films

テーマ:
先日の終了式をもってなんとか2年目も終わりました。

と言っても、たくさんの課題持ち越しです・・・。あまり区切りという気がしません。休みと言ってもすぐ新年度だし、なんだかんだで学校行ったり。

来年度は今年度よりまた忙しくなりそうです。でもよく考えると、この歳で「来年度は今年度より暇になりそうです」と言うのも、なんとも頼りないというか情けないですね。という事で、今の状況をむしろ喜ぶ気持ちで参りたいと思います。

しかし一応は休みです。次の日授業がないというだけで気が楽です。最近、夜に映画を観ます。たくさん観ました。





角川エンタテインメント
トランスポーター【廉価版2500円】

これは以前に"Transporter 2"を観て非常に面白かったので、これも観ておこうと思い観ました。男はたぶんみんな好きになりそうな映画です。





20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
デイ・アフター・トゥモロー 2枚組特別編

次はこれ。実はちゃんと観たことなかったので、観ました。それにしても、「アルマゲドン」くらいから始まった自然災害物映画、とても多いですね。何らかの自然災害が起きる(起きると予想される)ことで、人類に危機がせまる。さあ、どうする人間?そこで数人のいわゆるヒーローが出てきて、人類の未来のために自然災害に立ち向かう。でも、いまいちしっくりこないのが、その殆どの結末が、「アメリカのおかげ」で人類が助かった!なんて物です。もちろんそれ以外の結末もあるのですが、この"The Day after Tmorrow"を含めて、アメリカを中心にできた映画です。
う~ん。





ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ルディ

これは大昔に一度観て感動し、それから何度も観たいと思っていてなかなか観られずにいたものです。
アメフトの話で実話らしいです。頑張り屋さんです。




ブエナビスタ・ホームエンターテイメント
コヨーテ・アグリー 特別版

そしてこれです。簡単に言うと、田舎者の女の子が大都会にでて夢をかなえるという話です。よくある話ではありますが、面白い話です。




ワーナー・ホーム・ビデオ
チャーリーとチョコレート工場 特別版

最後がこれです。これは半分くらいは子供向けな映画なんですが、かなり僕は好きな映画です。チョコレート工場で働くウンバルンバという小人がいるのですが、彼らが最高です。みな同じ顔で、汗臭そうなおっさんなんですが、ただただ面白いです。



とても適当に書いてしまいました。最近はこんな映画を観ながら生きています。
AD

they make me feel...

テーマ:
今更ではありますが、この映画を観ました。




ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション ミニクリプテックス付き


あなたは観た事ありますか?この映画は原作本のころから話題で、読んですごくおもしろかったという話をよく聞きました。映画になったというので、観てみたいなと思っていました。そんな折、先日レンタルビデオで発見して借りました。

僕はホラーが苦手です。

この映画は宗教的なミステリーの話だとは思っていたのですが、これは怖いすね。なんどもビクッとなってしまいました。話が話だけに、怖さも現実感が微妙にあるしなんだか・・・楽しむまえに怖かったです。

映画というものは多くの場合そうであって、それはいい意味でも悪い意味でもそうですが、観ていると自分が映画の話の中に入ってしまいますよね。この映画もそんな映画で見たは何故か無駄にyoutubeで「タカアンドトシ」のコントを見ていたのを覚えています。

映画の影響力でもう一つ思い出すのが、僕がアメリカに居た頃、ある日友達と街中の小さな映画館へ行きました。平日の昼間だったので、客は僕らの他に寝にきたようなオヤジが少しいるくらいでした。




ワーナー・ホーム・ビデオ
ディープ・ブルー 特別版

これは太平洋に浮かぶ基地で研究のために飼っていた巨大サメが基地を破壊し、人々を次々に襲うという直球変化なしの話です。水中深いところにある基地内部から逃げようとするとき、見ていた僕らもまるで閉じ込められているような感覚になり、非常に息苦しくなったのを覚えています。


いや~、映画って本当にいいものですね、それではさよなら、さよなら。
AD

the day

テーマ:
あの日のあの朝、僕は前日までの疲労による深い眠りの中からあの甲高い電話のベルによって起こされた。

「また、電話かよ・・・。」

その電話の少し前、同じ電話が既に僕を一度起こしていた。



"Hello?"

"イ...is this...ユ...Yuko?"

"...No... I think you've got a wrong number, sir."



その時の電話の男は日本人の名前を出して急かした声で僕に尋ねてきた。名前はYukoでもMikaでもMichikoでもどうでもいい。ただ、明らかに日本人の英語だった。

しかし、その電話の異常さに気づく前に僕は再び眠りに入った。2度目のベルが鳴ったときも、夢か現実か区別できないまま、受話器を取った。



"Hello?"

「ちょっと、あんた、とにかくテレビつけなさい!」


日本からの母親の声だった。

言われるがままにテレビのリモコンを手に取りボタンを押す。するとそこには映画のワンシーンのようなものが映っていた。また新しい映画ができたのか?アクション映画っぽいな。

しかし、何かが違っていた。僕は変な違和感に襲われたのだ。

そういえば、人の顔は例えばコンピュータで目と目の間を少し離した写真に修正したとき、その顔をよく知る人は、違和感に襲われるという。ほんの僅かな違いでも違和感を感じるのだ。しかし、その違和感の原因、つまり目と目が離れたことには言われるまで気づかないという。

同じような違和感を感じながらも、自分の中では映画のワンシーンという結論に達しようとしていた。しかし、チャンネルを変えたとたん、その違和感が現実のものになった。

どのチャンネルを見ても、同じ映像しか写されていないのだ。




2001年9月11日



この日、それまでの世界は完全に変わってしまった。

自分でも気づかないうちに一瞬で死んでしまった人、死への恐怖とともに死んだ人、暗い瓦礫に埋もれてそのまま息絶えた人、助けに向かって巻き添えになって死んだ人・・・。

そしてその人たちの何十倍もの人が大切な人を失った悲しみに暮れた。

人は人を殺すこともできるし、生かすこともできる。


この日、港湾警察から救助のためにワールドトレードセンターに向かった警官たち。ビルの崩壊によって瓦礫の底で生き残った二人の生きる意志とその人たちを愛する人たちの願い。何千人もの人が亡くなり、何十万人もの人が被害を被った。その中の僅か二人の話である。しかしそれでもあの日の事を伝えるのには十分だったと思う。

いろいろ賛否両論があるようだが、僕はいい映画だったと思う。

映画"World Trade Center"を観ました。
AD

映画3本

テーマ:
採点が無事終わりました。今回はそこそこの出来でしょうか。特に不満は無いけど、満足もしていないという程度です。なんとも普通なテストでした。

先週の土曜日は朝の8時半に名駅の映画館に集まって予餞会という学校行事がありました。ま、みんなで映画を観たわけですが、"A Sound of Thunder"という内容とタイトルが結びつかない映画です。

はちゃめちゃな映画だったな、というのが感想です。面白いんだけど、物足りない。金が掛かっているような、掛かっていないような。ま、内容はどうでもいいです。公開開始したら観てみてください。

その日は昼には終わり、午後からは採点作業です。テスト直後から始めていたせいで、順調に進み、夜には90%終わりました。

さて、サタデイナイトです。フィーバーですよ。何もしないわけがありません。何かしたのです。と、いってもただ映画を観たという地味な結果なんですが、今度は"flightplan"という映画を観ました。トレイラーで観たときに、ん?これは一体どういう結末になるんだ?という疑問が浮かび、とても観たくなりました。

久しぶりに面白い映画を観ました。サスペンス映画なんですが、良く出来た映画です。観る側の心理をうまく捉えた作品でしょう。

旦那を転落事故で亡くし、その遺体と共に飛行機で娘と祖国に帰ることになったのですが、娘と一緒に飛行機に乗って少し寝た後、娘が消えているのを発見したのです。周りに聞いても、娘を見ていないという。乗員名簿を見ても娘の名前は無い。挙句の果てに、娘は6日前に死んだという病院からの連絡。主人公の母親は旦那と娘を亡くしたショックで妄想をしているのか、それとも?飛行機という密室の中で起きたこの事件の結末はいかに?

で、満足して帰宅した後、お酒を呑みながら"Dram Line"という映画をDVDで観ました。

実に映画三昧な1日でした。無事、日曜の昼には採点が終わりました。

ここにも博士が

テーマ:



小川 洋子
博士の愛した数式


先日、この本が原作の映画、「博士の愛した数式」を観ました。

原作本を数年前にたまたまテレビで知って読みました。なんかすごくまったりとした感じでとてもよかったのを覚えています。

その本が映画化されると聞き、待ちに待ってついに公開日になりました。

感想は…うーん、ちょっと物足りないかな。試写会か何かで主演の寺尾さんが「決して派手な映画ではありません」と言っていた。たしかに派手じゃない。派手じゃないなりの良さもあるにはあったけど、もう少し期待していた。

もし僕が数学に通じた人間だったらその数式が理解できて「ハッ」と来ていたかもしれないです。

僕が今言えることは、出演の浅丘ルリ子の顔が怖かったのと、隣に座っていた男性が、画面で数式が出たり、博士が証明の美しさを語るたびに「うんうんうん!」って声に出して頷いていたことです。

博士はこんなところにもいました。

キングコング

テーマ:
映画「キングコング」を観ました。

感動する映画といえば、最近は日本映画や韓国映画が挙がるところで、そういう映画もいいんですが、ちょっとアクション系、アドベンチャー系のCGを使った映画が観たい!と思い「キングコング」を観ることにしました。

う~ん・・・。なんというか、いろいろ入っていました。なんかすごくお金をかけていろいろ入れちゃったな、という感じです。つまり、要らない部分も多々あったということです。

そして怖い。怖いというか、エグいです。監督が「ロードオブザリング」と同じ人らしく、特殊メイクもすごかったですね。

話も「え?なんでこうなるの?」みたいな部分が多いのですが、まぁ、アクションアドベンチャーにはよくあるパターンですね。まぁ、楽しめる映画でしょうか。

ランディー

テーマ:
星になった少年」を観ました。

日本人で初めてゾウ使いになったという少年の話です。

音楽良かったです。映像が美しかったです。
でも、話が大盛り過ぎだったきがします。


ともあれ、映画館でいい音響と大きいスクリーンで観る映画というものはいいですね。特に僕が好きなのは、本編開始前のこれから公開される映画の宣伝や上映中は静かにしてとかいうお願いの部分です。

薄暗いスポットの中、映画のトレイラーが流れる。あ、これ面白そう!と思うと、終わってシーンとなる。そしてまた次のトレイラー。その間は席のあちらこちらからポップコーンを食べる音が響くのです。そしてなんといっても、これから始まる映画に胸を躍らせるのです。




そんなあなたに贈る映画です。全ての瞬間が美しい。



角川エンタテインメント
ニュー・シネマ・パラダイス

man, I think I'm a googleholic!

テーマ:
最近映画をよく見ます。

最近買ったDVDは・・・

☆Back to the Future I,II,III
いやー懐かしい!観ているとすごく楽しくなります。

☆Ray
ご存知レイチャールズの映画。もう何度も観てしまったけど何度も感動して泣ける。ジェイミーフォックスの演技も最高です。

そして一番最近買ったのが・・・

☆華麗なるギャッツビー
春樹のノルウェイの森に登場する小説。文庫本で読んでいたのですが、映画でも観たくなりました。やはり視覚効果は大きい。ジェイギャツビーの華麗さ満点。

☆めまい
ヒッチコックの作品です。これは上智の授業でレポートを書いたもので久しぶりに観たくなりました。変な古さを感じさせない作品です。


やっぱり映画っていいですねぇー。
いろいろな世界を創り出してしまう素晴らしさ。ユニバーサルスタジオにまた行きたくなりました。

アカデミー賞を観て

テーマ:
主演男優賞をJamie Foxxがとりました。

彼の受賞スピーチがよかったです。具体的な内容はちょっと思い出せませんが、彼が出会った人、話した人に言われたことなどを多く引用していました。うまく言えないのが残念ですが、僕の印象に残っています。よりJamie Foxxの魅力が増しました。

もうひとつ印象に残っているのが、辛口コメディアンで有名のChris Rockの司会ぶりです。いろいろな俳優の悪口を言ったり、ブッシュを批判(に近いこと)したり・・・。

アカデミー賞というアメリカを代表する大きな催しの場でそんなことをべらべら話すことができるというのはすごいと思いました。話す彼もすごいですが、それを承知で司会に任命した人やそれをみんなが受け入れている事実もすごいと思います。

日本なんかそんな人全然いませんよね。いたとしてもすぐ消えてしまう。まだ環境が整っていないのでしょう。
最近、堀江社長の話題が国会にまで広がっているみたいで、審議の模様をみたら、政治家のおっさんたちが明らかに”最近の若いモンは…”という態度で批判しかしていませんでした。ニッポン放送との株取引の問題が大きくなってきて、国会で法改正の話し合いをすることもなんか嫌です。
まさに「出る杭は打たれる」状態ですね。

堀江さんのような若い人がどんどん意見を言えて、それを受け入れられる世の中になっていって欲しいですね。

"Ladies and gentlemen, hello. I am very glad to come here, come this place. I can't speak better English, so I..ah...日本語でしゃべらさせていただきます"
---Way to go, japanese young samurai!!

映画の世界とは言っても・・・

テーマ:




タイトル: メイド・イン・マンハッタン

僕はどうもいまひとつアメリカという国が信じられない。

僕の知り合いの話だが、アメリカ国内を旅行中にモーテルに泊まったらしいのです。翌朝、チェックアウトして数時間か経ったころにビデオカメラを忘れたのに気づきました。急いでモーテルに戻って聞いたのですが「無い」といわれたそうです。彼は絶対にモーテルで忘れたと言っており、従業員が盗んだんじゃないかと言っていました。

そんな話を聞いてしまったので、僕が旅行でモーテルに連泊したときもルームサービスを絶対に入れませんでした。

そして僕の想像を決定付けるものがなんと映画でできたのです。

このメイド・イン・マンハッタンはニューヨークのホテルのメイドが客の服を勝手に着てしまい、そのことがばれそうになって嘘をついてそのまま嘘が大きくなっていく話です。映画とはいえ、こんなに堂々と客の私物をかまう姿はとっても気持ちが悪かったです。アメリカ人はこういうことを気にしないのでしょうか。