学級通信より

テーマ:
 もう君たちは知っていると思いますが、私は日本の大学4年生の夏に1ヶ月間インドを旅行しました。バックパック一つで旅するいわゆる貧乏旅行です。できるだけ安く旅行をしたいという思いで、一泊350円なんて所を泊まり歩いていました。

 インドを流れる聖なる河、ガンジス川の河口付近の町コルカタ(カルカッタ)に滞在していたときの話です。泊まっていたホテルの外にはいつもリキシャーという人力車で客待ちをするおじいさんがいました。私はリキシャーを使わずに歩いて街を散策していました。断っても何度も話しかけてくる彼とは時々話しをする仲になっていました。その日もいつものように話していて、写真が撮りたくなりました。彼に「写真を撮っていいか」と聞くと「いいよ」との返事。早速写真を撮ると、「バクシーシ、グッドフレンド」と言ってきたのです。バクシーシとは施しのお金のことです。少しびっくりしていくら欲しいのか聞くと、「30ルピー」と言うのです。当時私がいつも食べていた食事は25ルピーほどのもので、当時の私にとっては贅沢な食事でした。30ルピーは高すぎると思って、「もう少し安くならないか」と聞きました。しかし、彼は譲りません。そういった態度に少しいらいら(・・・・)してその場を立ち去ろうとすると、「じゃ、5ルピーでいいから」と言いました。私は仕方なく5ルピーを彼に渡し、ホテルに戻りました。正直その時は良い気分ではありませんでした。
indiaoldman


↑これがその時の写真です。


 しばらくして、再び外に出たとき、彼が嬉しそうな笑顔をいっぱいに浮かべて温かいチャイというインドのお茶を飲んでいたのです。そのチャイがちょうど5ルピーで買えるものと知っていたわたしは、その瞬間「ハッ」としました。インドという貧富の差の激しい国で、小さなときから一生懸命リキシャーで働いてきた彼は毎日の少ない稼ぎでこれからも生きていかなければなりません。そんな彼に対して30ルピー、日本円で約80円です。80円を渡す事さえ渋っていたのです。世界にはこんな人達のこんな生活があったのだという思いと、彼に対する「悪かった」という思いがこみ上げてきました。
インドを旅して1年半が過ぎました。インドに行って本当によかったと今でも思います。自分の生き方について考えることができた貴重な経験でした。

 そこでです。君たちにも人生の考え方が変わるような旅をして欲しいなと思います。今というわけではありません。大学生になった頃がよいでしょう。一人の人間として、日本人としてこの世界を見てほしいと思います。そのためにもやはり英語という言葉が話せたほうが絶対にいいのです。英語さえ話せれば大体のどの国の人とでもコミュニケーションがとれます。これが今回英語教師として君たちに言いたかったことです。
AD

ついに来た

テーマ:
IKEA船橋がオープンしたそうです。

IKEAはアメリカに居た頃によく入った家具・雑貨のお店で、低価格の癖にしゃれている僕のお気に入りの店の一つでした。僕が家具や雑貨を揃えるなら絶対にIKEAでと思っていたが、当時まだIKEAは日本になく、諦めていた。

しかし本日IKEAの船橋店がオープンした。しかし遠い。

おそらくこれからIKEAの人気ぶりはメディアを沸かすのでしょう。そうしたらそのうちこの辺りにもオープンしてくれないかな~。場所ならいくらでもあるから大丈夫ですよ。期待して待ちましょう。

名古屋は景気がいいとよく聞くけど、自分ではあまりピンと来ていませんでした。東京や大阪から比べると差がありすぎてわからないけど、他の地方都市とでは全然違うと同僚の先生が昨日言っていました。確かに、大きなモールやビルやなんやらがいっぱい建てられています。そのうちIKEAも・・・。
AD

avant

テーマ:



Avant
Director

Marioの"Let Me Love You"をNe-Yoが作ったと聞いてびっくりしたが、確かにNe-Yoを聴くと似ているのがわかる。この"Let Me..."は僕のお気に入り。

何度も言うことだけど、車に乗りながら聴くのが一番いい。最近はやっと暖かくなって、夜の街の風も気持ちいい。窓から流れ込んでくる夜の風を吸いながらスムーズに響くMario。少し粗い粉の残るホットチョコレートな感じだ。

そして上質のカカオをたっぷりつかった少しビターなのがAvant。前のアルバムを友人に薦められて聴いて気に入った。「新しいavantのアルバムが出たよ。」今回もその友人が教えてくれた。早速昨日買った。

まだ聴いていないのではやく聴こう。


それにしてもやっぱり最近はすごく忙しくて更新が出来ていませんがこれからもよろしくお願いします。久しぶりの更新だったのに、とてもわけのわからないものですみません。
AD

Mambo No5

テーマ:
いやいや、今週はずっと忙しかったです。

担任になったことで忙しくなったわけですが、ま、その殆どは事務的な単純作業なのでいつかは終わるものです。この忙しいさというのは特殊なもので、3月にあった年度末の忙しさとは全く別物な気がします。年度末は”終わり”という感じがプンプンして決して明るいイメージではないのですが、年度始めの忙しさは”始まり”という新鮮さに満ちています。なのでまだ悪くはないかな。

いくら僕が忙しいと言っても、周りにはもっと忙しいという人がいるので、なんとも申し訳ところです。

昨日は同期の3人で飲んできました。ちょうど1年前、勤めだして最初のしっかりした週末の金曜日に同期のみんなで飲みに行った思い出があります。実は同期の一人がいろいろ仕事がたてこんでかなり忙しくて滅入っている様子でした。彼を誘って飲みたかったのですが、それすらも出来ない忙しさのようでした。彼が来れないと行っても、転がりだしたチーズは止まりません、いや動き出したトラックは止まりま…す、いや崩れだした雪崩は…も止まります、いや呑みモードの脳には勝てません。3人で飲んで語ってきました。

この週末もなにやら忙しくなりそうですが頑張ります。


タイトルの意味が全然書いていなかったですね。すみません。
なんか気持ちが「ウゥー!」って気持ちだったからです。

大陸からの贈り物

テーマ:
僕の車は黒色。ピカピカの状態で夜の街のネオンを反射させながら自分のスピードで進むその姿は正直かっこいい。

黒色の車は汚れがすごく目立つ。最近洗車をして暫くはピカピカだったのに、今朝雨が降ってその後に車を見るとすごく汚れていた。斑模様の汚れ。

その汚れの原因は黄砂。今日は風が強くて空気が黄色っぽい。一日中外にいてこんな空気を吸っていたら肺になにか溜まりそうな黄色。

おまけに桜の花びらを散らしてゆく。花見シーズンが終わってしまう。なんとかもう少しでも花見を楽しみたいのだが。

僕は好きだな

テーマ:

入学式の桜

名古屋に越してきて2度目の桜です。

僕の住んでいる街、藤が丘にはずーっと続く桜並木があり、もうこれでもかという程に満開になっています。確かに桜の花なんて一年間のほんの一瞬しか咲いていないのですが、それでもこの一瞬のために咲く姿は僕はすきだなぁ。

    やっぱり僕は好きなんだなぁ
               み○を

前夜9時40分

テーマ:
とうとう明日です。明日、始業式があります。平成18年度が始まります。僕はそこに担任としていることになります。

一応前からいろいろ準備していたのですが、やっぱりどれだけ準備しても安心はできません。今日は教室を掃除したり、学年通信を書いたり、学級通信を書いたりしていました。カツカツとキーボードを打ったり走ったりそんな一日でした。

正直緊張しています。

最初からビシッと行きたいものですね。普段はバカな話をしている同僚も皆すばらしい人たちです。いろいろと助けてくださいね。お願いいたします。

新年度

テーマ:
明日になると、今年度最初の職員会議が行われます。

ちょうど一年前、その会議で緊張しながら挨拶したのを覚えているのですが、はるか遠い記憶のような気がします。この一年は全てが初めてでなんやかんやとりあえず過ごしてきた気がするのですが、今年は担任もあるのでしっかりと、自分なりの教育をしたいと思います。

職員室から見える中庭の桜の木々はもう薄紫の花びらを枝いっぱいにつけています。そうしていると気分も新たに「頑張るかっ」って気分になります。

今年度は3人の新人の先生方がみえます。昨日はさっそく新人歓迎会が行われました。まず午後からテニスをしました。が、強風のためバレーボールに変更さて、途中から体育館でバレーで汗を流しました。

その後、夜6時くらいから近所の呑み屋で歓迎会です。いろんな先生方の普段は見ることのできないとびきりの笑顔と笑い声が始終響いていました。その席では新人の先生方と話していて、自分の一年前を思い出して初心を思い出しました。ここ数年は教員の入れ替わりが激しく、一気に平均年齢が下がったと聞きました。やっぱり会社でも学校でも、それを動かしているのは「人」だと思います。同世代の教員で切磋琢磨しながら少しでも中心に立って動かしていけたらいいと思います。

2年目

テーマ:
教師になって2年目になりました。なんとか1年間やってきましたが、まだまだ始まったばかりです。これからもっと大変な事もあると思いますが、初心を忘れずに頑張りたいと思います。

そんなわけで、今週末は実家に来ています。ここ数日の寒さも無くなってこの山奥の町にも春の気配が感じられました。

今日は父親の友人が働く名古屋の公立中学校の校長先生と若い先生2人と一緒にこちらの方に来ていました。校長先生がこちらの山奥に土地を買って山小屋でも建てるつもりでいろいろやっているという事です。みんなで見に行ったのですが、すごく山の中でさながら工事現場のようなところでした。まだまだこれからゆっくり楽しみながらかまっていくという事でした。その後はうちの山に行ってシイタケを採ったりしました。若い先生の一人が理科の先生で、シイタケの原木を始めて見て、是非授業で使いたいという事で2,3本持っていきました。

自然を十分満喫できてとってもリフレッシュできた一日でした。ただ、花粉症の人だったら地獄の一日だったことでしょう。


今朝、車を洗いました。大陸からの黄砂がいっぱい車についていてそれらをすっかり綺麗にしました。でもそのあと山を駆け回ったので泥だらけに。またさっき洗ったところです。明日は雨の予報ですが気にしない。とりあえず綺麗になればいいのです。