【大阪】 整体師養成校 ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院                      JHSC整体治療室 = 公式ブログ

●当院は「整体治療」と、「2年制整体学校」を運営しています。
●各疾患・症状に対しての研究-治療成果、患者さんとのエピソード、コラムなどを掲載しています。
●当院での治療(左下欄参照)、又は学院への入学希望の方は専用メールか06-6180-6880までお電話下さい。


テーマ:

アトピー性皮膚炎と整体 =薬を使わず免疫調節と体質改善=

①概説と症状

②アトピー性皮膚炎の治療のポイントは? 

③整体はアトピー性皮膚炎に効果的?!

④整体による実例

「整体、心と身体に関する悩み-質問」はこちら
この症例は基礎医学「総合応用治療学」で勉強します。



①概説と症状

・本来、人間に対して無害な物質(ダニの死骸、カビ、花粉etc)に対しても免疫的な反応を起こしてしまう事をアレルギー反応と呼びます。この反応が皮膚で生じたものがアトピー性皮膚炎と呼ばれます。

・アトピー性皮膚炎はアレルギー反応の中でも「Ⅰ型アレルギー」のタイプで、Ⅰ型の皮膚炎が起こる為には次の三つの構成要素が必要です。

(1) ダニや花粉などの抗原(アレルゲン)

(2) Bリンパ球が産生するIg-Eと呼ばれる抗体(抗体は本来細菌などの有害物質を攻撃する蛋白質の一種です)

(3) 抹消血管内や皮下組織に常駐している肥満細胞(肥満細胞は炎症を誘発させる物質=ヒスタミンを分泌して炎症を起こさせ、抗原を殺傷しやすい環境を誘導する免疫系の細胞です)

  ()皮膚表面に防御機構として存在している「酸性皮脂膜」の損傷も、アトピー性皮膚炎の原因として、近年注目されています。

・つまり上記三者が皮膚で出揃うと、まずIg-E抗体と肥満細胞が結合し、そこにアレルゲンが吸着すると肥満細胞内のヒスタミンが分泌され、皮膚炎を起こす事になるのです。従ってアトピー性皮膚炎は(1)のアレルゲンが多くなる環境(2)Bリンパ球-Ig-Eが増加する体質、そして(3)の肥満細胞が血管より皮膚に移動・増加する様な体質の時に発症しやすくなります。☚ここは要チェックポイント

・症状は頭部、顔面、首筋、肘、膝・・・などの皮膚に好発する炎症性の湿疹、痒みが中心です。

意識・無意識的に掻きむしり皮膚が傷つく事が多いので、皮膚本来の防御的機能が破綻して別の細菌などにも侵略されて炎症が重篤化する・・・という悪循環に陥りやすくなります。ここまで進行すると治療もかなり厄介になってきます。



②アトピー性皮膚炎の治療のポイントは?  

上記要チェックポイント(1)~(3)の内から、どれか一つでも解消出来ればアトピーともオサラバできます。

(1) アレルゲン増加に対して・・・

現実的にアレルゲンをカットする事は至難の業です。又、ダニを退治したり花粉を除去する事は整体師の本業でもないですね。

(2) Bリンパ球-Ig-E過剰体質に対して・・・

実は、このポイントは私たちJHSC整体師の最も得意とする分野です。その手法は次の③整体はアトピー性皮膚炎に効果的?!をご覧下さい。

(3) 肥満細胞の皮膚への遊走体質に対して・・・

通常、血管内にへばりついている肥満細胞は、自律神経やサイトカインなどによるある種の刺激で皮膚への遊走が増加します。その刺激を極力軽減させる手法です。



③整体はアトピー性皮膚炎に効果的?!

アトピー体質(2.)(3)の改善・・・長期的にはこれが一番

(2)に対して

★小腸の内臓整体

・小腸には「パイエル板」と呼ばれる無数のリンパ節の集団があり、その中に待機している免疫細胞が小腸内の食餌=消化産物に付着している細菌等が小腸から吸収されない様に監視しています。特にBリンパ球は侵入してきた細菌に対して免疫活動を起こすことで私たちを食事による細菌侵入から守っています。

・しかし、ある一つの細菌を専門的に攻撃するBリンパ球=Ig-Eが、その細菌とそっくりなアレルゲン(=例えばダニや花粉など)を見つけて攻撃してしまう…という、一種の冤罪的な免疫活動も起こる事が有り、それを「交差免疫応答」と呼び、アレルギー反応の大きな要因と考えられています。

・小腸の蠕動運動の機能が低下して細菌の食料源である残留便が蓄積されると細菌の繁殖が増えるので、それにつられてパイエル板の免疫細胞も活性化=増殖します。

・この時、本来人体に無害なダニや花粉等に対する免疫細胞も増殖すれば、やがてそれらをも攻撃してしまう…これがアトピー性皮膚炎の原因の一つとして考えられています。


アトピー体質からの脱却

・小腸の内臓整体は、パイエル板付近に永年蓄積し、菌繁殖の原材料となる「残留便」の排泄能力=蠕動運動を回復し残留便を減少させて、パイエル板内での過剰な免疫細胞の増殖・活性化を緩和・減少させる事を期待するテクニックです。

・過剰な免疫細胞減少の結果上記の交差免疫応答(他人の空似)を減少させ、免疫細胞の関節への攻撃を薬に変わって自然に抑制させて、アトピー体質から少しでも脱却させる事が期待できます。

★自律神経-血管系の整体 肥満細胞の遊離を極力減らす為に

・首や肘など、アトピー性皮膚炎が発症している部位を管轄する血管-自律神経の緩和を促進する整体手技です。これにより肥満細胞の血管から皮膚への遊離刺激を減らし、肥満細胞とIg-Eの接触を極力少ない体質に改善させていきます。

・時には全身的な効果を期待する上で、アトピー患者さんに「心理療法」を行うことがあります。

★その他の整体手技

・胸腺へのアプローチ、皮膚の酸性皮脂膜(皮膚の第一の防御バリア)に対する美容整体などを、患者さんの必要に応じて組み合わせて施術しています。


④整体による実例

3才の時からアトピー性皮膚炎を40年以上発症している43才・女性(OL)の症例

・今まで西洋・東洋医学、その他様々な民間療法を試されてこられましたが改善せず、毎年悪化する初夏から秋にかけて皮膚を掻きむしり、全身が血だらけになっていた様です。

 顔から首、腕から肘、背中、及び膝周辺と皮膚炎が進行し、特に顔-首付近は赤黒く変色して、所々で膿が出ていました。

・猛烈にひどい便秘があり、聴診上「消化管」の蠕動運動は非常に弱って少ないことが推定され、問診上も「排便の仕方を忘れるくらいトイレに行っていません」とのことでした。触診・打診などの検査でも相当の残留便の蓄積が予想されました。

・この患者さんに上記の整体手技を根気よく施術していると、徐々に残留便が排泄されていき、それにつれて皮膚を掻きむしる事が次第に減少し、毎年夏恒例の皮膚の出血も全く認められず、次第に皮膚の色も通常の皮膚の色に近づいてきました。

・まだ多少赤く炎症が残っている部分がありますが、実際の効果を実感されているので、現在も整体治療を継続されています



●心理療法に切り替えた19才、男性(学生)の症例

・最初は上記整体手技を施術していましたが効果が少なかったので、患者さんと相談の上心理療法に切り替えました。

・この患者さんも就寝中に皮膚を掻きむしり、布団が血で染まることが度々であったそうです。

・心理分析の結果、友人・知人などとライバル関係になった時、その競争からくるストレスを極力さける傾向が伺われました。それが内向的性格につながり、外に出ない合法的な理由=大義名分として使われるようになった様です。

・その体験とは「幼児期に病気になった時、親が保護をしてくれて、同時にスポーツの試合などに参加しなくてもよくなった」と、いうものでした。

・心理療法の結果、今までどのような理由・目的で自分が消極的であったか、そしてアトピーを言い訳に悪用(?)していたかを気付く事が出来、積極的な自分になるように勇気づけていきました。

・その結果、心理療法終了後して数週間後に、アトピー性皮膚炎がスッキリと改善していくことができました。





● 治療のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

付属治療室

JHSC整体治療室


●診療時間 【予約制】
 ・午前診…10時~13時
 ・午後診…15時~18時

●診療日
 ・月曜日~金曜日
 (水曜日=午前診のみ)
 ・第2土曜日、第4土曜日=午前診のみ

●休診日
 ・第1土曜日、第3土曜日、日曜日、祝日

●治療費
 ・初 診 7,500円
 ・2回目以降  5,000円
●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F

      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話 06-6180-6880 
●メールでのご相談・治療予約はこちら まで



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




● 本学院-入学のお問い合わせは下記まで

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2年制整体学校

ジャパン・ヘルスサイエンス専門学院



次の二つのコースからどちらかを選んで入学して頂けます。

1 本科2年課程 (一般の方が入学するコース)
2 プロコース (鍼灸師、理学療法士などのプロの方が入学かるコース)

基礎医学科目は「動画配信による通信授業 」が出来る様になりました(勿論通学受講もOK)。


●住所 大阪市都島区善源寺町1-5-43 アイムワンビル2F
      地下鉄谷町線都島駅 4番出口徒歩2分
●電話  06-6180-6880
●メールでのご相談資料請求体験入学 受付中


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


患者さんが通院される主な地域
大阪市、淀川区、東淀川区、西淀川区、大淀区、福島区、中央区、北区、旭区、都島区、此花区、大正区、東成区、城東区、住吉区、住之江区、平野区、守口市、門真市、寝屋川市、交野市、枚方市、東大阪市、大東市、八尾市、四条畷市、藤井寺市、柏原市、吹田市、豊中市、摂津市、茨木市、高槻市、箕面市、池田市、川西市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市、堺市、岸和田市、和泉市、泉佐野市、奈良市、生駒市、京都市、向日市、長岡京

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

gie-gieさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。