遅まきながら、2012年第63回紅白version 嵐 「ふるさと」です(^_^)/

歌詞がさらに深いものになり感動を呼びました!

3月に行う学童保育の修了式で是非みんなで歌いたいと思います☆

シンガーソングライターの白雪ことりさんが美しい歌声でカバーされています↓






「ふるさと」  歌 嵐   作詞 小山薫堂    作曲 youth case
   2012紅白バージョン

【1番】

夕暮れ迫る空に 雲の汽車見つけた    なつかしい匂いの町に 帰りたくなる

ひたむきに時を重ね  想いをつむぐ人たち

ひとりひとりの笑顔が  いま、僕のそばに

巡りあいたい人がそこにいる    やさしさ広げて待っている

山も風も海の色も     いちばん素直になれる場所

忘れられない物語(うた)がそこにある    手と手をつないで口ずさむ

山も風も海の色も     ここは  ふるさと


【2番】

朝焼け色の空に またたく星ひとつ   小さな光が照らす  大いなる勇気

何気ない日々の中に   明日(あした)の種を探せば

始まりの鐘がひびく   今、君のために

雨降る日があるから虹が出る    苦しみぬくから強くなる

進む道も夢の地図も   すべては心の中にある

助け合える友との思い出を   いつまでも大切にしたい

進む道も夢の地図もそれは  ふるさと

僕の  ふるさと    ここは  ふるさと



AD

コメント(3)