、を目標として上記③の整体テクニックを施術する事にしました。

⑵については先述の様に「十日間続く排卵痛(中間痛)と吐き気の整体治療」を参照して頂くとOKですが、⑴の下垂体からの血流を回復させる、については外側翼突筋の緊張の緩和が滞っていた翼突筋静脈叢の血流を回復させ、下垂体から分泌されたゴナドトロビンが全身に循環しやすくなり、卵巣への刺激が功を奏したものと考えたいと思います。


・結果として基礎体温は「低温期-高温期」と安定化しましたが、Mさんには上記⑴、⑵のどちらが奏効したかはよく分かりません。しかしMさんとよく似た患者さんにも同様の施術をする事で、基礎体温の乱れで悩む多くの患者さんたちの朗報になるのでは、と期待してこれからも続けていきたいと思います。
但し、いくら基礎体温が安定化したとしても排卵か無排卵かの判断は我々整体師には不能ですので、専門医への検査の依頼が必要です。



● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室


●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院



次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。


●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市









AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

gie-gieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。