【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

慢性腰痛・生理痛と性感染症(クラミジア)の整体治療 (子宮後屈症の合併例)


●性感染症(STD)は決して特別な疾患ではありません。
確かに「性感染症」という名称の響きはチョッと恥ずかしいですから、自分が性感染症に罹患したとしても人前で言いにくいかもしれませんね。
でも性的体験があれば誰でも高い確率で感染するものですし、逆に他者に感染させてしまう可能性も高いですから、大人としては意識しておかないといけない疾患の一つだと思います。
ところでこのコラムではそんな事を書きたいのではなく、整体と性感染症の関係を知って頂きたいと思っています。


●「性感染症と整体・・・なんの関係があんねん?」…性感染症の後遺症がポイント
ところで普通の方は「性感染症と整体・・・なんの関係があんねん?」とお思いになると思いますし、「性感染症は病院やろ!」とイメージされると思います。それはあたりまえです。
仮に、性感染症に罹患している方が私の整体院に来院して「性感染症を治療してください。」と言われても、私は何もできませんからお断りします。病院で抗菌剤等で治療して頂く事をお勧めします。それが一番ですから。
ただ、問題はその後、つまり性感染症の後遺症についてなんです。但し、これは女性に限りますが。。。


●なぜ女性に限るのか???
それは、女性器と腹腔が直接的につながっているからです。つまり性行為で感染した「菌」は膣から子宮➡卵管➡腹腔内(卵巣、小腸、大腸、肝臓など)に上行し感染巣を作っていくのです(菌の種類によっても到達部位は異なりますが)。ですから女性が性感染症によって罹患した菌は生殖器だけでなく腹腔内に散らばっていくのですね。そして散らばって行った先々で炎症を起こしたりして腹痛や腰痛・生理痛などの愁訴を生じさせるのです。
そして病院に行って抗菌剤などの治療を受けて治癒していくのですね。


「抗菌剤で治るんやったら、整体なんか関係ないやん!」
とのお感じの方も多いと思います。
確かにその通りです、、、がしかし、そうもいかないケースが結構多いようです、性感染症の後遺症については、、、。


●女性の性感染症の後遺症としてどの様なケースがあるのか、、、癒着を剥がせ!
それは不妊や生理痛など、様々な後遺症が有るようですが、ここでは「腰痛」に絞って書いてみます。
先ほど「性器から感染した菌は腹腔内に上行して感染巣を作り、炎症を起こしたりする」と記しましたが、その際に臓器同士、あるいは臓器と腹膜の間隙で癒着を生じることがあります。そして抗菌剤で菌は死滅してもこの癒着は残存する事があります。その癒着が神経反射的に腰痛を起こすケースがあるのです。


さらに悪い事には、女性の性感染症は(特にクラミジアなどは)、男性に比べて具体的な症状が出ない事も多く(=無症状)、抗菌剤による治療が遅れるケースも少なくなく、それが癒着をさらに助長するようなのです。


従って多くの女性は「自分のお腹の中に性感染症による菌が残存して、それが臓器間の癒着の原因になっている…そしてそれが「慢性腰痛」の原因になっている」なんて事を、夢にも思っていない事になるのですね。そしてその癒着をはがしていく整体手技こそ、慢性腰痛を始めとして、生理痛・腹痛や不妊症の治療に大きな効果を出してくれるのですね。


●性的事柄の問診はちょっと恥ずかしいですが、、、
正直言って、腰痛で来院された女性患者さんに、いきなり
「性感染症になったことがありますか?」
とは、いくら私でも聞きにくいです。しかし子宮内膜症や便秘などと同様に、この性感染症の後遺症は女性の慢性腰痛の要因として、必ず意識していないと治療出来ない原因である事も間違いありません。ですから女性患者さんが来院された際には
「性感染症による後遺症(癒着)はあるんだろうな…」
的な感じで診ていくようにしています。そして必要に応じて性的な問診をさせて頂くようにしています。


でも、意外と性的な問診をした際、キチンと答えて頂く女性が多いですね。やはり真面目にお聞きすると真面目に回答して頂けるようです。それが整体にも大きく役立っていますね。


生理痛、子宮後屈=性感染症後遺症(クラミジア)の整体治療例はこちら 


● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室


●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院



次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。


●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京市

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

gie-gieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。